10周年のSPコンテンツ!
0
zionadchat @zionadchat
ここからは従来説の欠陥指摘ではなく、従来説が視野狭窄して見過ごした撮影者の位置を視野に入れて、電磁現象世界の相対性原を完成させる思考視野拡大に入る。 pic.twitter.com/mZv0vvZxdV
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
伊予鉄路面電車 「スターバックスコーヒー」 ラッピング電車 iyotetsu.co.jp/topics/16/muse… と、撮影位置である自転車。 pic.twitter.com/CbwFf2zbcT
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
路面電車と自転車が 互いを観察する相対性。 この2者の相対関係を 撮影したカメラ位置は、不在。 花火を撮影したカメラ位置不在と同等。 pic.twitter.com/osZZ8Iu3Yk
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
睡眠とか遺伝子変化を、「この世」と「あの世(想定される外部)」から考えた医学博士、東晃史(ひがしあきふみ)。 精神分析と哲学の、ジャック・ラカン。 pic.twitter.com/MVkoMDQNnG
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat39 @zionadchat39
東晃史(ひがしあきふみ)博士リンク trickparapara.blogspot.jp/2016/08/higash… pic.twitter.com/sRKMUaccQN
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat @zionadchat
東 晃史 の ポスト「不確定性」文明の曙―日本の科学 を Amazon でチェック! amzn.to/2w6LjDF
zionadchat39 @zionadchat39
あたかも90度回転してる視線方向。画面(説明紙面)から飛び出て、画面内物理記述から疎外されてる。 数学者がxy平面座標を見るときの態度。画面内物理記述を空間内を旅した光子群を使わず超越的に認識する数学者。 実験物理では古典力学とちがって、この電磁現象のトリックであるに気付く。 pic.twitter.com/HzOqC6IHcC
拡大
拡大
拡大
拡大
zionadchat @zionadchat
12年前に興奮し過ぎて、あとちょっとで完全解答獲(え)れると連続稼働して中心性漿液性脈絡網膜症で左眼やられて、今は殆ど回復してるけど老眼もあって、プロジェクターで壁に投影した平面図を見ている俺を、ダイソーで買った小型LEDランプで代理表象した。絵図内で自分観察位置が影になってる。 pic.twitter.com/qn4pDaIF2A
拡大
拡大
zionadchat @zionadchat
絵図内で動いているのは、打ち上げ地点から最高高度まで動いた花火玉と、爆発して拡がってからさらに爆発して花火の形と色を象(かたど)るクラスター爆弾みたいな花火玉内の入れ子花火玉群と、俺の眼とスマホに届いた光子複数だ。 今は入れ子花火玉のことは無視する。 pic.twitter.com/GBD29e1R1K
拡大
zionadchat @zionadchat
花火玉の打ち上げ速度を、光子速度半分と考えてみよう。 観察位置Eから打ち上げ位置Fまで1光秒長さだとしたら、 花火玉最高高度、開いた花火中心位置Gが45度角の半分、22.5度角方向(ぐらい)に見える。迎角(むかえかく・げいかく)。戦車砲とか天文台望遠鏡筒の上げ下げ。 pic.twitter.com/uHfOyQ3TKV
拡大
zionadchat @zionadchat
今は、この補正の話は、今まで散々やってきたから飛ばすよ。 数学者は xy座標面の位置EFGHPQ状態を瞬時に知るけど、リアル観察者E地点じゃ、時刻1のP点とG点の情報がE点に到達するのは同時じゃない。 さ、用意できたから、あたりまえをやろう。 pic.twitter.com/LHujqY5dfP
拡大
zionadchat @zionadchat
打ち上げ地点の発光が真上方向に進む。打ち上げ地点を旅立った光子が打ち上げ位置真上1光秒地点に届く。スクリーンがあれば、光子の衝突時刻1。 実際に観察地点Eで、スクリーンに光子が衝突した痕跡が見えるのは位置Pから位置Eの対角線距離√2あるから、1プラス√2秒後。
zionadchat @zionadchat
E位置の観察者が1秒で位置Fに移動する。 このとき花火玉G位置。 でも時刻1の花火玉G位置も時刻1のP位置も見えない。 pic.twitter.com/wzEvmtab6L
拡大
zionadchat @zionadchat
時刻0に線分EQに重なる光時計筒をイメージする。 この光時計筒筒が時刻1に線分FPに重なる。 今まで数学者は、列車慣性系のすべての位置状態を瞬時に把握していた。だが、現場にリアルな観察者身長を0メートルとすると、列車床に居れば列車天井のリアル時刻状態、瞬時に見れない。 pic.twitter.com/3noSwrqoOt
拡大
zionadchat @zionadchat
ここまではやったね。中学生や高校生の数学参考書使っての学習方法に、良(い)いか悪いかは知らないが、答えから解法を知るというのがある。それをやってみよう。
zionadchat39 @zionadchat39
愛媛松山の伊予鉄「松山市駅」の高島屋の駅ビル。外壁面に透明エレベーター。地上からエレベーターの上下動が透けて見える。 観覧車から見下ろした、透明エレベーター撮影位置。伊予の蜜柑(みかん)色と違うドギツイ色になってしまった伊予鉄バス天井あたりが撮影位置。 まずは動画を見てくれ。
残りを読む(19)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?