10周年のSPコンテンツ!
113
ユキヲ@邪神ちゃん連載中 @pentarouX
紙の印税が10%は納得出来る。なぜなら10万部刷って実際1冊しか売れなくても10万部刷った分のお金を作者は貰える。それが印税。売れなかったときのリスクを誰かが背負ってくれるから1冊しか売れなくても作者はノーリスク。でも電子書籍は売れた分しか貰えないのに同じ10%ってどういうことなんだろう。
後藤羽矢子 @hayakogoto
竹書房の電子書籍印税は50%です!竹書房素敵! twitter.com/pentarouX/stat…
後藤羽矢子 @hayakogoto
どうかずっとそのままの君でいて…竹書房…。
竹村響@竹書房 @pinkkacho
カジュアルにバラされました。 もっと言ってください。 twitter.com/hayakogoto/sta…
柚木涼太💘10/30おねしょ4巻発売 @ryota1302
良いところじゃよ…!電子書籍以外も色々作家に還元してくれててありがたい。がんばります☺️
柚木涼太💘10/30おねしょ4巻発売 @ryota1302
涼太さんの漫画は特にね。電子で買う方結構いると思うので。大助かりです。よく聞く電子で売れても紙で売れないと意味ないみたいなやつもないのでおねしょは本当に好きなところで買ってくれて大丈夫!

ただし定価600円の電子書籍商品があったとして、そのまま300円が作者に入ってくる、というわけではない。
電子書籍はセールやポイントによる割引が多い。
竹書房も毎年、8/1から8/3まで竹書房の日と称して50%オフセールを行っているが、電子書籍サイトによる独自のセールも多い。

竹村響@竹書房 @pinkkacho
@kamiokaturugi @DaisukeP いろいろ引いて入金があったものの50%てことです。netっていいます。詳しくはこんどnoteに書こうと思ってます。
鷹野凌@HON.jp📚️✒️📖 @ryou_takano
紙版は定価販売が基本だから、刷部数×定価×印税率(10%前後)が印税になる。でも電子版は希望小売価格が大半で、セールもあれば読み放題もあったりと複雑だから、出版社への入金額に対し何%という契約になっている場合か多いという認識。それを「印税率」と言われると、違和感ある。
竹村響@竹書房 @pinkkacho
発行印税と実売印税と入金印税(とでもいうべきか)の大きく3つあるんですよねいま。それを全部印税と呼んでいる違和感ですよね。わかります。 twitter.com/ryou_takano/st…
佐藤秀峰 @shuho_sato
竹書房の電子書籍印税は「50%」である。漫画家から「素敵!」の声 - INVISIBLE D. ーQUIET & COLORFUL PLACE- m-dojo.hatenadiary.com/entry/2019/10/… pic.twitter.com/lNPdrxLMA6
拡大
拡大
拡大
双龍療養中 @Souryu_STD
竹書房は電子印税50%ってツイートに対してやっぱり漫画家がザワってしてて草。そりゃそうよね、本体価格の50%なのか会社へ入金された金額の50%なのかだからな。だから大体15~25%の筈だよ。安いと思うかもしれんけど個人で多くの電子書籍サイトへ申請する手間考えてみたら少しは考え変わるぞ。

FANZAとDLサイトコムのほぼ2択しかないアダルトや
Kindleだけの取引と決めるならともかく、主だった電子書籍ショップだけでも10以上あるところの手続きを代行してくれると考えれば、それなりのコストが発生するのは当然ですね

(☻) @takafumi_077
竹書房電子印税50%は内実こんな感じなので「紙の単行本の5倍!」とかじゃないだろうけど、それでも竹書房社員に払われる給料が心配になるレベルで高い。 ※入金学に対する割合であれば10〜20位の印象 pic.twitter.com/vzsrCgcocd
拡大
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
印税率バラしちゃっていいんか、とドキドキしてたら、営業さん公認になってたので言いますけども、竹の電子書籍印税率50%はけっこう前からです。 マンガだけでなく文庫本など書籍本にも当てはまります。
加藤AZUKI@「忌」怖い話卒哭怪談 @azukiglg
例えば715円(紙)が644円(電子)の場合、ざっくり紙だと71円、電子だと322円なので、電子の単価が安めでも著者の得られる取り分は4.5倍にもなる。 店頭の紙が売れるのはもちろん嬉しいけど、読者一人辺り収益として50%の電子書籍印税は馬鹿にならない。
日野雄飛 @youhe_o
どこがどうとは言いませんけど出版社によって電子印税は15%、25%、40%、50%とかあって、配信形態によって違ったりもして、まだ業界でも統一されてない感じ(紙媒体のはだいたい10%目安になってるけども)なのでみんな50%基準にしてほしいな😌
深町秋生・新刊「PO守護神の槍」 @ash0966
これはホントにびっくり。電子書籍の印税は各社バラバラで、15%~30%と差がある。昔はタバコ銭程度だったから気にしなかったが、最近はけっこうな銭になるので、当然ながら印税の高いところで仕事したいっす。 / “竹書房の電子書籍印税は50%です! - Togetter” htn.to/23zqfGpcR3
セールについて
縞屋FP事務所 @shimaya_fp
電子書籍の印税について誤解を見かけたので解説!!!電子書籍の印税率が高いからといって印税収入が紙書籍の何倍にもなる訳ではないのです!むしろセールが多くなると…?!🤔? (表中の数字は全て仮です。また、一般的な著作権使用料の契約例を用いましたが、契約内容は各出版社によって異なります) pic.twitter.com/0lGPufADmL
拡大
竹書房4コマ編集部 @TakeShobo4koma
8月1日がおっぱい・やおい・麻雀ぱいということで「#竹書房の日 」!8月3日23:59まで竹書房刊行のほぼ全点が半額になるビッグセールを開催中!世に数多の記念日があるけれど、「竹書房の日」は日頃ご愛護いただいている皆さんへ感謝をお伝えしつつ、還元する日なんです! pic.twitter.com/tCBmxWZ6th
拡大
残りを読む(27)

コメント

すぎぴー @sugi_orange 2019年10月17日
さすが指定暴力団竹書房 みかじめは耳を揃えて払っておられる
フルバ @furubakou1 2019年10月17日
まぁそれはそれとして竹書房はぶっ壊す。
フライングフロッグ @fryingfrog 2019年10月17日
まじかよどき姉弟電子でも買うわ
業務用 @gyomu_yo 2019年10月17日
furubakou1 危篤検疫をぶっ潰す!
痛い人 @Sogno_Eater 2019年10月17日
プロレスしても許されるくらい寛容なところだもんな
やまのべ☆まさひと🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🏴󠁧󠁢󠁷󠁬󠁳󠁿🇮🇪🇨🇦🇳🇿 @Azumahikigael 2019年10月17日
販売価格の50%じゃなくて、ストアとか取次とかから引かれた残りの出版社に入るお金の50%が印税として貰えるって話でしょ? 発端のツイートだと、販売価格の50%が印税になるみたいな印象を受ける。
nbtnk @nbtnk 2019年10月18日
電子書籍の売り上げ配分を刷れば売れようが売れまいが払われる印税と比べるのは少し違うと思う。
gcucgixcgihic @gcucgixcgihic1 2019年10月18日
電子書籍化するのも場合によっては、業者に依頼して何十万もかかるケースもあるから、一定数売れるまでは大赤字なのに、なぜ電子書籍はコストがゼロみたいな誤解が蔓延しているのか…。それに入金の50%も販売価格の10%も、実際入ってくる金額としては、そこまで変わらんよ。入金ベースにすると、安易な安売りする版元多いし、どっちがいいかは一概に言えない。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2019年10月18日
「それはそれとして」じゃねーよ。バカかよ。
a7R2Lj @a7R2Ljtm 2019年10月18日
Azumahikigael それ10%の会社も同じなんだが? 作家さんが「素敵」って言ってるので竹の方が身入りが良いんじゃないかと。
金吾庄左ェ門 @kingoshouzaemon 2019年10月18日
そういうのいいから、北条晶『お父さんは年下』を単行本未収録分も含めて電子化してくれ。
Calucifer @Chigami 2019年10月18日
そうか電子だと紙よりは低コストに巻頭カラーとか収録できるのか
BUFF @geishawaltz 2019年10月18日
そら、印刷取次書店のマージンがいらなきゃそうなるかな。いよいよ出版社が印刷取次書店を切り捨てる方向が進むんだろうな。その紙本先細りのせいか、せっかくアニメになって放送中なのに自分の作品の増刷が十分に行われないって愚痴をこぼす漫画家さんもいたけど。
ヘルヴォルト @hervort 2019年10月18日
セール中でも定価購入とか、追加購入できるようにしてほしい
くじら @nemu445 2019年10月18日
安心してぼのぼの電子版買い続けられる。
オルクリスト @kamitsukimaru 2019年10月18日
ということは、以前kindle版ぼのぼの過去巻オール10円セールやってた時に買ったことあるんだけど、印税5円ずつしか入らないってことか・・・なんかすいませんいがらしみきお先生。流れ作業でポチってたら、最新巻定価なのに気づかず買ってしまったので許してw
こねこのゆっきー @vicy 2019年10月18日
さすが指定暴力団。これは兄弟盃不可避
ジミー加藤 @KATOHSAMANOSUKE 2019年10月18日
どこの50%かで変わるんだけどね、売上なのか入金額なのか利益なのかで。
abc @ooaappii 2019年10月18日
まず電子がAmazonやBookWalkerやebookなど配信プラットフォームに置くのもカネがかかるのと、複数ある配信プラットフォームとのデータ・入金管理を電子取次に任せててそこも取り分があるってのを知らずに、電子が一冊売れたら販売額そのまま出版社と作者で山分けみたいに思われてるのに驚いた。読者側が言う紙は終わりだ神話ってそういうところから来てるのか。
月曜西E12a @kituneponyo 2019年10月18日
自分でAmazon契約すればグロス50%だし 自分でboothとかBASEでダウンロード販売すればグロス90%だよ
nesi @41sb_nesi 2019年10月18日
こういうことかな?だから作家さんは売上がいくら、ではなく「増刷しました!」ってよくいうんだね。まあ増刷=売れてるってことなんだけど。 ●紙書籍 作家…印刷した分×印税率 出版社…書籍の売上(定価) − 印刷代、取次などのコスト - 売れ残りの処分費用 ●電子書籍 作家…(書籍の売上(定価ではなく売上) - 電子書籍サイトの登録費や各コスト)×印税率 出版社…書籍の売上(定価ではなく売上) - 電子書籍サイトの登録費や各コスト - 作家への支払い
yotiyoti @yoti4423yoti 2019年10月18日
メリット・デメリットはどっちにもあるってだけだろ。
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 2019年10月18日
やっぱり電子書籍儲かるんだなぁ〜(プラットホーム側の話)(´・ω・`)
FX-702P @fx702p 2019年10月18日
電子書籍ってだけで儲かるならBooksVや地球書店がサービス終了するわけないんだよなぁ。電子書籍が儲かるんじゃなくて、電子書籍で儲けることが出来る仕組みを作ったところだけが儲かるんだろう。
びびったー☆うるせえ @vivitter_vivitt 2019年10月18日
紙の印税は刷った分保証されるのは確かだが、売れないから数刷らない→数刷らないから店頭に並ばない→店頭に並ばないから買わない→売れないから数刷らない→になるわけで…
釣本直紀 @turimotonaoki 2019年10月18日
竹書房、印税率は高いけど原稿料は安いのか。他社で描いた作品の単行本を竹書房から出す選択が一番得かな。 https://twitter.com/choboraunyopomi/status/703571906843115521 昨日公開されたあいまいみーの4コマ目、これ結構マヂな部分があるので、興味ある出版社の方おられましたら直接、「私の方へのみ」連絡ください。
シルバー苦労 @nekoga 2019年10月18日
カ○カワは15パーだと聞いた、まだマシらしい
なすかる @Naskal55 2019年10月19日
EPUB変換するまでは、CTPデータ化、フイルム出し直前までの作業工程は変わらない。印刷・製本・取次そして倉庫での保管料が削除できるんで電子書籍の価格を安く設定できる。となると印税率を変えていかないと作者が食えないから仕方なしで50%設定しているって感じですかね。あとよく勘違いしてる人もいるけど、印税率って初版は8%で1万部保証、それから重版かかったやつから10%、さらに重版で15%って増えていくことが多い。丸儲けしたいならAmazonのKindle ダイレクト・パブリッシングだね。
MAD_AGI @MAD_AGI1 2019年10月19日
安売りだと、買うまでもないかな、とか現物有るけど、という時にちょうど良いんだよね。
ぱんどら @kopandacco 2019年10月19日
ところでだったら「電子出版の印税も10%だ」と言ってるよその出版の場合、色々減った結果の更に10%なのかがっつり定価の10%なのかで意味が違うが、なんか前者っぽい気がするのはヘンケンかい?
ジミー加藤 @KATOHSAMANOSUKE 2019年10月19日
8%〜20%だとだいたい売上数字の印税率かな、30%台はほぼ入金額ベースの印税率、50%はほぼ利益が出てから(製作費や営業コストを設定してそれをクリアしてから分配のケース)と思われ。戻り料率によっては売上10%の方が多くなったりします。 件の版元、携帯漫画の頃は戻り料率を少なくする代わりに目に付きやすいところにバナーや特集ページを作ってもらう手法で著者に分配してたみたいだけも売上ベースで計算したら10%あるかないかくらいだった記憶。
n-yoshi @laresjp 2019年10月21日
手続き等が煩雑というのはあるだろうけど、物理的に印刷して在庫して、と云う経費がかからないのだから、電書の印税率が高いのは当然だよね。
もるのがわ ちょうすけ @1983216 13日前
「自分で直接契約すれば~」とは言ってもその場合基本的に原稿料は貰えないぞ。一切売れなくても1冊につき100万~200万円は出版社から貰える原稿料。売れない作家程収入に対する割合はデカい
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする