【新機能】作り忘れたまとめはありませんか?31日前まで期間指定してまとめが作れる高度な検索ができました。有料APIだからツイートの漏れはありません!

「人文学は役に立つのか?」という問題について

「人文学は役に立つのか?」という問題について、KASUGA, Sho(@skasuga)さんと話し合いをTwitterでさせて頂いた時のまとめです。
人文学 学問 哲学 学問観 歴史学 文学
2862view 4コメント
9
ログインして広告を非表示にする
KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-16 20:32:30
@naka3_3dsuki なので、究極的には、人文学の成果は、「それを楽しめる人」のためにあるのではなくて、社会が広く浅く負担すべきインフラなんですよ、という言い方にすべきかと思います。
仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 @naka3_3dsuki 2017-04-16 21:25:44
@skasuga 難しいですね。社会に広く、インフラとして広く浅く、負担して下さい、という言い方で、かつ負担者を納得させていくアピール方法は、どのようにしたらいいのでしょうか?私は受益者負担でやってください、を入り口にするラインまでしか、考えられなくて、困っております…。そこを生み出したいと。
KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-17 00:41:31
@naka3_3dsuki 難しいですが、私の意見としては、結局社会が民主的、包摂的、多文化的であろうとすれば、人は人文学的知見を利用せざるを得ないわけで、そういう社会が「目指されるべきだ」という合意を徐々につくっていくしかないと思うのですね。
そろそろ、まとめ
仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 @naka3_3dsuki 2017-04-17 00:49:40
@skasuga 長々とした私の問いかけとリプライに、丁寧な返信を下さいまして、ありがとうございます。社会が民主的、包摂的、多文化的であろうとする…。少し、現在の社会から考えますと、距離があるように感じています。まずは、ご提示下さった社会目指すには、どうしたらいいのか?自分なりに行動しようと➡
仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 @naka3_3dsuki 2017-04-17 00:53:48
@skasuga 思いました。行動の前に、考える土台を作るところから、やり直します。お忙しいところ、稚拙な自分のツイートにお付き合い下さいまして、重ねて感謝申し上げます。
仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 @naka3_3dsuki 2017-04-17 01:58:43
@skasuga 最後に、ご紹介頂いた「人文学/人間性の危機とイノベーションの神学」記事につきまして:ヨーロッパでのヒューマニティ、つまり人文学は、もともと、人権と深く結び付いたものである、ということを改めて、強く意識致しました。 twitter.com/naka3_3dsuki/s…
仲見満月👻7/16テキレボ7th【委託-10】 @naka3_3dsuki 2017-04-17 02:01:26
@skasuga ➡その上で、日本では人権といいますか、権利の主張がなされることは、よくない。また、権利の主張は日本の社会と馴染まないのでは?何故馴染まないのか?というところと、人文学は役に立つのか?問題を合わせて、考えていく必要があると強く、思いました。
KASUGA, Sho @skasuga 2017-04-17 16:35:20
@naka3_3dsuki なので、民主国家においては、誰でもカジュアルに人権に基づいた権利請願できるし、すべきなんであって、そうしようと思った時に人文学は役に立つ、ということを伝えていくことが、第一歩なんじゃないかな、と思っています。 twitter.com/naka3_3dsuki/s…

「伝えていく場所についても、考えていく必要がありそうですね」という仲見の言葉で議論が終了しました。

関連まとめ
ツイートまとめ 人文 2311 view 2 22 2 users 人文学の社会的価値は「生きやすさの実践法」の探究にあるのではないか~「人文学は何の役に立つのか?」(道徳的動物日記よ.. はてなダイアリー「道徳的動物日記」の「人文学は何の役に立つのか?」という記事を読んで、私がした連続ツイートをまとめました。ところどころ、誤字・脱字がありましたので、togetterまとめにテキストを入れて、訂正しております。 (*なお、連続ツイートには、仲見満月の思い込みや個人的な解釈・邪推が含まれています。あらかじめ、ご注意して、お読み下さい)
ツイートまとめ 人文 2427 view 1 8 「役に立つ学問」に人文学は入ると思います~~「人文学は何の役に立つのか?」(道徳的動物日記より)の議論に関する私見 .. 本まとめは、「人文学の社会的価値は「生きやすさの実践法」の探究にあるのではないか~「人文学は何の役に立つのか?」(道徳的動物日記より)の議論に関する私見~」の続編です。 はてなダイアリーの「人文学は何の役に立つのか?」(道徳的動物日記より)の議論で紹介されていた、内田樹氏の「役に立つ学問」を改めて拝読。内田樹氏が指摘したことに対して考え、生計を立てていくため..
今回のテーマとの関連書籍

コメント

茄子彦 @nasuhiko_ 2017-04-20 17:51:17
こういう「議論」ができること自体が哲学≒人文科学の成果だと思うの。
芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:10:18
人文学は役に立つかと問われれば、役に立つと答えるが、それを「大学」が担うべきか?と問われれば別に大学でなくても良いと考えている。吉見 俊哉の「大学とはなにか」では、学知を大学ではなくアカデミーが担っていた歴史を紹介している。人文知の歴史の中で、大学がそれを担ってきた時間よりも大学以外がそれを担ってきた時間の方が長いのではないかな?
芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:13:11
様々な留保を除いてラディカルに考えるのが人文知の良さなのに、この種の議論では、全然ラディカルに議論されていなくて、残念。例えば、200年後の人文知は、「大学が担うべきである」、いや「別の組織」が担うべきなみたいな議論の方が面白いかもな。
芝尾幸一郎 @shibacow 2017-04-20 19:17:26
大学自体も、今のような施設を持ち、国境に縛られなくてもかまわないのではないかな? ヨーロッパの初期の大学は、「大学は学生や教師の組合団体・互助組織であり、建物を持つわけではなく教師団は自由に移動できる存在」だったと前掲書大学とは何か、で紹介されており、別にそういう大学に戻ってもかまわないのではないかな。

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする