英語で日本史の記事読んでたら「オーサカ・サマー・キャンペーン」というのが出てきて何だろうと思ってたら…

すごいフレンドリー
156
せんぷうき @kentz1

英語記事を読んでいたら日本の歴史について「オーサカ・サマー・キャンペーン」というのが出てきて何だこのたこ焼きの販売促進みたいな単語?と首をひねっていたら突然「大阪夏の陣」のことだと理解して大笑いしました

2018-11-13 19:42:29
リンク Wikipedia Siege of Osaka The Siege of Osaka (大坂の役, Ōsaka no Eki, or, more commonly, 大坂の陣 Ōsaka no Jin) was a series of battles undertaken by the Tokugawa shogunate against the Toyotomi clan, and ending in that clan's destruction. Divided into two stages (Winter Campaign and Summe 69

※文中に「Summer Campaign」の記述あり

みんなの反応
あきつらB @akitsura_b

あー、そういう風に訳すのか・・・。

2018-11-14 03:00:33
ホフマン @Pickelhauben

キャンペーンは軍事用語では作戦行動を指すからなぁ。特に遠征や戦役みたいな場面でよく見かける。 twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-13 22:11:53
黒田長政 @tikuzennnokami

陣=キャンペーンなのか。 分からんでもないな。 twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-13 23:34:44
月草あやめ🍆 @slaveayame

あっなるほど、軍事作戦としてのcampaignか 普段あまり使わない意味だけどOxford English Dictionaryに拠ればこれが一番古くから存在する意味なんだよな、面白い>RT

2018-11-14 01:43:19
R.Sono the mnemoneko | 語呂にゃんさん @mona8schmona

Campaignのcampとは開けた野のことを指し、元は野戦を意味する軍事用語だったので大阪サマーキャンペーンの方が古い用法ですな。今の英語圏では政治用語にも使われますが、商業的には・・・ちょっと語気が荒い気がしますが日本語だと違和感ないっすね。#語源厨 dictionary.com/browse/campaign twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-13 22:16:31
リンク www.dictionary.com the definition of campaign Campaign definition at Dictionary.com, a free online dictionary with pronunciation, synonyms and translation. Look it up now! 1
ルートビア @Si6LVvidEmcC1sA

@kentz1 @murrhauser 吉本芸人が出てきてライブやるのかと(笑)

2018-11-13 22:56:41
戸塚秀樹 @hidefc2010

@kentz1 @yuuraku オーサカ・ウインター・キャンペーンもあるから要チェックですよ!

2018-11-13 22:44:02
明滅堂 @maymetz_do

@kentz1 「作戦」「戦役」の意味のcampaignなんですね。でも大阪人なら、陣中でもたこ焼き売って一儲けしそうなイメージあります。

2018-11-13 21:33:18
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki

そうそう、英語だと戦争や戦いのことをキャンペーンっていうんだよね。 ハプスブルク家の軍事史の本で歴代君主のやった戦争をまとめて「〇〇何世のキャンペーン」と書いてて戸惑った記憶。 twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-13 23:03:04
Naki @Naki10_writer

大阪のおばちゃん達がタイムセールで、争ってそう笑 twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-13 23:27:12
じょるじゅ𝄢低浮上𝄆𝄇 @FredPrevost2

これねー。しょうがないんですよ。笑えるけど。戦争での個々のバトルは英語では「キャンペーン」を使うからなんですけど。 でもこれ確かに日本人だと「なんやこれ」になるし、自分みたいに歴史と英語知ってても、「え?そう来るか?それは日本人に笑われるやろ?」って突っ込みたくなる。 twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-14 01:02:27
うなづ @unazuki1936

軍事博物館の説明もほとんどがキャンペーンと書かれてるので最初よく分からなかった(小並感)

2018-11-14 01:25:41
nicol @KakiRks1

ホントに⁈ホントにそう訳すわけ⁈ 漢字の威力伝わる? twitter.com/kentz1/status/…

2018-11-14 01:41:01

コメント

セバスチャン小林(裏) @Dongpo_Jushi_x 2018年11月14日
この「campaign」の用法は「大戦略」の初期マップ「island campaign」で覚えたな。
46
ehoba @htGOIW 2018年11月14日
最近はゲームのキャンペーンモードの方が耳にする機会は多いな
53
エメ @emeto000 2018年11月14日
戦争ならサマーウォーズである
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2018年11月14日
アメリカで日本の時代劇を字幕つきで見たことがあるけど、「ありがたき幸せ」が「Thank you very much.」、「解せんな」が「I don't understand.」、「何奴?」が「Who is it?」になっていて、なんかすごく面白かった。
55
@taiheyou 2018年11月14日
洋ゲーでキャンペーンってよく出てくるからなんとなく理解はしてた
10
昆布出汁 @kobu_dasi 2018年11月14日
大戦略かなんかでキャンペーンって言ってたからなんとなくうっすらと理解してた
8
えめ @eme_bs 2018年11月14日
祭っぽいw確かにひ
0
sho_Yal @YaltSho 2018年11月14日
確かに、よく考えたら、日本語の「陣」も陣地(=camp)の意味が拡大して戦争全体を表してるけど、campからcampaignも同じ流れだよね。
75
sho_Yal @YaltSho 2018年11月14日
Wikipediaの「Siege of Osaka」ってのもなかなか新鮮。直訳すれば「大阪包囲戦」。コンスタンティノープル包囲戦とか旅順攻囲戦みたいに西欧や近代以降の戦役ではちょいちょい出てくるけど、近世以前の日本史で使うとなんか新鮮。 「小田原攻め」も「Siege of Odawara」に、「比叡山の焼き討ち」も「Siege of Mount Hiei」になるのか。
44
ダメタマゴ @55_current 2018年11月14日
ヤマザキ・スプリング・フェスティバル
27
アロイジア @aloisia530 2018年11月14日
薩英戦争が「Anglo-Satsuma War」と訳されていたのを見たことがあります。
24
エリ・エリ・レマ・サンバディトゥナイ @mtoaki 2018年11月14日
55_current ヤマザキ・スプリング・ブレット・フェスティバル
34
みみつき @mimiduki 2018年11月14日
サービス「うんうん」ボランティア「知ってた」
4
マシン語P @mashingoP 2018年11月14日
上手い訳者はネイティブが見た時のイメージも考えるんだけど、それが出来るのはセンスある人だけだから仕方ないね。龍が如くの中文版タイトルは人中之龍。人中の呂布をもじったセンスあるタイトルなのに英語版はYakuza。
72
endersgame @endersgame3 2018年11月14日
キャンペーン版大戦略も勘違いされたたなあ。
1
瑞樹 @mizuki_windlow 2018年11月14日
ウィキペディアによると「大坂の陣」になると「Siege of Osaka」で「冬の陣」が「Winter Campaign」「夏の陣」が「Summer campaign」かぁ……意味としては「大坂の陣」が「大坂(城)包囲戦」くらいに意訳させて、「冬の陣」「夏の陣」は「冬期作戦」「夏期作戦」くらいに意訳されてるわけかな?歴史も英語もあまり得意じゃないけど……
4
ささみくん @3_3_me 2018年11月14日
grayengineer そこら辺は英語→日本語も似たようなもんだろ
0
あわじまさき @hijmsawaji 2018年11月14日
サツマ・リベリオンだと勝てる気がしない。
4
Naitoh @Naitoh10 2018年11月14日
eSportなんかと同じで、和製英語として広まってる単語がネイティブに利用されると意味が違うから違和感あり過ぎで困る
0
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 2018年11月14日
3_3_me たとえばシェイクスピアの引用(古英語)などは日本語に訳出するときに文語体にするなどの工夫をしている場合も多いですよ。
30
和菓子 @nkltsl2 2018年11月14日
mtoaki Oh, that's misspelled. Yamazaki Spring "Bread" Festival.
10
どんちゃん @Donbe 2018年11月14日
Joe-Q no run とか ONI'n no run とか Heihachirow the large solt no run とか
1
Simon_Sin @Simon_Sin 2018年11月14日
もともとは「戦役」の意味しかなかったんだけど戦後アメリカでは広告業界とかビジネス界トップに軍出身の人材が多く流れ込んできたので共通言語として軍事用語が流用されるようになったんだってさ
27
辻マリ@もなか&まさむね @tsujiml 2018年11月14日
言葉の意味は国を越えると微妙に変わる。さにわ覚えた(2号)
0
しの @_sieraden_ 2018年11月14日
るろうに剣心追憶編の北米版の字幕で、終盤に桂さんが、巴の件を剣心に向かって「すまなかった」と告げるのが「I'm wrong」と訳されていて、英語など高校レベルもおぼつかないのに、あまりのニュアンスの差にモヤッとした記憶が蘇った!
0
ポテコ @poteccco 2018年11月14日
mashingoP 文化の隔たりが大きいとは言え、日→英訳って著しく情緒を欠いたように感じてしまうことが多いよなぁ。吾輩は猫であるが I am a cat だったり。古い言葉が日常から死滅してしまってるのかね? 上の方で出てるような、時代劇のセリフをニュアンスそのままに自国の昔の言葉で翻訳するような言語圏てあるのかな。
5
かりあげチャーハン&M-Demon @Kariage_Chahan 2018年11月14日
逆に向こうの人にしたら、デパートのセールスキャンペーンが、軍事作戦行動に見えるかもしれんね。
0
あんみつ @anmitsu_314 2018年11月14日
poteccco 英語圏は「簡潔=パワーワード」な文化があるから情緒と択一になりがちなんじゃない?赤い風船で有名な『IT』とか、簡潔すぎて和訳するとどうしても情報増えちゃうし
11
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018年11月14日
陣中でたこ焼きは売りませんが、大坂城内で蕎麦屋があって(大雑把)、それが「砂場」の始まり。
0
また結婚したバツ3 @CAFE_XXX 2018年11月14日
明治維新の頃、海外の概念や物に、和名を付けた先人の努力とセンスに感服するわ。個人的には、「battery」を「電池」ってのにしたのが、好き。
10
なんもさん @nanmosan 2018年11月14日
たしかキャンペーンの元の意味が作戦行動で、それが転じて企業の積極的な宣伝活動も指すようになったみたいな感じですな。これ別に和製英語でもなんでもなく、英語で単にsummer campaignと言われたらまずは「夏の大売り出し」みたいな印象を持つ人が多いはずです。つまりは文脈で判断するしかない表現。
7
なんもさん @nanmosan 2018年11月14日
nanmosan そしてsummer campaignを普通に和訳すると「夏の大商戦」になるわけで、この日本語表現を発明した(おそらくは)明治の人のほうがキャンペーンの意味がちゃんとわかってたと思ったりするわけです。
6
Tadashi @tadashifx 2018年11月14日
たしゃからの乗り換えキャンペーン=自分が乗っている車両が壊れたら乗り換えてでも進軍する超電撃戦
0
(新)ぼくキャプ村ーN @sinbokukyapun 2018年11月14日
こんな事なら、オータムもスプリングもキャンペーンしとけば良かったな。オールシーズンキャンペーン!
0
ゆちゃん @yuchan_dx 2018年11月14日
攻城戦も英訳はsiege)。何にせよ、欧州と中国は中核都市は城塞都市だったので、攻囲戦≒攻城戦になるからどっちでも良いんだろうけど。 大阪 夏の攻囲戦、大阪 夏の攻城戦、う~ん、お好みはどちら?。
0
しろうと @sirouto 2018年11月14日
英語に古文がない訳じゃなくて、べつに古期英語だってあるけど、読める人が少ないから、現代英語に翻訳するんでしょう。たとえば、「thou」とか「thy」が「汝(の)」という意味で、聖書(の昔の訳)とかに出てきますが、こういう古語を多用されたら、(英語圏での)外国人が読めない。
15
冶金 @yakeen4510 2018年11月14日
CAFE_XXX 現代でもどんどんやっていかなきゃいけない作業なのに、カタカナの垂れ流し……。
0
冶金 @yakeen4510 2018年11月14日
要は「キャンペーン」が戦闘(戦争)関連にも使われる言葉だって知らなかったってだけのことでしょこれ。
2
おこそとのホモよろを @aiueo2341 2018年11月14日
ちなみにウィンターキャンペーンのほうが先。
3
はりあ~@ワルキュリア🌈 @TNaka2011 2018年11月14日
笑ったけど、確かにキャンペーンってそういう意味だったw
0
あでのい@17歳女子高生 @adenoi_today 2018年11月14日
なんかの時代劇映画の英語吹き替えで「秘伝書」がシークレットファイルになってた時はなんか笑った。
5
はりあ~@ワルキュリア🌈 @TNaka2011 2018年11月14日
TNaka2011 http://hermitage.main.jp/abc-040-campaign.html 言われてみると納得だけど、キャンプも元々は軍事用語から来てるのね
0
上野 良樹@C98 5/4月曜日南地区 "ハ "40b @letssaga3 2018年11月14日
戦争ゲームの「キャンペーンシナリオ」はそういう意味なのですね。
4
山中島の冒険者 @matter_ouo_ 2018年11月14日
広告でも~の陣は有るような。
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年11月14日
ヤクザ映画「おひけえなすって(how do you do)」
6
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年11月14日
RPGで「パーティを組む」だって最初(ファンタジアンの頃)は違和感あったろ。
7
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年11月14日
屋外にマダラ楽団。ホームズ「アイツらがマダラ・バンドかも知れない」(マダラ紐の謎より)
0
なんもさん @nanmosan 2018年11月14日
dragonchicken19 楽団っちゅーか集団ですねバンドは。マダラの群れ。
1
生きたい @dtdknopmh 2018年11月14日
ストラテジーゲームやってると出てくるっすね
0
arabiannightbreed @a_nightbreed 2018年11月14日
プリンス・オブ・ウェールズをウェールズの宮と訳している英和辞書を見つけてふふってなった。
1
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2018年11月14日
「Osaka Winter Campaign」で普通に大阪観光局が行なう冬の観光客誘致に向けたキャンペーンに見える不思議。逆に「JAバンクウィンターキャンペーン」だと「JAバンク冬の陣」なのかな?
0
赤馬🐴 @Aka_nma 2018年11月14日
天下分け目の合戦がまるで夏物バーゲンみたいに聞こえてしまうね
0
Metallis(へたれ) @c7R1S0tU 2018年11月14日
つまりキャンプというのは軍事由来の山中行軍と野営の訓練なんだな。軍事由来の行事がもてはやされる日本の右傾化が心配だ(棒)
3
jpnemp @jpnemp 2018年11月14日
既出だけど私も「キャンペーン」を軍事用語として聞いたのは大戦略が初めてだったなぁ。「キャンペーン版大戦略」だったか。最初は「何のキャンペーン(商業イベント的な意味で)なんだろう?」と思ったものだ。
2
ナイススティック @nicestickmilky 2018年11月14日
ゲームでは何の違和感もなく受け入れてたのに身近な歴史に当てはめられると途端に半期に一度のクリアランス感…
4
夢浦忍 @Y_SINOBU 2018年11月14日
キャンペーンの意味は知らなかったけど、日本史で「オーサカサマー」だったら大坂夏の陣くらいしか相当する奴ないんじゃ?
0
リュウセツ @ryuse2_t 2018年11月14日
Google翻訳で「大阪夏の陣」を英訳したら「Osaka summer camp」って出たw
0
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2018年11月15日
戦場で大売出しする……きり丸呼んでこなきゃ(忍たま脳)
1
mikumiku_aloha @mikumiku_aloha 2018年11月15日
ストラテジー(戦略)、オペレーション(作戦)とかも軍事でも使う言葉でビジネス用語というわけでは無いわけで。
0
zfax_4 @lolox0109 2018年11月15日
最近ニンジャスレイヤーにはまったので、この程度の「ちょっと妙な英訳語(もしくは和訳語)」 がどこから珍妙でどこからアリなのかわからなくなりつつある(病気)
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2018年11月15日
試しにグーグルさんに聞いてみたら「Osaka summer camp」て言うたはった
1
たくゎだ。 @tak_wada 2018年11月15日
キャンペーン版大戦略Ⅱは一連のマップを順に攻略してくゲームだったのでキャンペーンとは遠征の事だと思っていた。今まで。
2
ザクあき @zaku_aki 2018年11月15日
何かっちゅーとたこ焼きたこ焼きて、 大阪バカにしとんのか。 お好み焼きかてあるわ。
1
稙田惟純 @ohgakorezumi 2018年11月15日
ヒョウ柄と紫の陣羽織着た大阪のおばちゃん達が統制のとれた動きで徳川本陣に殺到する。旗印に書かれた文字はバーゲン。前日、おばちゃん達が民間人に扮して徳川軍に配られたアメちゃんには毒が入っていたのだ。身動き取れない各陣を尻目に、全軍がビニール傘を腰だめに構えて突進、チリチリパーマをかけたおばちゃんが家康の首級を挙げると、ウェーブをかけたおばちゃんは家康の兜を奪い取る。ベリーショートのおばちゃんは刀と左の脚絆を奪い取り、その光景はさながらタイムセールの如しであった。みたいなドラマがありそう。
1
NAL / ナルサワトモアキ @wastedays 2018年11月15日
Simon_Sin ChiefなんたらOfficerみたいな役職のネーミングが普及したのもそういう流れですか。
0
有村悠@C97 12/29(日) 西P-08b @lp_announce 2018年11月15日
第二次世界大戦でも太平洋戦争がPacific Campaign(s)、ソロモン諸島の一連の戦いがSolomon Campaignだったり
0
豚に真鍮 @kn_cor_0713 2018年11月15日
手嶋NY支局長が活躍していた同時多発テロの頃、ブッシュ大統領が”campaign”を連呼してましたな。
0
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2018年11月15日
zaku_aki お好み焼きは内乱が起こり兼ねない。広島軍とか。
0
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2018年11月15日
短期間の純軍事的な作戦行動なら、どちらかの陣営の「オペレーション」でコードネームで戦いを示したり、するが、焦点となる都市などを中心に、やや長めだったり、政戦略レベルのあれこれも絡むと「キャンペーン」が使われ、史書を日本語に訳す時には「戦役」という訳語が普通は当てられる。
1
ソフトヒッター99@ナードな4つ目 @softhitter99 2018年11月15日
しかしだ……字面だけ見て「大阪・夏のボーナス期・大売出しーーー!!!」だと思った人。怒らないから手をあげななさーい。
0
ドラゴンチキン @dragonchicken19 2018年11月15日
lp_announce そう言えばミリヲタ兄が「イギリスって苦戦してた割に太平洋劇場とかナメてたんだよな」とか昔言っていたが、pacific theaterの直訳では無かったか。(theaterには現場、戦域の意味も)
1
ぐるり @gururi 2018年11月16日
キャンペーンはD&Dで覚えた(・ω・)
0
Hoehoe @baisetusai 2018年11月19日
バンド・オブ・マダラ・ブラザーズ。やはり、うちはマダラか?
0
Z buffer @Zbuffer2 2019年3月10日
Naitoh10 eSportは和製英語じゃないんだけど
0