10周年のSPコンテンツ!

「ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る」の実況・感想まとめ

岩崎書店から出た、みなもと太郎先生の「マンガの歴史 1」発売を記念して、ゲストにちばてつや先生を招いたトークライブが、2017年9月8日に東京は神楽坂にある日本出版クラブにて行なわれました。 リビングレジェンドであるちば先生と、漫画研究家としてもしられるみなもと先生による会話のやりとりは、実に刺激的でした。トークライブ中、実況ツイートしていた自分のと、他の皆さんの感想とかを備忘録代わりにまとめました。もっと話題はありましたが、その辺はきっと岩崎書店さんが記事にしてくれるかと…(期待)。 時系列順ではなく、そのときの話題をとりあえずかたまりとして編集したという感じです。 そして岩崎社長、貴重なイベント本当にありがとうございました。
歴史 漫画家 マンガ ちばてつや みなもと太郎 あしたのジョー 漫画史
40
岩崎書店 松岡(正) @mmatsuoka1
ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る 「マンガの歴史」(岩崎書店)刊行記念トークイベント 9月8日(金)日本出版クラブ(飯田橋駅徒歩8分) 17:30より受付開始です manganorekishi.peatix.com/?utm_campaign=…
ええし @hi_lite_smoker
ちばてつやについて話すあたりとか、すごく楽しそう。 みなもと太郎先生ロングインタビュー〜悲しくはあったけれども、姉が亡くならなければマンガ家にはなれていなかったかもしれない〜 - 岩崎書店のブログ iwasakishoten.site/entry/minamoto…
Peatix イベントソムリエ @PeatixJP
【9/8金】このイベントそのものがマンガ史における一つの「事件」になるかもしれません。そんな歴史的瞬間を、ぜひ目撃されませんか?|ちばてつや・みなもと太郎、マンガの歴史を語る ptix.co/2wIZOOC #ちばてつや #みなもと太郎 #マンガ pic.twitter.com/MJw6tb3MYU
拡大
岩崎夏海 @huckleberry2008
ちばてつや 「みなもと太郎さんとトーク」 ⇒ ameblo.jp/chibatetsu/ent… #アメブロ @ameba_officialさんから
岩崎夏海 @huckleberry2008
ちばてつや先生とみなもと太郎先生の「マンガの歴史」をめぐるトークショー、二人の生き証人の熱いバトルは本日18:30より神楽坂日本出版クラブにて!ご興味おありの方今からでも間に合いますのでこちらでご予約を! manganorekishi.peatix.com
須藤雅世 @masarinpick5
ちばてつや📖みなもと太郎トークショーのただいま準備中。 聞きたい事が山ほどあるからこれから頭の整理しないとヒャヒャ(笑)とみなもと先生。スライドショー用の画像も昨日盛りだくさんいただいたので、どのような話になるか楽しみです。 pic.twitter.com/gW59HmogwE
拡大
拡大
ユヒコ @yuhicork
ちばてつやさん と みなもと太郎さん マンガの歴史を語る トークイベントがはじまる!この本の刊行記念イベント pic.twitter.com/yGoZCz9O3q
拡大
くだん書房 @kudan2002
ちばてつや×みなもと太郎トークイベントなう pic.twitter.com/qbscO2dK4t
拡大
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
司会のハックルさんと、ちばてつや先生とみなもと太郎先生。 pic.twitter.com/jpT2zzgpJe
拡大
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
ショック! ハックルさんと同学年だった。
ちば先生とみなもと先生と戦争
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
みなもと太郎先生「漫画が発展するのは平和なときだけですね」 ちばてつや先生「やなせたかし先生も、そうおっしゃってましたね」
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
ちば先生とみなもと先生、甘粕の話に脱線する(みなもと先生のお父さんが甘粕系の会社にいて、昭和19年には依願して満州から釜山に移ってたという話から)
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
みなもと先生「漫画は平和な時代に発展する、平和の象徴」。ちばてつや先生も「やなせたかし先生も仰っていた」と。 これは直接には戦中戦後の経緯の話でもありますが、みなもと先生の漫画史観では日本の歴史全体を見渡した意味があると。つまり…(続
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)すると甘粕正彦は手元にある分厚い紙の束をたーっとめくって「今、内地勤務を願い出ている者はこれだけおる」と。 ともあれ19年には釜山勤務となり、引き揚げはすぐ出来たので、ちば先生一家の苦労の話を聞くと、申し訳ない気分になるとみなもと先生。
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)それでも”栄養出張同然で死んだ”幼い兄(みなもと先生はまだ生まれていない)もいたと。甘粕に可愛がられ、戦争の行く末を早くから感じていてもこれだった、と…。ちば先生の親は「下っ端で、ギリギリまで日本は勝つと信じていた…」
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)ちば先生の引き上げ体験。引き揚げ船の中でさっきまで一緒に歩き回っていた友達が、横になったままご飯も食べない、どうしたのかと思うともう死んでいたと。ようやく船に乗れてホッとして死んでしまった人も。人間はこんなにも簡単にフッと死ぬんだ、と言う思いが、後のちば漫画にも強く投影。
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)そうして何人かの遺体が溜まると、夏なので蝿もたかって来る。敷布の様なもので包み船の後部から海に落とし水葬に。しばらくは浮かんでいるそばを船は周りながら汽笛を鳴らし、三周すると去る、と言う事になっていたそう。そういう事が引き揚げ船の航海中に何回かあったと。
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
ちばてつや・みなもと太郎トークライブで記憶に残った話では、ちば先生が語る引き揚げ船での水葬の話も印象深かった。引き揚げ船内では何人もの人がバタバタと死んで、何人かまとまると遺体を帆布みたいのに来るんで船尾から海に流すらしい。で、遺族がそれを見て号泣(続く)。
KOW(つ∀`) @kow_yoshi
(承前)で、遺体を水葬すると引き揚げ船はその回りを3回ぐるっと旋回するとちば先生は語ってました。この3回の旋回が水葬になった遺体とのお別れで、引き揚げ船が博多に着くまで何回も見たとちば先生は語ってました。ついさっきまで一緒に遊んでた子もそうやって水葬になったそうで…。
ちばてつやと漫画とみなもと太郎と
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)戦後、ちば先生の漫画との始めての出会いは8歳の時、「道で拾った」。小さな本で、アラビアンナイトの話。ページをめくればどんどん新しい風景が現れ話が進む、こんな分かりやすくて面白いものがあるのか!とその場で最後まで読み進め、弟たちにも見せてみんな「すごいね!」になったそう。
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)しかしその漫画本を家に持って帰ると、お母さんは男勝りで厳しく、マンガなど大嫌いと言う人で、一目見ると形相が変わり、目の前で引き裂いて七輪にくべ、燃やしてしまったそう。ちば先生は1回しか読んでいなかったのだが「どんな漫画だったか今も覚えている」と。なんと濃密な出会い…
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)このアラビアンナイトの漫画は後から記憶をたどると杉浦茂の漫画で、ちば先生が研究家に聞いたところ、特定できたそう。ただ現物の入手は困難。みなもと先生が資料としてちば先生の高校時代の作品を映し出すと、そこには正に杉浦茂顔が!ルーツの見えにくいちば漫画の意外なルーツ。
田川 滋 TAGAWA Shigeru 타가와 시게루 @kakitama
続)その後の昭和30年代のちば少女漫画にもよく見ると、キャラが頭をペシッと叩かれたりした時に、太い描き文字のフキダシで「て」と言うリアクション。手もパーに開いていて、これは杉浦茂から来ていると、みなもと先生が採集サンプル画像を次々と提示w。
残りを読む(91)

コメント

KOW(つ∀`) @kow_yoshi 2017年9月9日
こうやってまとめてからも、やはりトークライブを拝聴していた田川滋先生が当日の様子をツイートされてますので、その都度追加していこうとは思ってます。
KOW(つ∀`) @kow_yoshi 2017年9月9日
田川滋先生のレポートを採録し、かつ見出しも少し追加+修正しました。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月9日
ハチのす大将連載当時、医者警察としてちば先生にクレームをつけたのが、つのだじろうだったという話に会場大爆笑w←これに関する画像を偶然 http://d.hatena.ne.jp/gryphon/20150512/p3 で収録しています(共同通信配信のちば氏コラム「屋根裏のマンガ描き」より。)参考まで
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2017年9月9日
つのだじろう先生が医者警察クレームをちば先生につけたのは「巻紙で」だったらしく、有名な「新漫画党糾弾事件」http://ayamekareihikagami.hateblo.jp/entry/2014/10/30/235158 と合わせて考えると一層おかしくなり。
ほしいつ @hoshiitsu 2017年9月10日
コミックエッセイの始まりは、とり・みきの『愛のさかあがり』だと思う。作者がどのようなスタイルにしたらよいか迷って、自分を出してしまえばいい、と思いついたとあったはずだ。https://ja.wikipedia.org/wiki/愛のさかあがり
matsubi. @matu_bi_ 2017年9月10日
hoshiitsu ありがとうございます。知らない作品でした。1985年連載開始なのですね。メモしておきます。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする