カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
306
ガナドウ @gana_dou
大喜利選手権開催してます、商品に画像もありますので参加お願いします twitter.com/gana_dou/statu…
語源
ダンボール神話 @card_board1909
@gana_dou 服織部(はた おり べ)の略形が服部なので、むしろ 服 はっ とり 部 読まない 辺りが妥当ではないでしょうか。
みく@2出国 @miku_arasick
@gana_dou はとりべという官職だったからですよね!日本史で習いました✨ もっとそういう面白いことを教えてくれればいいのにとつくづく思います。
服部と部田と安心院と院内
レフェリーマサ@7.20道場マッチ @mogasawara1975
@gana_dou マンション向かいの人 部田さん とりた、と読みます
るるるーとくん☆ @anhime_10
@gana_dou 部田 とかいて とりた と読む名字の方を知っています あたりまえに 服 はっ 部 とり だと思ってました
オズニック@多機種Enjoy勢 @BEGINNE60729188
@gana_dou @isa0067 九州の地名に「安心院」と書いて「あじむ」と読むのに、 その北の地名は「院内」と書いて「いんない」って読む所もある。
伊達の読み「だて」と「いだて」に見る黙字
Halowand @halowand
@gana_dou @Ritsu_enshu314 「伊達」も 伊……読まない 達……だて だよ。
わしお @washicomp
@halowand @gana_dou @Ritsu_enshu314 「伊達」は、 「だて」と読む場合「伊」は黙字です。 でも「いだて」と読む場合もあります。 (あの伊達政宗も、「いだて」と名乗っていた形跡があります) areamark.jp/blog/saito/201…
リンク 小さなギモン調べてみました! 3 「伊達」は「だて」ではない?! 今年、平成29年は、伊達政宗公生誕450周年ということで、色々とイベントもあるようですが、今回は、私的な視点で、「伊達」ネタをご紹介します。 ------------------------ 先日、ひょんなことから、「要説 宮城の郷土史」と...
他にも「こんな漢字があるよ」の例ぞくぞく
pintu_darurat @langsung_ke
@gana_dou @yamashita99 掃部 掃…かもん 部…読まない 律令制下の官職名に多い感じが
ゆうや @yf_iiii
@gana_dou 長野県には大豆島と書いて 大…読まない 豆島…まめじま という地名があります( ◜ω◝ )
嫦娥 @jougahongetsu
@gana_dou 百舌鳥は3文字でもず、東海林も3文字でしょうじ(「とうかいりん」と言う地域もあり)
もっくもく♀ @somkumonokatati
@gana_dou 『金武』 金 きん 武 読まない と一緒ですね!
とな @tonax_0
@gana_dou 鹿児島にも片方読まない地名あるんだけどな…なんだったっけ
ぼる@小惑星ヌンベチマン @syowakusei_vol
@ano_Tsan @gana_dou 頴娃(えい)ではないでしょうか、 千鳥の相席食堂で取り上げられてましたよ
残りを読む(10)

コメント

(あ) @MutsuniNaruBeam 2019年6月15日
宇宙と書いて「そら」と読んだり、強敵と書いて「とも」と読むのもこの仲間かな?
個人の感想です @Charlie3_y 2019年6月15日
小鳥遊(たかなし)さんとか、四月一日(わたぬき)さんとか、七五三(しめ)さんとかはどうなんじゃろ。
ラヌ @25ranai 2019年6月15日
知らなかった!けど別に服(はっ)部(とり)とは思ってなかった
永遠の初見さん @Eternal_NewMan 2019年6月15日
飛鳥は、「あ・すか」、でもなく、「あす・か」、でもない。「飛鳥」で「あすか」である。
denev @_denev_ 2019年6月15日
Ghoti Gh(ふ)o(ぃ)ti(っしゅ)
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2019年6月15日
五右衛門の右衛がウヱ→ウェ→ヱ→エとなっていったようなものじゃないかな?元々ゴウヱモンと。
本坊ゆう @homboyu 2019年6月15日
kusamura_eisei 伊右衛門は"i/w/e/mon"だからこれらの例とはまた別個の話だよね。
kusano @t_kusano 2019年6月15日
黙字っていうんだねえ。勉強になったよ。
妙琴@6th福岡初日現地 @kapibarap 2019年6月15日
百舌と書いて「もず」と読むから「百舌鳥」だと鳥が黙字?
にゃるらっとほてっぷ @nyalrathottep 2019年6月15日
元々音でしかなかった固有名詞にあとから漢字を当てたりすると、漢字三文字読み二文字になるのかね
やって後悔よりやらない選択 @Negative_IsGood 2019年6月15日
♪納得できない 気持ちもよくわかる<黙字 #ユニコーン
エツェ子 @beastlyelder 2019年6月15日
ウェールズ語はイミフだからやめろ
義明_雑談用 @yoshiaki_idol 2019年6月15日
名古屋で「服部」というと服じゃなく家具屋の方を思い浮かべる人が多い
不具合さん @tunagaranaisup 2019年6月15日
安心院の読みに対して安養院がめっちゃ普通なのなんでなんすかね
なりなりなりこ @narikonari1 2019年6月15日
香具師(やし)思い出したぜ これも消えた2ch語…
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2019年6月15日
まとめ内に「大豆島(まめじま)」って地名が挙げられてますが、神奈川には「大豆戸(まめど)」、奈良には「大豆山(まめやま)」って地名がありますね。割とよくある黙字なのかも。
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2019年6月15日
大阪には「大豆塚(まめづか)」、千葉には「大豆谷(まめざく)」があるらしい。
biyotoma @biyotoma 2019年6月15日
伊右衛門って、発音だと「iwemon」で、表記だと「右」が存在感ないだけだと思っていた次第…。
水月(みづき) @moonofwater 2019年6月15日
確かドイツ語は最初のHだけ読まないんだっけ?
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2019年6月15日
「はっとりだよ」が「ズッ友だよ」のイントネーションで再生されてしまう。
聖夜 @say_ya 2019年6月15日
尾張一宮の真清田神社には摂社に服織(はとり)神社というのがありまして、一宮七夕まつりの由来となってます
聖夜 @say_ya 2019年6月15日
ちなみに和泉は「やまとのいずみ」飛鳥は「とぶとりのあすか」が正しい訓です
あい @kanadeeye11 2019年6月15日
なんで、みんなそんな博識なの?!
kacchi8345 @kacchi8345 2019年6月15日
一字短縮の読み方は明治時代より前にあった地名や役職が多いな。
あらたか @ara_taka_yama 2019年6月15日
「マメ」といえば往々にして大豆を示すので(例:豆まき)大豆をマメと読む地名が存在すると聞いたことがありますね。そう考えると黙字というよりは熟字訓の方が近そう。
のなめ/鈴木耀P @CodeName_NoName 2019年6月15日
「knight」の「k」とかみたいに読まない文字って、他の人も呟いてるけど世界中にあるのね
どろろん @dorororororon 2019年6月15日
これ、今日って時は今が「きょ」なんだぜって言ってることと同じアホネタでしょ?
スグモドル @tktogs1972 2019年6月15日
めっちゃ勉強になった…
ST_009 @ST_565 2019年6月16日
Charlie3_y 小鳥遊は和歌山に実在、小鳥遊は小鳥たちの天敵である鷹がいないことからその名字が出来たらしい。
ST_009 @ST_565 2019年6月16日
当て字と黙字・・・ややこしいなぁ。
ST_009 @ST_565 2019年6月16日
ツイッター内に1人、博識でもなんでもないやつがおるね
rambda @rambda2 2019年6月16日
say_ya あすかどこから出てきたの?
rambda @rambda2 2019年6月16日
tunagaranaisup 親しみやすいように「あんしんいんさん」って呼んでもいいよ。
バグバグ @bagwell555 2019年6月16日
浜木綿子の読み方もそれっぽい。
ヤバンテJr. @yavanteJr 2019年6月16日
rambda2 明日香(アスカ)という地名が先にあって、枕詞をつけて”飛ぶ鳥の"明日香の里と呼ばれるようになって、"飛鳥の"といえばアスカ!になって、略して飛鳥(アスカ)。竹取翁の話では飛鳥飛鳥壮(とぶとりのあすかをとこ)というややこしいやつが出てくる
あらたか @ara_taka_yama 2019年6月16日
枕詞系統の由来の読みだと「日の下の草香」(=日下(くさか))とか「春の日の滓鹿」(=春日(かすが))、「長谷(ながたに)の初瀬」(=長谷(はせ))もありますよね。特に日下は、本文の「服部」→「部田(とりた)」と同様に「白日(しらくさ)」のような熟字訓を強引に割り振った派生もあって面白いです。
らくしぃ @x891rksy 2019年6月16日
大豆だと日本語で唯一ミュの音を使う大豆生田(おおまみゅうだ)という名字があるが読み方のバリエーションが異常に多い
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年6月16日
ST_565 正確に言うと、「高梨」姓から派生して、「たかなし」という読みに言葉遊び的に別の漢字を当てはめたのが「小鳥遊」姓ということなので、これは二重の意味で当て字であるとも言えますね。
裏もじぇ @ura_moje 2019年6月16日
部田さんは初見だと絶対ブタさんって呼んじゃうな
花咲正直(鬼退寺桃太郎) @hanasakimasanao 2019年6月16日
古代のころは発音してたけど中世には黙音になってたとかあるのかねえ(*´・ω・)
IJN(コーラス:ヤング・フレッシュ) @JapanNavy_Blue 2019年6月16日
母方の旧姓が「和泉」なんだけどこれは初めて聞いた
安梅森郁 @amnemonic 2019年6月16日
小宇宙(こすも)も五十年後くらいにこうやって語られて欲しい。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2019年6月16日
恥ずかしながら、黙字という存在自体を知らなかった。勉強になる。すげえ。云われてみれば、海外だとknifeのkを読まないアレか。
ろんどん @lawtomol 2019年6月16日
旧国名の「上野(こうづけ)」「下野(しもつけ)」もともとは一つの国で「毛野(けの)国」だったのが、二つに分かれて「上つ毛野(こうつけの)」「下つ毛野(しもつけの)」になり(「つ」は「の」の意味)やがて「毛」が取れた(栃木・群馬を走る電車「両毛線」などに残ってる)
ろんどん @lawtomol 2019年6月16日
上野・下野、表記は「毛」がなくなり「野」が残ったのに、発音は「け」は残り、「の」がなくなったのは何故か、興味深く思われます
ST_009 @ST_565 2019年6月16日
Inuchawan いや、当て字ではないよちゃんとした漢字だよ。
ちこたん @chiko_tam 2019年6月16日
黙字って、英語でもknifeのkみたいなのがあるよね。
つぁとる@黄カブのり @satoru0209 2019年6月16日
百舌鳥(もず) 数合ってないし当て字にもなってないし最初ふざけんなと思いましたよw
m.t @Ellfas3 2019年6月16日
和泉は律令制国の和泉国がかつて泉国だったのを「国名は二字にする」というお達しで上に和を(読みは変えずに)冠したのでそれが由来、なのかな?
ろんどん @lawtomol 2019年6月16日
英語の島 "island" の "s" は、もともと発音も表記もしてなかったのに、いつの間にか紛れ込んだとか聞いた
nusisuni @nusisuni 2019年6月16日
大…(おお)和…やまと 近…(ちかつ)江…おうみ
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2019年6月16日
せやかて工藤。犯人は黙字を続けてるんや。どないせいっちゅうねん。
グリーンデジャヴ丸 @Information_aka 2019年6月16日
日下部とかも日ってくさって読まないし黙字とかなのかな? それとも自分が知らないだけでそう読むのか…?
ゆきやけ @yukiyake_ 2019年6月16日
Information_aka 日下で調べると由来がわかるみたいですよ
@koh1017 2019年6月16日
金武の武は「む(m)」だから「きん」の「ん(n)」と一緒になっちゃったパターン(ので「読まない」とはちょっと違う)かと思ってんだけたど、どうなんだろう。
かつま大佐(対象年齢10歳) @kamiomutsu 2019年6月16日
元々読みがあったのが失われていった黙字と、英語にありがちなスペルの水増しとしか思えない字(gh)とは言語学的にも異なる存在なのだろうか。
しぇりりん(平成ジャンプ無限大組) @m_sheririn 2019年6月16日
bagwell555 浜木綿で「はまゆう」なのでどこで切るか悩んでたけどもしかして名字無しで「はまゆうこ」なのかな…
らくしぃ @x891rksy 2019年6月16日
koh1017 喜屋武(きゃん)って名字もありますしそちらのほうがしっくりきますねー
バーフバリ兵 @Kannchen00 2019年6月16日
紀伊の国は黙字だった伊を発音するようになった例かな?
エレキたん @ElekiTan 2019年6月16日
Kannchen00 今日では俗説とされるようですが、小学校時代には関西弁で目を「めえ」手を「てえ」という伝と教わりました。
しょーた @shota243 2019年6月16日
西院は阪急だと「さいいん」だけど嵐電だと「さい」。その上付近には「佐井通」も通ってる。さて、西院を「さい」と読むのは熟字訓的なものなのか院を読んでいないのか。
しょーた @shota243 2019年6月16日
m_sheririn 木綿で「ゆう」です。浜木綿子は苗字が浜で名が木綿子。
水月(みづき) @moonofwater 2019年6月16日
kapibarap そう言えばちょび髭の方、名前にH付いてたね。多分勘違いの原因はアニメ登場武器グラーフ(伯爵)・アイゼン(鉄)をグラー・ファイゼンと誤って覚えていた事と、昔呼んだ不思議の国のアリスの日本語訳の三月兎がマーチンエアになってて、それを覚えていた為だと思う。訳元はヨーロッパ圏(大陸)に流通してた物で本家のイギリスの物じゃなかったって書いてあった気がするし、それも勘違いの一端かも……
Tsu Fu @Tsufu7 2019年6月16日
今日、昨日、大人とかって「熟字訓」というのですね。勉強になりました。「黙字」とあわせて、メモ。
sako @SSako86 2019年6月16日
Kannchen00 紀伊国屋(きのくにや)ってのがありますね。
業務用 @gyomu_yo 2019年6月16日
蜥蜴は蜥(トカ)と蜴(ゲー)と読むのだトカ…
DJフラ @DJFlachland 2019年6月16日
moonofwater ポルトガル語もそう。例えばHONDAは「オンダ」になります。
あらたか @ara_taka_yama 2019年6月16日
shota243 読みの方は大路の名前(道祖→佐比→佐井、全て読みは「さい」)からで、漢字表記は淳和院の異称「西院(さいいん)」から来ているっぽいので「西院(さい)」は熟字訓なのかな?とも思いますが、嵐電の踏切の方は第三の「西院(さいん)」だったりするので、正直なところよく分からないですよね……
すいか @pear00234 2019年6月17日
ラテン語族(っていっていのか分からんけど)みたいな、表音文字系の言語ならあるいは発音しない字というのがまぎれるってのも分からんでもないけど、表意文字系の言葉で発音に関係ない文字が紛れ込むってすげぇなと思うわ。
phoque aka猫二姐🐾 @phoquesan 2019年6月17日
「いちょう」には「銀杏」だけでなく「鴨脚」もあるよ。
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2019年6月17日
いわゆる訓読みはそもそも「漢字の読み」ではなくて、その漢字に相当する日本語(和語)。 和泉と書いてイズミと読むのではなく、イヅミという地名を漢字で書くときは和泉とすることにした、ということ。
グリーンデジャヴ丸 @Information_aka 2019年6月17日
yukiyake_ 調べてみたらわかりました!ありがとうございます
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2019年6月17日
中学校で「はとりべ」(衣服の仕事)って習ってるんだけど、最近は、やらない?
CAW=ZOO@喪中 @CAWZOO 2019年6月17日
文字を分解するんじゃなく、単語で読むんだろ?なんで最近分解したがるの???
まさ影 @masaeiyamagata 2019年6月17日
KATAMIGASE_Mai 金沢市にも大豆田(まめだ)がある!そういうことだったのか。
いわいわ @OBF_iwaiwa 2019年6月17日
ちなみに車のナンバーの「和泉」は「わいずみ」で呼ぶ。昔あった「泉」と区別するために
カツヲ @RX78_01 2019年6月18日
黙字というのがあるらしい
ごえたろ @goetaro 2019年6月18日
アリス九號(旧名)は號が黙字なのか「九號」でナインと読む熟字訓なのかどっちの扱いなんだろう。9nineは前後どっちが黙字なんだろう。
yamazaks @yamazaksv2 2019年6月18日
地元にも 大豆田(まめだ)と言う地名があります。
中二病 @CNBY0 2019年6月18日
百舌鳥と香具師は、色々とアレwww
Shin Saito @shinsa82 2019年6月18日
pear00234 逆のような気がする。 表意文字なら意味的には重要だが読まない字が入ってても許される、みたいな
Taka @tnakamura23 2019年6月18日
道祖本(さいのもと)、道祖元町(さやのもとまち)、道祖王(ふなどおう)、道祖神(どうそしん)。 難度高いなー。
ぱんどら @kopandacco 2019年6月19日
日本語は簡単そうに見えてこの辺が因業。基本ひらがなでしゃべるこぐまさんは賢明と言える
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2019年6月20日
narikonari1 どっこいその言葉は2chとは何の関係もないのです。尚、その三文字は、"てきや"とも読みます。
ちいさいおおかみ〜クリアカード編〜 @siu_long 2019年6月20日
DJFlachland それを云うならヒスパニック(スペイン語)も同系列なので…。
ぉざせぃ @hijirhy 2019年6月20日
今週最終回だった月9のヒロインが甘春(あまかす)って苗字だったけど、実在するのかな?
ぉざせぃ @hijirhy 2019年6月20日
古田織部とかの織部はどういう由来なんだろう?服部と同じ服織部が大元なんだろうけど、織が取れると名字で服が取れると名前?てゆーか古田織部の場合は正式な官職なんだっけ?
ぉざせぃ @hijirhy 2019年6月20日
大谷刑部とか石田治部とか安部式部は「ぶ」なのに織部はなんで「べ」なんだ?
水月(みづき) @moonofwater 2019年6月20日
hijirhy 多分“べ”の方は技術系官職の官職名で、“ぶ”は方は知識系官職の官職名。“べ”の方は織部だと織物を管理する部署。“ぶ”の方は石田治部なら石田家と言う部族を治める光成さんみたいな事だと思う。むかし今の官僚の事を式部と言ってたみたいだし。
はるにゃ@EBI-DAI @harunain 2019年6月20日
lawtomol それ思ってた。 「上野」で「うえの」、「下野」で「しもの」もあるからややこい。でも「毛」を残すと「上毛」「下毛」だけど、それはそれで…
ゆ〜たん @Iutach 2019年6月21日
「猪(いのしし)」は元々「猪(い)の宍(しし:肉)」だったのがいつしか獣そのものを指す様になってしまった、なんてのもこの一種かしら。「鹿威し」で鹿を「しし」と読むのも「鹿の宍」由来だろうね?
陸奥雷 @mutsuazumacom 2019年6月21日
知らなかった・・・!
あおまきしゅにん @aomakipaper 2019年6月21日
Nietzsche と書いてニーチェと読むのは、どこをどう読んでるんだ?
ぉざせぃ @hijirhy 2019年6月21日
moonofwater 自分の疑問に自分で答えるのもあれですけど、気になったのでググってみたらWikipediaに情報がありました。刑部、治部、式部はそれぞれ律令制の二官八省のうちの刑部省、治部省、式部省のことで、織部は同じく二官八省の中の大蔵省の下にある織部司のことだそうです。つまりは役所の格が違うので読み方も違うと。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%AE%98%E5%88%B6
物書きモトタキ@C96の同人誌作る予定 @motoyaKITO 2019年6月21日
aomakipaper 単純に読むと、Niecheでニーチェになりそうなので、tzsがいらないですよね。
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2019年6月21日
hijirhy もっと云えば「ブ」は呉音読みで「べ」は訓読みです。要するに漢語として読むか、和語として読むかの違いですね。
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2019年6月21日
motoyaKITO Nieche ではニーヒェになってしまいますw nie →ニー、(t)z →ツ、sche → シェ、なので一続きに読めばニーチェになります(基本的に子音の長短は区別しないので促音もつきません)。
ウィルヘルミナ (Vilhelmine) @HelmiLokadottir 2019年6月21日
あとまあ「黙字」という解釈はあまりピンと来ませんね。服部の場合「はたおり」という和語は「はたをおること(=服)」ではなく「はたをおる(=服)ひとたち(=部)」を指すのですから、きちんと訓まれていると想います。
ねなし@イラストの仕事します @a_ne74 2019年6月22日
「はしか」という漢字は存在するの?しばらく前から気になってる。麻疹は「ましん」だよね?
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2019年6月22日
lawtomol 毛野(川)が鬼怒川の名の由来というのは広範囲なのでそれっぽいですが、足利市に毛野小学校があるのに対し「なんでこんなピンポイントで毛野の名が残ったのだろう?」というは結構以前からひそかな疑問です。
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2019年6月22日
黙字……前田日明の「あきら」も入るのかな?σ( ̄、 ̄=)ンート
おくとぱす @octopus_takkong 2019年6月22日
「五十鈴(いすず)」の「十」も黙字ですね。本来は「いとすず」で、実際にそう読ませる家があるそうです。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年6月22日
hijirhy HelmiLokadottir 部民制から律令制に移行していくときに、制度変更を印象付けるためにそれ以前(物部など)と読みを音読みに変えたというのが妥当かなという気がします。そのときに織部と他のいくつかの呼称だけが何らかの理由で生き残ってしまったのではないかと。
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2019年6月22日
octopus_takkong 五十を「い」と読むのはむしろ熟字訓と考えるべきかと。和数詞で、とお(10)、はた(20)、みそ(30)、よそ(40)、い(50)、なのでして。なお、五十を「いそ」と読むのは後世に三十や四十からの類推で生じたらしいのですが、「いか」と読むことが多いのは本来の物なのか、五十日(いか)から来たのか、有名な苗字の五十嵐(元々は「五十日足」だったとのこと)からの類推なのか、ちょっとそこらへん分からないです。
雷更新世 @pleist 2019年6月22日
とりと読まない服部の部から派生して本当にとりと読む部田が生まれる。日本の漢字は何でもありだなあ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする