甲状腺癌検診に潜むデメリットとは、

原発事故で懸念された甲状腺癌の増加。それを調べるために始まった検診に、意外なデメリットがあることを知っていますか?
科学 pkanzug 甲状腺癌 甲状腺がん 過剰診断
118
PKA @PKAnzug
福島での甲状腺スクリーニングの過剰診断の話、主流になってる「過剰診断が問題だからやめよう」という話に私も概ね同意ながら、若干違った意見を持ってもいるので敢えて口をはさまずにいましたが、やはり議論としてちょっと雑な印象があるので、少しだけ書きますね。
PKA @PKAnzug
最初に結論を書くと、私も一斉検査は中止して、検査をやってること自体もあまり触れないようにしつつ、希望者は容易に無料で検査を受けられるようにし、受診者には甲状腺癌の「癌らしからぬ特徴」をきっちり説明し、甲状腺病変があった場合の治療やフォローも自費負担0にするのがいいと思っています。
PKA @PKAnzug
で、「甲状腺癌が心配だから続けよう」論だけでなく「過剰診断が問題だからやめよう」論も雑だと言うのは、受診者を一塊に捉えてるからです。受診前は分からなくても、受診者の状態は様々で、その条件によってメリットもデメリットも大きく異なります。条件によって受益者にも被害者にもなるんですよ。
PKA @PKAnzug
受診時点の受診者の状態は以下のものがありえます。 ・甲状腺癌がある ・癌ではない甲状腺病変がある ・病変は何もない さらに書くと、受診してもわかりませんが、「甲状腺癌がある」には「放置すると問題を起こす癌がある」と「放置しても一生問題にならない癌がある」の2種類がある。
PKA @PKAnzug
で、受診者で一番多くの割合を占めるのは「何も病気がない」です。この人たちに関しては、検査をやってもやらなくても大差ない。ただ、散々「甲状腺癌になるぞ」と脅かした人たちがいた一方、「あんなんで甲状腺癌増えねぇよ」って声はあまり届いてないので、不安感を払拭できるというメリットはある。
PKA @PKAnzug
次に、最多ではなくても相当いるのが「癌ではない甲状腺病変がある」です。この人たちに関しては医者の能力に依存する要素が大きく、心配ないものはちゃんと心配ないと伝えて、フォロー不要な病気をフォローしたりしなければいいですが、癌はなかったと安心する人も、不安や不利益を被る人も出うる。
PKA @PKAnzug
ただ、ここまでの人に関しては、多少の利益不利益はあれど、ぶっちゃけ「検査をしてもしなくても大差のない人たち」です。受診者のほとんどがこのどちらかで、人数が非常に多いので無視はできませんが、個別には些細な話。割合は非常に低いけど個別の問題が大きいのは、甲状腺癌がある人たちです。
PKA @PKAnzug
まず「将来的に問題を起こす甲状腺癌がある人たち」に関してですが、この層に関しては明確なメリットがあります。早期発見で問題を起こす前に治療でき、また大きくなってないから治療の侵襲も比較的小さい。すぐに治療が必要ない事例も、事前に警戒してマズくなりそうなら治療する流れに乗せられる。
PKA @PKAnzug
一方の「一生問題を起こさない甲状腺癌がある人たち」、要するに過剰診断の層には大きな不利益が待ってます。本来なら何もせずとも何の問題もなかったのに、確定診断までの検査の侵襲、治療するなら治療の侵襲や後遺症、治療しなくても「癌がある」という事実への心理的負担は非常に大きいです。
PKA @PKAnzug
問題は、この同じ「甲状腺癌がある」でも意味の異なる集団は、事前には全く見分けがつかず、また比率も分からんということです。比率に関してはヒントはあって、韓国で甲状腺を調べるようにしたらガバッと有病率が増えて、その後20年くらい経過しても甲状腺癌による死亡率の減少は見られていません。
PKA @PKAnzug
これは過剰診断が大半であることを示唆するデータですが、それでも答えではないです。韓国のは未成年を検査したものではないし、進行甲状腺癌で後遺症モリモリだけど死んでない事例は数に入らないし、甲状腺癌が副次的な死因である事例も入ってないし、そもそも20年くらいしか経ってない。
PKA @PKAnzug
結局のところ「未成年で甲状腺癌が見つかった人たち」のうち、どれくらいが過剰診断で、どれくらいが早期発見がメリットになる症例なのかは分からんわけですよ。過剰診断は1人もいないかもしれないし、今見つかってるのが全員過剰診断かもしれない。
PKA @PKAnzug
なので、受診者にとっての医学的なメリット・デメリットという観点からは、甲状腺スクリーニングが有益か有害かは正直わかりません。見つかった甲状腺癌のエコー画像でも見れば、「ああ、これは切った方がいいね」とか多少は見えるかもしれませんが、数字だけだと私にも全く見当がつきません。
PKA @PKAnzug
私は甲状腺癌の治療にしばらく携わってて、こじれた結果として苦労してる(ただし死ぬことは滅多にない)患者さんも数多く見てるので、甲状腺癌に関しては偏ってる自覚があります。正直な所、個人的には「どっちか分からないなら、こじれる前に切った方がまだマシなんじゃないか」くらいは思ってます。
PKA @PKAnzug
私があまり口を挟まなかったのは、その辺の偏りを自覚していたから、というのもあります。元々、「あの原発事故で甲状腺癌増加なんて起こらん。チェルノブイリとは違う」と思ってるので、一斉検査をやめるのには同意ながら、「過剰診断が問題だからやめよう」に全面的に同意はできなかったんですね。
PKA @PKAnzug
で、メリット・デメリット論では私には結論が出せませんが、結論が出せるものもあります。まずはコスト論。「本来必要のない一斉検査に、資金と医療リソースが湯水のように注がれてる」という状況は明らかにおかしい。これは現状でも断言できます。
PKA @PKAnzug
次に、心理的な問題。一斉検査を行うということは、既に心配してる人には安心感を与えうる一方、特に気にしてない人にいつまでも甲状腺癌のリスクを意識させ続けることにもなります。煽り屋に「検査をしてるってことは危険があるということだ」という主張を許すことで、不安を煽る要因にもなる。
PKA @PKAnzug
「甲状腺癌のリスク」は既に散々煽られてる話で、そういう煽り屋のせいで不安に思ってる人も多いでしょうから、希望者には検査を受ける道をちゃんと用意しておく必要がある。その上で一斉検査はやめて、甲状腺癌への不安をフェードアウトさせていくのが、現状では一番いい方法ではないですかね。
ただのひと @hat_chi
@PKAnzug 先生の説明はいつも分かりやすくて納得するものばかりです。こういう意見が不安がっている方達に届けばいいなあ~と思いつつ…全員が良い診断医良い担当医に巡り会うのもなかなか難しいのだろうなとも感じます…。むむむ…。
PKA @PKAnzug
@hat_chi そうなんですよね。実はスクリーニングへの私の見方も、最初は「早期に見つけて、その後にちゃんと対応すれば、コストはさておき受診者的にはあまり問題ないよね」だったんですよね。医師がちゃんと判断し、説明して納得させられる前提だったので、認識が甘かったなと思ってます。
山奥の祐子さん(*´ω`*)@最近眠過ぎるw @limitbreaker815
@PKAnzug ふと思ったのでお邪魔しましたー(;・ω・) <受けたい人間>が<受けられることを知らない(検査をやってることにあまり触れず、市報程度で周知)>ことがあるということ。 <知らないことを知る手段>自体に気づけない人が少なからず居ます… 手当、補助金、エイズ検査なども非積極的周知
PKA @PKAnzug
@limitbreaker815 そこは難しいところなんですが、不安な人はまず調べると思うんですよね。なので、調べたらすぐに分かる場所に情報を置いておくとか、過度に不安を煽らないように配慮しながら市報などで告知するなど、バランスや程度を意識した情報提示が必要なのかなと。
山奥の祐子さん(*´ω`*)@最近眠過ぎるw @limitbreaker815
@PKAnzug なるほど…そうですよね(ФωФ)。 実際、私も被爆うんぬん関係なく 甲状腺をやりましたが…自発的に病院へ行きましたしね…。 そうですよね!たしかに気になれば調べにきいます。得心致しました(ФωФ)! PKA先生、丁寧なご回答をありがとうございました(*´∀`)!!
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
甲状腺癌検診で利益を受ける人も少しはいて、検診をやめるのはその利益を捨てることになるわけですが、数としては過剰診断で不利益を被るほうが多いだろうと思うんですよね。そこはトレードオフなので、両方をゼロにはできない。結局、ちゃんと考えてる人たちはトレードオフの話をしてるはずなんですよ
kikumaco(5/9para-dice) @kikumaco
一方の「検診拡大派」はトレードオフを無視しているように思えるのですよね。今の問題の本質はトレードオフなので、それを考えないようではだめだと思います
残りを読む(11)

コメント

kikumaco(7/17神戸8/6,9大阪) @kikumaco 2017年4月1日
PKA先生の見解。やはり専門家の話は勉強になる
nao @parasite2006 2017年4月1日
まとめ主様ご苦労様でした。あわせて以下の4ツイートも補足討論として追加収録していただければ嬉しく存じます https://twitter.com/hat_chi/status/848026759492624386 https://twitter.com/PKAnzug/status/848027367779860481 (続く)
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月1日
「小さな甲状腺がんは、治療をしなくても多くは生命に影響しないと考えられています。そのため、超音波で甲状腺を検査すると、症状がなく、かつ、将来にわたって体にダメージを与えないかもしれない甲状腺がんが多数発見される可能性が指摘されています」
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月1日
NPwrAGW 「希望される方に甲状腺検査を行っております」「受診を希望されるかどうかをご検討ください」 /・甲状腺検査は必ず受けなければならないのですか (http://fukushima-mimamori.jp/qanda/thyroid-examination/000158.html
PKA @PKAnzug 2017年4月1日
まとめのツイートでもちょっと触れてますが、1つ補足しておくと、韓国でのスクリーニング発見は「がん検診の追加検査」で起こってるんですよね。つまり、がん検診を受けるような年齢の人たちが対象なので、未成年に対して行ってる福島の事例とはだいぶ層が異なるんです。未成年で発見された甲状腺癌の場合、早くに出てきた癌であり、その後の人生も長いわけで、問題になってくる可能性もそれなりにあるんじゃないかな、というのが私の見立てです。
G@回転中 @G_rolling 2017年4月1日
PKAnzug 未成年者の場合、「わずか数年で発見されるほど大きくなった」という甲状腺癌としては珍しいほど成長の早い癌だということでもあります。
Toshikazu Kanke @sevenedges 2017年4月1日
学校という場所で甲状腺検査が行われていることにも注意を払ってほしい。それは受診を容易にすると同時に「受診しない」という選択をしにくくもしている(実際に親として感じている)。受診した先に大きなメリットがあるかもしれないことは否定しないが、宝くじを買わされてる気分。
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月1日
甲状腺通信 2016年8月発行 第6号 Q:甲状腺検査は必ず受診しなければならないのでしょうか? http://fukushima-mimamori.jp/thyroid-examination/newsletter/media/thyroidexamination_newspaper_160901.pdf (@pinwheel007、 https://twitter.com/pinwheel007/status/847628328278163457)  NPwrAGW
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月1日
PKAnzug 「副次的効果ではあるが、早期発見・早期治療につながる」 (@kanna07409、 https://twitter.com/kanna07409/status/501244198029246466) NPwrAGW NPwrAGW
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2017年4月1日
NPwrAGW なぁ〜、お前さ、私をブロックしておきながら、何で私のツイートを引用するんだ?今後一切、私のツイートは使わないで下さい。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2017年4月1日
副次的効果がある、というのは当たり前のことで(何もメリットがないならそもそもやる理由がない)問題は副次的効果とかも含めた受診者に対する利益が受診者に対するデメリットを上回るかどうかです。それが期待できないということがこの検診の問題の一つ。もう一つは受診者が未成年が大半であって同意取得の観点から問題かあるということ。ソコがわからん人が何を言っても無駄です。
neologcutter @neologcut_er 2017年4月1日
http://fukushima-mimamori.jp/qanda/thyroid-examination/000158.html ここにも書いてあるように「小さな甲状腺がんは、治療をしなくても多くは生命に影響しない」が正論という事なんでしょうね
neologcutter @neologcut_er 2017年4月1日
マスコミは甲状腺ガン患者が見つかるとすぐワーッと騒ぐけど、その症例は今までどれだけあったの?1F事故前と比較してどうなの?っつー話になってくるよね。
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月2日
tonkyo_Vc 「子供たちに将来甲状腺癌が増加するのではないかという不安がある」 (@kanna07409、 https://twitter.com/kanna07409/status/501243863814504448
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月2日
NPwrAGW NPwrAGW ◆甲状腺に関する基礎知識と甲状腺検査の概要、福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/6420.pdf
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2017年4月2日
「甲状腺がんが増加する不安」というのはそれに罹患して放置しておくと生命予後とかQOLに影響するなら問題になるわけだけど、そうでないものを大量に見つけてしまえば逆に本人のデメリットばかり増大するということなんですけどねぇ。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2017年4月2日
「疾患が増える懸念」があってそれを「早期発見」することが意味があるのは、放置しておくと予後が悪い、治療が大変になる、というような疾患であれば意味あるけど、例えば30年後に見つけても結果が同じなら、早期発見してその人に「がん患者」を30年間押し付けるだけでそのデメリットだけが増えるだけ。
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月2日
tonkyo_Vc tonkyo_Vc 「未成年で発見された甲状腺癌の場合、早くに出てきた癌であり、その後の人生も長いわけで、問題になってくる可能性もそれなりにあるんじゃないかな」(PKAnzug
nao @parasite2006 2017年4月2日
まとめ主様、たびたび恐縮ですが、以下のツイート4件の追加収録をぜひお願いします。https://twitter.com/landscape_iwa/status/848368289398964225 https://twitter.com/PKAnzug/status/848387221186945025 (続く)
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2017年4月2日
早期発見によってメリットがある、という人が甲状腺癌を有している人のなかに存在するということはだ~れも否定していないのですけどね。これまでの疫学的知見から総合すると甲状腺癌を有している人の中には前述のタイプとほっておいても問題がない(見つけたり治療することの不利益の方が大きい)タイプに大別でき、今の検診方法では見つかる患者内訳が前者<<後者なのではないかということが問題だということなんですけどねぇ。
温風式チェロ弾き @tonkyo_Vc 2017年4月2日
ある集団の一部の部分集団の属性だけを挙げて、それを全体の属性であるかのように主張するのは議論のやり方としては極めてまずいわけでして、不誠実な態度であるという謗りを免れ得ないと思いますがどうなんでしょうね。
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月2日
tonkyo_Vc 「韓国のは未成年を検査したものではないし、進行甲状腺癌で後遺症モリモリだけど死んでない事例は数に入らないし、甲状腺癌が副次的な死因である事例も入ってないし、そもそも20年くらいしか経ってない」 (https://twitter.com/PKAnzug/status/848022927257681920
NPAGW @NPwrAGW 2017年4月2日
tonkyo_Vc 受診者の圧倒的多数が「問題なし」と確認されているのが実情と思われるが。
mizuki_kanna07409♥ @kanna07409 2017年4月3日
NPwrAGW 何度言ったら分かるの?あなた、ブロックしておきながら何で私のツイを使うの?
KEN @EFT91150978 2017年12月26日
勉強になります。 結局過剰検診での問題点は「過剰検診でデメリットを受ける者たちは,メリットを受ける者たちのために我慢せよ」ということをやってる人たちがいるってことですよね。 PKA先生の過剰検診は止めるべきだろうけど,同時に検診を受けたい人はすぐ受けられる体制を整えておくという意見に賛成です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする