10周年のSPコンテンツ!

(自分メモ)量産品でも芸術であり美術である

ポスターや日用雑貨は芸術ではないと思う人もいるが、それは、財産としての価値と、美術としての価値を混同しているからだと思う。
文化 美術 芸術 価値
3
れおポン @Leopon_A
なんか、思いつくままに連ツイしたので、話がすっきりしないけど、自分メモとしてトゥギャっとこう。 他の人が読んでも、ちょっとは参考になるかもしれないし。
れおポン @Leopon_A
こうした誤解が多くの人に見られるのは、一つには、財産としての価値と、美術としての価値を見分けるのが困難なことに原因がある。 現代社会では、どうしても、価値は金額で表すことから離れられないから。 twitter.com/tawarayasotats…
れおポン @Leopon_A
例えば、古くには、肖像画は貴族のものであった。精巧な油絵を描くには時間がかかり、画家を雇って絵を描かせることに大金が必要だ。 この場合、美術的な価値と金額が比例する傾向にある。 そして、「一点物」であることに、絶対的優位性がある。
れおポン @Leopon_A
これを、もし大量生産できたとすればどうなるか。 写真術が登場し、「肖像」が広く一般化したとき、肖像画は、一点物である優位性を維持しようとする。 油絵という技法に価値がある、と、位置付けたい人が現れるのだ。
れおポン @Leopon_A
昔は「肖像」を残すことそのものにも大きな価値があったが、写真術が生まれ肖像が大量生産されると、肖像は「金額的」には低下してくる。 しかし、一点物の油絵は、価格を下げられない。 本来の「肖像」の価値とは別に、財産としての値段が問題視される。
れおポン @Leopon_A
ここで、現代社会の矛盾が生じるのだ。 美術品としては、美しかったり、個性だったり、なにがしか「肖像の価値」を評価すべきなのだが、財産としての金額も価値の一つで切り離せない。 そこで、誤認する人が出てくる。大量生産で低価格なのが、そのまま美術としての価値を表すと思い込んじゃう人。
れおポン @Leopon_A
本当は、別々の価値が生じているのに、それを取り違える。 高級印刷のポスターでも、1000円とかで買えるけれども、そのポスターが制作されるまでの創造性は、その金額とは別に存在する。
れおポン @Leopon_A
なので、こうした量産品は、発表当時は低価格なのだが、時間が流れ、損耗などで数が少なくなると、値段が上昇する。 「ずっと残しておきたい」という美術的評価が眼に見えるようになり、残像数の低下とともに、財産的価値が上昇する。
れおポン @Leopon_A
芸術の問題も、経済や値段の問題も、考え始めるとめんどくさいね(´Д`;) 条件が枝分かれして広範囲に及ぶから、一言にはまとめにくい。 最初から知ろうとしない人がいてもしょうがないか。
れおポン @Leopon_A
量産され、大衆化されたものも、やっぱり、作るのには創造性が必要で、それだけの「芸」がそこにはあるし、「美」も表現される。 大衆芸術と呼ぶ場合もあるだろうし、現代芸術の言葉が当てはまるかもしれない。 何にしても、芸術であることに間違いない。

コメント

緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 12日前
要するにそれ、金持ちがバクチのネタに使う「投機商品になりうるかどうか」がアートの基準て事じゃないの
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 12日前
バカチンばばあの手口がなんとなくわかってきた。要するに馬券かパチンコ玉程度の価値の「作品」に権威付けすれば投機商品になるという「アート」商売に絡んで価値を捏造する役割なんだな。大量にコピーされてネットワークにのり流通するコンテンツは、投機商品にならないから「アートではない」=「バクチの馬券ではない」なんだ
緑川⋈だむ @Dam_midorikawa 12日前
で、宇崎ちゃんも孕ませBLも「ネットワークに乗って流通するコンテンツ」=「投機商品ではない」=「バカチンばばあ定義で言うアートではない」=「アートではないから表現の自由はない」=「アテクシのオキモチ次第でアテクシが自由に検閲弾圧抹殺して作者ごと焼くべき」なんだ
ゆうき @F001Yuki 12日前
量産品の美術芸術を財産価値として取り扱うために版権・著作権というものが発明されたのではないかと思うと、量産品は金にならないから美術じゃないよっていうのはどこまでアホなんやって感じになるよねえ
yuki🌾4さい⚔ @yuki_obana 12日前
ポスター1000枚1000円で売れるなら1枚20万円で売れる絵よりはるかに高価なん(同じ製造コストならね)(´・ω・`)帳簿は嘘つかない。顧客にとっては1000枚ポスター買い占めれば200万円で売れる可能性はあるから十分魅力的な投資対象だよ。それが10万部だろうが大して変わりはない。現存量はとても大事な時間とともに得られる価値になる。倉庫費がかかるってだけで骨董品店では今もポスターは有益な投資対象だよ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする