まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

なぜ、既存の出版社は、売れている人としか仕事しないのか

まとめ主、バーバラ・アスカのつぶやきをまとめました。独立した時にとても不思議だったのですが、今はその理由がわかります。
出版社 フリーランス 営業 出版業界 才能 働き方 出版
7050view 28コメント
14
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
営業等が苦手なクリエイターさんたちに「外注すれば」と10年間言い続けましたが、もう諦めました。苦手な人はその重要性がわからない。だからそれに時間も割かず、外注もしません。かくして格差は広がるばかりなのです。悲しいことですが、これが現実です。 twitter.com/ohtagakiyasuo/…
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
フリーランスになった時、「既存の出版社は、一流の人としか仕事をしない。それは良くない。まだ売れていなくても、才能ある人をどんどん抜擢していくべきではないのか」と思っていました。しかし、10年仕事して、それは間違いだったとわかりました。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
売れている人と仕事をすると、話しやすく、締め切りは守り、仕事も素晴らしく、終わった後も「おつかれさま。よかったら奢るから打ち上げしよう」とか言われます。売れてない人はすべて逆。話しにくく締め切りは守らず仕事はイマイチでもちろん奢ってももらえない。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
まあ最後の奢る奢らないはどうでもいいのですが、10年フリーランスで仕事してわかったことは、「売れっ子としか仕事をしない」というのは、出版業界が100年かけて培ってきたノウハウなのだと悟りました。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
売れっ子と仕事すると、楽で儲かる。 売れてない人と仕事すると、大変で儲からない。 これが真実だと思います。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
なのでもう、私は優秀な売れっ子としか仕事したくないのです。ラクで楽しく仕事できて儲かりますもん。10年かけて得た真実で、現に出版業界はそれでやっていってるのだから、間違いないのです。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
クリエイター全員が楽しく創作できてお金ももらえる社会を目指してきましたが、諦めました。創作ができて営業ができてその重要性も知っている、真に優秀な人しか生き残れないのです。私の10年は無駄でした。ため息とともに告白いたします。
バーバラ・アスカ @barbara_asuka
もうわしは、好きな人たちと、好きな仕事だけしていく、って決めたのよ。クリエイターのみんなを救いたいというのは放漫でした。他の人のことは他の人にお任せします。

コメント

ゲロ山ゲロ作 @Pfane_Pt2 2017年11月28日
この間「クリエイターは自信を持とう!」みたいなこと言ってなかったかこの人
ぽんぽん @apocalypse1706 2017年11月28日
いつものセルフまとめなので相手にするほうがアホです
pi-i @karasawagikara1 2017年11月28日
バーバラ・アスカってクリエイターでもなく編集者でもなくただの中間搾取人では?クリエイターを育てるとか出来ずに、もともと有名な人としか仕事しないと自白しただけじゃんw 出版社は有名で仕事が出来る人としか仕事をしないという真理に辿り付いた。って、あんたが出版社から見限られているだけ。
pi-i @karasawagikara1 2017年11月28日
バーバラ・アスカはクリエイターになりたい子供のやる気を削いで、クリエイターを後押しして、売れないクリエイターとは仕事をしなくて、一流で売れている人としか仕事をしたくない。とか矛盾以前の発言ばっかり。最初っから売れっ子はいない、そもそも自分が一人もクリエイターを育てていないし、自分が一流以前の無名のくせに何を語っているんだか。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年11月28日
業界寄生虫宣言かよ。これまでのハッタリ芸すら消え失せたこのまとめに一体何の意味が。
電鋸雛菊 @DaisyAdreena 2017年11月28日
『「売れっ子としか仕事をしない」というのは、出版業界が100年かけて培ってきたノウハウなのだと悟りました。』 なぜこんな、漫画誌を数誌読んでいるだけでも即刻バレる様な大嘘をつくのか。新人新作みだれうちで討ち死に作品死屍累々の中、それでもなお生まれ来る傑物傑作の誕生に立ち会えるというのが読者の醍醐味のひとつだよ。既存の売れ線再生産しかしない編集者なんて、極論すれば仕事をしていないも同然じゃないのか。
北邑直希 @naoki_ng08 2017年11月28日
変な使命感から脱却して、「好きな人たちと、好きな仕事だけしていく」と思えるようになったのはいいんじゃないですかね。ただ、「好きな人たち」=「売れっ子」ならいいのですが、違う場合どうするのでしょうか。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2017年11月28日
まあ、売れてなくて面倒くさい人とは仕事しないよね、出版業界に限らず。
ワス @wsplus 2017年11月28日
売れている雑誌の編集さんと仕事をすると、話しやすく、仕事も素晴らしく、締め切りも遅らせてくれて、終わった後も「おつかれさま。よかったら奢るから打ち上げしよう」とか言われます。
ぺんぎん @chimi_skrg 2017年11月29日
売れてないフリーランスの人は、「お前何を言っているのだ…?」的なことになることも多々ある。売れてない人の方が、その割合が多いんだよね。あと、何かと全部こっちが教えないといけないから、手間がかかる。ただ、もちろん売れてない人の中にも、めちゃくちゃ面白いものを作れる人はいると思う。ただ、その確率が低く、リスクも高い。安定的に効率よく仕事するなら、売れてる人の方がいいのは、確実。
MAD_AGI @MAD_AGI1 2017年11月29日
常識とかなんかは知らん人は知らんのだから、マナーみたいに教えないと知るかボケでしかないわな。 新しい血が入らない業界は死ぬしかないだろうに。 お前が望む売れっ子は、お前が望まれているのだろうか?
鳥公 @crow_tori 2017年11月29日
この人が育てる能力皆無なだけだろ? 前からまとめ見てるけど「最初から出来る人」以外と組めないじゃん。ほんと老害ってこういう人のためにあると思うわ。 育てる力がないんだから、最初からそういえ。
鳥公 @crow_tori 2017年11月29日
学校の教師でも、人事でも、クソなやつに限ってこういうんだよ。「今年はろくなのがいない」ってな。 マジで相手のせいにすんな。育てるの下手なやつって、100%こういうんだよ。教えるの上手い先生からこの手の発言は絶対にでない。
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年11月29日
「クリエイターのみんなを救いたいというのは放漫でした。」放漫と傲慢の区別がついてないこの人は何の仕事してる人なんです?
mlnkanljnm0 @kis_uzu 2017年11月29日
あと、人数が限られてて多忙な「売れてる人」のうち売れてない出版社と仕事してくれる人がどれだけいるのか問題もあるんじゃないですかね。
さかきみなと⛅榊鐵工 @syouth 2017年11月29日
辛い現実だけど分かる。(´・ω・`)
九銀@半bot @kuginnya 2017年11月29日
寄生虫が言い訳してるだけのクソまとめ
きたはら @kitahara220 2017年11月29日
「売れている人としか仕事しない」に近い状態になって行くのって、出版社としてヤバくなったときだよね。それは例えば(出版社別で時系列が追いやすい)新書コーナーなんか見てると理解しやすくて、ヒット作の二番煎じや部数だけは見込めるタレント文化人みたいな人の著書が増えてくると「あ、信用の遺産をくいつぶしてるな」ってなる 個人的には内田樹の本が増えたレーベルはやばい(暴言)
きたはら @kitahara220 2017年11月29日
それはそうと、バーバラ氏が仕事した「売れてる人」というのは、若桜木某であったり唐沢某であったり岡田某であったり、どうも売れてる人の中の八流品というか在庫処分ワゴンの中身というか、そういうものしか浮かばないんですが俺の知らないとこでもっと大層な人と仕事してたりするの?
キリガヤ・クズト(togetter用) @kuzugayakirito 2017年11月30日
コメント欄が皆まとめ主へのツッコミというのが笑える
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2017年12月3日
「締め切りを守る」って印刷屋が隣で「もう印刷したいんですけど良いっすかね?」と言うのを聞き流しつつ原稿書いてる作家の話とかよくネタになってたけど、今は違うのかね?
うにうに @wander_wagen 2017年12月3日
売れっ子ははじめから売れっ子なのではない。既存の売れっ子としか仕事しないのなら、人材はどこから持ってくるのか?そういう支点がごっそり抜け落ちている時点で、このバーバラ某とかいう人間は何かを語る資格など到底持ち得ない凡百の存在ということになる。
ふひひっ☆ @satoda3104s2 2017年12月5日
アイコンとユーザー名でしょうもないセルフまとめしか作ってない人なんだな。
もうだめぽ @moudamepo150701 2017年12月5日
卵が先か鶏が先かみたいな話だな
通天 閣男 @thayato210 2017年12月7日
そりゃ売れている人を「売る」のは楽で当たり前。よほどのヘマがない限り失敗はないのだから。 玉石混淆の中から光る玉を見つけ、磨くことを放棄した編集者に価値なんてあるのか? このまとめ主のツイートを馬鹿正直に受け止めると、自家中毒で死ぬだけだと思う。
トミー @fumiotomita 2017年12月24日
普通の事務でも、忙しい人に仕事を依頼した方が早く回答をくれるというのはよくある事です。特に小さな仕事の場合、忙しい人は即座に仕事を片付けるのが習慣付いているのです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする