編集可能

降伏しない日本軍

まとめました。
日本軍 軍事 第2次世界大戦 戦争 太平洋戦争
9
えいち・えむ・えす・ゆりしーず @hms_ulysses
日本軍が餓死者を大量に出したの、兵站の問題やアメリカ軍の作戦というのもあるにはあるにせよ、基本的に撤退や降伏が許されない軍隊だったというのも大きかろうな、と。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
日本軍見ていると当たり前に慣れきってしまうけど、ときどき素に帰って虚心坦懐に眺めてみると「降伏しない軍隊」って相当妙ちきりんですよ。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
組織的にせよ兵士個人レベルにせよ、どうしようもなくなったら降伏するのがおおむね世界標準なので、兵站軽視とかそういう次元ではなく降伏できないことのほうが多分ずっとユニーク。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
他の軍隊が降伏を選ぶところで日本軍の指揮官は玉砕を選んだり、降伏は出来ないけど無茶な戦争に付き合う気はない兵が遊兵と化したり。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
それでも、えんえんステップロスするけど除去はされない日本軍、みたいなイメージは確かにあります。うっとうしい。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
日本兵は勇敢だから降伏しないのではなく、臆病だから降伏しない、とは谷甲州さんの小説にありましたね。
ゆうき まさみ @masyuuki
@RASENJIN 思いつきなんですけど、本音では嫌々戦地に行ってる兵隊たちに「最後は降伏という手がある」ってことを教えたくなかったということはないでしょうか。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
@masyuuki そこで士気と軍規の維持を図ったのが『戦陣訓』ですよね。指揮官にも降伏の選択肢を与えなかったのは異様な軍だったとしか言いようがない気がします。概念自体はあったわけですから。
葛西伸哉(HJ文庫『封印魔竜が〜』3巻2月29日発売!) @kasai_sinya
@masyuuki @RASENJIN 「自分だったら死ぬまで戦ったりせず、さっさと降服する」と上が考えていたら、下には降服という選択肢を与えたくないでしょうね。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
@kasai_sinya @masyuuki 降伏という選択肢がアリかどうか、昭和20年夏になってから真面目に検討しだす国ですから……。
カト⋈ちゃん @katotyankobe
@masyuuki @RASENJIN 突然失礼します。辞職という手があることを知っているのに過労死するまで働いてしまう人がたくさんいる、世界でも希な民族が日本人です。責任感が強いとか自己犠牲を美徳と考えるとか、色々言い方はあると思いますが、やはり国民性という事なんじゃないでしょうか
Хаями Расэндзин @RASENJIN
@katotyankobe @masyuuki 国民性、否定するつもりはないのですが便利過ぎるワードなので、あまり頼りたくはないですね……。日本特有と思い込んでいたことがそうでないことはままあります。
stranger_tg @GENMA_TA
@RASENJIN 個人的には降伏を恥としたのは上層部の見栄だと思ってますが、さすれば元々見栄っ張りな西の大陸や近所の半島の文化と同じ系統の思想なのかなと考えたりします(どこかで怒られそう)。
ドンガメ六号 @dongame6
負けた軍隊が降服しないでウロウロするの、滅茶苦茶近所迷惑だな
ドンガメ六号 @dongame6
【責任 ラバウルの将軍今村均 (ちくま文庫)/角田 房子】を積読本に追加 → bookmeter.com/books/383558 #bookmeter
MURAJI @murajidash
@RASENJIN 終戦前で一番大規模な集団投降が、東部ニューギニアでの一個大隊ですが、この大隊は元が現地臨時編成で、他部隊とも上手く連絡取れず、投降時も確か30数名なんで他国ではまず文句言われないんですよね。 1500名以上が一度に捕虜になった橘丸事件というアレな事例もありますが
司史生@がんばらない @tsukasafumio
@RASENJIN 今後、降伏して捕虜となった自衛隊員が出てきた時に、SNS でどんな反応が出るか想像すると、けして過去の問題じゃないように思います。
Хаями Расэндзин @RASENJIN
@tsukasafumio そう遠くない将来、あり得る自体だと思います。あと平和維持活動で現地の武装勢力の捕虜となった場合と、たとえば中国との紛争で人民解放軍の捕虜となった場合など、それぞれ反応も違いそうですね。
御中優希(みなか・ゆうき) @youkiminaka
@RASENJIN 日本でも鎌倉時代には、領地の半分を献上すれば降伏を認める「降参半分の法」がありますからねぇ。
kizitora @anyatoraneko
@RASENJIN @masyuuki 思想教育が行き届いてそうだったり、死守命令が出てたソ連やドイツでさえ、軍団規模で降伏したりしてるのにねえ。 日本も戊辰戦争くらいまでは戦わず降伏したり、寝返ったりしてたのに。いつからこんな異常なことになったのか。
九龍真乙 @qryuu
@anyatoraneko @RASENJIN @masyuuki 幕府のころまでは 征夷大将軍いてもあくまで一番上に天皇がいることになってたから 社長に逆らっても最悪会長には逆らってないっていえたけど 明治・大正・昭和は天皇親政になってしまったから この心理的な逃げが使えなくなってしまったのでは
kizitora @anyatoraneko
@qryuu @RASENJIN @masyuuki たしかに水戸学を代表とする尊王の考え方が強い影響力があったのは幕末の志士の痛さをみてもよくわかる。 ただ、そんな人達が進駐してきたマッカーサーにラブレターとか「日本国王に」という手紙をたくさん送りつけたというのがまた不可解。 飢餓状態で山野をさまよっても変節しなかったのに。
九龍真乙 @qryuu
@anyatoraneko @RASENJIN @masyuuki 本能的に権力のというか権威の2重構造を望むのではないかと。 ドイツでは総統に背くときにはその上に神が キリスト教圏も同じく でも昭和の天皇天皇であり神でもあったので 背くときに逃げが何もなくなってしまったような だから「おお神よ」じゃなくて 「お母さん」だったのではないかと
扶桑委員会 @fussoo_moe
撤退しない、降伏しないというのはそれだけでかなり強い。非常に厄介。要は崩れないってことだから。三割損害受けたら後退するのと文字通り全滅まで戦い続けるのだったら後者のほうが時間がずっと稼げるし相手に損害を強いる。
扶桑委員会 @fussoo_moe
欧州の軍隊は「こりゃもう詰んだ」ってなったら降伏するんだけど、日本軍は詰んだ状況でも降伏せず粘り強く戦い続けるから相当うざい。まぁその結果キルレシオの比率が先進国同士の戦争なのか疑わしくなるくらい日本側の損害が膨らんでるんだけど。。
残りを読む(41)

コメント

wot-object @wot_object 2019年8月20日
ISISに捕まった人が罵倒されたりコラで遊ばれたりしてたし、誰かが捕虜になった時を示唆する感じよな
キョウさん @XoWVFTL26mVWNuP 2019年8月20日
人種差別撤廃法案の流れを見たらとてもじゃないけど当時の英米の捕虜になりたいと思えない。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2019年8月20日
当時の米軍の捕虜は寝床や部屋を与えられたり食事が三食出たり恐ろしい扱いを受けたらしいからな。すると機密でもペラペラ喋ってくれるので日本人捕虜から情報を聞き出すのが専門の人がいたりした。
ニートその3 @apribi 2019年8月20日
当時の世相を考えると欧米人からは人種差別どころかサルとしか思われてなかったなんて話もあるし シベリア抑留を見ても降伏より玉砕を選ぶのが正しいとまでは言えなくても間違いとも言えないと思うけどなw
figaro @figaro136 2019年8月20日
Civで日本ユニットは兵力が消耗しても戦闘力を維持できる特性があるらしいが、それってこのせいで設定されたのかな…
uniuni @wander__wagen 2019年8月20日
そりゃね、当時の白人共の植民地での所業を考えれば恐ろしくもなるでしょ
blacklabo @plzdntshotme 2019年8月20日
日清戦争で清側の捕虜になった日本兵が残虐な仕打ちを受けた影響で…なんて呟きを見たことがあるけど、本当なんだか
叢叡世Степин Будимир @kusamura_eisei 2019年8月20日
降伏したら滅ぼされるということだしな…。 要するに白人からすれば滅ぼすべき悪魔という位置づけなんだから。
ろろむじ @lolomji 2019年8月20日
降伏しないということはかなりの悪影響を日本軍に与えたと思っている。結果的に最後は死ぬのだからと苦しい持久戦よりも一発逆転を狙った無謀な攻勢を将校から兵卒まで好むようになる。戦況が絶望的になり統率が取れなくなると降伏できない敗残兵は殆ど狩られるだけになりキルレシオが目も当てられない惨状に…作戦的にも数万単位で降伏してやった方が余程アメリカに負担をかけてやったんじゃないかな。
ゆきやけ @yukiyake_ 2019年8月21日
靖国で会おうみたいなので選択肢をなくされていた気はするし、現代でも自爆テロなんかはそういうもんだと思う とか言うと抗議されるだろうけどそういう雰囲気がないとも言い切れないのでは まあ戦前戦中の考え方なんて結局私にゃ分からんのですけど
TORIATE.MIKAN @TORIATE01 2019年8月21日
無条件降伏するしかなくなったことが失敗なんだよ 撤退や局地的敗北や早期停戦、そもそも戦争をしないでのらりくらりと弱腰外交をするほうが ましなのが理解されずあまつさえクーデターが起きる日本人がヤバいんだよ
神代武流 @tkr_kmsr 2019年8月21日
遺体や遺骨を当たり前に玩具にしてた連中に下れってのはそりゃ無理があるわなぁ。
両棲装〇戦闘車太郎 @d2N5Q4GciZtsa2e 2019年8月21日
plzdntshotme どちらかと言えば日華事変がガチ、日清戦争がアレでも日露戦争は捕虜取り扱いが双方丁重だったことが知られている
nekosencho @Neko_Sencho 2019年8月21日
捕虜にならない前提だから、捕虜になった場合の訓練ができないしなw そりゃしゃべるわ。 戻っても「あいつは捕虜になったやつだ」ってことでろくな扱い受けないし、家族までボロクソな扱いを受けるわけでさ
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2019年8月21日
武器放り出して両手あげて白旗降っても日本兵殺されたんよ。「仲間を殺されたうらみ」みたいな感じでね。
m.t @Ellfas3 2019年8月23日
太平洋戦争初期に捕虜になった日本兵の家族への、日本国民による異常しか言いようのない扱いが降伏という選択肢を阻害した面は確実にあると思う。どの方もほぼ不可抗力としか言いようがない状態だったのに。
uniuni @wander__wagen 2019年8月23日
ontheroadx どこもそういうことしてんのに南京をことさら大げさに騒ぎ立てるのもスケープゴートだよねぇ
blacklabo @plzdntshotme 2019年8月29日
捕虜をとることの大切さ(というか重要性というか)はデーブ・グロスマンが言及してたな
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする