カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
55

現在、「腰が上手く動かない」「尻が上手く割れない」という方にも対応できるよう、2019年度改訂版を執筆中です。仮まとめも作成しましたので、下記のURL先をご覧ください。
#TWIN式尻割メソッド step1 ver.2019(仮まとめ)

TWIN @TWIN_SuperSport
では、この「きちんとした座り方」をこれから改めて説明していきます。 #TWIN式尻割メソッド #ThinkRide twitter.com/TWIN_SuperSpor…
TWIN @TWIN_SuperSport
まずバイクにスタンディング姿勢で乗ります。バイクをすぐに用意できなかったり、スタンディング姿勢が難しい場合は、事務椅子を使ってイメージトレーニングするのでもOKです(つまり学校や職場でもイメトレできます(笑)) pic.twitter.com/P6P8mVE535
 拡大

アメリカンなど、シートよりも前後に大きくステップがずれてつけられている車種の場合、敢えて両足は地面につけてシートに座れる位置に立つなど、各自工夫をお願いします m( )m

TWIN @TWIN_SuperSport
次に、片側の腰~太腿~爪先を、g画像の矢印のように、身体の中心線に向かってぎゅっと巻き込むように動かします。身体の右半身・左半身で交互にやってみてください。 pic.twitter.com/DV5eJZoJtE
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
さてここが最も重要です。左右交互の動きに慣れたら、まず右半身で巻き込みの形を作り、その形を残したまま左半身も同じように巻き込んでください。腰から爪先までを使って、下半身全体を内股にするイメージですね。そうすることによって、自然に太腿から下で車体をホールドする姿勢ができあがります。 pic.twitter.com/Sx62f0viez
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
そしてこの姿勢が出来上がったら、下半身の内股を維持しながらゆっくりとシートに座ります。どこに座るのかなどは意識せず、体の重さを利用して自然に腰をかけましょう。視線を下に降ろさず、遠くを見ながら座るとうまくいきやすいですね。 pic.twitter.com/cR4uu3XlaA
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
下半身全体を巻き込んで内股にする動きで車体ホールドするのはあくまでも補助的な役割です。 この動きの目的は、画像のように左右の股関節、つまりシートへの接地点の幅を広げ、座った時の尻の安定感をアップさせることにあるのです。 pic.twitter.com/qVmeu5cOho
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
この時の注意点ですが、下半身の内股を作る動きにつられて、両肩がすぼまり、結果として背中が丸まってしまいやすいです。そこで、画像のように鎖骨の根元あたりから肩を開き、胸を張るような意識にしておいてください。腰から下とは逆の動きになります。背筋も伸びて姿勢がよくなればOKです。 pic.twitter.com/mKLOudURaq
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
全身の姿勢が整ったら、所持しているバイクのポジションに合わせて、画像の青い丸あたりの箇所を支点にしてゆっくりと身体を前に倒してください。この時、視線は遠くを見たまま、顎は引かないように。丁度よい前傾になったら手をハンドルに置きます。背中が丸まらないよう注意! これで完成です!! pic.twitter.com/epBGc1FEHW
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
ここまでの座り方をしっかり体得出来れば、このように視線・ニーグリップも含めてごく自然な姿勢でバイクに乗ることができるようになります。あとは曲がりたい方向へ軽く意識を向ければ、これまた自然に曲がるようになってくれます(^^) pic.twitter.com/ezZi3x8q7Z
 拡大

【補足】
コメントにも書きましたが、「正しいシートへの座り方」の主旨は、ガソリンタンクを膝で挟んだり内股でフレームをホールドするような力ずくのニーグリップに依存することなく骨盤と股関節でシートを掴むような姿勢をとり、それによって上半身を安定させるところにあります。また、慣れてくると半身の巻き込み具合を微調整をすることにより、外見上は全く動いてないように見えるのに体重移動はできるのも大きなメリットです。

TWIN @TWIN_SuperSport
さて、 #TWIN式尻割メソッド で曲がる時の、具体的な身体の動きを説明します。 「曲がりたい方向(画像では右方向)側の肘を下げる」 最初はこれでオーケーです。 pic.twitter.com/SaFsY09j50
 拡大
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
一つ注意点があります。肘を下げる時は、身体の重み(肩を中心とした上半身の重み)を利用して、出来る限り筋力を使わず肘を自然に下げるようにしましょう。 曲がる方向と反対側のハンドルを押し出す反動を使って、ハンドルを筋力で押し下げるといったことはないように注意してください。 pic.twitter.com/csZRbZBxR7
 拡大
 拡大
TWIN @TWIN_SuperSport
車体のどこか…ハンドルやステップなどを押したり踏んだりした反動を使うと、その反動が必ずバイクの動きを阻害するように働き、結果として「必死に肘を下げて上半身をイン側に入れ込んでいるが、バイクは倒れない」という事になってしまいます。そんな動きを無意識にしていないかを確認してください。
TWIN @TWIN_SuperSport
「曲がる方向の肘を下げる」という身体の動きですが、やっちゃいけない動きはこんな感じですね。肘と一緒に足も下げてしまって、曲がりたい方向のステップを踏んづけてしまってます。こうなると車体にライダーの体重が安定して荷重されなくなってしまい、結果的に曲がりにくくなります。 pic.twitter.com/akJQQ5rcll
TWIN @TWIN_SuperSport
こういった事を確認するには、自分が目一杯と考えてる上限の3〜4割程度までペースを落として試すのが、遠回りに見えて実は一番の近道です。ペースが上がると精神的にも余裕がなくなり、間違いに気づきにくいし危ないですね。
TWIN @TWIN_SuperSport
というわけで、最初はゆっくり走りつつ、自分の身体の動きに対するバイクの反応を楽しみながら練習してみてください(^^) #TWIN式尻割メソッド #Thinkride
TWIN @TWIN_SuperSport
これで説明を終わります。もしよければ、うまくいったときのご感想を聞かせていただければ幸いです。 また、不明点などありましたら出来る範囲でお答えできますので、リプやDMでお問い合わせください m(_ _)m pic.twitter.com/oBPAbD8AWg
 拡大

コメント

Toshi Motooka @toshi_moto 2018年2月15日
教習所で教えられた乗り方の集大成って感じですが・・・ 例えば、かなりきついバックステップでハンドルがトップブリッジよりも下にあるタイプのバイクでこの乗り方をしたら恐ろしく窮屈で、クビが疲れて仕方がないでしょうし、フォワード・ステップのアメリカンなんかだとタンクの上に座ることになる。そもそもニーグリップって必要なんでしょうか?
Toshi Motooka @toshi_moto 2018年2月15日
ニーグリップのメリットって急ブレーキ時に身体を支える補助になるぐらいの印象しか無くて、逆にこんなところに力入れたら身体が動かなくなるし、ステップワークが効かなくなるだけのような気がします。通常走行時の減速なら座面抵抗で十分だし、サーキットでのコーナーの飛び込みだってそれで行けるんだから、まず問題ないんじゃないでしょうか?
Toshi Motooka @toshi_moto 2018年2月15日
レーサーレプリカとオフロードとアメリカンと。用途が異なり構造や重量配分なんかもすごく違うのだから、同じお作法で乗ろうというのは土台無理な話のように思います。変に力んだりしないで、リラックスして乗る。あとは乗り込んでそのバイクの特性を掴んでいく。人のペースではなく自分が怖くないペースで走る。ぐらいのところで良いようなきがするんですけどね。
TWIN @TWIN_SuperSport 2018年2月15日
このまとめの身体の動きの主眼はニーグリップではなく、あくまでもシートへ上半身の重さを継続かつ安定してシートへ荷重し、オートバイに乗る時に必要不可欠なタイヤのグリップ力を得るための前提としたものです。 内股も結局は力んだ状態のままだと意味がありませんし、内股の動きは体幹を通して骨盤と股関節に伝わり、ライダーの上半身を安定して支えるための姿勢を作りだす源になります。
TWIN @TWIN_SuperSport 2018年2月15日
従って、この座り方はまず「膝頭と太腿で車体を挟んで身体を安定させる」というものではありません。(あるにはあるが補助的な支えにしかなりません) また、着座位置がガソリンタンクの上になるなら、素直にシートに座れるまでお尻を引いて頂ければ、得られる効果は変わりません。(もちろん背中は丸めてはいけませんが)
TWIN @TWIN_SuperSport 2018年2月15日
そういった意味では、この座り方はガソリンタンクが小さいアメリカンや、タンクが股間にないスクーターやカブにも通用します。実際、この座り方を考案・検討する時に使用した車両はスーパーカブですし、私のフォロワーさんには50ccの原付スクーターでこの座り方を練習されている方もいらっしゃいます。(サーキットのタイムアップも果たされています)
TWIN @TWIN_SuperSport 2018年2月15日
長くなりましたが、この、まとめでは「誰かの目にとまりやすく、かつ目にとまったときにわかりやすい」という理由で、スーパースポーツ車種のモデル上でライダーにわざと大きな動きをさせています。そのあたりはご了承頂けると助かりますm(_ _)m
TWIN @TWIN_SuperSport 2018年2月15日
まとめの最後に、このまとめの主旨を補足する説明を追加しました。
IJN(コーラス:ヤング・フレッシュ) @JapanNavy_Blue 2018年2月16日
舘ひろしってハーレー乗ろうが刀乗ろうがとにかく股かっ開いてたなぁ…(蘇る西部警察の記憶
永久凍土 @aqtd 2018年2月16日
基本ニーグリップは体をバイクに固定させるためでハンドルバーは手を添えるだけ、みたいな感覚だったけど。
tarosuke @tarosukenet 2018年3月28日
toshi_moto なんでそんなバックステップなぞ付けたんだと(ry