10周年のSPコンテンツ!

【お玉さんの読書マラソン2017 II】名作家博覧会 芦辺拓 vs 二階堂黎人

芦辺拓と二階堂黎人……お玉さんが血を流しながら挑む2017年読書マラソン第2弾のテーマは、平成を代表する2人の本格ミステリ作家!両者の仕事を年度ごとに辿り、括って、総括し、勝敗を決めていこう!という読書マラソンです。
書籍 文学 小説 二階堂黎人 芦辺拓 本格ミステリ
2
お玉と毒きのこ @ottama709
夜中にコッソリと新読書マラソンの発表。さてさて、
お玉と毒きのこ @ottama709
さて、読書マラソンの時間だ ( ´ ▽ ` )ノ 「三国志」マラソンと平行して敢行される読マ! 冒険大長編も良いけど、やっぱミステリも読みたいよネ♫ 本格を読みたいよネ♫ 不可思議なトリック、騙しの構図、意地の悪いオドロキの数々! LOVE ♡ 本ミス ♡ 抱きしめたい
お玉と毒きのこ @ottama709
ただ、お玉さん、ここ近年、本格というジャンルがよく分からなくなってきてるんよ (´Д` ) お玉さんの中での本格の定義って「取り扱う謎に面白味がある小説」ないしは「読者を本気で騙しにかかる企みを備えた小説」といった超絶ユルユルなものなの。 だから、色んなミステリが本格になっちゃう
お玉と毒きのこ @ottama709
本格というジャンルの中でもいろいろな本格があるわけで、前回の「名探偵図鑑完読作戦」のようなミステリの多様さの幅を攻めて行くんも楽しいんだけど、今回は自分な好きな本格を自分が好きな本格を書く作家さんの仕事を追っていきたいと思ってます。 つまるところの作家マラソンということです
お玉と毒きのこ @ottama709
ところで、深夜の告白。 二年くらい前に瞬間風速で盛り上がった対決企画。「コロンボ vs 古畑」「ホームズ vs ブラウン神父」……、ああいった対決モノにすごく心惹かれた自分がいたわけなんですよ。自分もやりたいわぁ〜、などと考えたものなのですよ
お玉と毒きのこ @ottama709
で、パッと思いついた企画が、 昭和推理小説界の巨人対決! 『高木彬光 vs 松本清張』 Σ(゚д゚lll) ……お、面白そうやけど、、、ハードルがあまりにも高すぎるし、読まなきゃいけないタイトル数があまりに多過ぎるんぢゃないかしら?? と。
お玉と毒きのこ @ottama709
というか松本清張のほうは全集のほうでナントカなりそうだけど、自分が大好きなほうの高木彬光って、実は著作の全貌を掴みきれていないの (´Д` ) それに角川文庫のは全て揃ってるけど、春陽文庫の時代物はあと10冊は残してるし、児童ものに関しては未知の領域。占い本も数冊程度の所有だ
お玉と毒きのこ @ottama709
ムリダナ。 そういうわけで、この企画はボツ! まぁ、個人的な興味は尽きないので死ぬまでにはカタチにしたいんだけど、今の自分には荷が重い。それに、老後の楽しみに残してるためほぼ未読の松本清張が、自分にとって「面白くない」作家だったら、地獄だモンね ( ´ ▽ ` )ノ
お玉と毒きのこ @ottama709
なので、昭和が無理ゲだったら、平成の作家さんならセーフっしょ、という思惑。これから行う読者マラソンは、平成を代表する二人の本格ミステリ作家の仕事を取り上げ、敢えて(自分の中での)白黒の勝敗を決めていこう、というそんな趣向だったりします。
お玉と毒きのこ @ottama709
さぁて、タイトルを発表するよ ( ´ ▽ ` )ノ
お玉と毒きのこ @ottama709
2017年読書マラソン第二弾! 『芦辺拓 vs 二階堂黎人』 ワイがやらねば誰がやる、という謎の使命感でいっぱいの読書企画。 とりあえず書籍化されている作品は全て読む。雑誌掲載のみの短編は残念ながらお見送りだが、編集で関わったタイトルに関しても出来るだけ取り上げる予定
お玉と毒きのこ @ottama709
芦辺さんと二階堂さんの刊行書籍を年度で括って一本一本感想を述べていく。その後、その一年ごとで総括を行い、どちらの作家さんの仕事がより自分の心に響いたのか? を評価の基準として勝ち負けを決めるといったそんな内容。 pic.twitter.com/bEtjQYf8ow
拡大
拡大
お玉と毒きのこ @ottama709
(西澤さんも加えた三国志状態も考慮したんだけど、この読書マラソンの企画意図にブレが生じそうなので、こちらは泣く泣くオミットだわ。読む点数もちょっと抑えたいしね)
お玉と毒きのこ @ottama709
二階堂さんに関しては未読作品が何点かありますし、芦辺さんに関しては大まかな意図だけを漠然とキャッチしてる状態で、細部は全く理解できてないそんな作品があるというのがマラソン開始前の現状。 この先の道に待つのは何だろうか? 期待と不安の入り混じりだわ。
お玉と毒きのこ @ottama709
今、2000年あたりの仕事を追っている最中。今まで誤解してた部分やちょっとした発見などもあったりで、今のところはかなり楽しく取り組めていたりするんよね。(「かなり楽しく」ということはツラいパート、あまり楽しくないパートもすでにあったということだ……) ワイがやらねば誰がやる!
お玉と毒きのこ @ottama709
というわけで、読書マラソン『芦辺拓 vs 二階堂黎人』 明日から本格スタートでございます。まずは第一回鮎川哲也賞受賞作『殺人喜劇の13人』ですね。……いきなりの難物やねぇ〜♫ ではでは〜
お玉と毒きのこ @ottama709
……編集を取り上げるということは『新・本格推理』も読まねばなるまいということと同値で、ここはちょっとした自分の中でのハードル (´Д` )
お玉と毒きのこ @ottama709
さて、発表も終わったことだし柴錬三国志の続きを読もう♫
お玉と毒きのこ @ottama709
「殺13」の感想は完成してるけど、時間が時間だけに明日へまわそう。(かなりカロリーが低い内容なのが、恥ずい)
お玉と毒きのこ @ottama709
さて、『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』でございます。 本日は1990年からのエントリー。 芦辺拓『殺人喜劇の13人』を取り上げたいと思います。 皆様ご存知のとおり栄えある第一回鮎川哲也賞受賞作でございます!(選考員の中に中島河太郎がいたことに驚いた) pic.twitter.com/UpepkNGdbj
拡大
お玉と毒きのこ @ottama709
何度か言ってますが、私は講談社軍団の猛攻にノり遅れた人間であり、リアルタイムの新本格体験としては創元組の大活躍のほうが印象強かったりします。 そして、鮎川哲也賞開催の告知!「ワイも本格を書いて見ようかしら」などと決意し結局原稿用紙数枚のみ書いて諦めた、……そんな遠い過去の思い出。
お玉と毒きのこ @ottama709
第一回鮎川哲也賞の最終候補者の中に、二階堂黎人がいたことはあまりにも有名な話。『殺人喜劇の13人』は大賞! 『吸血の家』は佳作をそれぞれ受賞する。 時に盟友、時に宿敵。そんなライバル日本ミステリ史。 夢の第一ステップの段階から、この二人の作家には因縁めいた何かがあったというわけね
お玉と毒きのこ @ottama709
紛失してしまったので確認できないので改竄された記憶なのかもだけれど、「創元推理」に掲載された受賞のお言葉、芦辺さんのニコやかな写真と本格を書き続けることに対しての意志表明がとてもステキに思えたのよね。 「殺13」と本編と私はどちらを先に読んだのだろうか? そんな記憶も遠い過去
お玉と毒きのこ @ottama709
数年前に芦辺さんのミニマラソンを行なっており、その時以来なので今回が三読目! 1回目「トリックの乱れ打ちヤン。メッチャやられた! すごい新人が登場したのぉ」 2回目「この頃から芦辺さん、ヤリすぎ芦辺だったのねΣ(゚д゚lll)」 togetter.com/li/459649
残りを読む(617)

コメント

MAQ @junk_land 2017年5月17日
お玉さんの17日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。今回は芦辺先生の『殺人喜劇の13人』を取り上げておられます!
MAQ @junk_land 2017年5月20日
お玉さんの20日の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 vs 二階堂黎人』1992年篇、取上げられたのは二階堂さんの『地獄の奇術師』でした!
MAQ @junk_land 2017年5月24日
お玉さんの24日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。今回も『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1992年篇。対象は二階堂さんの『吸血の家』でした!
MAQ @junk_land 2017年5月27日
お玉さんの27日の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1993年篇で、今回は二階堂さんの『聖アウスラ修道院の惨劇』を取り上げておられます!
MAQ @junk_land 2017年5月28日
お玉さんの28日の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1994年篇から、今回は芦辺さんの『保瀬警部最大の冒険』を取り上げておられます!
MAQ @junk_land 2017年6月6日
お玉さんの6月6日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。もちろん『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』で、今回は1994年篇。芦辺さんの『殺人喜劇のモダン・シティ』の前編です!
MAQ @junk_land 2017年6月9日
お玉さんの9日の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』、今回も1994年篇で、芦辺さんの『殺人喜劇のモダン・シティ』の後編です!
MAQ @junk_land 2017年6月13日
お玉さんの13日の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』、引き続き1994年篇で、今回は二階堂さんの番。『悪霊の館』の前編です!
MAQ @junk_land 2017年6月18日
お玉さんの18日分関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。モチロン『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』。今回は二階堂さん『悪霊の館』の後編で、いよいよ1994年の対決に決着がつきます!
MAQ @junk_land 2017年7月11日
お玉さんの11日分関連ツイットを追加してまとめを更新しました。今回は『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1995年篇で、まずは芦辺さんの『明清疾風録1』でした!
MAQ @junk_land 2017年7月14日
お玉さんの14日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1995年篇で、今日は二階堂さんのターン。『ユリ迷宮』でした!
MAQ @junk_land 2017年7月18日
お玉さんの18日分の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』、今回も1995年篇で芦辺さんの『歴史街道殺人事件』でした!
MAQ @junk_land 2017年7月22日
お玉さんの22日の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1995年篇で、今回は二階堂さんの『軽井沢マジック』。そして95年篇の勝敗も!
MAQ @junk_land 2017年7月28日
お玉3の27日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。今回から『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1996年篇が始まり、口切りはもちろん、二階堂さんの『人狼城の恐怖 第一部ドイツ編』です!
MAQ @junk_land 2017年8月1日
お玉さんの1日分の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1996年篇で、今回は二階堂さんの『奇跡島の不思議』でした!
MAQ @junk_land 2017年8月3日
お玉さんの2日分の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1996年篇で、今回は二階堂さんの『私が探した少年』でした!
MAQ @junk_land 2017年8月8日
お玉さんの7日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1996年篇は、今回から芦辺さんのターン。まずは『明清疾風録2』です!
MAQ @junk_land 2017年8月14日
お玉さんの14日分関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。今回は『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1996年篇のラスイチで、芦辺さんの『時の誘拐』でした!
MAQ @junk_land 2017年8月21日
お玉さんの21日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1997年篇で、まずは二階堂さんのターン。『人狼城の恐怖 第二部 フランス編』です!
MAQ @junk_land 2017年8月27日
お玉さんの27日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1997年篇で、今回は芦辺さんのターン。『明清疾風録 3』です!
MAQ @junk_land 2017年8月31日
お玉さんの31日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1997年篇で、二階堂さんのターン。『バラ迷宮』です!
MAQ @junk_land 2017年9月4日
お玉さんの24日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1997年篇で、芦辺さんのターン。まさかの『鮎川哲也編 本格推理マガジン『硝子の家』』です!
MAQ @junk_land 2017年9月7日
お玉さんの7日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1997年篇で、今回も芦辺さんのターン。『妖異百物語』です!
MAQ @junk_land 2017年9月14日
お玉さんの13日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』。1997年篇の掉尾を飾るのは芦辺拓『地底獣国の殺人』です!
MAQ @junk_land 2017年9月15日
お玉さんの15日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は今回から1998年篇。まずは二階堂黎人編集『未発掘の玉手箱 手塚治虫』です!
MAQ @junk_land 2017年9月20日
お玉さんの20日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』。1998年篇の今回は異色の協力篇!新世紀「謎」倶楽部によるアンソロジ『新世紀「謎」倶楽部』です!
MAQ @junk_land 2017年9月26日
お玉さんの26日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き今回も1998年の協力篇で、芦辺さん×有栖川さん×二階堂さんによる『鮎川哲也読本』です、マストバイ!
MAQ @junk_land 2017年10月1日
お玉さんの10月1日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は引き続き1998年篇で、本格推理マガジン 特集・幻の名作『鯉沼家の悲劇』です!……これは良いものだ。
MAQ @junk_land 2017年10月7日
お玉さんの7日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』は今回から1998年の小説篇で、二階堂さんの『名探偵 水乃サトルの大冒険』です!
MAQ @junk_land 2017年10月13日
お玉さんの13日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』で1998年小説篇、今回は芦辺先生の『探偵宣言』です!
MAQ @junk_land 2017年10月17日
お玉さんの17日分関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』、今回は1998年刊行小説篇。二階堂さんのターンで『人狼城の恐怖 第3部 探偵編』です!
MAQ @junk_land 2017年10月23日
お玉さんの23日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』。今回は1998年の小説篇、続けて二階堂さんのターンで『人狼城の恐怖 第4部 完結編』です!
MAQ @junk_land 2017年10月29日
お玉さんの29日分の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』、引き続き1998年篇で芦辺さんのターン、『十三番目の陪審員』です!
MAQ @junk_land 2017年11月6日
お玉さんの6日分の関連ツイットを追加して、まとめを更新しました。『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1998年篇の作品評は今回がラスト。芦辺さんの『死体の冷めないうちに』です!
MAQ @junk_land 2017年11月8日
お玉さんの8日の関連ツイットを追加してまとめを更新しました。今回は『名作家博覧会 芦辺拓 対 二階堂黎人』1998年篇の〆、年度の勝敗決定です!
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする