編集部が選ぶ「みんなに見てほしい」イチオシまとめはこちら
73
参考
まとめ管理人 @1059kanri
@Ertai_twit 福沢諭吉門下生である矢田績の『福沢先生と自分』、『憲政史編纂会旧蔵政治談話速記録』の加藤政之助(福沢門下)の証言など、でしょうか
リンク www.ndl.go.jp 623 users 1748 国立国会図書館―National Diet Library
リンク Wikipedia 17 加藤政之助 加藤 政之助(かとう まさのすけ、嘉永7年7月18日(1854年8月11日) - 昭和16年(1941年)8月2日)は、明治期、大正期、昭和期の政治家、ジャーナリスト、実業家、衆議院議員、貴族院議員、大東文化学院総長(第7代)などを歴任した。武蔵国足立郡滝馬室村(現・埼玉県鴻巣市)出身。16歳で父親を亡くす。糠田学校の教員時代に白根多助埼玉県令に見出され、県の学務課に就職したが、友..
リンク Wikipedia 矢田績 矢田 績(やだ せき、万延元年8月9日(1860年9月23日) - 昭和15年(1940年)3月25日)は、日本の実業家。万延元年(1860年)8月9日、紀州徳川家の老職にあった医師の谷井清雄の次男として出生する。1878年(明治11年)、新宮の旧藩老矢田七郎右衛門の絶家を相続し、矢田績となる。1880年(明治13年)、慶應義塾を卒業すると、時事新報に記者として就職。1884年(明治17年)、神戸又新..
リンク www.aozora.gr.jp 図書カード:福翁自伝
リンク Wikipedia 42 脱亜論 『脱亜論』(だつあろん)は、新聞『時事新報』紙上に1885年(明治18年)3月16日に掲載された無署名の社説である。1933年(昭和8年)に石河幹明編『続福澤全集』第2巻(岩波書店)に収録されたため、以来福澤諭吉が執筆したと考えられるようになった。1950年(昭和25年)以前に「脱亜論」に言及した文献は発見されていない。発見されている最初の文献は翌1951年(昭和26年)11月に歴史..
福沢諭吉とマスメディア活動
まとめ管理人 @1059kanri
明治期の福沢諭吉、マスメディアの中心人物としての力を使って、政権に対し自分の望む政策をぶち込むし、気に入らなきゃ自作自演をしてでも「政局」を作ろうと暗躍するしで、正に「第四権力」の長。正直現在のマスコミの偉い人たちというのは、みんな福沢諭吉に成りたいのだろうな、と思うようになった
まとめ管理人 @1059kanri
福沢諭吉は、何かを「事件化」したい時は、自分の手下を使ってわざと騒ぎを起こし、それを自分のところの新聞の記事として大々的に報道するという手法をちょくちょく使っていて、思想はともかく手法はヤクザそのものですな。
こしょく @koshoku
福沢諭吉というのも、調べれば調べただけ幻滅する人物だよな(少しだけだが、学生の頃に調べた経験から)。ご本人からしたら、勝手に虚像を作って、勝手に幻滅してんじゃねーよ…と言われるかもしれないが。 twitter.com/1059kanri/stat…
ののまる @nonomaru116
@1059kanri 在野と言っている割に弟子が兵隊として各所に入り込んでいるわけですしなぁ。同じ言論人でも政府中枢から情報取るために御用政党作ってしまった福地桜痴の方がまだわかりやすい気がw
まとめ管理人 @1059kanri
@nonomaru116 福沢諭吉を真面目に調べると、あの時代ですでに現代マスコミの悪いところ全部体現してて苦笑いしちゃいますねw
ののまる @nonomaru116
@1059kanri 偉大な人ではあるけど、政官財界にも隠然たる力を持っているという点では、安岡正篤とかと同じような類とも言えますよな。悪く言えばインテリマフィア。脱亜論とかもそういう文脈で読むべきものなのかも。
まとめ管理人 @1059kanri
@nonomaru116 ですね。脱亜論をあまり思想的な面から見ると間違うと思います。アレは政治作文、でしょうね

勝海舟

ののまる @nonomaru116
@1059kanri 海舟先生が「痩我慢の説」に対し沈黙守ったのは、ある意味正しい対応ですよな。まぁ海舟先生も極めてアレな人ですがw
まとめ管理人 @1059kanri
@nonomaru116 海舟先生もアレはアレで権力世界の空気の読める人ですからねw「うかつに反応するとまずい」と感じ取ったのでしょう
ののまる @nonomaru116
@1059kanri そりゃ幼少時から一橋家に仕えていた人ですからな……w

当時の空気に合わせて

残りを読む(90)

コメント

やし○ @kkr8612 2018-06-16 08:23:53
偉人だの英雄だのの伝記を、子供たちに教えるなんて、愚劣なことだ。善良な人間に、異常者をみならえというも同じだからね(ヤン・ウェンリー)
nob_asahi @nob_asahi 2018-06-16 08:25:51
別に偉人は「完璧な人間」て意味じゃないよね。一人の人間として当たり前に欠点もあるし矛盾も抱えている。しかし、それを含めても尊敬し学ぶべきところがあると敬う人が多い対象を「偉人」と呼ぶんじゃないの?偉人の欠点を挙げ連ねて「大したことない人だよ」と言うのは何か違うと思う。虚像と言うのはその人の功績とされていることが、実は別の要因に依っている場合などに用いられるべき。
Cooler @CoolerNobunyaga 2018-06-16 08:33:20
nob_asahi 既存の伝記などでは欠点を取り上げないことも多いですからね。一度欠点も含めて全体像をきちんと調べてから再評価というのも重要なプロセスだと思います。
bss @bss_w_n 2018-06-16 08:39:10
坂本龍馬なんか高千穂峰の天逆鉾を引き抜いた重要文化財破壊者だしな。今だったらどんな有名人であろうともツイッターで大炎上して逮捕されてもおかしくない案件。
UZIRO @UZIRO 2018-06-16 09:02:31
「一人殺せば悪党で、百万人だと英雄だ。数が殺人を正当化する。」とはよく言ったもんでね。どんな偉人だろうと大体「そういう側面」はあるよ。
冶金 @yakeen4510 2018-06-16 09:08:04
ぎりぎり日本下げでないようにも受け取れるけど、海外だってたとえばエジソンは他人の発明を買い取っては自分の発明としていたというし、ガンジーは若い女を裸にして一緒に寝ていたというし、オバマも合衆国最悪の爆弾魔だと指摘する人もいるし、ボロが見つかるのは海外の偉人も同じ。現代でも黒人はなぜか好感度高くなってるが、アフリカだと一夫多妻が当たり前で、日本にやってくるナイジェリア人など平気で日本女と重婚しているという事実はほとんど報道されていない。別にそんなナイジェリア人は偉人じゃないが(笑)。
yumico saca @SacaYumico 2018-06-16 10:15:57
「福沢諭吉が高額紙幣」って、ある意味正しいっていうかね(笑)
のーみん 丁 @noumin_T 2018-06-16 10:42:01
偉人として言い伝えられる人達は、素晴らしい部分のみが伝わって人間性が排除されやすい というような話なのでは。
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018-06-16 11:38:11
資料の残っている近現代史の人物象は出来るだけ正確にというのも分かるけど、キリストも孔子も残った関係者が盛っているだろうし、その孔子も周公旦を盛っているだろうし
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-06-16 11:59:21
ありゃ残念、自分も資料を持ち寄ってまとめたかったが先行があったか。重複して作らないようにしないと。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-06-16 12:02:02
「観応の擾乱」著者の亀田俊和氏は「田中正造が嫌い」だとか(https://twitter.com/kamedatoshitaka/status/998154513893609472 から延びるツリー参照)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-06-16 12:05:01
山形有朋はフィクション、エンタメの世界では浅田次郎「天切り松闇がたり」のおかげでイメージアップしました。まだまだ悪役扱いがメインですけれども。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-06-16 12:08:28
まだ日本に自伝文学なき時代、その先駆けとなってセルフイメージをプロデュースできたのは強い 【福翁自伝  https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/1864_61590.html 】実際、抜群に面白い。平等な「書生」が無軌道かつ真摯に学び、語り、笑うという青春記としても日本初ではないかな?(緒方洪庵の適塾以前に、そういう場があったとも思えない)どくとるマンボウやトキワ荘の先駆けですよ
ありよし/コアロン @TnrSoft 2018-06-16 12:08:39
福沢諭吉なんて脱亜論書いたヘイトスピーカーじゃん。反ヘイトはいますぐ万札を捨てろよ
天たくる @ten_tacle 2018-06-16 12:23:46
誤解を招く糞まとめタイトルの典型。元ツイはあくまで「日本の偉人の中でも特にイメージと乖離の大きい人達を抽出して具体的なエピも交えて語る」のが面白いのに、「所詮偉人なんて〜」系のどうとでも解釈できるつまらない一般論みたいに誤導している。
天たくる @ten_tacle 2018-06-16 12:34:09
諭吉なんて一般には慶応作ったのと天は人の上の格言言った人位で(脱亜論もネット以外じゃマイナーだろ)お札になってる割には何したのか知られてない系の人だからこういう話は面白い。一休宗純は一休宗純で認識しているクラスタなら大体このイメージでないの? 一休さんしか知らない人はそもそも実在の人物という認識ではないでしょう。
天たくる @ten_tacle 2018-06-16 12:37:59
「所詮偉人は」というか毒にも薬にもならない一般論じゃなくてセルフプロデュースや創作物で虚像が形成されるという事象焦点絞って踏み込んでいる点に価値があると思うのですが。
CD @cleardice 2018-06-16 13:51:12
「こういう面もあった」という検証は大事な仕事だけど「偉人の醜聞」で喜ぶようだと芸能人のスキャンダルで騒いでるのと同じだからなあ
館 穂乃香 @honoka_4621 2018-06-16 17:45:35
会った事もない人間をさも見てきたかのように「コイツはこうだ」って断じるのって一体何なの?何者??
館 穂乃香 @honoka_4621 2018-06-16 17:47:07
まとめ管理人さんって歴史学者の先生か何か?それともタイムスクープハンター?
聖夜 @say_ya 2018-06-16 17:47:18
まず大前提として「天は人の上に人を作らず」云々には続きがあって、でも現実は違うよね。だから勉強して成り上がろうぜという啓蒙の言葉で、ゆえに学問のすゝめというタイトルなわけです。また自伝で神社のご神体を路傍の石とすり替えてありがたがる大人を馬鹿にする子供だったと述懐するのも心霊主義、神秘主義を否定するプロパガンダの一環なのです
聖夜 @say_ya 2018-06-16 17:50:06
こうした背景を無視して一部だけを切り取りネタにしてPVを稼ごうというのはまさしくまとめ管理人としてはあるべき姿なのかもしれませんが、少なくとも福沢諭吉をどうこう言えるようなやり口ではないです
しゅん @Shun_I_715 2018-06-16 17:51:12
nob_asahi そもそも「偉大なことを成し遂げた人は人間としても善良なもの」という道理があるわけがないのですよね。
上野 良樹@31日S29a規制中 @letssaga3 2018-06-16 23:17:32
福澤諭吉がナベツネツネオ氏に見えて来るまとめです。
mmmmmtttt37 @mmmmmtttt37 2018-06-17 10:31:46
過去の人間を、現代の価値観で減点法で評価するのはあんまり意味ないよね。
文里 @wenly_m 2018-06-17 18:14:12
明治の法制史を勉強していると、伊藤博文へのリスペクトが増幅されてくるw
川田零三 @kawada0zo 2018-06-17 19:25:33
福沢諭吉の意外な顔と言ったら「立身新流の居合術の達人」。増田宋太郎が放った刺客・朝吹英二は暗殺に絶好の機会を得ながら、達人の気配に恐れ入って事を成し得ず、後に諭吉の片腕的存在になったという…(※諸説あります)
ボリゲル @borigeru 2018-06-17 20:06:09
ヘーそんな側面もあったんだって普通にビックリして面白いと思ったのに、なんでこんなにイキってる人が多いのか分からないです☆(ゝω・)vキャピ
私は16TONS@大阪の崇高なるダダイストにして、尋常ならざる性癖を帯びたもの @moonintears16t 2018-06-17 20:56:38
まあ千円と五千円は変わったのに何で一万円札だけまだ諭吉なん、という想いが割とみんなあるわな。聖徳太子が降板したのはなんか宗教的かつ実績があいまいだから、というのは分かるけど。
めくり たまえ @zedlix 2018-06-17 22:37:35
「幕末最強の剣客は福沢諭吉」説は初めて見た時にそれマジ?ってなって、今でもそれマジ?って思ってるんだけど、どの程度信憑性のある話なんでしょうかね kawada0zo
川田零三 @kawada0zo 2018-06-17 23:27:00
zedlix 「『福翁自伝』に言及があり、立身流にも相当の記録が残っている」のは本当、だが実戦があったわけでなし実力は不明」くらいでしょうね…。朝吹のエピソードも、私が読んだ本の著者(礫川全次)が想像力豊かに膨らませたものです(あーあバラしちゃった)
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2018-06-18 00:58:46
zedlix kawada0zo https://www.aozora.gr.jp/cards/000296/files/1864_61590.html の中を「居合」で検索すると、どの挿話もすこぶる面白いです  「…居合を抜いて、随分好きであったけれども、世の中に武芸の話が流行すると同時に、居合刀はすっかり奥に仕舞い込んで、刀なんぞは生れてから挟すばかりで抜たこともなければ抜く法も知らぬと云うような風をして…」
ネナシグサ @TeaAndG 2018-06-18 02:26:58
偉人と呼ばれるレベルの事業を成し遂げる精神構造してると、プラス面も果てしなく高いがマイナス面も物凄いことになるんだろうな。どっちの方向でも歯止めが効かないからこその偉業なんだろうけど
sotoyama @sotoyama0 2018-06-18 03:30:12
福沢諭吉の好きなところは自分の弱いところもあけすけにしているところかな。居合の腕には覚えがあったらしいけど、血を見るのがだめでイギリスで解剖の見学に立ち会ったら気が遠くなって、一緒に見学していた人の肩を借りて中途退出したとか。
九十九 @hakqq 2018-06-18 03:49:16
自伝の述懐は「みられる俺」に意識的であることに留意が必要。それを差っ引いても面白いけどね講談調だし。あと脱亜論は文字通り社説で、福澤著作説に疑問符がついている(それはそれでやや身びいき感はあるが)。
amema @amema10 2018-06-18 04:09:15
なるほど今の野党とマスコミの戦略はこの時代からあったのか
@gatirogrth 2018-06-18 08:12:45
教科書で学ぶ偉人の人選って凄い片寄ってるからね。まず最低ラインとして明治維新から続く現政権の関係者先祖又は協力した人って選定だから。偉人かどうかよりそこが重要だからあんまろくな人間じゃなくても入っちゃう
わたしは新潮45🎗 @Invertebrataphl 2018-06-18 09:13:49
まあ脱亜論の通りにしていれば侵略戦争なんてしなくて済んだんだがな。侵略戦争をお節介と助平根性半々でやらかしたのはアジア主義者だから。
🈂 @satori_Lv35 2018-06-18 14:40:23
「日本の偉人はでっちあげ、ほんとは悪人」という印象誘導見え見えのタイトル。だいたいどこの偉人だって調べりゃ幻滅するような話が出てくるだろうよ。
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2018-06-19 11:19:53
時代が進むにつれて評価の逆転現象が起こるのは興味深いと思う。徳川綱吉なんか前は犬将軍クソ野郎だったけど今じゃ世界最初の動物愛護法で犬だけじゃなく老人赤子の弱者保護だとか武断政治から文治政治へつないだとか
師走悠裡 @shiwasu_yuri 2018-06-19 11:23:34
ルソーはパンがなければ~の件もだけど、子ども5人作って全員教会前に捨てた上でエミール書いたと思うと何だこいつって真顔になるな。当時の倫理観がどんなもんかいまいちわからんが
うるちまい @japonikamai 2018-06-20 23:41:52
コメ欄で作為的であるというタイトルを変えて見ました。まだ作為的に感じられる様でしたらコメ欄で良タイトルをあげて頂ければ幸いです。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする