Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2018年8月19日

フィギュア野外撮影の写真を用いてフォトモザイクを作成したことにより新たに開かれた世界2

フィギュア野外撮影の写真を用いてフォトモザイク(大量の小さな写真を並べて別の画像を創り出すというもの)を作成してみたことで新たに得ることができたものの見方
2

元々私はポケモンキッズを用いたフィギュア野外撮影という活動を行っており(後述)、(思いついた時点で)そのフィギュア野外撮影写真の総数は約10500枚と大量にあった。また、その写真はあらゆる場面あらゆる景色で撮影を敢行しているため構図や色彩に多様性がある。
そこで、自らのフィギュア野外撮影の写真のみを用いてフォトモザイクを作成してみたらどうかと思い立つ。

当まとめは、そのフォトモザイクのまとめ第一回(後述)の続きという体裁で、その第一回をご覧いただいていらっしゃらなくても流れがわかるように説明を挟んでいったものです。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第48作目は、たまごっちから、くるるっちです。 この企画をやり始めて、フィギュア野外撮影において色彩というものをすごく意識するようになりました。 台湾南部・高雄市、蓮池潭でのフィギュア野外撮影の際も、花の色に足りない色彩はないか探し回っていましたpic.twitter.com/JydQXWfDsi

2018-03-17 12:48:32
拡大

いざこのようなフォトモザイクを作成してみると、大量の写真を並べて遠目に見ると別の色何の変哲もない町並みの写真が滑らかな輪郭線を構成する。といった点などフォトモザイクの魅力に魅せられたこともあり、フィギュア野外撮影の写真と並行して投稿を始める。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第49作目は、ラティオスです。 私の写真は(色彩の微妙な違いを別としたら)数的には青空は十分あるということでしょうか。 新たに素材となった台北101からの夜景写真も早速使われています。 日本の夜景、台湾の夜景、フランスの夜景。絶妙な違いがありますね。 pic.twitter.com/IDRhNpdcTM

2018-03-21 11:32:01
拡大

元来の私の活動は「『ポケモンキッズ』を用いたフィギュア野外撮影」であったため、フォロワーさんの一人から、ポケモンのフォトモザイクも作成してみてはどうか、むしろポケモンキッズの写真でポケモンをつくるからこそ面白いのではないか、というご指摘をいただいたことから、ポケモンとポケモン以外のフォトモザイクを交互投稿するという形態で落ち着く。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第50作目は、「奇幻行者」から、西門駅のキャラ、茜です。 台北の地下鉄構内で見かけて気になり、知るところとなりました。 エメラルドグリーンのキャラは初ですが、南国の海の色、高雄市西子湾で撮影したばかりで数が足りません。もっと南国にもでかけたいです。 pic.twitter.com/9yLagqAs1P

2018-03-31 19:49:01
拡大

50作前後の時期的には、台湾へフィギュア野外撮影のロケに行った写真を写真投稿サイトへ投稿していた頃であるため、その台湾でのフィギュア野外撮影の写真が新たなフォトモザイクのパーツとして増え始めている時期である。
(ついでに、現地で知ったキャラのフォトモザイク作成も試みている。)

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第51作目は、ザングースです。 を基調としたキャラをまだ作成します。 素材となるフィギュア野外撮影の写真は現在約10900枚。 部品の写真を観察することでその中から一枚一枚に再び出会える感覚、これもまたフォトモザイクの醍醐味ですね。 pic.twitter.com/TOo2Fa8nxB

2018-04-13 20:21:44
拡大

フォトモザイク作成により気づいていた新たな側面として:

フォトモザイク作成においては、お手本の画像の色彩に近づけるように部品とした写真の色を微調整するという色替え実は背後にお手本の画像そのものがあり透過された並べた写真を通してお手本の画像が透けて見えているという透かし、等の手法があったりするのであるが、私のフォトモザイク作成時にはこれら色替えも透かしも行っていない、あくまで自前の写真を加工せず並べただけ、としていた。

そうしたときに、簡単に色が再現できるキャラクターと、どう頑張っても色が再現できないキャラクターとがある。
以上のことから、自前の写真をもってしても再現できない色は自身のフィギュア野外撮影の写真に欠けた色彩である、といえるのではないか、と。

すなわち、優先的に野外撮影に出かけて増やすべき色彩が見通せる、という、フォトモザイク作成には私の本来の活動であるフィギュア野外撮影との相乗効果が見いだせる。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第52作目はぷくぷく天然かいらんばんから、ぷくぷくです。 クリーム色を主体としたキャラクターは初でしょうか。 やはり色落ちしたようになってしまいました。 クリーム色は圧倒的に私の写真には足りない色彩。 出かけて撮影する優先順位はかなり高いものですね。 pic.twitter.com/uYjyKVP38h

2018-04-16 19:55:41
拡大

また、この箇所は前回のまとめから一字一句変えずに:

ここで、キャラクターのフォトモザイク作成とはどのような行為であるかと考えていたこと。
たとえ自前の写真のみを用いてるとはいっても(もっとも、その写真自体フィギュア野外撮影のではあるが)、キャラクターをお手本としている以上、フォトモザイク作成に最も近い行為はひょっとするとトレスや模写に相当するのではないか、と考えていた。そのため、ここで決して自分のものと主張せず、金銭につながることがあってはならず、削除要請その他には誠実に対応させて頂く所存です等とも明記。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第53作目はハブネーク。 前々回のザングースとの関連で作成してみました。 対になる(3対や4対など含む)ポケモンはなるべくセットで作成していきたいです。 鳥居の写真が爬虫類型の眼にうまく当てはまっていますね。 また、薄紫色はこの分量だと足りるようで。 pic.twitter.com/k4NkslvxvH

2018-04-21 16:25:35
拡大

本格的に(第二回として)本まとめに則した地の文としての補足説明に入ります。

フォトモザイク作成を思いついた時点のフィギュア野外撮影の写真の総数は約10500枚であったが、そこから素材として用いるフィギュア野外撮影の写真枚数はフィギュア野外撮影に出かけることにより徐々に増えていっている。そんな漸増する写真群の中から、新たに素材となった新着写真にフォトモザイクの中でまたすぐに再会できる。そんな邂逅もまた面白い。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第54作目は、アンダーテール (Undertale) から、トリエル (Toriel) です。 紫色の部分は桔梗など実際に紫の写真もありますが多くが青空という遠目で紫な部品。その部分で桜を背景としたミミッキュの回転写真が多数!約11100枚の中でまたすぐ再会できました。 pic.twitter.com/619QXQQgJf

2018-04-23 20:44:40
拡大

この頃にはポケモンのフォトモザイクでは対になるキャラ(3対や4対など含む)を集中的に対象とするようになっていた。色彩という観点から考えると、同じ進化系統は同系色だったりするので、これが検証するうえでよい方法なのかもしれない、と。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第55作目は、デンヂムシです。ほぼ全身緑のキャラを作成してみたく、白羽の矢を立たせていただきました。 森の中でのフィギュア野外撮影の機会は多く、期待通りまずまずの出来です。 56作目が先でしたが、昨日でなければ意味がなかったのでまあ固く考えずに。 pic.twitter.com/A5WQM61kGt

2018-04-28 15:22:27
拡大

投稿の順番を変えてでも時事ネタに対応していた

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第56作目は、グラブル(グランブルーファンタジー)から、ビィです。 元々下準備はしていましたが、私のポケモンキッズを被写体とした写真のみでグラブルのキャラを作る、投稿は任天堂とサイゲームスの業務提携が公になった今日しかないと、急遽作成しました。 pic.twitter.com/CHC3lNjSsV

2018-04-27 19:59:15
拡大

ポケモンとポケモン以外を交互投稿している関係上、飛び石での繋がりの方が重要なため、「前回」「次回」よりも「前々回」「次々回」との比較が多い。

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第57作目は、クワガノンです。 なるべく対(3対や4対含む)になるポケモンは関連付けて作成しようと、前々回のデンヂムシからの関連です。 色々と分析したいところですが、ちょっと体調を崩しておりまして、当投稿をもって「生存確認」の代わりとさせてください。 pic.twitter.com/GjvJn0SYvB

2018-05-02 19:49:49
拡大
kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第58作目は、Littlest Pet Shopから、Nutmeg Dashです。 薄茶色のキャラクターは今回が初でしょうか。とはいえ、薄茶色の写真は少なく、遠目で見えるよう調整されているに過ぎません。新たな視点:なるほど、あえて薄茶色である秋冬の芝生を背景にすることはないpic.twitter.com/phAGXzNaTF

2018-05-06 15:37:12
拡大

フォトモザイクで色が再現できず諦めたキャラクターも数多いるが、再現できた色であっても、そのものずばりな色をパーツとして使用できたものもあれば、異なる色をまばらに配置することで遠目に見ると別の色に見えるものもあった。
結局のところ、そのものずばりな色が再現できなければ、それはフィギュア野外撮影の写真に欠けた色彩

kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第59作目は、アゴジムシです。 白の部分があるので2分の1ずつずらす方法を今回も。 色彩面では、朱色は初ですかね。とはいえ、黄緑が混ざって遠目で朱色に見えるだけ。ここまでで、足りない色彩が、意外とたくさん可視化されて浮き彫りになってきていますね。 pic.twitter.com/lJAzdwrFmK

2018-05-08 19:09:51
拡大
kasadera@ポケモンキッズと旅する🎊12周年 @kasadera_flickr

#フィギュア野外撮影でフォトモザイク 第60作目は、ボンバーマンから、ルーイです。 蛍光緑のキャラは初ですが、どうも青空の写真ばかりになってしまい。自然物で蛍光緑はなかなかないですね…。 仙台、山形、新潟、台北…。尾の僅かな黒の部分に夜景が凝縮しているのも面白いものです。 pic.twitter.com/HfJ5vXTgRM

2018-05-12 17:00:19
拡大
残りを読む(66)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?