10周年のSPコンテンツ!

「ブラック企業と戦う方法」を鵜呑みにする前に

ブラック企業が根絶されるべきとは思いますし、働く人が対抗策を身につけるのは重要だと思うんですよ。 ただ方法論に問題があったり、付け焼き刃で対抗しようとすると、傷口を広げるだけになる可能性もある、ということで注意喚起を。
働き方 労働基準法 ブラック企業 不当労働行為
165
都幾川 沙月 @SatsukiFox
なんか「ブラック企業と戦う方法(@kigyo_black )」というアカウントのRTをちらほら見かけるのですが、いまいち中身の正確性に疑問がありまして、モヤモヤする今日この頃。 趣旨は賛同したいんですけどね、中途半端に概念ばかりで、実務面の視線が欠けてる感があって、大丈夫かなと。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
@SatsukiFox 実際のところ「で、ブラック企業から抜け出して、金取り返すのにどうしたらいいのよ」って話が抜け落ちてて。 普通の弁護士にいきなり頼める行動力があれば、そもそも問題ないでしょうけど、辞めた後の公的支援(雇用保険など)の話の方が重要じゃないですかねぇ?とか。

総じて、上記の問題に尽きるのですが。

  • ブラック企業に訴訟をするにも、当然弁護士費用は必要になる
    但し法テラス等の支援を頼ることも場合によっては可能です。
    法テラスは無料相談の回数に制限があるので、できれば「何が問題だったか」「何を証拠にできるか」等、資料を纏めてから1回目の相談に望む方が無駄が少ないです。

  • 形式上は自己都合退職でも、会社による不当な行為があった場合は、雇用保険の受給時に申請できる
    雇用保険(一般にいう失業保険)は自己都合退職の場合と、会社都合(あるいは倒産等)の場合で、受給できるまでの期間等に差があります。
    これに関しても「会社がブラックだった」ことを示せれば、会社都合退職扱いに変更できることがあるので「そういうことができる」という知識は持っておいて損はないです。
    (尚、その場合「職業安定所にその旨申請しないといけない」ので、これも具体的な証拠等が必要になります)


たとえば。

ブラック企業と戦う方法 @kigyo_black
【退職は2週間前の申し出でOK】 退職したい場合は民法により2週間前に申し出すればOKとなっています。 しかし、ブラック企業の入社時の書面には「退職は半年前に申し出る事」と記載されているケースも存在します。 こういった一方的な条件は全て無効となりますので無視でOKです。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
鵜呑みにすると危険ですよ、これ。 例に出ているような「半年前」はまず無効でしょうが、「1ヶ月前に申し出ること」ぐらいであれば有効とされる可能性もあります(専門的な言い方をするなら、民法627条が強行規定かについては判例も割れてます) twitter.com/kigyo_black/st…

まずこの話、前提は雇用期間の定めのない場合なので、当然のごとく契約社員等、期間ごとに契約を更新する形式だと、別の話になってきます。

また、割と多くの会社で「退職は1ヶ月前に申し出る」等の規則があったりしますが、これは有効とされる可能性は十分にあります。
大室木工所事件(昭和37年4月23日)等、(公序良俗等に反する・退職を著しく制限するような規則でない限り)就業規則が優先される、という判例はあります。


その2

ブラック企業と戦う方法 @kigyo_black
【録音するのって問題ないの?】 パワハラや不当解雇、残業未払い等の証拠を集める為に録音が推奨されていますが、「勝手に録音していいのか?」と悩む人がいます。 結論から言えば問題なし。 それどころか裁判で争う際は、録音した音声は「とても有力な証拠」として扱われます。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
いやー、これ「結論から言えば」という程に簡単な問題じゃなくて、就業規則その他のルールによっては足下すくわれますよ 労働問題という観点だけなら兎も角、それでパワハラの証拠にできても、別口で情報持ちだしとして追及を受ける可能性はあります twitter.com/kigyo_black/st…

これに関しても、パワハラ等の証拠とする分には(たとえ就業規則に反してたとしても)録音は証拠になるのですが、それ以外の部分について視点が抜け落ちています。
労働形態にもよりますが、雇用者とは別の場所で勤務していた場合、そちらに対して機密保持の宣誓書等を出すことは一般的に行われていますし、それが破られたことに対して、録音した人が責任を問われる可能性は否定できません。

ですので、この手の話に関しては、できれば事前に弁護士等、きちんとした法律家に相談をした上で、録音しての証拠保全の是非を判断すべきです。


その3

ブラック企業と戦う方法 @kigyo_black
【実は試用期間でも解雇は難しい】 一般的に会社は簡単に社員を辞めさせることができないというのは知られているかと思います。 実は、試用期間であっても例外ではなく、能力が低い等の理由だけでは辞めさせることができません。 試用期間だからと諦める必要はないので覚えておきましょう pic.twitter.com/FMFkL66l1v
拡大
拡大
都幾川 沙月 @SatsukiFox
これも試用期間のうち「雇用してから14日経ってたかどうか」で話が若干、変わってくるので、安易に断言すべきではないです。 まあ14日以内だとしても無制限に解雇できるわけではないですが。 twitter.com/kigyo_black/st…

もちろん試用期間中であっても解雇の制限がまったくないわけではなく、相応の理由は必要とされます。
ですが、労働基準法21条の規定から、「試用期間中、かつ雇用して14日を超えていない」場合、解雇予告等を不要とする等、制限が緩くなりますので、その点については注意が必要です。


2017年9月30日・追記
「パワハラの証拠としての録音」に潜む罠の話

都幾川 沙月 @SatsukiFox
「ブラック企業と戦う方法」を鵜呑みにする前に togetter.com/li/1155637 この纏めに関して、少し補足を。連ツイになります。 主に「ブラック企業であることの証拠として、社内での録音等が許されるか」の話です。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
まず、ブラック企業云々で、個人vs会社での訴訟となる場合、いわゆる「民事事件」になります。 ですので、刑事事件に比べれば、証拠を揃えるためのプロセスが問題になることはないです。 ですので「会社の規則に違反して録音していた」場合でも「証拠として」問題ないというのは正しいです。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
また、雇用元の会社で、同僚・上司が不当な指示・行為をしていたのであれば、そこから身を守るための行為として、録音等が「その社内であれば」、たとえ就業規則等で禁止されていたとしても、*最終的には*その行為について責任を負わされる可能性は低いと考えられます。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
ただし前述のように、それは「最終的には」という前提がつくわけで。 ブラック企業が「金さえ貰えば何でもやる」タイプの弁護士なんかと連んでいた場合、会社に対して訴訟をしたことへのある種の報復として、就業規則違反に対する損害賠償請求をされる、等が発生する可能性はあります。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
まあ「最終的には」勝てるでしょうけど、それでも訴訟で争う必要が出てくるかもしれないわけです。 文面上というか、形式的には就業規則違反となる行為をしているのも事実なわけですので、ブラック企業側が起こした訴訟が、門前払いレベルで不発になるかというと、流石にちょっと楽観が過ぎるわけで。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
つまり何が言いたいかというと、面倒見てくれる弁護士さんとか、そういう仲間を用意せずに、いきなり録音して証拠に~なんてことをしたとき、どうなるか。 最悪のシナリオは「ブラック企業を退職して法廷闘争していたら、別口の訴訟を起こされた」です。そうなったときに弁護士費用払えますか?
都幾川 沙月 @SatsukiFox
また、もう1点。これは労働形態によっては無視できる要素ですが。 「雇用主がブラック企業だけど、働いている現場は(ブラック企業から派遣されている等で)第三者の管理する場所だった」場合です。 これはガチで注意が必要というか、「最終的に勝てる」とかいう話ですらなくなる可能性があります。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
というのも、派遣されて働く際に、「そこの規則に従います」的な宣誓書や、その類のものを提出することは少なくありません。 そこに録音禁止の条項があった場合、果たしてどうなるか。 ブラック企業への対抗策だと言いたいですが、派遣先がブラックでない場合、その言い訳が通用するかは微妙です。
都幾川 沙月 @SatsukiFox
ぶっちゃけこれに関しては(私が知る限り)まだ判例がないので、何とも言えませんが。 最悪「ブラック企業を退職した後に、派遣されていた会社から訴えられる」というリスクがあるわけです。しかも前述のように、派遣先は第三者的なポジションなので、やや分が悪くなる可能性も考慮すべきです。
残りを読む(23)

コメント

カプテテフ @sun_moon45632 2017年9月29日
法律詳しくないから分からないけど、辞めた後の就職にも支障がでるほど心身に傷を負ったぐらいでない限りは戦うことはやめたほうがいいとまとめ見て思った。戦わずとも日本全体でブラック企業は身の危険を感じたらすぐ辞めるような空気づくりをする方が結果としてブラックを減らせると思う。というかもうなってきてるけど。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月29日
sun_moon45632 ケースバイケースですが、経済的に依存できる相手が居ないのであれば、とりあえずブラック企業から離れた後は「まず転職活動に専念する」のが最善手だとは思います。本格的に訴訟などで戦うのは長期戦になることも多々あり、それによる収入をアテにすると結果が出る前に潰れてしまう可能性もありますので。転職し生活基盤を得てから貰うべきものを貰う、のも手です。(但し、時効の問題はあるので、不払いの残業手当等を退職直後に一旦、請求する文面だけ内容証明で送っておく、等は考えられます)
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
ブラック企業の典型的手口~退職妨害にご注意!(佐々木亮) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20140927-00039477/
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
裁判例に見る<労働時間>の記録の取り方(佐々木亮) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20170610-00071940/
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
上司との交渉や職場での会話の録音~バレたら解雇?(佐々木亮) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/sasakiryo/20160414-00056600/
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
ブラック企業に入ってしまったとき、どこに相談すればいいか?(今野晴貴) - Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/konnoharuki/20160418-00056746/
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
https://twitter.com/magazine_posse/status/905298591589306369 まさにそのとおり。サイバードの裁量労働制問題については、ブラック企業ユニオンが当事者の相談受付から団体交渉、労基署申請から公表までサポートしています。
メイテック @MEITEC_- 2017年9月29日
ブラック企業ユニオン http://bku.jp/ 残業代が払われない、長時間労働でつらい、会社を辞めさせられそうになっている、パワハラ・セクハラを受けている、職場の違法行為を改善させたい……。お悩みをお持ちの方は、まずはお気軽にお電話・メールでお問い合わせください。専門スタッフが、問題を整理し、当面の対応方法をお伝えします。相談無料、秘密厳守です。
ふみふみ @xb35 2017年9月29日
ブラック企業相手を食い物にするのは過払い金問題で「過払い金がある人だけ相手にします」っていう弁護会社みたい
赤間道岳 @m_akama 2017年9月29日
いきなり訴訟って、最強の手札を出しちゃうのと同じだし、ケースバイケースなので、労働問題に強い弁護士か、社会保険労務士に相談した方がいいと思う。あと、戦おうにも心を病んでいたらどうにもならないので、場合によっては精神科医への相談も
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月29日
[c4189304] ブラック企業対策に関して、実務上・現実的に可能かという視点の話をすることの何が気に入らないのか知りませんが、公式ツイッターとおぼしきアカウントで喧嘩腰の書き込みをしているような組織が頼って貰えるのか、もう少し冷静になって考えてみては如何でしょうか。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月29日
ところで「ユニオン」って連合とか集合体とかそんなニュアンスだと思うのですが、じゃあ「ブラック企業ユニオン」ってブラック企業の集合体なんでしょうかね?ホームページをざっと見た限りは正反対の活動してるようにも見えますが、名前がそれじゃあ、という印象しか。
ぼさん @bo__san 2017年9月29日
単純に脇が甘いんだな。
スポック松江【聴衆有】 @ffffinter7 2017年9月29日
SatsukiFox この場合の「ユニオン」は「労働組合」の意味かと。「首都圏青年ユニオン」「日本マクドナルドユニオン」「キャバクラユニオン」等々の団体があります。
Katz @yoshi_katz 2017年9月29日
まとめ主に同意。労働法は高校生の間に必修にすべきだと思うのですよ。労働者の立場でも役に立つし、自分が管理者になったときに違法かどうかも判断できるのです。ルールを知っておくことは最低限必要なことなのです
すんすけ @tyuusyo 2017年9月30日
ユニオン系は労組でも政治活動色が強くて、労働問題よりも政治活動の手駒として見ているからなぁ。連合とか全労連とか、大きい組合のところへ行ったほうがいいですよ。
すんすけ @tyuusyo 2017年9月30日
労働法関係は入門書でもいいので、本を読んでおかないとヤケドします。社労士試験の勉強をしている時に「なんでこんな妙な規定があるんだろう」と思ったほど複雑ですし。労働基準法だけじゃないしね。労働契約法とか、色んな法律が絡んでくる分野だから。
すんすけ @tyuusyo 2017年9月30日
本当かどうかわかりませんが、こういう記事もありますねえ ブラック企業対策NPO「POSSE」はブラックな左翼セクトだったhttp://dailycult.blogspot.jp/2016/10/npoposse.html
るいせ @ruise2 2017年9月30日
労働法なんて学べば学ぶほど、なんで違反会社にペナないの?って絶望するだけ。 ブラック会社を戦っても、やめろって言われるだけ。悪人が謳歌するのを助ける人ばかり
Miyan_@VTuber運営 @miyan_ 2017年9月30日
Twitter上で企業側をやたら敵視してブラック企業だと騒ぐ人いますけど、Twitterで配信されてる情報を鵜呑みにして動くと危険ですよ。最近は三流の弁護士は「それ金とれますよ」って相談者を煽って契約させて企業に噛み付いて企業側に不備がなくて裁判所で突き返されるケースさえあります。弁護士付いててもそういう場合もあるので慎重に判断した方がいいです。
Miyan_@VTuber運営 @miyan_ 2017年9月30日
本当にブラック企業の場合、支払いの原資(お金)が本当に無くて提訴して勝ってもお金を回収できない場合もあります。ブラック企業の場合、会社のお金を隠しをしたりするので、弁護士が介入して銀行口座の差押えをしても空振りで終わるケースもあります。その度に法的手続きのお金と時間がかかるので、やっぱり転職活動を優先した方が現実的です。
Mill=O=Wisp @millowisp 2017年9月30日
自動車の運転に免許が必要なのと同じでさ。「人を雇う」行為にも免許制とかあった方が良いんじゃないのかね?とかはしばしば思う。試験内容は労働法を中心に関連法令で、従業員○人以上の会社では第○種以上の雇用主免許が必要、みたいに。他人の人生を大きく左右するって点では暴走運転と同程度かそれ以上に命に関わるぞ。
F414-GE-400 @F414_GE_400 2017年9月30日
残業時間の規制と同じく、実質機能してない雇用主側優位のザル法だらけだな。労使は対等とか建前であって、何の規制も無ければ使用者が優位に立つのは当然。法律でこれでもかというぐらい労働者側にテコ入れしなきゃ対等になんかなれないわ。国家権力というのは本来そういうことのために使うもの。
カプテテフ @sun_moon45632 2017年9月30日
みなさんの意見を総合すると、人を雇う側の罰則がユルユルで、ブラック企業と戦うにしても法律や証拠集めの方法をある程度は知っておかなければならないし、必ず勝てるわけでもない。という感じでしょうかね。うーん、まずは国がザルになってる法律を機能させてくれないと何も始まらないですね。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月30日
ffffinter7 いやー、そうだとしても結局「ブラック企業で働いてる人の労働者組合」なんて話になりまして、そんなものに加入するぐらいなら、とっとと転職したほうがいい、ってだけのお話に……。あるいは「今勤めてる企業がブラックがから交渉してまともな条件にしたい」というにしても、それが成立したらその企業はブラックじゃなくなってしまうので……。ある種の自虐なんでしょうかねぇ、この名称。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月30日
millowisp そういう風に法改正を働きかけていくのはアリだと思いますが、現状、やってくれる政治家があまり居ないってのがネックなんですよねぇ。理想としては本当に正論ではあると思います。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年9月30日
まとめを更新しました。
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年10月1日
まとめを更新しました。 「退職の申出は2週間前でいいのか」という話についての詳細を。
a @a1468 2017年10月1日
ruise2 極めて同意。丸暗記しようかと思ったが読めば読むほど使用者側に有利過ぎて覚える気をなくしていく。共産党とか極左団体とかは憲法とか在日米軍よりも「人民にパンを保証する」という元祖を追求して欲しい。もうバブルじゃないんだからイデオロギーに固執する理由なんて無いんだ。
青木文鷹 @FumiHawk 2017年10月2日
録画とか録音とかは「最後の切り札」なんよ。だからあくまでそれ以外を駆使して対応するのが原則。
はぎわらたかとも @haggy_singlist 2017年10月2日
ん?別に弁護士は必須じゃないし 労働監督署がやってくれるよ なんで弁護士なの? 刑事犯罪が起きたらまず警察署行くでしょ 労働係争が起きたらまず労働基準監督署行くんだよ
都幾川 沙月 @SatsukiFox 2017年10月2日
haggy_singlist 刑事事件で損害を受けても、警察が犯人に賠償させてくれるわけではありませんので。労基署に行ったとして、不当労働行為があれば行政としての対応はしてくれますし、場合によっちゃ仲裁に近いことは一応してくれますが、「不払い残業代を払うよう命令する」とか「パワハラの賠償をさせる」といった権限は労基にはありません。そこは結局、自力なり弁護士なりの力を借りて訴訟で片付けるしかないのです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする