「人文学は役に立つのか?」という問題について

「人文学は役に立つのか?」という問題について、KASUGA, Sho(@skasuga)さんと話し合いをTwitterでさせて頂いた時のまとめです。
学問観 学問 民主主義 哲学 エンタメ 人文学 歴史学 文学
naka3_3dsuki 1557view 4コメント
8
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 茄子彦 @nasuhiko_ 2017-04-20 17:51:17
    こういう「議論」ができること自体が哲学≒人文科学の成果だと思うの。
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:10:18
    人文学は役に立つかと問われれば、役に立つと答えるが、それを「大学」が担うべきか?と問われれば別に大学でなくても良いと考えている。吉見 俊哉の「大学とはなにか」では、学知を大学ではなくアカデミーが担っていた歴史を紹介している。人文知の歴史の中で、大学がそれを担ってきた時間よりも大学以外がそれを担ってきた時間の方が長いのではないかな?
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:13:11
    様々な留保を除いてラディカルに考えるのが人文知の良さなのに、この種の議論では、全然ラディカルに議論されていなくて、残念。例えば、200年後の人文知は、「大学が担うべきである」、いや「別の組織」が担うべきなみたいな議論の方が面白いかもな。
  • 芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:17:26
    大学自体も、今のような施設を持ち、国境に縛られなくてもかまわないのではないかな? ヨーロッパの初期の大学は、「大学は学生や教師の組合団体・互助組織であり、建物を持つわけではなく教師団は自由に移動できる存在」だったと前掲書大学とは何か、で紹介されており、別にそういう大学に戻ってもかまわないのではないかな。

カテゴリーからまとめを探す