安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」

【イベント概要】 近年、慶應義塾大学出版会より井筒俊彦の英文著作が数多く刊行されている。2017年に配本が開始され、今年完結した「井筒俊彦英文著作翻訳コレクション」のことだ。 井筒俊彦は、1950年代半ばから70年代までの約20年間を欧米や中近東で過ごしており、その間は英語で執筆や講演活動を行なっていた。この叢書は、ちょうどこの時期の井筒の代表作を集めたものであり、2016年に配本が完了した『井筒俊彦全集』の空白を埋めるものとなっている。『意識と本質』をはじめとする、晩年の日本語による著作の源泉がここにあると言えるだろう。 続きを読む
東洋 ゲンロンカフェ 老子 慶應義塾大学出版会 安藤礼二 井筒俊彦 思想 哲学 ゲンロン 中島隆博
2
リンク ゲンロンカフェ 10 井筒俊彦と中国 – ゲンロンカフェ 株式会社ゲンロンが運営するイベントスペース
イベントの放送はタイムシフト視聴可能!購入は12/3(火)18:00まで、ご視聴は23:59まで、料金は都度課金1000円となっております。冒頭15分は無料でご視聴いただけます。↓↓↓
リンク ニコニコ生放送 【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 <b>↓ 番組チケットのご購入はこちらのリンクから!<br /> <a href="https://ch.nicovideo.jp/genron-cafe/li
リンク www.keio-up.co.jp 155 井筒俊彦英文著作翻訳コレクション 全7巻(全8冊)| 慶應義塾大学出版会 井筒俊彦英文著作翻訳コレクション 全7巻(全8冊)日本語著作の空白の時代を埋める『翻訳コレクション』を刊行!『井筒俊彦全集』と併せて、ここに井筒俊彦の世界が完成する。 :慶應義塾大学出版会
ゲンロンカフェ @genroncafe
本イベントの企画者、ゲンロン編集部員ゐせ @yisikp による井筒俊彦の紹介、参考図書5冊をPeatixページに追記しました! >11/26(火)安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国―あたらしい東洋哲学のために」 ☆会場参加:peatix.com/event/1365435 ☆放送視聴:live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/GQ1qxyRylo
拡大
拡大
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 井筒俊彦(1914-1993)は日本の哲学者、東洋思想研究者。日本ではじめて『コーラン』を原典訳するなどイスラームの研究で知られるが、大乗仏教や老荘思想などの研究でも有名。また卓越した語学力をもち、30以上の言語を操ったとも言われている。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 【ゲンロン編集部員ゐせが選ぶ、参考図書5冊!】 『コスモスとアンチコスモス――東洋哲学のために』(岩波文庫) amzn.to/2qzOnXX 今年文庫化されたばかりの論集。イベントまえに、「コスモスとアンチコスモス」と「事事無礙・理理無礙」はとりあえず読んでおくとよいかも。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 【ゲンロン編集部員ゐせが選ぶ、参考図書5冊!】 『東洋哲学覚書 意識の形而上学――『大乗起信論』の哲学』(中公文庫) amzn.to/2ODoG0w イスラーム神秘思想などとの比較のなかで大乗仏教を論じた本。簡単ではないが、とてもコンパクトなので手にとりやすい。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 【ゲンロン編集部員ゐせが選ぶ、参考図書5冊!】 『言語と呪術』(慶應義塾大学出版会) amzn.to/338vAjL 今回登壇の安藤礼二さんの監訳で2018年に刊行された。安藤さん曰く「これによって井筒の読み方がガラッと変わる」とのこと。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 【ゲンロン編集部員ゐせが選ぶ、参考図書5冊!】 『意識と本質――精神的東洋を求めて』(岩波文庫) amzn.to/2KYPLdR いわずと知れた晩年の主著。井筒の英文著作はどれも『意識と本質』以前なので、今回のイベントではこの本にいたるまでの道すじが語られるか。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
@yisikp 安藤礼二・若松英輔編『井筒俊彦――言語の根源と哲学の発生』(河出書房新社) amzn.to/35vaEFj 井筒に関する論集。デリダの原稿がのっている。『言語と呪術』を論じた安藤さんの論考と、安藤さん+若松さんの対談を読んでおくと、安藤さんの問題意識が把握できるはず。 #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
本イベントに向け、井筒俊彦に関する参考図書5冊をPeatixページで紹介しています。これから井筒俊彦を読むという方もぜひ! >11/26(火)安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国―あたらしい東洋哲学のために」 ☆会場参加:peatix.com/event/1365435 ☆放送視聴:live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/Wq6KWg8sMw
拡大
拡大
拡大
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
当日は安藤さん中島さんからのプレゼンもあります。ひと足早く、中島さんからプレゼン資料が届いたので、抜粋してご紹介! >11/26(火)安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国―あたらしい東洋哲学のために」 ☆会場参加:peatix.com/event/1365435 ☆放送視聴:live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/PPiuW6amnv
拡大
拡大
拡大
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
安藤さんから本日の配布資料が届きました! 会場チケットは直前までご購入可能、当日券もあります! 今日は来るしかない! >11/26(火)安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国―あたらしい東洋哲学のために」 ☆会場参加:peatix.com/event/1365435 ☆放送視聴:live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/IWXYVxgjcM
拡大
Yoko Ueda @yuvmsk
11/26 19:00から。放送後1週間何度もご視聴いただけます!!→【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #nicoch2580193
斎藤哲也『試験に出る哲学』 @saitoshokai
今日はゲンロンカフェのこれに行きます。超楽しみ。 11/26(火)安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 ptix.at/F2zsvq
堀内大助 @hrchdsk
イベントスタートしましたー 個人的に井筒俊彦は昔から関心がありつつ、なかなか手を出しづらかったので、今日は楽しみ!!(勉強します!!) →【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/alKuupyt62
拡大
河村書店 @consaba
『スーフィズムと老荘思想(上)井筒俊彦英文著作翻訳コレクション』井筒俊彦、仁子寿晴・訳(慶應義塾大学出版会)世界に名を知らしめた主著、待望の邦訳。東洋における二大叡智の真髄を解き明かす。上巻は、イブン・アラビーの存在論 amzn.to/2WGZ1u9 #ゲンロン191126 pic.twitter.com/TNHEPcyJhE
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
安藤「井筒俊彦さんはクルアーンの邦訳をされた方。1950年代半ばから20年間、英語で主要著作を書いていてこれが非常に重要なんです。これに触れなければ井筒さんの全貌は掴めない」【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126
ゲンロンカフェ @genroncafe
イベントスタート!稀代の思想家、井筒俊彦に迫ります!→【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 live.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/Bm9VJD5TDj
拡大
河村書店 @consaba
『神秘哲学: ギリシアの部』井筒俊彦(岩波文庫)ソクラテス以前の哲人達から、プラトン、アリストテレス、プロティノスへと続くギリシアの精神史を、人知を超えた絶対的真理「自然神秘主義」の展開として捉える。 (解説=納富信留)amzn.to/2Ieo4yw #ゲンロン191126 pic.twitter.com/OzvS2g3T7d
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
安藤「日本語著作の代表作が『神秘哲学』なら、英語の代表作が『スーフィズムと老荘思想』。英文著作はきわめてロジカル。そして文献学者としての能力がすばらしい」 【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 live2.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126 pic.twitter.com/5qNXZyOLAo
拡大
河村書店 @consaba
『イスラーム神学における信の構造 (井筒俊彦英文著作翻訳コレクション)』(慶應義塾大学出版会)ときに烈しい論争をまきおこしながら、精緻な理論へと練り上げられていった7世紀末から18世紀のイスラーム神学論争を描く世界的名著。 amzn.to/33hNgtb #ゲンロン191126 pic.twitter.com/Nwrh4Ps14H
拡大
ゲンロンカフェ @genroncafe
安藤「井筒俊彦にとって仏教とは、スーフィズムと老荘思想をつなぐもの。これが英文著作によって明らかになった」 【生放送】安藤礼二×中島隆博「井筒俊彦と中国——あたらしい東洋哲学のために」 live2.nicovideo.jp/watch/lv322661… #ゲンロン191126
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする