270
e i k i @Noir_e5
紙とペンだけでオセロをやるにはどうすればいいのか、というのを講義中に考えてたんですけど、 『正の字を使って偶数と奇数で分ければ良いのでは』 という結論に至り、友人と実験してみたらめちゃくちゃ楽しかったです。なんなら普通のオセロより楽しい。 マジで手軽だからオススメしたい! pic.twitter.com/JN3Ngzr6nF
 拡大
 拡大
どういうこと?
通りすがりの甘党 @ama10noIori
@Noir_e5 @soramamedanuki すみません!!どうゆうことですか? 気になったので教えてください!!
e i k i @Noir_e5
@ama10noIori すみません、今すぐに図をご用意できないため文面のみの説明となりますが 普通のオセロの『白・黒』を『偶数・奇数』に置き換えた、と考えてください。 この場合、『偶数を奇数で挟んで裏返す』ときは『裏返される偶数に1を足す』という動作を行います。 そうすると挟まれた偶数は奇数になります。
e i k i @Noir_e5
@ama10noIori この『偶数・奇数』を『正』の字を使って表します。つまり、『一』が裏返された場合『丁』のような形になります。 文章が下手なもので伝わりにくかったら申し訳ないです、、、。 今は出先なので、帰宅したら図と共に解説を載せようと考えています。それまでしばらくお待ち頂けると幸いです。
通りすがりの甘党 @ama10noIori
@Noir_e5 ご丁寧にありがとうございます! お手数お掛けしてすみません!! およそ理解出来ました!! 最初は 一・丁 丁・一 みたいになってるんですかね?
e i k i @Noir_e5
@ama10noIori そういうことです! ご理解頂けたようで何よりです☺️
e i k i @Noir_e5
今更ですがルール説明をしておきます。 【ルール説明】 今回は『奇数』を先攻とする ①最初はこんな感じ(適当) ②先攻の『奇数』を4fに置いた場合、4eの『偶数』に線を1本足して『奇数』にする。これがオセロでいう『裏返り』である。 ③3fに偶数を置く。4eは裏返り、『偶数』となる。 pic.twitter.com/2d9iumPI5e
 拡大
 拡大
 拡大
みんなの反応
黒柳 凪 @kuroyagi_t
これ考えた人すごい…(꒪ཫ꒪; )
ボードゲーム研究助手 @AltesCoar
@Noir_e5 何か新しいゲームに発展させることが出来るかもしれませんね。
厄袋@シロ組さん @YlrH15PMBMna2E3
@Noir_e5 これ、正の画数で何処が取りやすくて、何処が取られにくいから確保するべきかを視覚化できるから初心者のオセロ訓練になりそう。
e i k i @Noir_e5
@YlrH15PMBMna2E3 確かに、おおよその裏返った回数が可視化されるというのは便利ですね。是非プロの方などに解説してもらいながらプレイして欲しいです😶
‡hamu太郎‡ @hamu_games12
@Noir_e5 割と圧勝してて草(そうじゃない)
わろみん @waromina
@Noir_e5 これじゃ、白黒はっきりしないね
よしもつafter-NEXT @yoshimotsu_next
@Noir_e5 どうも、通りすがりの者です。 盤面の流れがより視覚化されて、どこを取り合ったかが回数で現れてより画期的なオセロだと思いました。 その発想に脱帽です...
アイデア広がる
EGUCHI Osamu @eguchi3
@Noir_e5 @_xckb なれないうちは /奇数 ✕偶数 でやるのもいいかも。戦場の分布が可視化でき遷移も動的に可視化されるので、戦略戦術の分析が無意識になされるんじゃないかと。
もしし @3kissyLucky
@Noir_e5 @hors_field 一目で偶数奇数が分かりにくいような気がするので、正を横に二つ並べて縦に下ろしてくような形で、右のが多い時は奇数、左右の正が同じ数なら偶数としたら分かりやすいような気がするけどどうだろうか
e i k i @Noir_e5
@3kissyLucky リプライありがとうございます! そうですね、様々な工夫が出来ると思います。引用RTで『/』と『X』を使うという案も出ていたので、このツイートを起点として皆様に色々な遊び方を考えて頂けると嬉しいです🙂
にゃりん @Rief_tama
@Noir_e5 @mugi_the_world こんな事を思いつくなんて、よっぽど天才なのか、よっぽど講義が退屈だったのかどちらだろう…
マグネットオセロ

メガハウス(MegaHouse)

残りを読む(2)

コメント

dos @just0300 2019年5月25日
できるけど、ぱっと見で分かりにくいのが難点ではある
髭 総理 (Hige Sorry) @PMBeard 2019年5月25日
消しゴムも必要なようじゃのう
おつらら @otsuraraa 2019年5月25日
よし、5回返したら裏返らないルールにしよう(先手)
さどはらめぐる @M__Sadohara 2019年5月25日
先手番が縦線、後手番が横線を書いていけば、外周部など白黒反転が少ない場所はそのまま線の数で判定する。4手以上変化するであろう中央部は縦線横線で囲まれた□のマス目の数が縦横同じなら白の陣地、そうでないなら黒の陣地になる。とりあえず子供のころは、こうしてた。つか、正の字は5画なんでハンパが出たときに直感的に白黒どっちの陣地かわからんでしょ
仁村涼輔/王羅(OH-RA) @aeroblade1012 2019年5月25日
あくまで「限られたリソースで同等のルール(ゲーム性)を再現する」のが第一だろうから、オリジナルと同じスピードや効率性を後回しにしても、この発想に至る柔軟さは羨ましいな
げんじーにょ @guendhinho 2019年5月25日
消す必要がないってのがポイントよな
ざの人(togetter用垢) @zairo2016 2019年5月25日
紙とペンだけでやるリバーシーゲームか、やれなくはないけど、やっぱ判定が(笑
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2019年5月25日
書き損なって第三勢力が出現しそう
泥水 @doromizu_inoko 2019年5月25日
正の字を見るとエロい発想しかできなくなったので真ん中4マスは淫乱
てす子 @momimomitest 2019年5月25日
パッと見でわからんのが逆に事故発生で勝負荒れたりみたいな要素でてそれはそれでみたいなのになったりするだろうか
平家八草@C96-土曜日 西い-02a 九番目の星はここにある @kawaikunai_mono 2019年5月25日
二色のペンがあると分かりやすいかも。奇数が黒、偶数が赤みたいな感じで
渚稜 @nagisaryou 2019年5月25日
スペース的なものも考慮に入れたらVの字を縦に重ねていくスタイルが一番効率いいかも。\ V みたいな感じで一本ずつ書き足す。
FX-702P @fx702p 2019年5月25日
素数クラスタがアップを始めそう。
nnouse @nnouse 2019年5月25日
直接数字を書き足す方法でいいんじゃないか 0→01→010→0101
吉田D @Yoshida2014 2019年5月25日
白黒でやると白側の手間がひどいことになるからこれは素晴らしいw
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2019年5月25日
nagisaryou たとえば「V」ひとつになるとどっちの状態かわからなくなるので、その方法を取るなら二本ずつ書き足す必要がある
らてーる @tenta325 2019年5月25日
画数分だけポイントが入るシステムにすれば面白そう 偶数側は取ったマスの数だけマイナスしないといけないの面倒くさいけど
ジョージ2世 @GEORGE221 2019年5月25日
縦横斜めのどのマスに線を書き足してどのマスに書き足さないかの判断が、ゲームが進むと超難しくなる。Vや01の方が奇数偶数が分かりやすそうだ。
しろの @zoshirono 2019年5月25日
おもしろいねこれ。ひっくり返した回数がわかることで、〇回ひっくり返されたら周囲を巻き込むとか新しいルールを付与してより複雑なゲームにできそう
nnouse @nnouse 2019年5月25日
albireo_B 横から /とVでやれば解決
さろげーと @surrogatepair 2019年5月25日
albireo_B 何もないマスには先攻は「/」、後攻は「V」。すでに書かれているマスには両者とも一本ずつ線を書けばok(元ツイと同じ偶奇性の考え方です)
さろげーと @surrogatepair 2019年5月25日
あるいはΦのほうが視認性が高いかも。先攻はO、後攻は|(何もないマスにはΦ)を書けば成立するはず
さろげーと @surrogatepair 2019年5月25日
よく考えたら単なる偶奇性じゃなくて「0、正の奇数、正の偶数」の3種類で成立してるのな
mikunitmr @mikunitmr 2019年5月25日
10回以上ひっくり返ったらもう入り切らないな
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2019年5月25日
surrogatepair それだとわかりやすいのは最初だけで、ひっくり返りはじめると正の字で書くのとほとんど変わらないですね…
こねこのゆっきー @vicy 2019年5月25日
mikunitmr 一箇所だけ狙い撃ちして返しまくっても12回が限界だからまず問題ないだろ
nnouse @nnouse 2019年5月25日
マスに対角線を一本引いて、左に点を打ったら白、右は黒。点の多い方がマスの色、とすれば書き換え回数は大幅に増える。点を数えるのが大変だけど!
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2019年5月25日
ひっくり返る回数には上限があるので、それが12回ならマスの中を3x4の小マスに区切って書く順番を決めておき小マスの中に順次〇●とか〇×を書き足す、一番最後に書いてあるものが有効。というベタな方法が一番ましなのかも
ふれーりあ @_dmp 2019年5月25日
これ、むしろオセロの大会ログとかをこの方式で取り込むことで盤面の使い方が可視化されるとかできそう。腕前によってどの範囲を平均どれくらいひっくり返すとか
アルビレオ@炙りカルビ @albireo_B 2019年5月25日
最初は真ん中に小さく〇と●で書いて、ひっくり返しは黒になったら単に塗りつぶす、白にするにはその●を縁取りするように囲む、とすれば縁の有無で区別できるので視認性はなかりいい。でもマスの大きさにもよるけど5~6回ぐらいで限界かもしれない。(実用上はそれくらいで十分?)
VitzRsTurbo @VitzRsTurbo 2019年5月25日
これ、オセロに時間経過という概念が発生した瞬間では?
伍長 @gotyou_H 2019年5月25日
このマスは何回ひっくり返った的な分析もできる
o’rihiqua @orihiqua 2019年5月25日
なるほど、これなら紙と鉛筆でオセロゲームができてしまうね👍
瑞樹 @mizuki_windlow 2019年5月25日
正の字の棒の数を点数にしたら、オセロとは全く違うゲーム性が出てきそうだね……
nesus-B @NesusB 2019年5月25日
ブロックスも紙とペンで出来るな。 コピー機があればあまり支障なく普通に遊べちゃう。
fm_aar @fm_aar 2019年5月25日
(五目並べやればよくね?)
saku @sakuuuuuuune 2019年5月25日
最初は真ん中に書いてたの、途中から一個じゃ足りなくなることに気づいて、周りの方はかなりスペースを空けて書いてるところがかわいい
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2019年5月25日
内政チートで紙オセロが流行るのかな?(紙と墨の消費量を上げる為)
田中一郎 @eggmanpat 2019年5月25日
やはりわかりにくい。 紙とペンしかないときは五目並べをやってしまう。
よしなに @eat_eggs 2019年5月25日
正の字は十進数に特化した数え方だから、 上でも出てたけどVの字で「VVV\」と表した方が、 いいと思う。
ICHIKAWA Kento(おにぎり) @kentosho 2019年5月25日
井の字など偶数画の文字を使った方がぱっと見分かり易いかも
朝倉梗概 @asakura_outline 2019年5月25日
紙とペンで出来る、紙ゲーではある。
KAMON @KAMON_Yammani 2019年5月25日
実は、コンピューターのオセロゲームでは内部的にこういう処理になっていて、実は車輪の再発明だった、みたいなことはあるのだろうか。
紅鮭٩( 'ω' ) @syakesyakena 2019年5月25日
なるほど(理解してない)
Sir John FUKUCHI 颶響庵 @Barbirolli 2019年5月26日
コレは、今度やってみよう。 ひとマスは10×10㎜程度あればOKだろう。
ほう @xx_llux 2019年5月26日
全然関係ないけどオセラーの人は頭の中に盤面を描いて頭の中だけでオセロできるらしいね 凡人にもこれならオセロ盤がない状況でもできる
からあげ味 @karamiage 2019年5月26日
発見にテンション上がっちゃってるだけでオセロ以上に面白いとは思えない。終了図は少し面白いけど一回見たらじゅうぶん
LCO @f_lco 2019年5月26日
/とXでやれば奇数か偶数かの判別は苦労しなさそうだ
messie☆ @fairymessie 2019年5月26日
フリクションボールペン使うんだと思ったのに!
LCO @f_lco 2019年5月26日
既に指摘があるように「マスの反転回数」という時間(ログ)の要素が盤上に現れているので コレを使って何か特殊ルールをねじ込めれば通常のオセロと違ったゲーム戦略が成立しそうな気がする
ネナシグサ @TeaAndG 2019年5月26日
偶数側と奇数側でペンの色を黒と赤みたいに変えるだけでもわかりやすくなるな。…追加ルールで4回ひっくり返したらそれ以上そのマスは反転出来ないとか加えてみたら全く別のゲームになりそう
I-zy @digitaleazy 2019年5月26日
この手のは内輪が盛り上がってる時はとっても楽しい。絵しりとりに始まり、3次元○×とか盛り上がるぞっ
Mill=O=Wisp @millowisp 2019年5月26日
2文字目にいくことを思うと、画数も偶数の文字を選定したいものだが
しろうと @sirouto 2019年5月26日
アイディアは面白いけど、じつは二次元のUIすら必須ではない。たとえば、将棋(やチェス)には「棋譜」があって、「▲7六歩△3四歩……」といった、一次元の記述だけでもゲームは成立する。将棋の有段者(高段)は、棋譜から盤面を想像して、盤なしでも指せるから。さらにこれを、ボードゲームに限定せず考えると、「小説」というのは、一次元の記述から、多次元的世界を再構築する、ある種のゲームの棋譜だ、という解釈すら可能かもしれない。
○○もへじ @marumarumoheji 2019年5月26日
ペンの色変えていいなら縦線一本で、ダメなら既に指摘あるけど二画の何かのが分かりやすい。
ア・ソコ @yochie0891 2019年5月26日
ペンの色変えて1本ずつ足して行くじゃあかんのか?
さろげーと @surrogatepair 2019年5月26日
sirouto どちらかといえば将棋より囲碁に近いのかな。置くものが1種類で移動の概念もないので、淡々と座標だけを書けば成立しますし。
さろげーと @surrogatepair 2019年5月26日
surrogatepair ちなみに実際の囲碁の棋譜は2次元の升目に記していく形式なのですが、石を取った跡地に新たな石を置いた際には欄外注記となることを考えると、石を取る概念が存在せず64手以内に確実に勝負がつくオセロこそ2次元のUIがぴったりであるとも考えられますね。
エテメンアンキ @ws54red76rf8778 2019年5月28日
nagisaryouこの人の方が頭いいじゃん パット見で黒なのか白なのかもわかりやすい
エテメンアンキ @ws54red76rf8778 2019年5月28日
albireo_B Vひとつなら偶数じゃん 馬鹿か?
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2019年5月29日
もともとオセロを考案した方も、入院中の暇つぶしに奥さん相手に五目並べでもやろうと思ったけど奥さんがルールわからないから同じ碁石を使ってもっと簡単なゲームをって考えたところかららしいよね
きゃっつ(Kats)⊿6/23欅坂京都個握 @grayengineer 2019年5月29日
見た目わかりやすくする方法は、○と●を使い、○をひっくり返すときはそれを塗りつぶして●にし、●がひっくり返るときは新たに○を追加する、というのが考えられます。こうすると、全部●のマスは●で、○が入っているマスは(過去の●の個数に関係なく)○と読めるので、わかりやすくなります
たくゎだ。(神戸) @tak_wada 2019年5月29日
でもせっかくなので途中経過も表現したいと言う欲が
ひょろ @ihyoro 2019年5月29日
紙とペンしかなくても、紙をちぎって「石」を作れば普通にオセロできると思った。
遠藤卓司@東京 @takujiendo 2019年5月31日
これは面白い。何か新しいゲームができそう。
蜂々 @djLuoVP6Eneag4V 2019年5月31日
消す必要がないのであれば、先手と後手で青と赤みたいに書き分けさえすれば多少視覚的にわかりやすくはなるかな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする