アプリで作成

錯視は意識の現象的研究に役立ちますが、更に人間が見ている世界は最終的に脳内で加工されたものであることを教えてくれています。

まとめました。
452
Masahiro Hotta @hottaqu

「情報は情報のみで存在し得るのか?」「量子力学が情報を扱う理論であるなら、実在を表す本当の理論を」このようなことを素朴に疑問に思われる方もまだ多いと思います。「実在」というものが日常生活であまりにも当たり前のように刷り込まれているから当然の反応でもありますが、それは幻想なのです。

2019-12-28 18:40:32
Masahiro Hotta @hottaqu

でもよく考え下さい。睡眠から覚めて目に入る世界は、光(つまり素粒子である光子の集まり)が持ってくる情報に過ぎません。例えば錯視は意識の現象的研究に役立ちますが、更に人間が見ている世界は最終的に脳内で加工されたものであることを教えてくれています。

2019-12-28 18:42:12
Masahiro Hotta @hottaqu

このデモンストレーションビデオも重要です。空間や物体を奥行きがある3次元的対象だと感じるのも、脳の働きだと教えてくれています。 youtube.com/watch?v=A4QcyW…

2019-12-28 18:43:46
拡大
Masahiro Hotta @hottaqu

これも錯視の効果です。左の白黒写真がオリジナルで、右はそれにオレンジと青と緑の斜線を加えただけのもの。線を加える以外には色を塗っていないのに、肌や服には色が付いて見えるのが不思議な錯視。 pic.twitter.com/ecdYUaTm83

2019-12-28 18:45:21
拡大
拡大
Masahiro Hotta @hottaqu

左のように皮膚や服の領域に色は付いていないという情報を、それぞれの光子は自分の網膜まで届けていたはずなのに、脳内では斜線部分の情報を採り入れて、錯視として右のように皮膚や服に自動的に彩色してしまいます。我々が見ている世界は、決してそのまま実在しているわけではないのです。 pic.twitter.com/j1YgztgQhR

2019-12-28 18:46:37
拡大
拡大
Masahiro Hotta @hottaqu

では、その情報を運んでくる「光子」は実在でしょうか。これについても、普通の意味の実在ではないことが分かってます。例えば光子が存在しないはずの真空中を一様加速度運動する測定機や観測者は、加速度に比例した温度の光子の集まりとしての熱浴を観測するのです。mhotta.hatenablog.com/entry/2014/05/…

2019-12-28 18:48:05
リンク Quantum Universe 物理学における存在とは? - Quantum Universe 「存在とは何か?」という問題は、本来実に根が深い。 例えば、相対論的量子場の真空状態|0〉を考えよう。 普通の慣性系での量子化では、真空は粒子数が零の状態だ。 またエネルギー密度の期待値もどこでも零だ。 そして図1のように慣性運動している測定機Aで測っても、粒子は観測されない。 空っぽの「無」の状態そのもののように思える。 しかしFulling-Davies-Unruh効果、通称「ウンルー効果」という面白い現象が知られている。 図1のBのように真空中を一様加速度運動をしている測定機は、あたかもその加速度に 22 users 31
Masahiro Hotta @hottaqu

光子があるかないかは観測者に依存しています。真空中を慣性運動する観測者にとっては、光子は存在しない。ところが一様加速度運動する観測者にとっては、光子は存在するのです。現代物理学の基礎である場の量子論では、素朴な実在概念では光子すらも説明がつかないのです。

2019-12-28 18:48:57
Masahiro Hotta @hottaqu

眠りから目覚めた人が見る世界の光景は、世界が素朴に実在していることを証明してません。情報が脳の中で処理され、それからイメージを作り出しているだけ。ただ毎日起きるたびその世界の風景に再現性があるため、素朴な実在という感覚を生み出して、日常の範囲でそれを長く利用してきただけなのです。

2019-12-28 18:49:48
Masahiro Hotta @hottaqu

量子力学は素朴な実在を扱う理論ではなく、情報を扱う認識論的理論です。世界は量子情報からできている。量子重ね合わせにある自分自身を認知できない古典性がある意識を持った<私>が、世界の量子情報の独立背反事象の中から、各時刻に唯1つの事象を確率的に体験するという事実があるだけなのです。

2019-12-28 18:50:24
Masahiro Hotta @hottaqu

このトンネル効果のエネルギーの話も、量子力学が実在論的ではなく、情報理論、つまり認識論的であることのその一端を示しています。 mhotta.hatenablog.com/entry/2014/04/…

2019-12-28 18:52:00
リンク Quantum Universe トンネル領域で粒子を見つけたら、その足らなかったエネルギーはどこから来たのか? - Quantum Universe ツイッター(@hottaqu)で、次の問題を出してみた。 例えば1次元空間で図1のようなポテンシャルの中の粒子を考えよう。 基底状態のエネルギーEは、原点付近のポテンシャルVoより小さい。 しかし、エネルギーが足らないため古典的には粒子の侵入を許さない領域にも、基底状態の波動関数は浸み込んでいる。 「トンネル効果」である。 従って粒子が原点周辺に見つかる確率は、零ではない。 しかし原点付近に粒子が見つかるとすると、その足らなかったエネルギーはどこから来たのか? それが「問題」である。 測定の結果、例えば図 40 users 24
Masahiro Hotta @hottaqu

トンネル領域でも粒子の存在確率は非零です。しかしそこに粒子が実在しているのなら、エネルギーが足りません。つまりその領域に測定前から粒子が実在していることを意味していないのです。その粒子をトンネル領域に見つけるには、位置測定機自身が十分なエネルギーをその粒子に与える必要があります。

2019-12-28 18:53:47
Masahiro Hotta @hottaqu

つまり「もし正確に位置が測れる測定機で測定するならば、必ずその測定中に足らないエネルギーが測定機から供給されて、ある確率で粒子がトンネル領域に観測される」という意味なのです。トンネル領域に粒子の非零の確率密度を与える波動関数は、そのような「情報」に過ぎない概念だと分かります。

2019-12-28 18:55:29
Masahiro Hotta @hottaqu

「情報は情報のみで存在し得るのか?」これには情報自体を記憶させる物理的実在は必要ではないのかという疑問も内包しています。でも「情報が物理的な何かに記憶されている」ということ自体も情報に過ぎません。本当に実在的な何かに情報が書き込まれているのかは、永遠に分かりません。

2019-12-28 18:57:05
Masahiro Hotta @hottaqu

例えば量子情報を担う代表格として量子場を考えてみます。分かりやすさのために入門書的教科書では実在的な描像で量子場を説明する場合も多いです。でも場の理論には双対性というものがあり、見かけが全く異なる場の量子論が、実は同じものだったりすることが分かっています。

2019-12-28 18:59:09
Masahiro Hotta @hottaqu

極端な例で言うと、低次元時空でボーズ場(ハードコアボソンではあるが)だったものが、フェルミ場で書ける双対性も知られてます。この系では、ボーズ場なのかフェルミ場なのかさえを区別する実験も、そもそも存在しないということなのです。

2019-12-28 19:00:12
Masahiro Hotta @hottaqu

また今でも広く研究が続いているAdS/CFT対応も、双対性の一種です。時空の理論である量子重力が、重力を全く含まない、そして空間次元も1つ小さな物質場の理論(CFT)に等価だという話です。

2019-12-28 19:01:05
Masahiro Hotta @hottaqu

例えば、空間次元が1つ高い曲がった時空に住んで、その宇宙の空間的な広がりを感じている人間も、実は次元が1つ低い平らな空間の別な場の理論の中の存在であって、その意識が空間の広がりを量子情報からイメージしているだけと言っても、それは原理的に区別ができないのです。

2019-12-28 19:02:08
Masahiro Hotta @hottaqu

また実際の実験で使う電磁場だって、エネルギー的な観点から本当に実在かと言われると怪しいのです。電磁場のエネルギー密度は任意の時空点において、観測者に依存せず、客観的に存在しているように見えますが、それも実は観方次第です。

2019-12-28 19:03:25
Masahiro Hotta @hottaqu

超弦理論のように高次元空間のコンパクト化で考えると、電磁場だって元は高次元重力場の一つの成分に過ぎません。そして重力場のエネルギー密度はテンソルの成分ではないことは昔から分かってます。ある点を中心とした近傍で座標変換すると、その点での重力場のエネルギー密度は常に零にさえできます。

2019-12-28 19:05:04
Masahiro Hotta @hottaqu

電磁場を含む高次元重力場のエネルギー密度は座標系や観測者に依存する概念です。ただエネルギー密度を空間積分した全エネルギーは、漸近的対称性(ポアンカレ群や反ドジッター群)の座標変換でベクトルとして振る舞うことは分かってます。つまりエネルギー総量だけは、物理学的な意味があるのです。

2019-12-28 19:06:18
Masahiro Hotta @hottaqu

重力場のエネルギー密度が座標変換で零にできる事実は、等価原理と関係してます。重力はある点近傍の局所慣性座標系をとると消えます。だからその場合には、その重力場のエネルギー密度もその点では零であるべきなのです。

2019-12-28 19:07:55
Masahiro Hotta @hottaqu

重力場の空間的なエネルギー総量にだけは意味があるのですが、この総量は興味深いことに、空間無限遠方の境界領域だけで評価できるのです。エネルギー密度がある量の空間微分で書けるためです。

2019-12-28 19:08:59
残りを読む(3)

コメント

JAPANweb【ドット絵お仕事募集中】 @JAPANweb_SRPG 2020年5月19日
はぇー…本気で錯覚だわ。 恐竜が面白い。
12
個人の感想です @Charlie3_y 2020年5月19日
『八方睨み』『睨み龍』とか言われてるやつですよね。
12
Destroyer Rock @hondapoint 2020年5月19日
色を感じる細胞は視野の真ん中にしかないから、真ん中以外は本来白黒しか感じていないのよ。 視界全体に色を感じているのは脳で着色しているからなのよ。
28
ぼんじり @takuya_omi 2020年5月19日
まるで禅問答ですね ゼーガペインというアニメのとあるシーンを思い出しました
4
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2020年5月19日
ドット絵やってる人間は一部の点や線で色味を変えることが出来るのは、ほぼ常識として身につけてるよね
19
Naruhito Ootaki @_Nekojarashi_ 2020年5月19日
凹んでるところに出っ張ってるように見える絵を描いて見る位置を変えると動いて感じるの数年前に流行ったけど、わかっていても「そう見えて」しまうな。
21
ゆゆ @yuyu_news 2020年5月19日
T-Rexの動画、是非1:20以降を見て。なんで最初のやつ使わないんだよっていうかそれなんだよww
0
ゆゆ @yuyu_news 2020年5月19日
「物理的にそうである」のと、「物理的なものを、環境要因まで含めた視覚情報として取り入れて、過去の情報などを踏まえながら脳内で変換した情景」は違うからね。複数の人が同じものを見ていても、各自が露出や解像度やカラーバランスの違うカメラと現像によって認識してるわけだし。
3
じもし @jimosiii 2020年5月19日
恐竜の動画まじで意味わかんなかった・・・錯視すげぇ
1
夏越丸@ねんくり引き取り先募集 @nagoshimaru 2020年5月19日
色のやつはなんかいまいち腑に落ちない。印刷のドットとかとどう違うんだろう。わかるようなわからないような。
0
ゆゆ @yuyu_news 2020年5月19日
.nagoshimaru .生物の視覚はドットではないだろうし、印刷のドットというのが、ある程度錯視を利用したものだということでは。
13
@Unlimit43803616 2020年5月19日
8K以上の解像度で60fps以上の動画を処理し続ける生体コンピュータだからそりゃ仕様で切り捨ててる部分もあるよ
34
金目の煮付 @kinmenitsuke 2020年5月19日
そもそも「私」って何?って話ですしね。古くは物理と哲学が同一分野だったのも、さもありなん。
2
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年5月19日
恐竜のやつは有名だけど、結局人間(に限らないが)は外界の事象を各種感覚器を以て脳髄に繋いで見ているだけと言うことやな。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年5月19日
思考実験で云えば、 水槽の中の脳 だね。
0
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2020年5月19日
鏡像も人間意識あってこそだよね。なぜ左右は反対で、上下はそのままなのか。「向かい合った人間はこう」という常識があるから左右に違和感を感じる。
1
一華 @anemone2522 2020年5月19日
緑の恐竜の例は、錯視とはちがうのでは?
0
(・ิω・ิ)もろきう(・ิω・ิ) @moroQ_mayuge 2020年5月19日
( ˙꒳​˙ )我も思う、故におっぱいもみたい ( ˙꒳​˙ )そうだおっぱいももう
1
barubaru @berururururu 2020年5月19日
3歳くらいの子が書いてる似顔絵とかあるじゃん。あれが補正なしのほんとうの世界だと思うんだ(怖
0
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2020年5月20日
anemone2522 ホロウマスク錯視って錯視の有名な一例ですよ。顔の形を見るとどうしても「凸面」だと認識してしまい、辻褄を合わせるために首振ってるようにしか見えなくなるという
25
すらーく @slarq 2020年5月20日
よくできたハードSF読んでる気分。
1
みんみ @minmi_okitsune 2020年5月20日
生き物は個々の世界を形成し、その中で生きている。
0
kisara @kisara50 2020年5月20日
デモンストレーションビデオがビデオである段階で画面が平面なので凹みが凸に見える錯視の例として不適切ではないのか。ビデオでなく実物なら正しく奥行きを把握して錯視にならない人も多いのでは?と疑ってしまう。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2020年5月20日
白黒写真に線を引いたらカラーに見えるってのは、その線にその場所にあっただろう色情報を乗せてるわけで、錯視というよりは言葉のトリックじゃないかって気がするね。
0
kisara @kisara50 2020年5月20日
>人間が見ている世界は最終的に脳内で加工されたものである  カルテジアン劇場をホムンクルスが見てるような微妙な表現が気になる
0
ボン青柳 @BonAoyagi 2020年5月20日
「時計を見て秒針が1秒以上止まって見えるのは脳の処理が追い付かないからだ」ってのと同じような話?
0
miyabi @miyabi6372 2020年5月20日
サムネの画像を見て「またワニかよ!」って思ったw
4
ヾ(zxcv)ノ @zxcvdayo 2020年5月20日
kisara50 首振りドラゴンで検索したらペーパークラフトが出てくる超有名なやつだから自作してみよう! 片目で見たほうが効くけど両目で見ても割と効くかなり強烈なやつよこれ(個人差はあります)
14
冶金 @yakeen4510 2020年5月20日
天地逆転する眼鏡を24時間かけているとそのうち逆転して見えなくなるという話を思い出した。
1
どんちゃん @Donbe 2020年5月20日
こういうの言い出したら、存在を知覚することはできないが理論上は確実に存在すると言われるダークマターとか反物質だってあるわけですし。
0
Ikunao Sugiyama @Dursan 2020年5月20日
一応心理学でも学部生の最初の概論で「感覚」「知覚」「認知」の分類は教えてるんだよね
0
いちり @ichirish 2020年5月20日
Neko_Sencho 手前の女性の服が青で、ペットボトルキャップが水色で、机の前の椅子の背が緑、ってのは白黒写真からは決められない。実際は赤い服で黄色いキャップで青い椅子かもしれない。あと、人肌に青い線を引いた場合は青い肌の人間には見えないと思う。だけど服だとグレーに青格子ではなく青い服と認識するのは、脳が勝手に辻褄を合わせる錯視なんだと思う。
3
seidou_system @seidou_system 2020年5月20日
後半、禅問答の領域やなあ。
0
男山(YZF-R25) @otokoyama_rx 2020年5月20日
斜線のやつって脳が補完してるのであれば、(周りの)肌の色が違う人は違う見え方するんだろうか。白人くらいならありそうだけど、黒人はそこまでいくのか? とも思う(写真の人物は欧米人に見えるが、私が見ると黄色人種の肌の色になった)
0
れが @lega235 2020年5月20日
Donbe ダークマターはともかく、反物質は実験室レベルでは普通に生成できてますぜ
0
ざっぷ @zap3 2020年5月20日
ダークマターは「計算上都合悪いんで想定した、質量以外は観測できない何か」という概念的呼び名であって、「ダークマターという名前の謎物質」ではないよ(って言って伝わるだろうか)。何らかの理論の補正で存在しないことになるかもしれないし、既知の素粒子の未だ知られてない性質に由来する(つまり物質あるいは反応として実在する)かもしれないもの。
9
ざっぷ @zap3 2020年5月20日
反物質は知覚や情報とは何の関係もない、物質の一つの形態でしかない。てなわけで、どちらも知覚の問題とか哲学の問題とかとは関係ない話だよ。
0
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2020年5月20日
余談だけど、錯視の何割かは脳に行く前の目の網膜で生成されてるんだよね。コンストラスト系錯視の一部とか。
0
いちり @ichirish 2020年5月20日
otokoyama_rx ヤマトのデスラー総統をモノクロにして顔に青格子引いた場合、カラーのデスラー総統を知ってる人と知らない人で見え方が違うってのはありそうな気がする
1
奈緒香 @mi_nagawaN 2020年5月20日
白黒写真、びっくりした。脳不思議。
0
地球田かずと @trdkzt 2020年5月20日
究極的には素朴実在論で全て説明できるんだろうけど、実際問題、測定器の限界でどうしても人間は「確率でしか把握できない」から、量子論でやるしかないと理解してる。
0
堀石 廉 (石華工匠) @Holyithylene 2020年5月20日
そういえば、人型の3Dモデルでも瞳を凹ませるのは常套手段というはなし
10
あらⓅ★ @arapix 2020年5月20日
情報も含めて「何も出てこられない」ブラックホールが「そこに存在する」という「情報」はどう知りうるか、とか、何とも相互作用しないニュートリノをどうやって観測するか、とか。
0
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2020年5月20日
恐竜のやつ、実物で見てもあまり感動はないんですよね。トリックの裏側が即座にわかる・遠近感はごまかせないなどの理由で。こうしてカメラで撮った映像の方がすごく見える。
1
Leclerc @3adam15 2020年5月20日
つまり鏡を見て「薄い」と思っても、本当はフサフサの可能性もある。
1
op chin @opopchin 2020年5月20日
糸川先生だっけか?「物理学突き詰めて探求してたら、般若心経に達してしまった」とか何とか言ったの。
0
島村鰐 @wani_shima 2020年5月20日
ある意味俗にいうのとは違った意味で「高度に発達した科学は魔術と区別がつかない」話だな
0
yot2019 @yot2019 2020年5月20日
opopchin 色即是空 空即是色 ですね 色=物質 空=エネルギー とすると、これ、アインシュタインのE=mc^2じゃないかと
0
佐渡災炎 @sadscient 2020年5月20日
anemone2522 むしろ、お前が錯視だと思っているものが実は錯視ではないのでは。
0
ざっぷ @zap3 2020年5月20日
ブラックホールは、理論上外部との特徴的な相互作用があるんで、「ある」っていう観測は可能だよ(ってのが数年前の報告だよね)。観測できないのは内部構造。「中から外に出られない」だけで、中に落ちていく奴が発するモノは観測できるんだよ
0
ざっぷ @zap3 2020年5月20日
ニュートリノも「ほとんど相互作用しない」であって何もないわけじゃない。確率が超低いだけで、スーパーカミオカンデなどで観測されてる。観測されてないのは陽子崩壊
0
立月 @tatuki911 2020年5月20日
Neko_Sencho >>その線にその場所にあっただろう色情報を乗せてる。 肌に載せてる色はオレンジですけどオレンジ色の人肌は見たことないっすねぇ。
1
あぶらな @ab_ra_na 2020年5月20日
白黒写真に斜線のやつ、PhotoShopで色相を反転(人の肌部分は青、女性の服部分の線はオレンジに)してみたらわりと「鈍い青の肌」に見えたので、知識から補正してるタイプのやつではなさそうですよ。
0
あぶらな @ab_ra_na 2020年5月20日
ただ、(元画像も色相反転でも)それなりに拡大するとやっぱり色線は色線、グレーはグレーですね。要は理屈として点描画とかに近い(ある程度引きで見ると混色して見える)感じなので、これ錯視かなあ、うーん、とは思う。まあ「点描画も錯視なんだ」って話な気はしますが。
0
いぶし @robodama 2020年5月21日
Holyithylene 実際の瞳も凹んでて、その上に透明な凸レンズ状の水晶体があるから盛り上がってるように見えてるんで理にかなってるんだよね
0
ヘイズル/USK @USK60873370 2020年5月21日
ホーンテッドマンションの図書室の常にこっち見てくる石像もこのトリックだっけ。
1
齊藤明紀 @a_saitoh 2020年5月23日
白黒写真に線を引いたやつは、明度と比べて彩度の解像度が低いという網膜の構造のせいでは?拡大するとちゃんと白黒に見える。脳がそういう画像認識方式をしてるという意味では「錯視」でいいのか?
0