一橋大学アウティング事件 裁判経過の報告と共に考える集いまとめ その3

一橋アウティング事件中間報告集会に関連してある程度まとまったつぶやきをされている方々をまとめました。 ※タイトルをイベントの正式名称に合わせました 参照:上西充子さんによるつぶやきhttps://togetter.com/li/1107503 参照:藤間紫苑さんの実況つぶやきhttps://togetter.com/li/1107512 参照:ねぎ@そば @kmimngさん(本まとめ内引用済)によるエントリhttp://koorusuna.blog.fc2.com/blog-entry-8.html 参照:性的指向LINE暴露自殺事件とゲイ・パニック・ディフェンスの法理https://togetter.com/li/1009105
Hondinista 6642view 8コメント
7
ログインして広告を非表示にする
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 22:05:39
    一橋のアウティング事件の講演会、納得しきれない主張とかもあったけど中々ためになった。(なおレポートやら課題やらは手つかず)
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 22:51:13
    今日の講演会で色々考える事は増えたけど、一つだけ。 一橋の件では、同級生のグループラインに投稿しててこれは中々擁護しづらい。 しかしながら、友人から告白という形で、恋愛対象として見られている事を伝えられ、その事を相談出来ない環境に置かれるのも実は酷ではないか。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 22:53:45
    異性間だって告白されて断った上で、もとの友人関係を維持出来ないこともあるし、変わらず接してきても恋愛対象として見られてるという複雑な感情を抱かざるを得ない。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 22:56:14
    こうした状況下で、異性間なら別の友人に相談することはおよそ問題にならないが、同性間だとアウティングの問題が絡んで別の友人に相談しにくいだろう。匿名にすればいいじゃないかというのもあるが、双方を知っている人だからこそ相談出来る内容も多くあると思う。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:05:09
    告白後、された側が気まずくなって(これは同性間だけでなく異性間でも充分起きうる)、告白者を含む友人グループと疎遠になったとする。 同グループの友人に「最近付き合い悪いけど、どうしたの?」といった問いかけがされた場合にも、告白の事実を隠し通さなければならないのかという疑問はある。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:12:22
    一橋事件では、個別の友人へのラインでなく、同級生のグループラインに投稿していることから、前述したようなシチュエーションにあるとは考えにくいが、本日の講演会だとここら辺についてあまり詳しく触れられず加害者の主張を全否定していたので、そこは少し気になった。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:24:42
    講演会では、別の相談手段等があったのにいきなりアウティングという手段を取った事が問題なのだという内容だったと思うが、性的少数者への理解が不充分な現状の下で、院生(一般人)に、相当な対応手段への期待可能性、法的責任をどこまで問えるのかは、実は結構難しい問題なのではないか。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:40:10
    これが果たして過失論の部分の問題なのか、死亡結果(損害)との因果関係の問題なのか、それこそ被告の主張する違法性の問題なのかは正直分からない。時間のあるときに調べたいところだし、判決が出たらしっかり読み込みたい。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:42:49
    ただ鈴木教授(だったと思う)の仰られたように、この訴訟を通じて(自分を含め)多くの人に理解が深まり、社会が変化していければいいなと思う。以上。
  • 片桐 ゆうひ @KatgiriY 2017-05-05 23:50:06
    一応補足という名の言い訳。 別に加害者や大学側の味方をするつもりでも、擁護するつもりでもありません。 目指すべき社会や、道徳倫理面と、法的責任とはある程度分けて考えるべきではないかというものです。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:12:21
    東京・明治大学にて一橋大学院アウティング裁判説明会、パネルディスカッション。 南弁護士から経緯説明。告白し、交際は無理だが、これまでどおり友達でいようと言われる。以前と同じように友達として接する。ストーキングなど嫌がらせ行為はしていない(相手方も嫌がらせ行為があったとは
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:22:21
    主張していない)。告白後も友達として接してくることに、相手方は脅威だと感じたという。LINEで暴露され、2か月後に亡くなる。なお、2か月の間には大学の相談室や教授、保健センターに相談したが、適切な対応は受けられなかった。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:29:37
    争点は「アウティングの違法性」。アウティングは暴力である。 相手方はアウティングは正当だった、そうするしかなかったと主張。 大学は責任なしと主張。大学の言い分「大学は見識がある学生が集まる所なので、大学は人権について教育する必要ないのだから、大学に責任はない」みたいな。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:35:56
    亡くなったAさんは、アウティングが原因で相手と同じ部屋にいると吐き気がするなどの理由で心療内科を受診していた。 相手方は、Aさん自身が同性愛者である問題に向き合わなくてはならないから通院したのだと主張。 大学は対応に問題ない、結果は予想できなかったことだと主張。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:47:55
    アウティング裁判説明会。大学はAさんに「はりまメンタルクリニック」を紹介する。ここは性同一性障害のカウンセリングなどのクリニック。Aさん相談内容には関係なかった。 NPO原さんによると、学校は、同性愛など性の悩み相談を受けると「病院に行ったら」という対応をする現状は、あるそう。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 22:56:55
    南弁護士「アウティングは何を侵害しているんでしょうか?」 木村草太さん「プライバシー権の侵害と思う。またアウティング自体が死の危険があると認識する必要がある。相手方が「アウティングは正当」と言っているのに驚いた。そこを争うとは。」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:04:18
    会場から「告白された側はどうすればいいのか?」と質問。 回答者失念ごめんなさい。「今回の場合、誰にも相談せず、いきなりアウティングしている。誰かに相談するか、または勇気を持つ必要あるだろうが、相手と話し合ってもよかったのでは。ストーキングなどの被害もなかったわけだから。」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:08:18
    アウティング裁判。Aさんが亡くなった経緯を説明する予定で大学側が家族宅を訪問することになっていたが、弁護士が同席することを大学に伝えたら、「なら、この話はなかったことに」と大学側が訪問予定をキャンセルした。経緯を説明してもらえないので、裁判を起こすしかなかった、と南弁護士。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:17:21
    南弁護士「最後のLINEの内容を家族は知らなかった。大学側が「彼は自分が同性愛者であることに悩んでの自殺だった、最後にクラス全員にLINEを送ってるんだから」と言い出したので発覚。文面を知ったのは亡くなって1年後。亡くなるとき何があったのかを、誰も家族に伝えないなんて。」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:20:43
    NPO原さん「LINEのことを家族が知らなかったということで。家族をぞんざいに扱う大学が、学生を大切に扱うだろうか?と感じた。個々の先生は、良い先生もいるとは思うが…」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:25:42
    横山先生(広島大ハラスメント相談室教授)「すぐに対応しなければならない問題に、何も対応もアドバイスもできず、2か月が過ぎている。もしかして、大学に常勤の専任スタッフがおらず、外部から来ている相談員なのかも?と想像しました」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:32:59
    アウティング裁判 鈴木先生「一橋大はいまだに家族に対してAさんが亡くなった経緯を説明していない。裁判がなければ大学職員も事件のことを知らなかった。隠蔽体質。」 鈴木先生はたいそうお怒りのご様子。
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:38:03
    木村草太さん「アウティングしたとき、なぜ誰もとがめなかったのかと思う。ただ、セクマイ人権を学ぶものがない。判例が非常に少ないので。 ローは非常に厳しい環境で、人に思いやりを持てるゆとりがあるとはいえない。教育環境としては異常と思う。危険な制度を運用している。」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-05 23:42:55
    南弁護士「この裁判、正しいのかな、自分がとっぴなことを言っているのでは、という気になってくるんです。」 木村草太さん「この裁判の判決は必ず判例集に載ります。なので絶対に勝たなくてはならない裁判です。」
  • なんじょう @nnanjoh 2017-05-06 12:59:18
    アウティング裁判の件で、「亡くなった人が被害者というのは一方的ではないか。」という意見もチラッと見えたので考えた。 「この人は俺に告白して、フラれました」と暴露するのと、「この人は同性愛者です」と暴露するのは、違うと思う。 同じでしょ、と思う人いるかもだけど、私は違うと思う。

コメント

  • online_cheker @online_checker 2017-05-06 20:46:17
    「院生(一般人)」??? 違うでしょ。院生(LS生)。いずれ法曹になろうという奴だ。この程度の事、自力でどうにかできない訳がない。ていうか、先々の出来事を読まずに、性的に暴走するなんて……
  • lesbioumans @bioumans 2017-05-06 22:53:21
    フラれることの心の傷、告白する側の暴力性というのは非LGBTの人間にとっても苦痛である。その苦痛を、LGBTだからといってことさら特別視というか、ボーナスポイントを乗っけるから議論が混乱する。そもそも、LGBTか否かというフィルタを一切取り除いた「告白における両者の加害性」の議論が全く整理されていない。
  • 重-オモ- @__oMo__ 2017-05-06 23:08:13
    結局、アウティングによって「同性愛に対する偏見」による阻害や迫害、暴言や暴力行為があったのだろうか?例えばA君がアウティングにより動揺して言動が不安定になり、友人たちが距離をおいた場合、これは「同性愛に対する偏見」ではなく単純に「友人として付き合いきれなくなった」結果によるものだが、こういうものも含めて「同性愛に対する偏見」として扱われてしまうのだろうか。
  • TAKAMAGAHARA @SILVER_CAP 2017-05-07 18:15:29
    では同じような事態を繰り返さないためにどうするべきか、となると、これはもう「俺に告白したら誰であっても男女関係なく公表するからそのつもりでいてくれ」と事前に宣言するくらいしかないように思う。他に自分の身を守る有効な手だてが思い付かない
  • 愚者@夏コミ委託どうしよう? @fool_0 2017-05-08 21:19:12
    誰か一人を藁人形にして解決するような問題にも思えんなあ。
  • Hoehoe @baisetusai 2017-05-09 13:09:25
    ゲイであることは恥ではないにも関わらず勝手に恥じて死んだ人
  • 月清 @tsukikiyora 2017-06-01 02:36:00
    Z氏側を一方的に加害者に仕立て上げるやり方は違うと思うわ。つーか、カミングアウト受けたら他言してはいけない、墓場まで持って行けなんていうハードル高い設定を設けた事自体がおかしいでしょ。。。そんなんじゃ怖い存在になって理解なんて広がらないし、LGBTから嫌な事されても嫌とも言えないし、カミングアウトした側は差別を受けると思い込んでるから精神的に追い詰められるしで、全てに於いて最悪な状況にしかいかないよ。
  • 月清 @tsukikiyora 2017-06-01 02:37:00
    つーかさ、A氏に相談受けたLGBT側は仲裁に入らなかったのもおかしい。何やってたの?きちんとZ氏側の話しも聞いて和解に持って行けてたら、こんな事になってないよね。それとも、A氏が死ぬの待ってたの?としか思えないわ。。。

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー