若手には過酷な論文集の出版事情~日本の学術出版のシステムとその問題~【更新一旦終了】

学術系出版物の編集者でもある、平林緑萌さんのツイートを中心に、博論をもとにした著作、論文集等の学術系書籍の出版事情について、まとめました。 <当まとめの項目一覧>  ・論文集の出版事情と「自費出版」  ・こうした学術出版の事情に対する反応 続きを読む
博士論文 論文 編集者 出版 助成金 自費出版 研究 研究者 学術 大学院
30
論文集の出版事情と「自費出版」

若手研究者が研究業績として評価が高い(とされる)論文集を出すには、のしかかってくる負担が重い!という話について、まず平林さんのお話から。

平林緑萌 @moegi_hira
個人の見解ですが、若手研究者の論文集出版に際し、「助成金か科研を取って来てください」「〇万出してください」「〇部買取で、印税なしです」という自費出版まがいの仕組みに嫌悪を抱いています。「博論を出版してお金がないのですが、何か仕事はないでしょうか」と言われたこと、何度もありますよ。
平林緑萌 @moegi_hira
@OdaTaketa そういうのを取らないと、買取や事実上の自費出版になるわけです。
平林緑萌 @moegi_hira
論文集、或いは論文という学術的成果は、多少なりともお金になってしかるべきだというのが個人の見解であり、研究をすればするほど貧乏になるというのは承服しがたい。これはなんとかすべく努力しますので、一揆的結合に加わってくださる方を探していく所存です。
平林緑萌 @moegi_hira
ある学術書編集者が書いた本でも、助成金を取る方法が詳述されており、著者に金を出させる方法について述べていないだけマシではあるものの、僕にとっては壁に叩きつけたあと踏みつけたいほど噴飯ものの本であった。
平林緑萌 @moegi_hira
まあ、この辺にしときます。あとは実際にやってみせるとします。
平林緑萌 @moegi_hira
@OdaTaketa 出版助成金を30万円取って、著者が20万円払って、献本のために数十冊買い取り、印税はなし。これが日本の学術出版の実態です。
平林緑萌 @moegi_hira
@OdaTaketa 分野にもよりますが、500刷ることは少ないようですね。
平林緑萌 @moegi_hira
@OdaTaketa あまりにも高く、あまりにも研究者や、研究者を目指す若者に負担を強いていると思います。

※さらに、若手が博論をもとにした論文集を出したい背景について、詳しく知りたい場合は、当まとめの
 ●「研究者が論文集を商業書籍で出す背景」の①・②
の項目を合わせてお読み下さい。


平林緑萌 @moegi_hira
@OdaTaketa 売るつもりもさほどないようです。
こうした学術出版の事情に対する反応('18.9.3、1:23追加更新)
zorotto@大サトー学会 @zorotto_BJ
@moegi_hira 深刻な問題ですよね。研究者の専門分野と講演料などまとめマネジメントする所を作って歴史研究家の売り出しをですね…
ようかん @youkan2010t
助成金なしで本が出せたらいいと思いますが、学術書の多くは、助成金なしで出すと、出版社にとって大きな赤字。では出さない方がいいかというと、助成金もらっても本を出すことに意義があると考えたいです。 twitter.com/moegi_hira/sta…
平林緑萌 @moegi_hira
普通は版元というのは印税を払うのです。某学術出版社が研究者から取っている金額を聞いて驚きましたが、その時点でもう赤字にはならないような金額なんですよ。そういう版元が、高尚な学術出版社の顔をしているのが個人的に気にくわないわけです。 twitter.com/youkan2010t/st…
ようかん @youkan2010t
@moegi_hira 助成金ではなく、著者持ち出しの時点で、自費出版ですね。ただ、学術書で印税が出るのは今やごくまれ。出版社は編集会議で通さない選択肢があるし、著者には持ち出しなら出さない選択肢がある。実際、世のほとんどの博論は本にならず、よってごく少数の人にしか読まれないのが現状です。
ひですと @hidesuto
@moegi_hira こういう事にこそ補助金が投入されるべき! 訳わからんイベントだの何だの、事後検証もされず、カスみたいな報告書出して終わりの悪循環になるなら、学問の成果に反映されるべき。
三宅香帆 @m3_myk
@moegi_hira 学術雑誌に論文を載せてもらう際にもお金が必要ですし、出版もそうという事実を最近知って驚いていたところです。研究にはそもそもお金がかかるし、研究をアウトプットするのにはもっとお金がかかるという構造を、もしえらくなれたら変えていきたいです…(その前に自分が生き延びなきゃですが💦)
平林緑萌 @moegi_hira
@m3_myk ともに変えていきましょう。一揆! 一揆!
三宅香帆 @m3_myk
@moegi_hira 一揆です!!!!!!!!!
英明企画編集 @eimei_kikaku
@moegi_hira たしかにこの状況は変えていかなくてはならないと考えています。会社として力をつけなくてはいけないとも思っております……。
残りを読む(163)

コメント

新橋九段/∃ @kudan9 2018年9月2日
厳しいのう……何十万も持ち出しするくらいなら同人誌みたいに自分で刷ったほうがもしかすると安上がりかも。そうすると業績にはならないんだけど。
かふぇ氷 @cafeseaside22 2018年9月2日
先生方に不足しているのは呉座ポーズではあるまいか
I-zy @digitaleazy 2018年9月2日
まったく素人見解だけど、そもそも紙媒体で出版する事の意義はなんなんじゃろか?
Hoshi@さらまんじぇ鍵島E05? @4hour_sky 2018年9月3日
もういっそ同人誌にしてコミケで頒布しちゃえよ。そっちの方が安上がりだろうし、負担も軽いじゃろ。とか考えてしまうのは、やはり暴論なんだろうか……?
ひろっぴ@鉄道記録屋(自称) @hiroppi1969 2018年9月3日
Webであっても同人誌であってもそれを「学術誌を執筆した」と認めてもらえない以上、出版するしかないのが一因なのでは?
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2018年9月8日
digitaleazy 学術業界では紙媒体で出版してこそ業績の候補になる、という慣習でしょうね。ちなみに理工系では自分の「業績」を(査読付き論文誌じゃなく自主出版で)本にしたら、「近寄らんどこ」ってなると思います。端的にいってトンデモさんの可能性が非常に高いからです。
I-zy @digitaleazy 2018年9月10日
Sukebenayarouda なるほどー…。そうすると価値ある論文を出版出来る程度の資金を出せるほどの団体がない、機能してない。もしくは紙媒体以外を実績と出来ない事が問題になってくるんですかね。 出版を試金石としちゃうと結局お金持ち以外は学んでも評価されなくなっちゃうしなぁ…
Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2018年9月10日
hiroppi1969 ある分野では「ISBN付きの書籍として出版した」事実が非常に業績としてウェイトが大きいのです。理・工学系で研究者の出版物といえば、基本的には大学教育用の教科書で研究業績よりは教育や社会貢献業績として加算されます。研究業績は論文ですね。ただし、この論文も電子媒体でも「出版料」あるいは「印刷料」として数万から十万程度必要です。形を変えた運営費です。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする