10周年のSPコンテンツ!

なぜ日本人は、歳をとらないサザエさん一家のような、無時間を語りたがるのか?

語りがとっちらかったので、まとめにしておく。 ハイデガーは死ねないこと、不死を語りの負い目=悪だと哲学したのだが、日本人は仏像が釈迦の老後であるためか、いつまでも年をとらず不老不死のセックスレス社会のようになってしまった。これはハイデガーが懸念した最悪の事態なのだ。 サザエさんは無時間そのものだ。私が幼児の頃から、波平もカツオもタラちゃんも、歳をとらない。この歳を取らない、という日本の病がどこからきたのか、という話題だ。 続きを読む
人文 太陽にほえろ! 不老不死 プラネテス 年齢 ハイデガー サザエさん 石原裕次郎 不死 時間論 仏像
4
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
うわ、時間が止まったように、未だにこの人達をおじさんたちのように感じるのだが、その当時の年齢が、年下というのはかなりショックね(^-^)/ pic.twitter.com/brrJnvpQXS
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
うん、前に昔の青春学園者の高校生って今見るとおじさんおばさんに見える、という話をしたのを思い出した(^-^)/ twitter.com/sunamajiri/sta… @WorldKuromaku ちなみに当時の高校生はみんな「大人の顔」だったぞ
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
うわ、サザエさんの磯野波平って70過ぎの爺さんという設定かと思ったら、アラフィフなの? サザエさんがいつまでも終わらない長寿番組で、私が子供の頃ももちろん、波平は爺さんだったから、このへんなことになるのかしら?(^-^)/ pic.twitter.com/BIny5TF77n
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
磯野波平が50代前半の設定というのは驚きだな。70すぎの爺さんと思っていた。子供の頃からサザエさんが時間が止まってるからだろうな。だからかしらないが、日本人はどんどん若返り、大人でもカツオとワカメ、あるいはタラちゃんぐらいだ。アメリカ映画がどんどんおっさんになるのの反対。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ここだけの話www 今年、サザエさんの磯野波平の設定年齢に達するというので、大ショックを受けている。うさたんは、まだタラちゃんぐらいのつもりなのだが、なんでこんなことになってしまったんだ?ww 波平の年齢を越えた先に何があるのか、国民文学サザエさんが教えてくれない。怖い。ww pic.twitter.com/utWxLvTpK4
拡大
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
大体、サザエさんが時間が止まっているのが、ハイデガリアン的にはすべての矛盾の根源だが、今年から波平の雷オヤジキャラをやらなければ矛盾するのかと思ったら、フネって後妻なの? サザエさんで右傾化した日本、闇が深いのね。大船に乗れるか? jin115.com/archives/52124…
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ハイデガリアン的な語りの分析と綜合、語りを纏めると、サザエさんの無時間にとって後妻のフネとはなんぞや?twitter.com/sunamajiri/sta… から、プラネテスは擬人化=萌えのかわりに、おめでたになる twitter.com/sunamajiri/sta… まで語りが突破。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
サザエさんだってタラちゃんをおめでたしたわけだが、フネが後妻であることと、サザエさんがタラちゃんをおめでたできたことは、きっとマスオさん的国民文学的テーマなのだろうが、そういうフロイディアンはやめて、ハイデガリアンをしたいものだ。さもないと語りが突破していけなくなる。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
無時間を語ってはいけないというのがハイデガリアンなのだが、時間の止まったサザエさんが国民文学的な近さの原型になっているのが、そもそもの語りの矛盾というだけだが、無時間に近さ twitter.com/sunamajiri/sta… を錯覚する国民国家とは、なんぞや?
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
反復とか再生産、つまり普遍性というのは、おめでたのこと、タラちゃんが生まれ続けることだが、しかしサザエさんでは時間は止まっている。それは本来はおめでたし続けるという反復であるはずなのだが、このサザエさん的無時間からの差異性を表象化する時に、なぜかおめでたが欠如態になる。この悲劇。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
サザエさんに萌え要素が足らないだけなのだが、普遍はおめでた、再生産のことで、だからこそサザエさんはいつまでも時間が止まる無時間でいられるのだが、ところが国民がサザエさんに、エッチ的に萌えていない。このエッチの欠落が問題なのだろう。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ところが、サザエさんは別段、エッチを抑圧してもいない。触れないだけだ。この触れないということが大問題なのだが。つまりサザエさんを二次創作しても、全く萌えないということが問題なのだ。この表象的矛盾。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
あとで再話するが、ハイデガーはカントによるコペルニクス的転回は、従来考えられていたような宗教を科学に認識論的転回することではなく、道徳的転回、つまりエッチしたくて何が悪い、という無意識(感性的理性)の負い目を払拭することだった、と言いたいわけなのだが・・・・。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
もちろん、サザエさんにそういう負い目があるわけでもない。ところがサザエさんには萌え要素どころか、ロマンチックな要素が希薄だ。つまりサザエさんを萌系にもロマンスにも二次創作できない。ひたすら家庭的だ。この家庭的ということ。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
つまり、サザエさんはタラちゃんを産んでいるのだから、マリアの処女懐胎ではあるまいし、エッチをしていないわけではない。ところが一度出産すると、萌えでもロマンスでもなく家庭的だ。これがサザエさんの無時間性なのだろう。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ところで、調べていないが、フネが後妻であるなら、サザエさんはフネの子? 先妻の子? もし後妻のフネが、子供を産んでいないという設定であるなら、そこにマリア的な処女妄想が眠っているのかもしれない。このファルス的な欲望。波平の男性ホルモンのみなぎる禿頭にはなりたくない。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
twitter.com/sunamajiri/sta… によってハイデガーは、不死、死ねないことから人間を解放する哲学をしたのだが、どうも日本人は死ねなくなった。太陽にほえろ!のボスやサザエさんの波平の設定年齢に達してもカツオ以下。定年延長どころか不老不死の無限地獄に日本人は落ちたのか?
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
不老どころか、日本人は子供に回帰したがる。京大仏文学の重鎮多田道太郎『遊びと日本人』のカフカ論、怪獣への変身譚は日本の古典文学のモチーフだった、というのを読んだが、このように日本人は童心に帰りたがる。おそらく仏教表象=仏像が釈迦の老後に見えるからだろう。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
日本は極度に不老不死が高度化した。それはハイデガーの言う意味でカントのコペルニクス的転回を読めなかったからだ。コペルニクス的転回とは科学的認識のことではなく、超感性にとっては無意識的抑圧とされる、性的欲求に負い目を抱かないことなのだ。twitter.com/sunamajiri/sta…
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
なぜ仏教は、悟りを老後と表象してきたのだろう? twitter.com/sunamajiri/sta… もちろんそれは子供と表象すれば輪廻へ回帰してしまうからなのだが、このように子供を抑圧する、あるいはセックスレスになるというのは、コペルニクス的転回からは程遠いのである。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
ハイデガーは死ねないこと、不死を語りの負い目=悪だと哲学したのだが、日本人は仏像が釈迦の老後であるためか、いつまでも歳をとらず不老不死のセックスレス社会のようになってしまった。これはハイデガーが懸念した最悪の事態なのだ。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
サザエさんは無時間そのものだ。私が幼児の頃から、波平もカツオもタラちゃんも、歳をとらない。この歳を取らない、という日本の病がどこからきたのか。ハイデガーは近さの話をする、サザエさんが日本では国民文学的な近さだ。そしてサザエさんは不老=無時間的なのだ。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
それはハイデガーの言う意味でカントのコペルニクス的転回を読めなかった負い目だろう。コペルニクス的転回とは、宗教を科学にする認識論的転回=超感性ではなく、超感性からは無意識とされる、感性的理性の負い目を払拭することにこそあるからだ。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
これは、科学的認識からは性的な抑圧とされる無意識だが、そうした科学的認識自体が負い目の産物だ、というコペルニクス的転回なのだろう。そして、もしそうした負い目から近さが語られると、サザエさん的な不老の無時間が語られることになる。
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri
しかし、それも子供とは悟らないもの、悟りとは釈迦の老後、と表象=仏像化されたことへの負い目でしかない。日本人が不老化するのは、こうした悟りへの負い目ゆえだが、それは性的な負い目といってもよいだろう。こうして日本人は不死化した。togetter.com/li/1072175
残りを読む(9)

コメント

こざくらちひろ @C_Kozakura 2017年1月20日
天孫ニニギがオオヤマツミから不細工なイワナガヒメと美人なコノハナノサクヤヒメをめとるよう勧められたとき、コノハナノサクヤヒメだけ娶って不細工なイワナガヒメを親元に送り返したことで、ニニギは寿命を得た(永遠の命を失った)と解釈するのが古事記。ここから、恋愛を主題としない物語は永続性を、恋愛を主題とする物語は非永続性を好むのが日本人の素質ともいえる。
深井龍一郎 @rfukai 2017年1月21日
劇中で時間が流れないのは、それが「シチュエーションコメディとして都合がいいから」ってだけの話なのでは?
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年1月21日
よく覚えてないんだけど、ムーミンとか成長したりするんだっけ?
D-A/Zop ous @ZopPure 2017年1月21日
時間が流れる作品もあれば時間が止まったままの作品もあって、止まったままの作品じゃないと長期作にできないってだけではないの 流れる作品だとガンダムみたいに各作で時代を変えるしかない
@wanwanbawbaw 2018年11月22日
20年かけて高校生が大学生になった漫画もありますし