編集可能
2020年6月25日

なぜアート系の人は、数学や古典物理に一切興味を持たないまま定期的に量子力学に興味を持つのか。

本人自答部分まとめ:昔は「流行ってたから」が理由、今は「ワクワク感」。 キーワード:”通俗化された”, ”一時期流行した”, ”最近の研究では”,"擁護","バイアス","潮流","まかり通る","近代"
9
hanna saito @0oHANNAo0

なぜアート系の人は、数学や古典物理に一切興味を持たないまま定期的に量子力学に興味を持つのか。

2020-06-24 14:04:17
𝐑𝐢𝐧𝐚 𝐒𝐮𝐦𝐦𝐞𝐫 🍰 @rinatie_ceo

@0oHANNAo0 何それ? まぁじっすかぁ! 例えば量子もつれとか直感的にはサイエンスフィクションっぽいからじゃないですかね?

2020-06-24 14:08:12
hanna saito @0oHANNAo0

@rinatie_ceo マジレスすると一時期の現代思想でメタファーとしてよく使われたことが一因だと思いますが、現在だと哲学でも量子力学のメタファーはちょっと使い古されすぎ...となっている感があるのでアート系で定期再発するのは何かSF的なワクワク感があるとかそういうことなんでしょうね。

2020-06-24 14:21:36
SK @mathmrk_neusci

@0oHANNAo0 量子力学と言っておけば「かっこいい」し「賢そう」だからですかね。。

2020-06-24 14:50:24
hanna saito @0oHANNAo0

@mathmrk_neusci そういうのもあるとは思いますが、量子力学って古典力学では扱えないような、非論理的で曖昧な領域を扱えるんだというような期待感が一時期あったと思うので、そういう背景がアートとの相性が良いという感覚に影響しているのではないかと思います。

2020-06-24 19:51:36

コメント

まかべたかし @bakashinu 2020年6月26日
ニュートン力学も知らずに相対性理論語りたがるやつらとかも多いな。
12
(あ)@お気持ちヤクザ @MutsuniNaruBeam 2020年6月26日
フェレンゲルシュターデン現象とかにも興味ありそう
3
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2020年6月26日
ふわっと解釈出来るとかか?
1
aitsuki @aitsuki2 2020年6月26日
量子力学って一番ふわっと解釈するのが難しい気がする…… 逆にいうと適当に書いてもバレない()
2
フルバ @furubakou1 2020年6月26日
量子力学やろうとしたらどうしてもニュートン力学使うよね…?
2
RGB000 @19666_61 2020年6月26日
量子力学に興味があるんじゃなくて量子力学がもたらしそうなことに興味があるんでしょ
3
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年6月27日
「アート系(笑)」な人にとっては、数学や古典物理といったものは「理屈っぽくて夢がなくつまらない既存の科学」という忌み嫌うべきものであって、それらを「ぶち壊す何か」と認識してありがたがってるだけです。
2
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年6月27日
「科学では解明できないこともある」の応用の「君たちは科学を信じてるようだが、それだって、量子力学のように過去の古典力学を否定するじゃないか、科学は常に正しいとは限らないんだよ」という、科学を腐すためのダシに過ぎません。量子力学の神秘性(笑)だけが大事で、理解できないしする気もない。
2
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2020年6月27日
方法論である科学を信仰と思い込んでる時点で話が食い違ってるんだけど、食い違いを指摘すると、「宗教論争で相手が言い訳を始めた、勝った」といい気になれるのです。そういう人にとってアートは信仰なので。
1
レドナ @Redona_kurage 2020年6月27日
なんかロマンを感じるからじゃない?
1