『火垂るの墓』を観てて悲しくなったら野坂昭如の娘さんが学校で言われた話を思い出すと気分が上がるのでオススメ→都市伝説でした

さすが野坂昭如って感じの答え →野坂麻央さんのブログで事実無根との言及がありましたので追加しました。(4/16)
火垂るの墓 野坂昭如
RascalTaku 43433view 64コメント
112
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • カカオ50% @hyakusiki1017 4日前
    先生、まさか生徒に作者の子供がいるなんて思わなかったのかな……。
  • 瑞樹 @mizuki_windlow 4日前
    「作者の考えを答えよ」って質問、論評やエッセイなんかでは良く見るけど、小説に対しては「この時の○○(登場人物)はどう思っていたか?」って質問が多くて、小説に対して「作者の感情を答えよ」って質問をされた記憶はあまりないけどなぁ……
  • なんもさん @nanmosan 4日前
    野坂昭如の自宅は地元ではそこそこ有名でしたので、彼の娘程度じゃ目立たないほどの名門私立中学とかの話でしょうね。
  • gaheki @gaheki 4日前
    国語の問題に「作者」の存在を入れるから余計な事になるんだよ この文章内でとか求めてる事に正直に問うべき
  • tamama @tamama666 4日前
    mizuki_windlow 昔は結構ありましたよ 火垂るの墓は50年前の小説で娘さんも50代半ばくらいなのでまぁ・・ あ、大学入試でも作者の心情推理問題でたようです http://livedoor.blogimg.jp/toshi114514/imgs/8/a/8ad0c388.jpg http://livedoor.blogimg.jp/toshi114514/imgs/8/8/885600de.jpg
  • 瑞樹 @mizuki_windlow 4日前
    tamama666 「Jポップとは何か?」って小説じゃないよね?エッセイかコラムだと思うけど……小説なの?
  • PON[鯉]℃℃℃2018 @pon1225 4日前
    まあナンセンスな問答ではあるんだけども、読解力って「自分がどう読んだか」じゃなくて「そこに何が書かれていたか」だから教育としては必要な問いではあるんだよね。
  • のぶさ@MR2(SW20V型Gリミ) @nobu_azuma 4日前
    エッセイや詩なら書き手の心情を推察せよというのはよく見るけど小説の描写から作者の心情をって記憶にない。 小説の登場人物のって単に情景描写というお約束から心情を推察するテクニックが身についてるかを問うもので、それほど無茶な要求じゃないと思うけど。
  • d2b @d2breathe 4日前
    田辺聖子のエッセイにあった関西の小説家で飲みに行った話で、「関西文士で一番2枚目なのは誰か」って話題になり、他の人の名前が上がったら野坂昭如は目に見えてヘソを曲げたってエピソードが好き。
  • 永遠の初見さん @Eternal_NewMan 4日前
    野坂昭如と大島渚監督がグーで殴り合いしたとかいうエピソードとそれをビートたけしが脚色してトークをするというのも追加で
  • kiharahara @kiharahara 4日前
    確かに作者が答え合わせしない限り本当の正解は分からない。 しかしこういう設問があることによって「読み取ろうとする意志」は育まれる。 このエピソードが流行るようになったころから文脈を行間を読まず 表面的な意味合いのみで炎上させる人が多くなった気がする。
  • Daregada @daichi14657 4日前
    必要とされるのは、作者の気持ちを勝手に想像することではなくて、書かれている内容を使って他人にも納得させられるだけの説得力を持つ解説や批評を述べること(クリティカルリーディング)。訓練しないとできないやつ
  • はりせんぼん @hally_sen 4日前
    多分、これは面白おかしいフィクションか、実際に言ったとしても冗談の類で、これを得意顔で持ち出して「だから文脈の意図を考える訓練は役に立たない」とか言っちゃう人は、「その時の野坂先生の気持ちを考え」るといいと思うよ
  • 赤間道岳 @m_akama 4日前
    本当の正解は「本人も覚えてない」じゃね( ˘ω˘ )?
  • スートラ @k3tiger 4日前
    林修先生が言ってたけど、国語の読解問題は、問題の作成者が作者(著者)に出したファンレターを読み解くつもりで考えるといいらしい。
  • ドラゴンガッツ @dragonchicken19 4日前
    腹筋!海綿体!括約筋!(終末のタンゴより)
  • nekosencho @Neko_Sencho 4日前
    でもまあ、それ言い出したらたいていの小説や漫画は「締め切りに追われて大変だった」で終了しちゃうからなあ……
  • 麻樹・あるいはまお @maki_miquette 4日前
    作者と答え合わせが一番正しいと言っても当の作者自身がその時々によって同じ内容で答えが変わったり挙げ句自分の作品のキャラやラスト忘れたりする水島新司みたいな作者もいる訳で
  • kartis56 @kartis56 4日前
    同じ作者の『骨餓身峠死人葛』を読んで作者が何を考えてこれを書いたか考えてみましょう(設問5点)
  • 未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 4日前
    http://sandletter.hatenablog.com/entry/2014/03/18/000949 「6時間で書かれた野坂昭如の短編小説「火垂るの墓」(文壇)」 野坂昭如がこれを書いたときは新潮社に缶詰になっていて、一旦そこを出て6時間で書き上げて、ヘトヘトになって文藝春秋の編集者に渡したのは本当です。
  • やまぬこ @manul_0 4日前
    アレ見て悲しくなったのなら野坂氏が大島渚氏と殴り合う動画見たらいいんじゃないですかね
  • kartis56 @kartis56 4日前
    こういうの、自由回答でそれっぽく書いてあればオッケーだと思う
  • skon @skonn96 4日前
    むかしTVタックル(だったかな?)で好き放題言ってるクソオヤジが 火垂るの墓の作者かつ主人公のモデルと知ったときは驚いたな。
  • kimuraお兄さん @nobuo_kimura 4日前
    d2breathe ( ´H`)y-~~ギーヤンも筒井も見た目だけはアレだからなあ…
  • シンデン @Shinden28 4日前
    星新一のエッセイにもあったが「作者の気持ち」なんて締め切りしかないよなぁ。これ「作者は読者にどう思わせようとしたか」とか「この文章から読み取れる作者の意図は何か」って書いたら、アカンのかなぁ。 これはコレで小学校では難しくなるか?
  • 麻樹・あるいはまお @maki_miquette 4日前
    maki_miquette そういや自分で書いた作品に関しては『作者の気持ち』を自ら演出する事で叩き込むため違う解釈したり付け足そうとする役者と大げんかする事で有名だったため『天皇』やらペンネームからもじった『強情』やらの異名で有名だった北條秀司という劇作家も居たわ。
  • しぇりりん(万年金欠) @m_sheririn 4日前
    野坂昭如ってとハトヤのCMソング作ったって知った時は流石に驚いたわ
  • ゴーマ16世 @n125t0m0s1n 4日前
    40年以上前に丸谷才一が『日本語のために』で批判したような「文学づいた」国語教育は今も続いているということです。ただの言語教育をやるのに、情感に徹底的に寄り添った情操教育みたいなのをすることがおかしい。
  • kanade7 @KanadeMirai 4日前
    すみません、この話毎回毎回まるで真実のように語られてるんですけど、出典全く不明なんですよって声を大にして言いたい。wikipediaでも出典不明だから追加しろってずっとつけられてるんですけどね…いや自分も野坂昭如についてめっちゃ詳しいとかでは全くないので、分かる人は誰かソース示して欲しい。娘に心境を聞かれて「締め切りに追われ、ヒィヒィ言いながら書いた」というのがもし本当でも、冗談みたいなものだとは思うけどね。この話をもって「火垂るの墓なんてそんなもん」みたいに言う人が居るのはちょっとなと思う。
  • トリニガス @torini311 4日前
    (成績や合否に関わるような試験における)この手の設問って、要は「問題文中から該当箇所を(そのまま)抜き出せ」的なものだと思うけどね。だから(情緒的)読解力(あるいは“勝手な想像力”)や表現力を問うたり育てたりするものではない。もしくは記述式で「(問題文の)趣旨を要約せよ」みたいに“要約力”を問う場合か。アレな教師だと『己の趣味』で本当に「気持ちを察しましょう!」をやるかもしれんけど...
  • ashen@もと南の島の教祖 @Dol_Paula 4日前
    数日前に流れてきた「学校の火垂るの墓上映会で笑った生徒に先生がキレた」もそうだけど、教師はあんまし自分の思想を生徒に押しつけんなやと。答えは一つじゃ無いんだから。
  • GGj8mKf.IE2 @GGj8mKfIE2 4日前
    爆笑問題のススメって番組の野坂昭如がゲストの回でそういう話してたの見た記憶があるのよね
  • ぎっさん @doceneve 4日前
    娘さんは宝塚OGなので、それを加味するとさらに面白くなる。(火垂るの墓が売れた時、妹が「兄さんインチキな話書くの止めて」って電話してきたデマも嫌いじゃない…有ったら良かった話だから)
  • エビゾメ @ABzome 4日前
    僕も実際感想文で言われたことはないけど「作者の気持ちはどうだったか」が実際聞くと納得してもらえないって話、心理的には太宰メソッドの親戚なのでヤだなー。 (そこまで言うほど重い話ではないものの)なんか自分がどう思ったかで聞かないの、いいこと言った感というか、ある意味では本心の責任放棄って感じでなんとも。
  • ベアロ @bear_rode_stone 4日前
    KanadeMirai 作者の娘がいるのに、そんなこと聞くわけ無いよねえ
  • Bee @small_magician 3日前
    「作者の気持ちを考えよ」っていう設問を実際にみた記憶がほとんどないのだけど、いずれにせよ、問われているのは「文脈上、テキストが主張していることとして適切な内容を答えよ」っていうことなのだとは思う。
  • 和田名久司 @sysasico1 3日前
    映画のパンフにあった野坂氏の文章らしいんだけど虚憶え。タイトルは『アニメ恐るべし』だったかな? 〆切りに追われて、喫茶店で一気に書き終えて、編集に突き出すように渡して後は読み返したことすらない。そういう作品だから完成試写会で大丈夫だろうと観ていたら、途中から涙がぶぁーっと出てきて最後まで観れなかった。その後によく知られた元になった自分の戦争体験の話になるんだけど・・・。〆切りに追われると自分の黒歴史まで作品にするって作家の業と闇って感じ。
  • 和田名久司 @sysasico1 3日前
    m_sheririn 「そっそっ、ソクラテスかプラトンか?。にっにっ、ニーチェかサルトルか?。みーんな悩んで大きく成った。(おっきいわ。大物よ)。俺もお前も大物だあ!!」
  • はりせんぼん @hally_sen 3日前
    bear_rode_stone 作者の気持ちを考えよ的には「作者の娘がいる事を知って、わざわざ作者の作品を設問として出す教師の卑しさを一言でやりこめた作者のユーモアに読者はまず感心する。そして、父の言説という権威で優位に立とうとする娘の卑しさが現れ。それも一言で却下される。この多層的な卑しさを冷笑する視線がこの一文の面白さである」かと思う
  • nbtnk @nbtnk 3日前
    これ、野坂氏がネタにしているのをTVタックルの総集編で見た記憶がある。 アーカイブがないから証明が難しいんだよな。
  • 重-オモ- @__oMo__ 3日前
    野坂昭如氏の長女、野坂麻央氏のブログにて否定されている/野坂昭如の娘が、国語の試験に出た「火垂るの墓の作者の気持ち」という問題に、父親に聞いた通り「締め切りに追われて必死だった」と答えたら✖︎をつけられた という楽しいお話は全くの事実無根。/『高畑勲監督』 ⇒ https://ameblo.jp/maoyma513/entry-12366622676.html
  • たくさん @RascalTaku 3日前
    まとめを更新しました。娘の野坂麻央さんが「事実無根」と言及されていましたので、追加しました。
  • たくさん @RascalTaku 3日前
    __oMo__ 追加させていただきました。ご提示ありがとうございました。
  • 五月雨山茶花蝉しぐれ @taken1234challe 3日前
    清太&節子生存ルート編もあったよな
  • お豆さん @feijao0131 3日前
    登場人物の気持ちや作者の意図なら問題として成立するけど、作者の気持ちってまともな大学の入試で出るんだろうか?
  • kanade7 @KanadeMirai 3日前
    わー寝てる間に更新されて都市伝説になってる、娘さんが否定したのか、しかもつい最近とは!この話は今回は面白い話みたいに好意的に拡散されてるものの、元々は火垂るの墓を腐すように悪意ある感じでネット上で流布されてた話。さすがに本当なのか?ソースは?ということはだいぶ昔から言われてました。ソースなしwikipediaの引用で更に拡散されまくってるという地獄パターンだった。 __oMo__ グッジョブ
  • 点面悪鬼百之助 @x743 3日前
    百田尚樹の本(ハチのやつ)を読んで面白いなとは思ったけど、著者の心情は考えたくないね
  • kanade7 @KanadeMirai 3日前
    野坂昭如は家族にも真実がわからないぐらい言うことがコロコロ変わる男ということでもしかしたら本当にテレビで言ったのかもしれないけど、話に出てくる娘さんが事実無根と否定してるということは嘘認定、都市伝説扱いでおkですね。誰かwikipediaのエピソード欄(何故かこれしかない)を削ってこなきゃ。
  • 松山健治 @fgyuiev 3日前
    自称理系さんたちが大好きなお話ですよねw
  • ロセ @Cerro0405 3日前
    「作者のこの時の心境」なんていう問題ある? 登場人物としての「私」の心情を聞くなら分かるけど、それだって本文の根拠を求める問題でしょうに。作者の心境(読み取れる主張じゃなくてね)なんて良識ある問題なら聞かないと思うんだけど
  • petty_bonitas @petty_bonitas 3日前
    Shinden28 河合隼雄先生は「原稿料はいくらか」考えていたそうです。
  • しぇりりん(万年金欠) @m_sheririn 3日前
    まぁ酒飲んだ勢いでデタラメ言っててもおかしくないような人って感じだし(デマ拡散していいわけじゃないんだけども
  • 広瀬みつこ @hiroya0626 3日前
    「夜のヒットスタジオ」のオープニングメドレーでピンクレディーの「渚のシンドバッド」を堂々と歌っていたのはリアルタイムで観ていました。
  • わちゃ @watcher0816 3日前
    「ここで読者泣かせたろ」とかそんなんじゃないかな。
  • 大網 清和 @kiyoami 3日前
    痛快だね。作者の気持ちはどうだったかとか どうでも良いよな。読んだ人がどう受け止めたかだよ
  • ステアカー @Steer_car 3日前
    「どういう気持ちか?」問題は不必要だとは思わない。ただ、よっぽどフザケた解答じゃない限りは「×」はありえない=答えさえ書いたらとりあえずは○がつくボーナス問題的にしておいて、学校問題系クイズ番組みたいに発想力など面白い解答をみんなの前で発表させて着眼点を褒めるなんかやったら更に意味あると思うけどね。ただやる気を削ぐ×をつけるだけよりはよっぽどマシだと思う。
  • @atelier_AO 3日前
    この話を最初に聞いた時は「お孫さん」の話だったような気がする
  • aomakerel @aomakerel1782 1日前
    登場人物の気持ちを答えよや作者の言いたいことを答えよは目にしたが作者の気持ちを答えよってのは実際に目にした記憶はないよね
  • 雨男 @ameot0k0 1日前
    nbtnk テレビを見た記憶は偽装記憶かもしれないけど、娘さんも野坂本人がどこかでネタとして話したかどうかまでは否定していないから、タックルでそういう発言がされたのかもしれない。
  • 雨男 @ameot0k0 1日前
    atelier_AO Wikipediaでは2009年まで「孫娘の宿題」の話として掲載されていました。https://matome.naver.jp/odai/2152401272643911801
  • 山吹色のかすてーら @sir_manmos 1日前
    sysasico1 ハトヤじゃなくて、サントリーじゃないかな。(私は関西なのでハトヤのCMは見られない)
  • カリラ @caolilarz 1日前
    野坂昭如のは知らないが、清水義範なら何かのエッセー本に似たような話を書いてたな。自分の小説がテストに出てて、作者だか作中人物だかの気持ちを答えろって問題で正解できなかった、みたいな。
  • nbtnk @nbtnk 1日前
    ameot0k0 証明が難しいんですよ、記憶からすると1994年以前(ビートたけしも出演していた)なので、局もテープだし家庭でもビデオカセットだろうからまず残ってない。というかネットで目にしたのはこのまとめが初めてです。ちなみに「娘が先生に答えた」くだりは後から付け足された尾ひれです。そのうちネットにないものはすべて都市伝説とされる時代が来るんでしょうね。
  • 愚者 @fool_0 7時間前
    それにしても、まさかこういう形で真相が語られるとはw

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする