コロナウイルス中和VHH抗体

新型コロナウイルスの検査薬及び治療薬として、実用化には時間がかかると思いますがユニークな研究です。
8
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

アルパカなどが持つ重鎖抗体の可変領域を切り出したVHH抗体はIgGと異なり短鎖で抗原に結合し、大腸菌などの発現系で容易に作成が、か。更にはELISAなどだけでなくウイルスを濃縮してPCRに活用の可能性もと。>新型コロナ用抗体、研究者に無償提供へ 琉球大系: 日本経済新聞 nikkei.com/article/DGXMZO…

2020-04-17 11:19:57
BiotechMania @BiotechMania

SARS-CoV-2に対する中和抗体の報告がある中、コロナウイルスのスパイク蛋白を認識するラクダ科のリャマの低分子VHH中和抗体によるSARS, MERS, COVID-19の治療可能性を示したCell誌掲載論文。 臨床応用に向け、抗体依存性感染増強(ADE)の有無等の検討も必要になるだろう。 cell.com/cell/fulltext/… pic.twitter.com/TQK9a18vrw

2020-05-06 11:43:18
拡大
KokyuHatuden @breathingpower

H鎖のみのVHH抗体は人の免疫系に抗原認識されないのかな?抗体依存性感染増強(ADE)も起きにくいかもしれない。補体活性化はないでしょうけれど。 / “新型コロナの治療薬に光明 - 食品新聞社” htn.to/86whg73Ava

2020-05-07 14:23:29
KokyuHatuden @breathingpower

検査薬として研究を始めた。治療薬としての可能性もある。両方成功することを願います。 / “kitasato-u.ac.jp/jp/albums/abm.…htn.to/28mG7xPYZ4

2020-05-07 14:44:33
KokyuHatuden @breathingpower

VHH抗体とIgGのFabフラグメントどう違うの?という疑問が解けました。アルパカ、ユニークなのは外見だけではなかった。 / “sbj.or.jp/wp-content/upl…htn.to/3Mfb6fVmza

2020-05-08 07:59:18
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

ニュースを聞いて、この「人工的」では今ひとつ要領を得なかったが(続。>新型コロナ 感染防ぐ抗体を人工的に作製 北里大学など | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2020…

2020-05-07 20:16:27
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

北里大学、EME,花王の共同研究だとか。>大村智記念研究所片山和彦教授ら研究グループが新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して感染抑制能(中和能)を有するVHH抗体の取得に成功 kitasato-u.ac.jp/jp/covid-19/pr…

2020-05-07 20:19:32
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

ヒト培養細胞で発現させたSARS-CoV-2スパイクたんぱくに対し、↓と同じラクダ科特有のVHH抗体をスクリーニングし、候補となる配列を取得、何らかの発現系を用いてVHH抗体を大量発現し結合能を評価、最終的に北里大Gによって細胞への感染抑制能を確認、と。 twitter.com/Slight_Bright/…

2020-05-07 20:37:21
Bernardo Domorno @Dominique_Domon

@Slight_Bright 感染制御能の確認は朗報ですが、VHH抗体自体がヒトにとって異種タンパク質なので、抗体医薬品にするにはヒト抗体とのハイブリッドにするのでしょうか。

2020-05-07 20:52:24
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

@Dominique_Domon 確かに、「医薬品」となるとハードルはまだありそうですね^^;;。。。

2020-05-07 20:54:38
Bernardo Domorno @Dominique_Domon

@Slight_Bright VHH抗体は量産向きで安定性が高いらしいので、検査薬向きだなとは思ったのですが、感染防護と書いてあったので、あれれ?と。 あ、ヒト化もできますね。 jstage.jst.go.jp/article/medche…

2020-05-07 21:00:24
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

共同研究に名前のあるEME=Epsilon Molecular Engineeringの元となった埼玉大の新技術説明会試料があった。>試験管内進化法による迅速な次世代抗体のスクリーニング技術 shingi.jst.go.jp/var/rev0/0000/…(PDF)

2020-05-07 21:03:20
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

なるほど、このVHH抗体は分子量14kDaと小さく、大腸菌などでの発現も容易、変性状態からも再生可、熱安定性も極めて高いとメリットだらけのようだが、この時点で構造安定性が低いためチップへの固定法に加え、非特異的吸着などに課題が、とも。 twitter.com/Slight_Bright/…

2020-05-07 21:33:05
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

もう一つ、VHH抗体とウイルスとの結合を評価するのに使われた「バイオレイヤー干渉法」って、要はVHH抗体を標識した表面での屈折率(誘電率)変化を見てるのか。>分子間相互作用解析の原理を追う lne.st/2013/03/01/分子間相互作用解析の原理を追う/

2020-05-07 22:05:33
K.M@超靴ひも理論 @Slight_Bright

まとめありがとうございます。ADEの問題含め、今後のワクチン開発においても重要な基本技術を提供するであろうと期待してます。RT @breathingpower さんの「コロナウイルス中和VHH抗体」togetter.com/li/1504837 をお気に入りにしました。 twitter.com/Slight_Bright/…

2020-05-07 22:58:57
KokyuHatuden @breathingpower

@k60hashimoto @janeway_tlr2 スパイクタンパク質に反応する抗体のB細胞から抗体の可変部位をつくるDNAを取り出して大腸菌に組み込んで大量培養という事のようです。凄い進歩ですね。

2020-05-11 16:10:02

もう一つの別な抗体について

KokyuHatuden @breathingpower

こちらはヒト化マウス抗体。早期実用化出来ることを願います。 / “ウイルスを中和する「有望な」抗体発見、オランダ研究 新型コロナ 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News” htn.to/wiHiC7qose

2020-05-07 16:20:51
KokyuHatuden @breathingpower

VHH抗体の大腸菌産生とかヒト化マウス抗体とかDNAワクチンとか、新型コロナ対策の進展で遺伝子操作に対する忌避感が一気に減るかもしれないですね。togetter.com/li/1504837 twitter.com/vaTCFJOUy5yDG0…

2020-05-11 19:41:44

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?