10周年のSPコンテンツ!

竹熊健太郎氏( @kentaro666 )の語る、3.11以後のオタク的な表現

"3.11から先の世界はマニュアルのない世界だ。オタク的な表現は変質するしかない。なぜならオタクは豊かな日常を前提にしたライフスタイルだからだ。" 竹熊健太郎氏(@kentaro666)の語る311以後のオタク的な表現 たけくまメモ/http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/ 続きを読む
マンガ 竹熊健太郎 アニメ 311 震災 フィクション オタク文化
117
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
1)93年のベストセラー「完全自殺マニュアル」の前書きに「もうでかい一発はこない」という言葉がある。http://bit.ly/gWzOiF 同じ頃宮台真司は「終わりなき日常を生きろ」と言った。でかい一発を夢見ながら退屈な日常は永遠に続くと感じていた人は多い。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
2)つまらない現実よりも面白い虚構を!初期オタク文化はこの諦観の上に生まれている。今回の震災と原発事故を受けて、オタク第一世代が俺を含め軒並み転向したかのように冷静さを失っていると感じる下の世代は多いが、当然だ。もう二度と来ることはないと思っていた「でかい一発」が遂に来たのだ。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
3)3.11から先の世界はマニュアルのない世界だ。オタク的な表現は変質するしかない。なぜならオタクは豊かな日常を前提にしたライフスタイルだからだ。マンガもアニメも当然残るが、表現の質が変わるだろう。どう変わるかはまだわからないが、必ず変わる。それは不安であり楽しみでもある。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
僕は今回、完全に東君の見解に同意します。斉藤氏は精神科医ですから、何が起きても「カッコで括る」訓練ができているのでしょう。@hazuma ところが、竹熊さんと同世代の斎藤環さんは今回の震災をまったく「でかい一発」だと思ってないみたいでした……。@kentaro666 .
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
まさか戦争やテロ以外で「でかい一発」が来るとは。ふいを突かれた気分です。RT @sakiel02 戦後の幸せな時代は終わった。とても短い幸福な時代だった。 RT @kentaro666: 3)3.11から先の世界はマニュアルのない世界だ。オタク的な表現は変質するしかない。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
勿論そういう表現も残るでしょうが、受け手の受け止め方が変わると思うんですよ。RT @YES_SOFT_BANK @kentaro666 3.11以降は不安しかないから不安から目を背けるために余計にから騒ぎしたようなユートピア漫画やアニメが増えるのでは。特に集団作業のアニメは
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
エヴァを創った庵野さんは僕と同い年のオタク第一世代です。僕も同世代としてあの作品を支持しました。RT @Motoharu0616 竹熊さんの…指摘って、80年代のオタク第一世代には当てはまる気がするけど、エヴァ以降の第三世代後期の自分にはピンと来ない。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
理由は書いてます。これからの日本は、オタクが出来なくなる位貧しくなる可能性がある、という事です。RT @BlackHandMaiden 竹熊氏も東んも…終わるのはあなたの世界だけにしておいてくれないか。 / Togetter -@kentaro666… htn.to/sNGbtA
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
戦争に敗れた65年前、全てを失った日本人の心をつかんだものは、ラジオから流れる明るく清らかな「林檎の歌」だった。これから現れる「林檎の歌」は、どのようなものなのだろうか。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
.@marutama あ。「リンゴの唄」が正しい表記でしたね。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
以前から温めている作品の構想がいくつかあるが、その半分はこの震災と原発事故で書けなくなった。直接地震や原発を扱うものではないが、広い意味での「終末テーマ」を考えている作家は、みんな困っているのではないか。今は「明るい物語」を書きたい。書くことが出来るのは数年先かもしれないが。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
物心ついて以来のひねくれ者だった俺は、「愛」だの「恋」だのを真正面から語ることが気恥ずかしくてできなかった。しかし今は、ニヒリスティックでシニカルな態度がどうしようもなく古臭く感じる。いよいよ「愛」だの「恋」だのを語る以外にないのか、この俺が?と愕然とする震災前の俺がいる。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
たぶん、まだ誰もがわかる形で「終わってない」からでしょう。RT @mepphyj @kentaro666 でも「22世紀はちゃんと来る」というような絶望的な退屈さがぬぐえない気分が相変わらず続いているのは、どうしてなんでしょうね。
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666
「豊かな日常」を前提に成立しているのがオタク文化なので、世代とは関係ありません。その前提が崩れる訳ですから、全体の変質は避けられないと考えます。RT @pan_baron 竹熊さん自身…第一世代にとっての世界が変わったのであって、彼らの表現が変質するだけ…自分達=全部になってる。

コメント

MASAMITSU @masa_mitsu 2011年4月14日
類似のまとめ。こちらも合わせて/森川嘉一郎氏( @kai_morikawa )の語る、震災が今後のおたく文化に与える影響について http://togetter.com/li/114414
MASAMITSU @masa_mitsu 2011年4月14日
こちらも合わせて/3.11後の虚構と現実。 http://togetter.com/li/123256
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2011年4月14日
70年代~80年代は西東対立の構図が残っており、大規模戦争、核戦争という世界が未来の可能性の一つだった。90年に近づくにつれ終りなき日常の感覚が強くなり、「ああっ女神さまっ」や「天地無用」などの、波は起きても特段何も変わらないという物語が増えてきたように感じられる。セカイ系は阪神淡路やオウム事件の影響を受けているけれど、セカイ系と反セカイ系と言える決断主義は日常系のフレームの中でしかなかったとも思える。さて、311以降はどうなるだろうか。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2011年4月14日
思えば、マクロスFで描かれた「統制モード」という考え方は妙に示唆的だったように思える。
Shun Fukuzawa @yukichi 2011年4月14日
「でかい一発」って、物語的な意味でも一発であって、実際の被害を表現したものじゃないんだけどな。
@kusohagetaro 2011年4月14日
「私とハルマゲドン」というオウム騒動に関する著書も有る竹熊氏。下らない戯言の“3.11”部分を“オウム”と置き換えても、全く文意は変わらない。つまり今回も、ありきたりの世代論をそれらしく語っているだけ。
@kusohagetaro 2011年4月14日
竹熊健太郎氏の代表作「サルまん」が斬新だったのは、既存の漫画のありがちなパターンを指摘し、それを笑いに転化させたから。それなのに彼の震災後のtweetは、どれも既存のありがちなパターンそのものでガッカリ。この安っぽい世代論はその集大成。
@tarareba72 2011年4月14日
これは岡田斗司夫さん@ToshioOkada の考察が聞いてみたい。個人的には、「オタク的」に限らず、今回の震災で「変質しない表現」なんてあるんかなぁと思うけど。 #otakingex
清川ニゴル @Nigoru_K 2011年4月14日
気になるものを見つけては、ツンしてデレてヤンデレて、あるときはっと我に返る。 の繰り返しでいいじゃないですか。別にそんな小難しくしなくても・・・
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2011年4月14日
秋葉原通り魔事件も当事者にしたらでかい一発だったろうに。でかい一発がないという感覚は、単なる当事者意識の欠如。能動的に動く気も全てを受け入れる覚悟もなかった者が、当事者になったとたんおたおたしてるだけで、根は、(オタクが批判対象としてきた)無知ゆえに右往左往する大衆と変わらない。
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2011年4月14日
直接被災した人には生活を急変させる事件ではあるが、東京や以西の人間が「日常が失われた」というのは滑稽でもある。日常は変化するものだ。パソコン通信はインターネットになり、一家に一台だった電話は一人一台の携帯電話になった。都合のいい変化は日常で、都合の悪い変化は非日常ではないだろう。
hylom @hylom 2011年4月14日
なぜ竹熊氏がこんなにパニックになっているかが理解できない。自分の周りは自分も含め、そこまでの衝撃は受けていない。特に一般人よりもオタクのほうが冷静な気がする。もちろん非常に大きい問題という認識はあるが(東京在住で目に見える被害が少ないというのもあるが)そんなに心配はしていないし普段通りの日常に戻っているし時が経てば問題は解決されると思っている。
FGBKM @FGBKM 2011年4月14日
あの地震以降何が変わったという感覚はなく、敢えて言えば「つまらない現実がさらにつまらなくなっただけ」ではないかなと思っています
MASAMITSU @masa_mitsu 2011年4月14日
こちらも合わせて/希有馬氏、「震災原発事故でオタクのリアリティが変わる論」への疑義 http://togetter.com/li/123635
@kusohagetaro 2011年4月14日
今は削除したようだが「俺は人類が絶滅するのをこの目で見てから死にたいという捻じ曲がった願望があるので、当面、死ぬつもりはない」という糞のようなtweetをした前科もある。要するに無神経で、全てが他人事だから上から目線で、下らない自論を展開できる。
maana1119 @maana1119 2011年4月14日
竹熊氏のオウムの本を読んだときに思ったけど、彼自身がかなりカルトにはまりやすい気質なんだ。非日常に対する強烈な憧憬がその根底にある。今回も憂国を気取りながら、どこかで願望が実現した状況を前に興奮してるそぶりが見え隠れしてそれが実に不快だった。それにしても「でかい一発を夢見る」とか大量の被災者、死者を前にしてこう臆面もなく書かれると言葉もない。死刑判決が出ても麻原への忠誠を捨てないオウム信者に近い狂気を感じる。
甲賀志 @hiroujin 2011年4月14日
@Clearnote_moe「でかい一発がないという感覚は、単なる当事者意識の欠如。能動的に動く気も全てを受け入れる覚悟もなかった者が、当事者になったとたんおたおたしてるだけ」  全く同感。でかい一発なんてちゃんと社会を見れば、特に90年代以降しょっちゅう起きていた。気づかなかったのは感度の欠如に過ぎない。
川村賢一 @kkawa01 2011年4月14日
いい大人が何をおたおたしているんだろう。
@kusohagetaro 2011年4月14日
このまとめや佐々木俊尚氏のRTだけ見て、竹熊センセーを知識人と思うのは間違い。ギークハウスデマ、コスモ石油デマといった震災直後のもの以降、ずっとギャアギャア騒いで怪しげな情報を拡散し続けた糞馬鹿という事を忘れずに!
maana1119 @maana1119 2011年4月14日
あと、東氏との対談で斎藤環氏の方が一見のん気に見えるけど、斎藤氏は岩手の出身で筑波大卒。勤務地も茨城や千葉の病院。そういうひとが「でかい一発」だなんて思うわけないだろう。
@kusohagetaro 2011年4月14日
このtweetの「3.11 震災」といったフレーズを「9.11」「リーマンショック」「IT革命」「web2.0」「21世紀」「0年代」などに置き換えても文意が変わらない。つまりこの人は、あれだけの震災があっても何も変わっていない。
Nicholai MARO @MAROCKs 2011年4月14日
ヲタクに第一世代・第二世代・・・との分類があったとは知らなんだ。
@kusohagetaro 2011年4月14日
新聞も取っておらず、テレビも殆ど見ていない竹熊。情報源はtwitterをはじめとする怪しげなネットのみ。そこに大震災が起こりパニックに…。つまり、カルト集団が、社会から断絶されたコミューン内で終末幻想に怯えるのと同じ。狂信徒の戯言なので、 こんなクルクルパーの発言をもとに、何か議論するのは止めましょう。
@kusohagetaro 2011年4月14日
「漫画ばかり見てると馬鹿になるよ」といわれたのがオタク第一世代。「漫画やアニメばかり見てると馬鹿になるよ」といわれたのがオタク第二世代。「漫画やアニメやネットばかり見てると馬鹿になるよ」といわれたのがオタク第三世代。
みこみこ @mikoto_1009 2011年4月14日
そんなこと関係なく、すでに電力不足を理由にWiiとXBOXとPS3を箱に梱包した。TVも必要時にしか使わないし、当然録画もしないので、アニメを見なくなる。ドライヤー並みの電源付けたPCも、なんだか罪悪感を生む。一度でも停電が実施された地域は身に染みたはずだ。
ろいひ @r_obake 2011年4月14日
永続的な日常が嫌いな知識人が、実際に日常が壊れたら狼狽しているでござるの巻
みこみこ @mikoto_1009 2011年4月14日
どちらかというと、消費側の日常に起こった物理的な影響の方が大きくはないだろうか。私は物理的に気にせず消費が行えるなら、災害物でも終末物でも消費したいとは思うんだけれど・・・
clearbooka4 @mikanzuki 2011年4月14日
結局竹熊氏は実際に震災で人が死んでることを想像できない人なんだよ。でかい一発がエヴァなどの創作と地続き。オウムの時も面白半分、仕事のネタ半分で足つっこんだ。
clearbooka4 @mikanzuki 2011年4月14日
実際に竹熊氏は現地に取材にいきもしなければ、原発関連の専門書を自分で読み勉強することもない。自分のネガな気分に沿った人の受け売り知識でお手軽に知識補強。チャイルドプラネットを2巻で原作降ろされたのもその無責任さと軽薄さがあったからでは。
たかなしいすか @isk_tkns 2011年4月14日
なるほど楽しそうだなあとは思った。別に何の感慨もわかないなあ。『この世の終わりっぽいもの』が『自分に降りかかるかもしれない形で』出てきたから、それがうれしい(と思っているように思える)って話でしょ?
たかなしいすか @isk_tkns 2011年4月14日
『降りかかるかも知れない』ってところがミソで、実際には降りかからないと思ってるんじゃないかな。だから『でかい一発』っていう言葉が使える。今ある現実が薄い膜の向こうにあって、そこを超えてくることはないんだ、みたいな感じ。
スケボン @scarecrowbone 2011年4月14日
「これからの日本は、オタクが出来なくなる位貧しくなる可能性がありそう」という事を想定するのは別にいいんじゃないの?それをもとに、予防策と対症療法、原因療法を考えていくのがいいんじゃないの?「今予防策打ってるから大丈夫なんだよ」とキレるのもおかしいし、早いうちから「療法が無い」って絶望して放り出すのもどうかと思う
@kusohagetaro 2011年4月14日
戦争やテロなどと同じく価値観の変貌という、精神論的なことを述べているのかと思えば「オタクが出来なくなる位貧しくなる可能性」という経済的な問題だと言うし、「初期オタク文化」「オタク第一世代」というタームで語っていたはずなのに「世代とは関係ありません」と一括。で、このクライシスハイでメンタルがおかしくなった大学教授は何が言いたいのだろうか?
岡一輝 @okaikki 2011年4月14日
受身だわねぇ。受身じゃアカンよ? 「編集家」とか名乗るンなら、社会の変化をブイブイ吹いて、作家ガシガシ捕まえてきて「新しいモン造れ創れ」とケツを叩くのが仕事じゃろう。
Piichan @piichan 2011年4月14日
未来 を えがいた SF作品 が ますます つくりにくく なる かも しれない。
岡一輝 @okaikki 2011年4月14日
つまり「エヴァの時みたいな評論本バブル来ないかな」って願望なのか、「こんな感じで書くので仕事ください」という営業なのか。いや、批判じゃなくて、むしろそうであって欲しいと思ったり。不謹慎でもたくましく生きる覚悟、って感じで。
はるる@横浜 @haruru_240 2011年4月14日
第一世代ってそんなにのほほんと生きてたのか。私は80年代を「すぐ近くの米軍基地にICBMが落ちてくるのは今日か明日か」と思いながら過ごしていたのだけれど。
@kusohagetaro 2011年4月14日
<今度の震災は「大人のふりをした子供」が本当の大人になる為の、最後のチャンスかもしれない。>そ、震災直後に言ってたくせに、結局地に足のついていない子供そのものの発言をするところは期待通り。
三D坊主 @dddmania 2011年4月14日
文化は常に変質していく物だし、第二次大戦中でも今で言うオタクのような人たちは居たのになぁ。
@kusohagetaro 2011年4月15日
竹熊センセー「リンゴの唄」の表記より先に訂正しなきゃならないことたくさんあるんじゃないの?
まくるめ @MAMAAAAU 2011年4月15日
変わるかどうかより、むしろ「311で変わる論」がここまで反発される理由が気になる。みんな興奮状態なのか
しゅくる @shukr_ 2011年4月15日
3・11の影響はとうぜんあるだろうけど、根本的に日常が壊れたかというと、そういうことはないだろう。日常のしんどさみたいなものは増えたのだろうが。
type-100 @FAtype100R 2011年4月15日
日常を壊す存在なんて掃いて捨てるほどあったはずだ。いったい今回の震災の何が特別なのか。
@kusohagetaro 2011年4月15日
安っぽい言葉を吐く竹熊健太郎センセーも嫌だが、逆張りで「自分の周りは自分も含め、そこまでの衝撃は受けていない」「いったい今回の震災の何が特別なのか」という人間の鈍感さにもビックリ。
stonedlove @mskasuga 2011年4月15日
鶴見済がいまやっていることとあわせて読むと興味深い。 http://tsurumitext.seesaa.net/
sokkan @sokkan 2011年4月15日
思想地図βに震災後のサブカルチャーというテーマで寄稿するとのこと。宣伝乙だったのかサブカル層の反応を見ておきたかったのか天然なのか分からないがリターンマッチは歓迎。
えるFさん @takex 2011年4月15日
竹熊氏は昨今のオタク達も満たされているであろう前提で話ていると思うけど、はたしてそうなのか。震災が起こる前にも豊かとは言い難い日本の状況下で多少の変質は起こってたと思うけど、小規模すぎて気付く者は少なかったんだと思う。
えるFさん @takex 2011年4月15日
震災関係なく、オタク第一世代と言われる人達は結構な歳だと思うので、今までのライフスタイルを持続させるにも体力も精神も若い頃と違うので続けることは困難になってきたのでは。日本の現状より自身のメンタルよる変化が表現を変質させる部分を占めてると思う。オタクをやってられるほど精神も年齢も若くなくなってきたという事でしょうね。
@kusohagetaro 2011年4月15日
<オタクが出来なくなる位貧しくなる可能性がある>って?? いつからこのひと経済評論家に?? 専門とされる漫画に関するヨタ話ですらソース不明なトンデモ論しか展開できないのにねぇ…。
@kusohagetaro 2011年4月15日
ありきたりのフレーズを適当に混ぜただけで独自性ゼロの上に、これだけ短い全体量の中でも論旨が一貫していない。ようするに電波系怪文書みたいなものですよ。
ヌ・リョウグ・ダちん @nuryouguda 2011年4月15日
まあまあ、今までがチートだったんですよ。普段通りに戻るだけです。人は歴史を重ねてきたのだぞ。
とーや(ザンネン) @tow_08r 2011年4月16日
この意見を「ふーん」とか眺めていながら当たり前に「嵐の伝説」を読み、笑っていた自分の事をさっきまで忘れていた。というか、それなりに働いていると漫画は娯楽であり、思想とは別にしているなあと思う次第なのだが。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする