10周年のSPコンテンツ!
179
イントロ

実際の行動と本人のセルフイメージが全然違っている人がけっこういますよね、というお話

mentane @mentane
これ、女性の中だけで比べれば専業主婦の方が共働き主婦よりもマキャベリアニズムの傾向が高いと言えるかもしれないけど、男性も一緒に比べると全般的に男性の方が他人を手段として利用することへの抵抗感は少ない。 twitter.com/sumomodane/sta…
mentane @mentane
ただこのデータをもって実際に男性のほうが女性よりも他人を利用するためだけにつながる傾向があると言えるのかについては多少留保が必要で、男性が利己的に振舞うことを能力として認める文化規範がある一方、女性に対しては「利他的であれ」という文化規範が強い傾向があるかもしれない。
mentane @mentane
その結果、我々は「日頃、実際にどのように振舞っているか」とは別に、「私はどのような人間であるか?」というセルフイメージを持っていて、女性の方が「私は利他的である」という自認を持ちやすい可能性もある。現実の行動とは別に。この手のアンケートは行動ではなく自認を聞いているに過ぎない。
mentane @mentane
SMマトリックスを昔作った時、その人がよく使うコミュニケーションパターンを数値化して測定するようなアンケート形式の診断テストを色々と苦労しながら作ったのだけど、他者評価と自己評価が完全にひっくり返る項目があって、それがハード支配Mとハード服従Sだった。#SMマトリックス
mentane @mentane
自己申告による性格診断テストとかもそうだけど、「実際にその人がどのように振舞っているか」よりも、その人が「自分はどのようにふるまっていると思っているか」が前面に表れることがある。
mentane @mentane
「私は他人に優しく、色々察したり、気遣ったりしているけど、いつも相手から一方的に利用されて、疲れ果て、損している」(ハード服従)と自認している人が、他者評価だと「この人は利己的、支配的だが、その自覚を全く持てない人で困る」(ハード支配)ということは多いですね。#SMマトリックス twitter.com/maismai16/stat…
15.現実の振舞いが支配的な人ほど自認が服従的になる理由
mentane @mentane
【SMマトリックス概論】15.現実の振舞いが支配的な人ほど自認が服従的になる理由 #SMマトリックス
mentane @mentane
SMマトリックスに感情貯金という概念を合わせて、現実の振舞いが支配的な人が、なぜか本人のセルフイメージ、辞任が「服従的な私」になっている問題について説明していく。感情貯金については、以下のリンクも参考のこと。 #SMマトリックス togetter.com/li/936219
mentane @mentane
実際の行動がハードに支配的(相手に自分の望み実現への協力を期待、要求し、応えてくれないと不機嫌になる)にも関わらず、「自分はハードに服従的(相手の望みに沿うための言動を取らざるを得ない、相手によって無理やり従わされている)である」と自認している人は多い。#SMマトリックス
mentane @mentane
この実際の行動と自認の逆転現象は特にハードな裏ライン、愛のラインで起こる。実際の行動はハード支配М、セルフイメージはハード服従Sという形で表れる。 #SMマトリックス pic.twitter.com/4vRVf76Quv
拡大
mentane @mentane
なぜ裏のラインで逆転が起きやすいのかというと、やり取りする物が甘え、愛情、気遣いなど具体的な物ではなく、その価値評価が個人の主観によって異なるからだ。表ラインでやり取りされるのは実際の金銭などだったりするため、交換レートが客観的に見えやすい。#SMマトリックス pic.twitter.com/xMS1G9pKRM
拡大
mentane @mentane
裏ラインでもソフトな快楽のラインでは逆転現象が起きても問題とならない。快楽のラインはお互いが相手の期待に応える義務、応えてもらう権利を認めていないため、服従側が応じたいときだけ応じればよいという前提が共有されており、貢献度の不平等さが問題とならないのだ。#SMマトリックス pic.twitter.com/Vk7e3peXEl
拡大
mentane @mentane
では甘えのラインの感情貯金の流れを確認する。基本的に支配Mは甘える側であり、甘えの期待に応じてもらえれば感情貯金はプラスになる。服従Sはハードとソフトで変わる。ハード服従Sは嫌でも義務感に基づき甘えに応じ、ケアを与える。これは感情貯金が奪われる。#SMマトリックス pic.twitter.com/DFUQ6fred9
拡大
mentane @mentane
同じ服従Sでもソフト服従Sの場合は、義務感から嫌々行う服従Sではなく、自らが好んで行う趣味的な服従S行為であるため、少なくとも±0、相手に貢献したいという気持ちを満たせれば感情貯金はプラスになる。#SMマトリックス pic.twitter.com/hZ36Rd3yJt
拡大
mentane @mentane
感情貯金の移動図における記号を以下の表に示しておく。 #SMマトリックス pic.twitter.com/wlEeagC2Ry
拡大
mentane @mentane
親密さ、愛情、甘えに関わる裏ラインのうちでも快楽のラインであれば、ソフト支配М、ソフト服従Sの双方の感情貯金が増えやすく、支配M(甘える、期待する側)と服従S(甘えや期待に応える側)の量的バランスは問題にならない。期待の切実さが低い時は快楽のラインでいける。#SMマトリックス pic.twitter.com/VtIeBDNyr8
拡大
mentane @mentane
愛のラインの場合、ハード服従Sの感情貯金が大幅に減少することが問題になる。ハード支配Мポジションにずっとい続ける人間は、他人の感情貯金を奪い取っていくアンフェアな簒奪者となってしまう。しかし、ハードにならざるを得ないほど切実だからこそ、人はハードになる。#SMマトリックス pic.twitter.com/XksFwebkSU
拡大
mentane @mentane
私たちが海で溺れかけたとする。海水を飲み、むせながら、足のつかない海面で必死にもがく。このままでは死んでしまう。そこに一人の人間が泳ぐのが見えた。溺れているものは何が何でもその泳いでいる人間にしがみつく。命がかかっているのだ。結果として、二人とも溺れ死ぬとしても。#SMマトリックス
mentane @mentane
ハード支配Мの切実さは海で溺れている者の感覚に近い。他者からのケア、愛が感じられないと、孤独や疎外感、不安に押しつぶされそうになっている。必死の思いで周囲の人にしがみつく。「こんなに辛い想いを私はしているのだから、相手はたすけてくれる『べきだ』」と考える。#SMマトリックス pic.twitter.com/mRATfriFfK
拡大
mentane @mentane
人がハード支配Мに入らざるを得ないとき、たいていの場合は感情貯金が底ついている。心が飢えてかつかつだから、他者に甘え、ケアを受け取り、乾ききった心を少しでも潤そうとする。感情貯金の少ない人間が感情貯金を大きく減らすハード服従Sをやり続けるのは難しい。#SMマトリックス pic.twitter.com/gNdS8Vh0gV
拡大
mentane @mentane
しかし、ハード支配Мだけを行い続けるならば、周りから「わがままな愛喰い虫」という不名誉な称号を与えられてしまう。だから、なんとか自分が相手にハード支配М的に求めたいことと同じ分だけはハード服従Sをやっている自分でもありたい。 pic.twitter.com/isIvSDcKYv
拡大
mentane @mentane
もし自分がハード服従Sをやっていれば、その分、当然の権利として相手にもハード服従Sを要求できる。そして、裏のラインは甘え、愛情、ケアといった数量化が難しい曖昧な関係性のやり取りで成立している。そこで発生するのが不公平な交換レートだ。#SMマトリックス pic.twitter.com/bQP9Fak91P
拡大
残りを読む(14)

コメント

Kanna☆ケンタウロス @ospf_area0 2019年9月24日
なんだか見覚えがあるなーと思ったら、カレーのルーをすする彼女持ちの人だった。→ 「うちの彼女はカレーライスを頼んでルーだけをすすり、蕎麦を頼んではツユだけを飲む」という一連ツイートに驚きを隠せない人々 - Togetter https://togetter.com/li/1028385
ゴロニャーゴ @nukopoint 2019年9月25日
俺このタイプ。俺がお前らに気を遣っているんだからお前らも俺に気を遣えよって思っているけど、そこまでちゃんと気を遣えているかというとそうでもない。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする