漫画の著作権が漫画家にない?!場合もあり得るというお話

webサイトの漫画掲載は「原稿の納品と同時に著作権はクライアントに移行、著作人格権は行使しないもの」とする契約がデフォ、「マンガの著作権はマンガ家にあるもの」と当然のことと思っていると危ないというお話が上がっていたのでまとめてみました。
著作権 田中圭一 Web漫画 漫画
m_d_d_b 104937view 104コメント
292
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • uu @uu32555 5日前
    一般企業間の契約でも、瑕疵責任に対する保証限度額が青天井とかもあるよね・・・受注額までを上限に契約交渉したら撥ねられたりとか
  • SAKURA87@多摩提督 @Sakura87_net 5日前
    そういえば赤松氏がJコミを立ち上げるときにも似たようなことを言ってたなぁ。大手出版業界も似たような感じみたい。(あっちは漫画家の依頼があったら著作権戻せるみたいだけど)
  • ソロリスト @solistbocchi 5日前
    調べりゃ分かるんだろうけど門外漢の率直な感想としては、著作者人格権を行使するなっつー権利の抑制って契約にできるのか?と。著作者人格権は著作者の人格を保護するためにあると思うのだけれど、それの抑制を契約できちまうのはどうもおかしい気がするんだけども。
  • muramasa007 @muramasa0071 5日前
    「マンガの著作権はマンガ家にあるもの」というのは日本だけでは? アメコミだと会社組織として漫画家さんを雇い入れて社員として雇用しているはずです。
  • twit352 @x_ba09e 5日前
    日本企業って素人を騙して金儲けてるんだ。悪質。
  • あぶらな @ab_ra_na 5日前
    「著作者人格権を手放す」ような契約は、「労働基準法破りの雇用契約」と同じで、「出るとこ出て争ったら無効になります」的な扱いなんじゃないかなあ
  • 電鋸雛菊 @DaisyAdreena 5日前
    端的に言うと「原稿を権利まで含めてまるごとクライアントによこせ」という買い切り契約で、しかし著作者人格権は作者から動かせないから「今後行使しない事」という形になるんだよな。「人格権の不行使」が有効か無効かはさておき、それのある契約を交わすと不利になる可能性が否定しきれない以上、納得出来ないなら同意しないに越した事はないと思う。
  • 公然秘密結社社員 @higrik 5日前
    纏めとは関係ないが個人的にはこの契約で「掲載後いろいろ面倒な問題が発生した」場合の責任の所在が気になる。
  • ユーコン @yukon_px200 5日前
    経産省がIT関連契約のひな形を用意しているから、中小零細はそれを利用するヨロシ。当たり前だがフェアな契約書になってる。
  • 杢丸 @mokumaru_NOP 5日前
    弁理士のことも忘れないであげてください。契約代理交渉もできます。
  • はりあ~@ワルキュリア @TNaka2011 5日前
    プログラムなんかは請負契約で成果物は著作権ごと発注者に移行ってのは当たり前になってるからなぁ。いわばマンガを工業製品的なものとして描かせようって事か。
  • 里見 @satomi8dog 5日前
    著作権云々について意見を交わしてる場で堂々と漫画電子版のスクショを4Pもアップする神経がわからない。ツイート文より明らかに漫画内でてきてるテキストのほうが多いけど引用のうちに入るのかしら。
  • ロンマニア @LiongHMD 5日前
    satomi8dog 出典を明記しているからOKだ、とでも思っているのかも
  • くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 5日前
    アメコミみたいに会社として作るから会社に著作権というのは、今話題の「会社の指示のもとお抱えの下請けに作らせるから権利者は会社」をよりいっそう(適正な方向に)おし進めた形態(いわゆる内製)だから、そのほうがおそらく世界的にレア。著作権をいわゆる「作家性」にどの程度紐づけるべきかという話と解釈したほうがよいと思う。完成品の仕様が発注元の必要から導き出されるIT業界での契約はどちらかというと「漫画家とアシスタント」の関係に近いからそのまま援用できない。
  • たるたる @heporap 5日前
    出版社の担当者による誤字脱字、不明瞭な言葉の指摘をフィードバックして書き直した場合の著作権(原著作権)は、出版社にあるのか、作者にあるのか。プロットを相談しながら書いた場合の著作権を、プロットの相談者は持っていないのか。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 5日前
    http://storialaw.jp/topics/agreement/879 「著作権譲渡契約書」ひこにゃん事件であれこれあってから「乙(作者)は甲(出版社)または甲が指定する第三者に対し著作者人格権を行使しないものとする」という一文を入れるのが一般的になったんですかね。
  • K山、 @henzanryou 5日前
    そういやマーヴルだと全部スタン御大に持って行かれるからと設立したイメージ・コミックスも結局DCに買収されて随分経つな。
  • 吉祥天 @sarutas2000 5日前
    恋空とかブログ本とかが流行って次々映像展開していった頃に、レンタルブログとかmixiとかネット小説サイトとかが次々に著作権を著作者でなくサイトのものって規約が書き換えられた時があったな。
  • Perico@起動中 @perico_op 5日前
    これ実体験の豆を1つだけ、Webやアプリのカラー連載の場合「下塗りはうちでします」みたいなことってけっこうあると思うんです。線画は例えば著者に権利があってもカラーにないことがあるので注意した方が良いです…
  • twit352 @x_ba09e 5日前
    キュレーションサイトと同じ構造。なんか夢も希望もない日本社会。25年余りも経済の一人負け状態なのも当然か。
  • エレキたん (ElekiTan) @ElekiTan 5日前
    40数年前、初めて雑誌に寄稿したときもほぼ同じ文言の契約。所謂「原稿料」は原稿の上の権利全ての売却の対価なんですね、出版業界の商慣習としては。
  • くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 5日前
    こういうことを作家に代わってきっちりするのが「エージェント」で、昔は出版社音楽会社レコード会社なんかがやってたわけだけど効率化がうたわれてその役目を果たさなくなってきて、さらに電子化で本当に間に入る人が不要になったために問題がダイレクトに作家にぶつかってる、という現状認識はもっといたほうがいい気がします。日本の場合、作家が出版エージェントを中間搾取扱いして毛嫌いしてそうだからしばらくこの手の手間は自分でやるしかなさそうだけど。
  • 鮎麻呂 @aymro 5日前
    パロディや風刺を作風の基軸にしていれば常に撃たれる用心が欠かせないわけで、人一倍注意を払わないわけにはいかないですね。契約をいい加減に読んでいざ何かあれば多方面に問題が波及してしまう。心構えが伺えるつぶやきだと思います。
  • kartis56 @kartis56 5日前
    工業製品の例が出てるように、作品の独自性があるかどうかが問われそう。 キャラ・ストーリーを指定されて描くような(何かの紹介漫画とか)は難しいかも?
  • 目代昌幸 Office 365 MVP @mokudai 5日前
    代理人みたいな制度があってもいいと思うんだよなぁ上の方でエージェントといわれてる方もいらっしゃるけど、役目としては同じなんだろうけど。
  • naruto,tousen @narutousen 5日前
    webサイトの漫画だけでなく、ライトノベルの新人賞にも著作権が出版社に所属する契約があるから注意が必要です。印税は賞金に含まれている(重版から印税を払うという契約もある)場合も。大抵募集要項に書いてあるからよく読んで欲しい。
  • tamama @tamama666 5日前
    x_ba09e いえ、アメコミのほうがひどいってコメ欄でも指摘されてますけど?
  • Susurro @Susurronis 5日前
    solistbocchi 運用は法に勝るというのは往々にしてある話でごさいまして…
  • bluemonkshood @bluemonkshood 5日前
    田中圭一が著作権を、、というwwwwwwが、田中圭一ほど、著作権を尊重している人はいないと思う。なぜなら、作品の中でも、○○先生風というマンガを独自に書いているからだ。いたこ漫画家というスタイルで、あくまでも原作を尊重しているからこそ、田中圭一として成立していると思う。
  • KAIJIN28GOO @babel3sei 5日前
    一度契約書に判を押すと、すべて合意したものとみなされます。重大な錯誤や明らかな作為による誘導(これは法律上の「取り消し」の対象になります)がある場合は別ですが、契約上の合意は契約した当事者双方を拘束します。拘束とは、履行の義務を負うことですが、今問題になっているAV出演の契約のように、社会一般の常識と良識に反する疑いのある契約は争う余地があります。ですが、具体的には、個人対企業の力関係の差は歴然としています。つまり、企業側のほうが強く、個人は負けます。
  • KAIJIN28GOO @babel3sei 5日前
    作品買取は、たとえば歌の録音などでも普通に行われています。一曲10万円なら、それ以上の請求はできません。たとえネット配信で大ヒットして、配信元が大儲けした時、歌い手が何パーセントよこせという要求を新たにしても、水戸黄門の印籠のように契約書をかかげるでしょう。配信元にも言い分があります。配信にかかった費用、広告力など、個人の力ではできない営業行為がヒットに結びつけられています。
  • KAIJIN28GOO @babel3sei 5日前
    どうしても著作権を留保したいなら、期限と成果に応じて特約をするとか、それとも継続して作品の依頼を受ける条項を設けるなどが考えられます。しかし、そこまで厚意を示してくれる企業は、まずありません。よほど名の通った作者ならともかく、バクチに等しい、いいかえれば、売れるかどうかわからないアマチュアの作品売り出しは、ともかくこのくらいで抑えておくか、という「値踏み」をします。 最後にひとつ。人気と実力は別物です。いっとき奇妙な魅力で話題を呼んでも、その先の継続が肝心です
  • COBRA @ns_torg 5日前
    アメコミ版権は製作側だが作画が誰か等は割と明確。ハリウッドムービーでも「このカットは私が担当」ってポートフォリオ著作権などはクリエイターも持てる
  • 超破瓜@椰子教団広報 @super_haka 5日前
    「お」の人や熊の人が「まとも?」に見える・・・・
  • mlnkanljnm0 @kis_uzu 5日前
    「お」の人は著作権が専門分野だったんじゃなかったっけ? 一応。
  • akita_komachi @antiMulti 5日前
    手塚プロや松本零士から訴えられるWebサイト・Web出版社は、まだ出てこないわけか。
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 5日前
    IT企業がいままでの商習慣とのすりあわせがアレってのもあるけど、ともかく昔からでももともとちゃんと契約を組めって話だった面があるよな(本の制作という物理本の時点でね)
  • K.K. @kk_goinkyo 5日前
    自分が知っていたころの著作権の概念がWeb時代の今どれだけ時代遅れかを痛感するなあ。
  • タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @tatukoma1987 5日前
    小林源文先生の例ってこの場合どうなんだろ?裁判で勝ってるんだが。
  • タツコマはネコ科猛獣に襲われてしまった @tatukoma1987 5日前
    bluemonkshood だからこそ、プロレスが成り立つ。なんだかんだで虫プロと仲良いですし。
  • ToTo @toto_6w 5日前
    もしドラとかに代表されるビジネス書の漫画化はどういう契約になってるか気になる
  • twit352 @x_ba09e 5日前
    tamama666 アニメ的役割分担と個人作家の違い。
  • えろばへろみ @eroba 5日前
    アニメやゲームとか、ゲームデザインも絵も曲も製作者でなく会社のものが普通だしな。なので自分でかいた絵を同人画集にしてモメたやつとか、ファイアーエムブレムの作者がティアリングサーガーつくって色々あったりとか、ハッカドールの…
  • えろばへろみ @eroba 5日前
    あとから規約が変わることも…
  • 刑事長/理事長 @DekatyouNy 5日前
    連載漫画とかになると、アイデアとかプロットまで出版社側がやり、そこから漫画にするまでを漫画家が担当する場合もあるかや一概に言えないのでは?(出版社社員がアイデアとかプロットまでやる場合は特に)
  • えろばへろみ @eroba 5日前
    本当かどうか知らないけど、絵描きがソシャゲ絵で自分がかいた原画同人だしたり何かすると数千万単位の損害賠償金請求が企業からくるという。もちろん原稿料はそんなに出てない
  • 蘭子(冷やし中華は胡麻ダレ派) @ranco1129 5日前
    マーベルみたく雇用契約結ぶのならそれは「社員としての仕事」だよね?その場合労働基準法の範囲に入るけど、通常の漫画家さんの場合、個人事業主として契約するからどうしても組織vs個人となって、立場が弱くなりがち。相手も大きな組織なら会社の顧問弁護士も法務の専門家もいるだろうしね。それ故の搾取も実際横行してる訳だし。そういう話をしてるんだよね?
  • 蘭子(冷やし中華は胡麻ダレ派) @ranco1129 5日前
    まあ「とある新人漫画家に〜」でもあったけど、漫画家やイラストレーターをメインに据えたエージェント組織が今後デフォになるべきじゃないかな?そこは分業にした方が多分作家も幸せになれると思う。業界の自浄作用が上手く働いてないから、現状。そうして潰れていく作家さん見てると大きな機会損失だと思うよ。作品は工業製品じゃない。機械で量産できるものじゃないんだよ。
  • ざの人(トギャッター用垢) @zairo2016 5日前
    はーとふる売国の自称さんが、自分の心は、シビアマインド売らないマンの田中さん(褒めてます
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 5日前
    ちょこちょこ話題になる話だけど、ホントにあるんですねえ。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 5日前
    韓国、中国、台湾も日本式ですよ。結局のところ、アメリカでも著作権を個人が持ってるか法人が持ってるかの違いだけで、例えばアメコミ界で活躍されてるトッド・マクファーレン氏は個人で「スポーン」の著作権を持っています。 RT muramasa0071:「マンガの著作権はマンガ家にあるもの」というのは日本だけでは? アメコミだと会社組織として漫画家さんを雇い入れて社員として雇用しているはずです。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 5日前
    キン肉マンの「読者の考えた超人募集!(応募作品の権利は、全て漫画の原作者及び出版社に帰属します)」みたいなのも実は結構危ういんだけど、親告罪だし、好きな人しか応募しないのでうやむや。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 5日前
    一方、「著作人格権は行使しないもの」という約款は、単に公表権、氏名表示権、同一性保持権を予め契約で定め、それを後からやいのやいの云わせないための契約。例えば、有名な「ひこにゃん騒動」は同一性保持権についての取り決めを怠ったから起きた。もちろん、「お前が作者だと名乗る事は金輪際許さぬ」とか、「著作人格権は全て譲渡する」みたいな契約は著作権法に反するから無効。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    会社としての電脳マヴォは現在、個人作家の著作権を期間限定で(ここ重要)お預かりして、対外的な著作権を管理する著作権エージェントとして機能させており(電脳マヴォのサイトに掲載した作品全てを契約しているのではありません)、「作家の利益拡大」を会社の運営指針としていますが、料来的には、電脳マヴォと作家が雇用契約を結んだ上で、会社の企画・原作・プロデュースでの作品製作も構想しています。個人作家の権利を確保するエージェントと、アメコミ型の会社が著作権を持つ漫画製作会社の共存です。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    私はもともと作家(漫画原作者)でもあるので、他人の作品を管理する仕事とは別に、自分の作品を会社で作ろうと考えているのです。これはいずれ実現させたいです。その場合、私も個人作家として、会社と作家エージェント契約を結ぶ形になるかもしれません。どういう形になるかは、社内で相談して決めます。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    電脳マヴォは2012年にサイトとして立ち上げましたが、最初は会社にはしておらず、収益の目処が立たないので、マネタイズは考えていませんでした。しかし、ここ3年は出版社だけでなく、漫画とは関係がなかったIT企業の漫画ビジネスへの参入が顕著になり、彼らは過去の出版界の商慣習にまったく囚われてはいないので、電脳マヴォのような会社の参入メリットありと踏んで会社化しました。これからの漫画界は、インターネットの世界で、まったく新しい発展を遂げるのではないかと思っており、それに寄与したいと考えています。
  • トリニガス @torini311 5日前
    手間の問題からエージェントを利用するってならともかく、法律知識や法解釈能力がない、法的感覚が理解できないから代理人を立てる...というのは根本的解決にならない(ケンカや難癖に窓口係が出来るだけ)気がするなぁ。というか学歴で足切りしてる出版社側ですらテキトーなことやらかす例が後を絶たないし、「知識のある人を業務に噛ませる」のと同時に「業務(法務)内容に口出しできるようにする」必要が...まぁ虚勢の張り合いに必死なのが社会人()のデフォの内は期待できないが...
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    kentaro666 ×料来的には → ○将来的には
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    追伸。作家さんに対する電脳マヴォの対応は、従来の出版社編集者のそれと、まったく同じです。作家さんから見れば、編集プロダクションの社員編集者に見えるかもしれません。しかし、作家さんから著作権を預かって対外企業とビジネスをするという点で、編プロとは全く違います。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    取引企業は出版社もあれば、IT企業の場合もありますが、どちらも契約書を交わし、電脳マヴォの収益は作家さんの原稿料に上乗せして「編集業務委託費」として請求します。その作品が単行・アニメ化・グッズ化になるなどの二次使用も、すべて弊社が仕切ります。作家さんから見たら、「作家の利益の側につく編集者」だとみて戴けると有り難いです。
  • たけ爺 @take_ji 5日前
    eroba ”一本100円で売る”と取り決めて企業経由で販売しはじめた商品を、その後で、個人的に”1本50円(ネット・イベントの個人販売で)”とやって商売し始めたら、企業としては損害賠償請求するのは当たり前ではないかと。
  • twit352 @x_ba09e 5日前
    発表名義は個人名だけど、実態は編集プロダクション的な漫画家いなかった?
  • 亜山 雪 @ayamasets 5日前
    著作者人格権だけは作者から動かせないから、この文言が入っている契約書は要注意だよ。
  • たけ爺 @take_ji 5日前
    eroba 一種の”専属契約”を結んでいる状態で、二重譲渡をしたら、どの企業でも個人間でも怒るのは当たり前ではないかと。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    現在、出版界は大変動の時期に入っており、業界大手の角川書店は、2013年にドワンゴと合併してKADOKAWAになりましたが、これは出版社から総合IT企業への脱皮を図っているのだと思います。そして、3年前から大規模な早期退職者を募集していて、出版部門の縮小を図っています。IT部門に紙出版ほどの人員は必要ないからです。現在のKADOKAWAの姿を見れば、出版界の方向性が分かります。
  • 竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666 5日前
    私の見立てでは、出版社を早期退職する編集者が今後増加していくと思われ、彼らの中からエージェント会社を立ち上げる人が増えると思います。すでにコルクのような例がありますが、こうした現象は作家からすると「編集が選べる」状況になりつつあるといえ、歓迎すべきことではないかと思います。相性の悪い編集と組んでしまったら、契約期間を過ぎれば作家の側から切ることが可能だからです。
  • asa @asa0625 5日前
    tamama666 アメコミの方がひどいからってこっちはマシ、って話にはならんだろ。アメリカも糞、日本も糞、で何が悪い。
  • 老竹諒 @nonfron000 5日前
    「著作者人格権の不行使」というのは、ユーザー参加型のWebサイトの多くが利用規約に盛り込んでいる項目。もちろんこのtogetterの利用規約にも入っている。 togetterを使っているということは当然それに同意しているということになるんだが……。吹き上がってる人たちは大丈夫なのか?
  • 老竹諒 @nonfron000 5日前
    >なお、ユーザーが本サービスを利用して行ったTwitter上の各投稿のまとめについて著作権が発生する場合、ユーザーは、トゥギャッターに対して、そのまとめにつき全世界における利用許諾(再利用許諾をする権利を含む。)を無償で行うものとし、トゥギャッターによる著作権の行使(再利用許諾を受けた者による行使を含む。)について、著作者人格権を行使しないものとします。
  • 老竹諒 @nonfron000 5日前
    >ユーザーは、本サービスを利用して自らコメントとして投稿した文章等(著作物)について、著作権を有します。ただし、本サービスを利用してユーザーによって投稿された文章等(著作物)については、当サイト並びにトゥギャッターと提携するサイト又はその他媒体・サービスにおいて利用できるものとします。ユーザーは、本項に基づくトゥギャッターによる著作物の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。
  • 老竹諒 @nonfron000 4日前
    コメント欄を見てるとこの「著作者人格権の不行使」契約に納得できない人が大勢いるようだが、ならばtogetterの利用は即刻止め、コメント等も全て削除するのが賢明だ。
  • kisara @kisara50 4日前
    エージェント制が普及すれば解決するかこれ?SF作家(化学者で科学解説者でミステリー作家でetc)のアシモフがエージェントに金を誤魔化されてたって自伝で書いてたりしたし、ボクシングなんかでも言われるけど、メリットとデメリットがあるだけの隣の芝生は青く見えるたぐいのような。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 4日前
    「著作者人格権の不行使」って、そういう一文を入れておかないと、パブリシティ・広報のための媒体がうまいこと利用できなくなるからじゃなかったかな。
  • ボリゲル @borigeru 4日前
    熊の人も、おの人(たぶん)も、自分の専門分野ではちゃんとしてる人なんだよな。当たり前だろうけど。変なイデオロギーやらなんやらが加わると途端におかしくなる。人格を疑うレベルだからもう専門外に口出しするの辞めれば良いのにとたまに思うけど
  • ロンマニア @LiongHMD 4日前
    tikuwa_zero スピンオフがシリーズ化されたり単独アニメ化されたりの人気者 #ラーメンマン を考案した少年は本来ならどれ位の報酬を受けられたのだろうか・・・
  • ひらたしずこ(プライム) @cigarillolover 4日前
    その文言を批判しつつもTogetterを使っている人は、「Togetterでまとめたり、まとめられたものにコメントする程度の内容に著作者人格権を行使するつもりがないってだけ」なんじゃないですかね。
  • ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 4日前
    電子化によって、クリエイターとクライアントが直接契約関係になって――、って解説は至極ごもっともだと思うけど、天下の(?)KADOKAWAですら、『艦これ』の二次創作作品を募集した際、「著作権放棄」を応募要項に記載して、企画を潰した(自爆した)とか、古くは『およげ!たいやきくん』の歌唱印税が売り切りでたったの5間円だったとかの逸話(黒歴史)には事欠かないし、版元はあわよくば「安く買い叩いたれ」が基本姿勢だと思ってる。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 4日前
    「著作者人格権の不行使って、法律的にはどういう意味?」ってつもりでtikuwa_zeroを書いたのに、全然読んでない人がこういうコメントするの、ホントにダルい。 nonfron000 さんの指摘通り、Togetterの利用規約どころかTwitterの利用規約すら読んじゃいなさそう。 RT ayamasets:著作者人格権だけは作者から動かせないから、この文言が入っている契約書は要注意だよ。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 4日前
    それ、全然別の話。著作権法63条に基づく著作権使用料契約で、子門真人氏はそんなに売れると思わなかったから、1枚売れて何ぼの印税契約ではなく、一括払いのギャラ支払いで契約したら、予想に反してめっちゃ売れたんで損したってだけ。 RT bygzam_ma08s:古くは『およげ!たいやきくん』の歌唱印税が売り切りでたったの5間円だったとかの逸話(黒歴史)には事欠かないし、版元はあわよくば「安く買い叩いたれ」が基本姿勢だと思ってる。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 4日前
    電脳マヴォに版権あずけるぐらいなら小学館集英社プロダクションに金出してまかせるわ自分は。
  • 表現について考える人 @EfX6gnv 4日前
    権利は一式会社が、って事はトラブル発生時でも(会社から責任を問われる範囲でなければ)会社が責任持つし権利管理の手間が省けるわけで、人格権などを行使する気がない素人に毛が生えた程度の人ならまた別のメリットがあったりはする。
  • 表現について考える人 @EfX6gnv 4日前
    極端な例ではあるけど、問題になったキュレーションサイトなんかはアレパクったライターがいるわけで権利を作者が持ってるなら訴えられても仕方なかったけど責められたのはDenaだけだ。(だから「権利は俺らだがトラブルはお前持ちな」ってクソみたいな契約があったりするけど、そんなもん通るわけねぇだろつうアレ)
  • 表現について考える人 @EfX6gnv 4日前
    「プロの法務部を持つ組織と個人が戦うと〜」的な話をする人もいるけど、そんな会社でも年中トラブル起こしてる権利問題を個人で取り仕切るなんて相当な作家でもなきゃ徒労になるだけよ。だったら買い切り権利なしで相応の値段で売りつけるってのも選択肢としてはありだ#そう思って売りつけたら思いの外バク売れするのもまぁ無きにしもあらずなので困るがw
  • хиде @fuayue 4日前
    昔、そういう契約の案件があったなぁと懐かしい思いに駆られましたわ。相手側にしてみれば収益配分での追加要求を作者側から出させないとか、配信コンテンツの引き上げや他所での配信を身勝手にされないようにと言うリスク管理で著作権移譲を要求していた様子でしたが。結局サイト自体がポシャったので契約も破棄されて終了となりましたけれどw
  • 夜勤仕事 @yakeen4510 4日前
    作者に著作権が自動的にくるのがあたり前だと思う。
  • bn2 @bn2islander 4日前
    「金を出した側が著作権の譲渡を求めてくるのはあたりまえ」だというクールな心を持とう
  • bn2 @bn2islander 4日前
    私が見聞する限り日本における作家(漫画家)との関係は二人三脚であり、作品の掲載を決定するか否かのみならず、物語のアイデアや内容にも深く関与しているにもかかわらず、漫画家が100%の権利を持っていくのはどうなのよと思わざるを得ない事はある。創作面においても二人三脚なら、応分の権利(隣接権なものでもいいけど)は編集者(出版社)に与えてしかるべきなのでは?
  • kartis56 @kartis56 4日前
    nonfron000 「トゲッターによる行使に対して」なので、それ以外に対して著作者人格権の行使を抑止する物ではありません
  • あほうどり @Phoalbatrus 4日前
    bn2islander うーん、出版社が作家を雇用するならそれでもいいと思う…というか、そうあるべきと思うけど、編集者は雇用、すなわち結果によらない給与が保障されていて作家にそれが無い以上、応分の権利を主張するには無理があるように思う。
  • あほうどり @Phoalbatrus 4日前
    (そういう意味ではフリーの編集には著作権に相当するものを上げたいところ。)
  • 文里 @wenly_m 4日前
    ここもコメント欄を別まとめにする必要があるとこになったなぁ。運営は簡便にできる機能の実装を(何回目?
  • slips @techno_chombo 3日前
    solistbocchi 著作人格権の不行使は主にデザイン界隈ではよくあります。例えば企業ロゴとかを作って貰っても著作権も著作人格権も自動的に発生します。こういう場合は著作権の譲渡は契約書に入れますが、著作人格権の不行使も入れないとある意味「作者が気に食わないから使うな」という意見を聞かないといけなくなるのですよ。
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 3日前
    著作人格権の行使はできそうだけど曖昧なのはいくらでもありそうな。編集者によるキャッチコピーとか。
  • ネットで通りすがるブラジル人@🐘&🐸 @ntbxp 3日前
    漫画の著作権が漫画家にないって、MarvelDCですな。アレはアレで酷いことになりかねない。
  • ネットで通りすがるブラジル人@🐘&🐸 @ntbxp 3日前
    ns_torg アメコミはどうあがいてもリアル向けだからね。ハンコ絵みたいに似たようなものになりやすい。つまり、絵がうまい=絵がおなじになるから人材は集めやすい。
  • 蘭子(冷やし中華は胡麻ダレ派) @ranco1129 3日前
    トラブル多いからこそ泣き寝入りにならないように自衛する必要があるよ、って話をしてんだが……。まあ、いっか……。 法務=常に正しい訳じゃねえでしょ? トラブった時に一定のルールをもって解決しましょうね、ってのが本来の法律な訳だし。
  • 蘭子(冷やし中華は胡麻ダレ派) @ranco1129 3日前
    あと、お役所系の仕事は基本買い切りになるよね。 自分もやったことあるけど「今回の納品の著作は〜」程度の最低限の念押しくらいはあったで。 契約時にそこを有耶無耶にしちゃうとひこにゃんみたいなトラブルになっちゃうわけで……。
  • 苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 3日前
    意義のあるまとめだと思うんだけど、登場人物の、頼りなさがどうも…。
  • ナスカ/C92-金-ホ47a @Chiether 3日前
    そういえばwebコミックの。本当にimgタグでダラーっとやってるようなやつって、出版権の対象外って認識で本当にいいんだろうか。そもそも電子出版の判断基準って法的にどうなってるんだろう。
  • ぉざせぃ @hijirhy 2日前
    Amazonがキンドル始めるときに、出版社が著作権を持つように要求したって結構話題になったと思ったけど。米国ではそれが普通だとか。音楽レコード(CD)なんかは日本でも昔からそのやり方で、作詞作曲者も演奏家も歌手もみんな音楽出版社に著作権を譲渡してるよね。そんなにおかしなことだとは思わないけど。
  • 毛海王 @masu_ooyama 2日前
    竹熊氏は過去に自他共認めるコミニュケーション能力欠如で秘書がいないと生活が困難とか、同時に2つ以上の仕事が重なるとパニックになって2つともできなくなると本人が言ってた記憶があるけど、エージェント業に支障はないのだろうか。
  • うにら @riafeed 1日前
    bygzam_ma08s 買い切りなのはそうしないとああいう楽曲の歌唱印税なんて本来は雀の涙だからって側面を無視するのはよくない。あれは例外中の例外。
  • MarkWater @MarkWater 1日前
    要するにウェブ(公衆送信)が出来てから著作権法の運用と解釈がおかしくなったんだよな。それまで映画「製」作者に解釈されていた出資者が著作者という考え方が著作物全般に及ぶようになった。法整備を怠ってきた文部科学省の問題。
  • げげげ @ge_gege_ 6時間前
    じゃなかったら漫画の実写なんて作者が「いますぐやめさせろ!!」って怒鳴って何回も中止させてるでしょう。

カテゴリーからまとめを探す

「その他」に関連するカテゴリー