Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

『反出生主義を考える――「生まれてこないほうが良かった」という思想』読書メモ集

『現代思想』2019年11月号の読書メモをまとめました。
29
荒木優太 @arishima_takeo

『現代思想』反出生主義特集。森岡戸谷対談で「生まれてこない方が良かった」は誰の視点から言ってるのか問題。自分は自分の誕生を呪うかもしれないけど、自分の誕生で喜ぶ奴もいる、反出生主義はそいつらの喜びも奪おうとする暴力なのではないか、と。p14

2019-10-29 18:32:16
荒木優太 @arishima_takeo

ベネターからの反論は多分容易で、①そいつらの喜びでオレが我慢しなきゃいけない理由なんなん?、②そもそも生まなけりゃ喜びと反対の不快も生じないんだからいいんじゃね?的な。

2019-10-29 18:34:35
荒木優太 @arishima_takeo

反出生主義特集。小島和男論。「私たちは分からないかどうかもまた分からないのだ」(p88)。これはいい言葉だ。

2019-10-30 07:30:42
荒木優太 @arishima_takeo

p90。完全な責任をとることができない問題。これもいい。ベネター はぶっ飛んでるように見えるけど、ある意味「無限責任」(レヴィナス)をとるとはどういうことか、の具体的ヴィジョンでもあって、むしろ、あらゆる責任が限定責任にならざるをえないことを悟らせるレッスンでもある。

2019-10-30 07:38:55
荒木優太 @arishima_takeo

無限責任とはここでは「ある責任を限定化させたこと」への自己責任(自分に対する自分への応答)になる。

2019-10-30 07:41:40
荒木優太 @arishima_takeo

反出生主義特集。鈴木論。ベネター は福利の問題を考えていながら、福利の主体は誰かを問わない。これは彼の非対称論を崩すのではないか。冒頭の「生まれてこない方が良かった」は誰の視点からいってるか問題とも通じる。p120

2019-10-30 11:59:24
荒木優太 @arishima_takeo

こういう批判はありうるだろう。ただ、これを採用すると、世代間倫理とか「未来の他者」みたいな概念にも大きな反省を迫るように思うのだが。あるいは、個人を超えた種や類の概念を頼りにするか。

2019-10-30 12:02:04
荒木優太 @arishima_takeo

価値論的非対称性と生殖の選択に関する非対称性を区別すること。

2019-10-30 12:06:41
荒木優太 @arishima_takeo

なんか佐藤論も誰にとってか論っぽいな。たくさん出てくる感。

2019-10-30 12:15:50
荒木優太 @arishima_takeo

「ナッツとドライフルーツは一緒に食べて初めて互いのよさが分かるというものだ。反出生主義とヨナスはそうした関係にあるのではないだろうか」(戸谷洋志「ハンス・ヨナスと反出生主義」)。分かるようでよく分からん比喩だ(笑)。

2019-11-02 13:52:18
荒木優太 @arishima_takeo

「ベネター は「害悪を与える人々や社会状況」(白人や奴隷制)を改善しようとするのではなく、「害悪を被りうる存在」(黒人奴隷)を消去する世界に向かおうとしている」(小手川正二郎「反出生主義における現実の難しさからの逸れ」)。うーん、そうかなあ。

2019-11-02 14:08:15
荒木優太 @arishima_takeo

存在消去の方向自体はそうだと思うけど、その方向が、状況改善の要求を無効化するかどうか。別に二者択一に捉えなくていい…し、ベネターも捉えていないのでは?

2019-11-02 14:13:02
荒木優太 @arishima_takeo

例えば、彼がいう本来は生まれてこない方がいいけど自殺までする必要はない論とか、絶滅は一気にするより漸進的であった方がいい論とかは、状況改善の努力をふくんでいるんじゃないの?

2019-11-02 14:13:46
荒木優太 @arishima_takeo

児童が虐待されやすいこのクソみたいな世界に産まれてくることはマジでファックなんでやめたほうがいいけど、だからといって、現在行われている児童虐待を放置していいことにはならない…ごく普通の主張のようにおもうのだが。

2019-11-02 14:16:01
荒木優太 @arishima_takeo

小手川さんの密輸された形而上学批判は、ベネター に限らず、英米系一般に言えることなんじゃないかって気がするね。論理パズル問題といいますか。

2019-11-02 14:21:58
荒木優太 @arishima_takeo

「そこには、自分がコントロールできるものだけを相手にしていれば、倫理的に正しくあることできる(逆に言うと、コントロールできないものには係わったりすべきではなう)とみなす信念が透けて見える)(p187)。「が」が抜けてますね。

2019-11-02 14:31:37
荒木優太 @arishima_takeo

橋迫瑞穂「反出生主義と女性」。反出生主義の「マチズモ」(p193)とスピリチュアル市場と表裏一体の「「産む性」と生まれた人間との葛藤」をめぐる反出生主義人気(p195)はどういう関係にあるんだろうか。つまり、葛藤を克服したいからマチズモに走る…みたいな?

2019-11-02 15:09:55
荒木優太 @arishima_takeo

ん、もしかして、女性版超越性がスピリチュアル市場だとすれば、男性版超越性が反出生主義って理解でOKなのか?

2019-11-02 15:13:47
荒木優太 @arishima_takeo

「非モテと反出生主義」って論考はありそうだな、って予測していたけど今回は無さそうだね。

2019-11-02 15:17:00
荒木優太 @arishima_takeo

反出生主義特集。産む/産まないの論点に集中しているわけだが、そもそも1カップルで2人以上産まないんだったら、人類の漸進的絶命には然りって言ってるわけで、極論いえば子供産んで育てながら反出生主義者であることも可能なのでは、とか思わなくもない。

2019-11-02 15:57:58
荒木優太 @arishima_takeo

まあ、ベネター「理論」の吟味にはならんので、その立論は採らないということなのだろうが。

2019-11-02 15:59:00
荒木優太 @arishima_takeo

ただ、「子供をつくることは道徳的に悪である」論の吟味と、「子供を二人以上つくることは道徳的に悪である」論の吟味はまたちょっと違うのかな、という疑問はメモしておこう。

2019-11-02 16:02:40
荒木優太 @arishima_takeo

「人間の人口を減らす提言をしているハラウェイの姿勢を、優生学や反出生主義のひとつのヴァリエーションとみなし糾弾するという誤解はアカデミアの書評にまで溢れている」(逆卷しとね)。へぇー。

2019-11-02 16:05:27
荒木優太 @arishima_takeo

『現代思想』反出生主義特集だいたい読み終わった。私の関心では加藤秀一「「非同一性問題」再考」の「事前の視点/事後の視点」を咀嚼する必要がある。意外と鶴見の「期待/回想」の時間論とも通ずるかもしれん。が、同著者のこれよりもより完成された論考があるような気も。

2019-11-02 16:21:26
荒木優太 @arishima_takeo

橋迫論が引用しているのとか参照すればいいのか?

2019-11-02 16:21:51

コメント

Zile @ZileGoToZ 2019年11月2日
前にも反出生主義関連のまとめがあったと思うんだけど、「不幸を最小化したい」という論理的に筋の通った主張に対して「じゃあ死ねば?」とか的外れな暴言があってとてもモヤモヤした記憶がある
11
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月2日
別のほうでも書いたけど、生まれないことによって苦痛を免れる存在がそもそもない。魂のようなものがあればまた別だが、その場合“魂”に苦痛がないことを示さなければ「生まれなければ苦痛はない」とは言えない
6
denev @_denev_ 2019年11月2日
反出生主義って人類の滅亡とイコールだから、実用性ないよね?それとも否定されるべき存在として意味があるんだろか。
1
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 2019年11月2日
生まれてこない方がいいとか言ってる人たちて、自分たちが生きてることも苦痛だろうから早急に安楽死してあげたほうがいいのでは
4
バジル @dNPQyjwy2HfUdMX 2019年11月2日
生まれる前の魂がどうなっていたか分からないことにはなんとも言えんな この世に来ない限り地獄の釜で煮られ続けていたかもしれないじゃないか
3
sokuoku @sokuoku 2019年11月3日
「同意なしに自分を生んだ」と“反出生主義”のインド人男性が両親を告訴 https://togetter.com/li/1317072 こっちのまとめで一通りの予想されるコメント出てますかね(コメ欄で「理屈と感情と宗教観」が混ざる)
2
もどき @Fake5LL 2019年11月3日
_denev_ 人類が皆殺しにされて滅亡するならまだしも、人類が誕生しなくなってみんな寿命を全うして滅亡するなら誰も困らないんじゃ……
6
もどき @Fake5LL 2019年11月3日
反出生主義ってつまるところ「死にたくない→生まれてしまった以上死ぬのは避けられない→なら最初から生まれてこなければ良い」ってことでもあるから「じゃあ死ねば良い」って本末転倒なんだよなぁ
12
他人 @Messiah_Justo 2019年11月3日
「生まれて来た自分」と「生まれてこなければよかったと考えている今の自分」は果たして同一の存在なんだろうか。人間の細胞の入れ替わりがどれくらいの頻度で発生するのか俺は知らないが「母親の肉体に寄生していた頃の俺」と「今の俺」は生態的、生理学的にも「別の生き物」と呼んでいいのではなかろうか。
1
他人 @Messiah_Justo 2019年11月3日
「ロシア語を勉強する前の俺のロシア旅行」と「ロシア語を勉強した後の俺のロシア旅行」とでは「振る舞い方」は「別人にしか見えない」はずである。もちろんそれはロシア語に限らず文字の読み書きや九九、車の運転、化粧、酒を飲んで泥酔することであれ「やる前とでは別人のように」になっているということは皆さん経験的にもご承知のはずである。にもかかわらず、私たちは自分を「俺はつねに俺であり、変わらないものだ」と思っている。
0
Wolftange @wolftange 2019年11月3日
???「チッ 糞が ポッチャマを産みやがって 」
1
ラジ西 @P2ZCNWvmIvg4tSx 2019年11月3日
脳内BGMがずっと「砂の果実」だ
2
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
生まれないことで苦痛を免れる子供は産まれてこないので、未来永劫一人も現れない。当然世界の始まりから今に至るまで一人も生まれていない。結局この方法では誰一人苦痛から免れない
5
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
この論は“生まれる前から何らかの形で存在している”事を前提にしないと成り立たないので、“存在しなければ苦痛はない”という理屈は使えない
1
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
そもそも存在しなければ苦痛はないという考え自体が間違いで、存在しない物は特定できないので苦痛の有無は判定不能、不定とするべき
0
荒木 九郎 @stein00000 2019年11月3日
Kakhenisoms それこそが「不幸の最小化、すなわち0」なのでは。何かが存在して不幸になる可能性があるより、何もないほうがよい。
6
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
stein00000 不幸や苦痛といった、基本的に他人と共有できない物を単純に足しあわせるのはどうでしょうか
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
stein00000 世界に一人の人しかいないとして、新たにもう一人増えたら単純計算で不幸の総和は倍になりますが、(少なくともこの二人が接触しなければ)各人の不幸は増えも減りもしないでしょう
1
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
stein00000 強いて総和を出すならば、デメリットだけでなくメリットも勘定に入れなければおかしいかと
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
Kakhenisoms 同様にして無限に人を増やせば無限に総和は増えますが、各人の不幸は変わらないはずです。つまり単に総和がいくら増えようが減ろうが各個人の不幸とは関係がない
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
Kakhenisoms ただ単に総和を減らしても、今生きてる我々各人には何もメリットがないし、先に述べたように生まれないことで苦痛・不幸から逃れられる人は存在しません。結局だれも得をしません
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
反出生主義によれば、無である意識は一切の苦痛を感じないらしいが、同時に時間感覚もなくなるわけだから、「無の意識は永久に苦痛を感じない」とは言えないんじゃないか。「永久」などという時間的規定を使えないんだからさ。
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
Inuchawan え、それって“無である意識”なるものの実在は示されてるんですか? 単に仮定・想定するだけなら無でありながら永遠の苦痛にさいなまれる意識とか何とでも言えるわけですし……
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
それにさ、反出生主義は優生主義扱いされることを嫌がるけど、今の反出生主義の状況を見てみなよ。誰がこの思想を主だって広めてる?人生に絶望したような悲惨な境遇の弱者が真っ先にこの思想へと飛び付いてるよね?弱者への倫理的な脅しを以て生み控えを推奨することに繋がってる現状は、実質的に優生主義と何も変わらないよ
3
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Kakhenisoms 意識は何らかの条件により成立するものであり、またその成立は時間を無限にとることによって期待されるものである。我々の大脳が一つの意識を生み出しているとすると、それは意識を成立させる条件が、高々人体の一部を構成する原子の結び付き程度で再現されるということである
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
そして、宇宙における原子の結び付きは、時間を無限にとればそれこそ無数に起こりうるもので、その中である個人の意識を成立させるような原子の結び付きが起こり得ないとは決して言えない。
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
Inuchawan ではその無である意識が生まれてきた子供の肉体に宿った(?)という証拠は示されてますか? 生まれてきた子供の意識がかつて特定の無である意識であったという連続性は?
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
そう考えれば、ある意識の発生が起こる確率は、原子の結びつきやその他の物理的な条件が時間的発展により成立する確率として、時間を変数とする関数の形で描像することができるだろう。そして確率の定義により、それを全時間で積分した確率は1になる。すなわちこれは、無限の時間が経過する中で、ある意識を発生させる条件が必ず1回は成立することを表す。つまり、無の意識を仮定しての無苦痛の状態は、その意識が成立するまでの間しか続かないということだ。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Kakhenisoms その証拠はこれからの物理学や生物学などが、宇宙や時空、意識の解明を進めていく上で明らかになっていくことだ。しかし指摘しておきたいのは、反出生主義は意識に関する反証可能性を残した知見について不十分な状態であるにも関わらず、十分な科学性を持ち、十全の倫理性を備えた理論として反出生主義を喧伝しているという事実である。その点において、反出生主義は漠然とした「意識の無の状態」という常識的論考に立脚して論を強引に進めている。それでは出生主義の常識への服従を笑うことはできない。
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
Inuchawan 特定の原子の結びつきが特定の意識を生じるとして、無である意識と生まれてきた子供の意識、それぞれの原子の結びつき方が全く同じであっても全く別の原子によって別個に成立してるわけですから、この2つは別の意識じゃないですか?
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Kakhenisoms 現状では何とも言えない。実験によって確かめられたわけでもなければ、理論が確立したわけでもない。しかし、死後の世界や魂の不滅などのオカルト的な言い抜けとは違い、そこには将来の科学の展開によって解消できる反証性が存在する。そして、そのような不可知の事象に対し、勇み足で結論を出しているのが反出生主義ではないか?出生への懐疑を前提にしておきながら、結局は自らの信奉する無苦痛による安寧という理想を堅持するため、それ以上の懐疑を忘れているのが反出生主義の現状なのでは?
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
他にも言いたいことがいくつかあるな。反出生主義者は反出生行為を個人の自由として何ら制限なく行えるが、一度反出生主義が広まってしまえば、出生主義者には出生を自由に行う権利などない。つまり、出生をしたいと考える人間が1人も居ない世界でしか、反出生主義が何の倫理的な問題も起こさずに人々に受容されるということは起こりえない。それ以外では必ず、出生主義者に対する反出生主義思想の強制が行われ、倫理的な悪が発生してしまう。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Inuchawan 他にもこれに関することだが、もし為政者が反出生主義の意図的な運用によって、条件付きの反出生主義を推し進めたらどうなる?貧しい者・障害のある者・その他社会生活上子供の苦痛が想定される者は子供を作ってはならないと為政者が布告すれば、これは優生主義にプラスして倫理的な重荷まで弱者に背負わせた産児制限になり、極めて問題のある社会になってしまうだろう。他人に働きかけず個人で反出生を果たそうとする人間が増えれば、それは万人が行う反出生ではなく、一部の人間への反出生圧力になってしまう。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
だから、現世での苦痛に耐えきれずに反出生主義(と当人の考える)生み控えへ走る人間が多くいる現状は、究極の倫理的問題の解消を志向する反出生主義とは矛盾した状態になっている。むしろ、追い詰められた人間へ最大級の援助を与え、この世における充足では満足できなくなったとき、初めてこの思想が意味するところの「苦痛の消去」は成立するのではないか?多くの人間は現世でなんとか解消可能な苦痛に対し、あまりに過大な方法を適用しようとしているのではないか。それこそ、ネズミを殺すのに地球破壊爆弾を使うような。
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
さすがにちょっと、証明されてから来てくださいという他はないかなあ
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Kakhenisoms なぜそこで、私のみが「証明されてから来い」と言われなければならないのか。議論の対称性を保つならば、根幹の部分に証明されていない「無の意識の状態」を組み込んでいる反出生主義の側にも証明する責任はあるし、非証明の理論を用いているという指摘は成立して然るべきだと思うが。
0
@indvsub 2019年11月3日
_denev_ 「人類の滅亡とイコール」から「実用性が無い」にどう繋がるのかさっぱりわからんのだが
2
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2019年11月3日
無の意識とやらと生まれてきた子供の意識の関係が示されないなら全く反出生主義とは関係ない話になってしまいますし、反出生主義者に対してもそう言うほかないですね
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
Kakhenisoms 全く関係ない話か否かがまだ未確定であり、それを「関係がない話」として強引に推し進めているのが反出生主義であるという指摘をしているのですが。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
_denev_ 正直、反出生主義の運用次第では、人類の滅亡どころか一部の人間に利益を集中させる人類文明の維持にさえできてしまうよね。反出生主義はどのような人間も一律に生まれるべきでないという主張なんだけど、今この思想を受け入れている弱者は、強者もまた出生を行うべきでないという部分に非現実的な反発を覚え、そんなことできるわけがないと諦めてる。ならば、強者の側は反出生主義を歪めて運用することにより、弱者に反出生を押し付け、自分たちは自由に出生を行うこともできる。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月3日
そう考えると、反出生主義は共産主義を思い起こさせるところがあるね。科学的な議論から導き出された強い理論的正しさを持ちながら、それを社会に適用し運用していく人間の利己性や過誤によって歪曲されてしまい、今や理論自体が間違いであったか、そうでなくとも人類には過ぎた思想であったという見解で一致している。大衆への受け取られ方次第では、反出生主義だって同じ轍を踏む可能性は十二分にあるよ。
0
XX_ouga @XX_ouga 2019年11月4日
前の奴でも言った気がするけど反出生主義は倫理や道徳と言った『生きてる人間にしか適用できないもの』をまだ生まれてない人間に適用しようとしてる時点で話にならんのだがな。自国の法律を何も言ってこない、法整備も未発達な他国にまで適用させて侵略してるようで凄まじく醜い。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月4日
第一、この思想は多くの人にとって理解するのが難しすぎるんですよ。はっきり言えば、現在苦境に立たされている人間の方が反出生主義を正しく受容するのは難しい。もしその人たちの苦境が改善され、子供を作る余裕のある状態まで生活が安定したとしても、子供を作るのは倫理的に悪なのだと言われてどれだけの人が納得できるんでしょうかね。自身の感じる苦痛を子供に味わわせてはいけないと感じる人は、その苦痛を取り除いてもなお、子供に解決不可能な苦痛が残存すると理解できるのか。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月4日
反出生主義者の語る抽象的な苦痛の概念は、多くの人々によってより具体的な現実における苦痛と同等だとみなされるけど、それも良くないかもしれない。反出生主義者はこの苦痛を動かしがたいものだと強調するが、それだと前述した関連付けにより、対応する現実上の苦痛もまた動かしがたいものだと認識されてしまう。つまり、反出生主義を推進したとしても現実における苦痛を解消することは求められるはずが、大衆の誤解あるいは反出生主義の都合の良い運用によって、苦痛を放置する言い分にもなりうる訳だ。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月4日
反出生主義には、現実との接続性がまるで見えてないとも言えるね。各々が「自分の言っていることは倫理的に絶対正しい」と主張するばかりで、実効性を伴う方策や社会のシミュレーション、その場合生じる副作用に対する事前策などの考えが出てこない。以前どこかで、出生主義者が出生行為により順当に数を増やす一方で、反出生主義者は出生を自ら封じている上に、仲間を増やすための理論は難解ときてるから、とても実現性を考えられるほどの多数勢力にはなれないという予測があったけど、確かにそうかもね。
0
ネットで通りすがるブラジル人 @ntbxp 2019年11月4日
意識を高める結果が反出生主義みたいな人類の自滅を訴えかける理論になるのでは、正義とか倫理とか道徳とかを極めるのが無意味に見える。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2019年11月4日
反出生主義者は、私が前述したような「反出生主義を表面上信奉しているように見える人間」に対して、それは真の理解に至ったものではないと表明すべきだと思う。そういう人たちは社会への行き場のない怨嗟を自らのうちに封じ込め、苦痛の解消を不可能だと諦めて固定化してしまうだろうから。諦念に支配された弱者が反出生主義者の大多数になれば、不幸な社会が到来してしまうよ。
0
もどき @Fake5LL 2019年11月8日
死ぬのは怖い→死ななくて済む唯一の方法は最初から生まれないこと ってそこまで難解な理屈か?
3
不知 詠人 @shirazu_ys 2019年11月10日
単なる読書メモにこれほどのクソコメントがつくとは。さすがとげったらんど
2