一食で玄米二合はやはりヤバい...諸事情で再現することになった「江戸時代の食事」、とにかく玄米の圧力がとんでもない

まとめました。
226
おうこうはん @SUSHIwanghaofan

いつも「江戸時代の食事がね」みたいなことを授業でしゃべってるんですけど、諸事情で自分でつくる必要がでてきてつくってみたんですよ。玄米2合はやべえっすね。豪華なときは、ちょっと魚がつきます(よけいに悲しみが出ますよね) pic.twitter.com/BiS9stqYdF

2020-07-02 20:38:37
拡大
拡大
拡大
おうこうはん @SUSHIwanghaofan

当然ながら2合の玄米を食べるのはさすがにぼくでもきついので、残ったご飯はおにぎりにして明日の朝ご飯にしたり、冷凍して後日食べます。 pic.twitter.com/EKQGrVgEtb

2020-07-02 20:50:38
拡大
おうこうはん @SUSHIwanghaofan

王昊凡/Wang Haofan。〈日本文化〉のグローバル化、具体的には海外の寿司店や日本酒の海外輸出を研究してます。博士(社会学)。授業情報は→ @oujugyo 。なにかありましたら下記サイト記載の連絡方法もしくはDM(リプ・RT通知はOFFにしてます)、大学経由でお願いします。サブアカ→ @WTabemono

sites.google.com/site/wanghaofa…

新・Toru=谷推しという名の紳士 @brand_new_Toru

大名クラスでも財政が厳しい外様はこんな感じの食事がメインだったと聞く。精米された白米はそれはそれはご馳走だったと。 twitter.com/sushiwanghaofa…

2020-07-03 07:52:15
Mami🇺🇸あめりか二年生🔰 @mynameismami1

これは面白い検証。アメニモマケズの中で一日に米四合を食べるという描写があり、宮沢賢治よく食うな〜と思ってたけど昔はこれが普通だったのかな twitter.com/sushiwanghaofa…

2020-07-03 06:56:12
大山 格 @itaru_ohyama

玄米なら脚気にならないけど、このオカズで白米二合だったら、そりゃ脚気にもなるわな。 twitter.com/SUSHIwanghaofa…

2020-07-03 06:33:17
セントオウル@手洗いうがい @Saintowl3393

自他に認める米党(アリスギア的に言えば米人か)だと自負しておるが 一食に玄米2合は厳しいものがあるな 麦や雑穀と違ってカジュアルに混ぜる訳にも行かないし 玄米食はハードル高いな(興味はある) twitter.com/SUSHIwanghaofa…

2020-07-03 07:27:03
春秋三等兵@地上に降りたCMDR @kikuchiyo_drtb

こんなに() こういう漬物ばかりのおかずで魚は滅多に付かなかったと知ると、剣客商売で大治郎がタニシの味噌汁の感動してたのもよくわかります twitter.com/SUSHIwanghaofa…

2020-07-03 04:17:28
マヌの長者 @bubera21

@SUSHIwanghaofan 地域によりますが、味噌を自前で作ってた家庭が結構多かったらしいですね。 醤油は高級品だったとかで うちの父方の実家は毎年味噌を作っていたらしいので

2020-07-03 00:37:12
Shiseki @Zhixi_Yin

@SUSHIwanghaofan 一日二玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウ二入レズ二 ヨクミキキシワカリ ソシレワスレズ  野菜くらいもうちょっと食べたいーー!

2020-07-02 21:08:17
ヴ又ア マキ才 @MOGUELEFF

@SUSHIwanghaofan 過剰な塩分も再現されていらっしゃいますか?身体に悪い事が分かっていても、塩吹く様な大辛の塩鮭に郷愁を誘われる身としてはちょっと試してみたい気がします^ ^

2020-07-02 23:15:54
ちぷとぷ@桃李園 @tip_top_pot_pit

@SUSHIwanghaofan 茨城の小作の子孫ですが、二代前まではほぼこれに近い食生活でした。父の実家は、農作業の途中のおやつも米を食べていたようです。「お中飯」と呼んでたそうです。 私自身も本来はこの献立を嗜好してます。実際は人並みの食生活をしてますが、これでいい…

2020-07-03 05:56:15
本郷 大 @kajigaya6

@tip_top_pot_pit @SUSHIwanghaofan 私は神奈川の貧農の子孫ですが、戦前の主食は雑穀米で白米を食べるのは1日と15日だけだったと叔母に聞いたことがあります。お米はまあ殆ど唯一の収入源ですから自由には食べられない…。

2020-07-03 06:33:10

これだけ食わなきゃ動けなかったんだろうな...

夜行性 @yakousei_

@SUSHIwanghaofan 当時の飛脚の皆さんは「とにかく飯食って、とにかく走る」という生活で、カロリーが完全に右から左に抜けてったような感じだったそうで……これ見ると米喰わんとやってられんよなぁと思うw

2020-07-02 23:45:58
関 蛮奇夫(SekI-BankIo) @yu07ULEre1ugBBC

@yakousei_ 西洋人が飛脚に「肉を食べさせる」という実験をしたら、途端にバテて走れなくなってしまった...なんて話もあるそうですしね。

2020-07-03 01:14:30
夜行性 @yakousei_

@yu07ULEre1ugBBC 後にベトナム戦争でも米食ってるベトコンのスタミナに注目が集まっていたなんて話も……

2020-07-03 01:16:36
yoshi@lonelypumpkin(埴輪男@台灣) @bitter_orange

@yakousei_ @yu07ULEre1ugBBC 多分、シャリバテ(ハンガーノック)にすごく効くんでしょうねぇ…お米ってやっぱり。

2020-07-03 01:23:17
鋭瑛一 @eieiichi

@SUSHIwanghaofan 移動が徒歩なんでカロリーの消費が半端ないのだろうな

2020-07-02 23:12:40
hime-ness @himenessiland

乗り物に乗る事が余程の上流階級でないとない、身体を動かさない仕事が機械作業を含めあまりない、と考えると、この食事は「ガソリン入れずに走れるかい!」て感じで理に適ってるんだろうな… とはいえ、江戸っ子は白飯好きで江戸患いに見舞われてたと聞くし、これは地方のご飯、なのかな? twitter.com/SUSHIwanghaofa…

2020-07-03 04:46:31

栄養面は?

スワン @munchdayooo

@SUSHIwanghaofan なんで魚が尻尾部分だけなのか気になります。 それに、このメニューじゃ米と野菜しかなくてタンパク質はどうやって摂ってたのですか?お肉は食べないんですか?これじゃ、カロリー少な過ぎる…😱😱

2020-07-03 00:06:09
@wanwanbawbaw

@munchdayooo @SUSHIwanghaofan 米のタンパク質が馬鹿にならんです

2020-07-03 00:24:40
スワン @munchdayooo

@wanwanbawbaw @SUSHIwanghaofan 米にタンパク質が入ってるんですね!!知らなかったです!!

2020-07-03 00:28:53
残りを読む(5)

コメント

さどはらめぐる @M__Sadohara 2020年7月3日
江戸時代に江戸で脚気が流行したのは白米の喰い過ぎではなくて、丁稚奉公たちが地元へ稼ぎを仕送りするために、米に比べて割高だったおかずをケチったことによる影響のほうが大きい。19世紀も後半になると地球規模で小間氷期が終了し温暖化が一気に加速したことで、暑さに不慣れな人たちが衝心脚気を起こしやすかったこともある。徳川14代将軍家茂も衝心脚気が死因とされている
49
SAKURA87@多摩丙丁督 @Sakura87_net 2020年7月3日
日本昔話のご飯タワーって別にフェイクじゃなかったんだな。まぁ、当時は殆ど人力だっただろうし、消費カロリーもそれなりだったのでは?
77
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月3日
おじさんは江戸に出稼ぎに来ると初期症状が出て田舎に帰ると治るから江戸患いと聞いた
28
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年7月3日
akibaakiba1111 江戸時代も半ばに差し掛かる頃には大名も庶民も3食が普通になってる 徳川吉宗みたいにあえて2食にしてた人もいるけど
43
99ca0213 @99ca0213 2020年7月3日
これ白米にしたら自分の食事にそっくりなんだけど悲しいんですかそうですか
6
煮こごり @jakigantsukai 2020年7月3日
火を起こすのも大変だから一度に大量に作らなければな
3
VRAM01K @VRAM01K 2020年7月3日
麦は米よりたんぱく質乏しいから欧米だと肉食が一般的だったんでしたっけ
4
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2020年7月3日
99ca0213 悪いことは言わんからタンパク質とりなね 肉でも魚でも卵でもいいから
102
まかろかん @sh3jf 2020年7月3日
エネルギー源の大部分を安価な主食に頼らなくても1日に必要な栄養が取れるようになったと考えると日本は豊かになったんだなと思った。
36
クリームソーダ飲みたい @aux71011634 2020年7月3日
健康には良いけど白米に慣れてると玄米食べるのキツイから(ニオイとか食感とか)まずは7分や8分で慣らすとよろしいかと。白米に混ぜるのも良し。
10
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2020年7月3日
昔のおかずにあたる漬け物や鮭を始めとした魚干物類がしょっぱい通り越した塩辛さだったのは保存料的意味合い以外にも、この圧倒的メシ量に対する味付け(口中調味)としてこのぐらいきつくないと成立しないから(超少量のおかずでメシを流し込む)って話なんだよね…
59
夜更至ヒルネスキー @hiruneskey 2020年7月3日
白米が好まれたのは炊くのに玄米より薪が少なくて済むのもあったとか
10
UZIRO @UZIRO 2020年7月3日
米2合がきついというよりこのオカズで米2合がきつい。
5
柿木まめ太 @kakinokimameta 2020年7月3日
たまに付く魚って、こういう尻尾というより、めざし一匹とかじゃないかと。うるめいわしとか、鰯類は豊富に取れたんだよね、昔は。シジミも河が近ければどこにでもいたとか。川エビもよく出たって、ばあちゃんに聞いた。基本自給自足。都市部と多くの田舎では食事内容も違うはず。地方色も出ると思うし。
37
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月3日
肉体労働してたかどうかだろう。 今でもスポーツ選手とか肉体労働者とかは大量に食う
5
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月3日
以前見たテレビCMで、戦後すぐの食料事情の話で「イワシ三匹コメ三合がほしかった」ってのがあったな
3
独壇場B-T @dokudanjobt 2020年7月3日
因みに、古米や古古米の方が、升で量るときに新米より多く入るので(値段の割に量が多くなる)貧しい庶民には好まれたとも聞くね。新米の白米なんて贅沢だったんだなー。
3
海◆eoxyl9RE @umi_eoxyl9RE 2020年7月3日
保温ジャーなどなかったので夜は茶漬けや湯漬けにして食べてたらしい。
16
山吹色のかすてーら @sir_manmos 2020年7月3日
玄米と大豆(味噌)を食べていれば、カロリーと必須アミノ酸とビタミンはほぼ完璧なので籠城するときは米と味噌だけ。
8
messie☆作り方公開・縫わないマスク超簡単! @fairymessie 2020年7月3日
玄米は白米より腹のたまりっぷりが爆上げなので、白米での2合と比べてはならない。消化悪いから胃が悪い人は消化不良起こすよ…
21
うおどむ @walkingdome 2020年7月3日
江戸時代は人工の80〜90%が農民、それだけの国民が現代では想像もつかないハードワークに毎日勤しんでいたわけで、この献立はいわば「ローコストのガテン飯」だったわけですよね。なるほどこういう食生活してたら、白米のうまさを一度覚えたらやめられなくなるだろうし、脚気も流行るわな・・・。
22
パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年7月3日
akibaakiba1111 普通に清少納言が『枕草子』に、大工が昼飯食ってるのを驚いてその疑問をしたためている様に、平安時代には既に昼食文化が広くあったし、それと同時に、1日2食の貴族文化もあった。と言う話で、3食な文化もずっと古くからある。
40
一華 @anemone2522 2020年7月3日
二合という記述がどの文献にあったのか知りたい。でないと「その量が江戸時代には一般的だった」ことの確信が持てなくて、素直に「へー」とは思えずに少しモヤモヤが残る。
4
イチロー @sbzkichi 2020年7月3日
昔話盛りは事実から来ててるということか。
0
JUMPIN' JACK FLASH @PhantomPain_05 2020年7月3日
『アメニモマケズ』の件も一日三食想定で見ていたので、まあ四合くらいは食べるよなあと思っていました( ˙-˙ )
0
tibigame @tibigame 2020年7月3日
過剰な塩分って、昔は肉体労働中心で汗かくから塩分補給は必須なのよ
18
金目の煮付 @kinmenitsuke 2020年7月3日
しかし…うまそうだ!(玄米好き)
0
neologcutter @neologcuter 2020年7月3日
農作業でも戦場でも動いたらこれぐらいは食べるんじゃないのかと思っている。
0
デルタ @delta393939 2020年7月3日
タンパク質は大豆からとってたのかも。
1
柳瀬那智@メロンブックス秋葉原超同人祭8月8-10日「超13」 @nachi_yanase 2020年7月3日
玄米2合って300g(炊く前)だから、それだけで1000kcalか……本当にそれしか糖質の源がなかったからこそなんだろうな。
8
ろんどん @lawtomol 2020年7月3日
このまとめを思い出した「戦前までご飯は大盛りで食べるのが普通だった」 https://togetter.com/li/1232102
12
あなぐま @badger2635 2020年7月3日
庶民は家で調理できない分外食で栄養を補ってたのかも。特に職人とか。
0
あなぐま @badger2635 2020年7月3日
つか、昔は冷蔵庫もなければガスコンロもなかったので調理ってのはものすごく手間だったことは考えるべきよね。火だってつけたり消したりなんて思いもよらないんで。どうしても副菜の種類は限られてくるよね。
6
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2020年7月3日
江戸時代の大名で「月に一度しか夕食のオカズに魚が出なかったけど明治になって華族になったら毎日魚が出る様になった。嬉しい」みたいな話も読んだ事あるからこの飯の写真はリアルティ有るんだなぁ。(明治の内乱でお殿様が積極的に関わって無いのは貴族特有の自己保全の他に生活水準が上がったからとの話で知った)
24
cinefuk 🌀 @cinefuk 2020年7月3日
『一日二玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ』百姓の世界では、粗食の表現なんだよな
1
ろんどん @lawtomol 2020年7月3日
こちらのブログから引用「(杉浦日向子)一日五合が基準。二食のときは一食で二合半です。だからどこの家庭にも、二合半の升が必ずあった。一人前の分量ということで。それで、一人前じゃない人に対して「この一合野郎」という罵り言葉があったほどです。半人前以下ってことですね」 https://www.google.co.jp/amp/s/kogotokoub.exblog.jp/amp/26050331/
13
おおさわなおと @NaotoOsawaK5 2020年7月3日
玄米は消化に悪いから昔の人もあまり食べてなくて、糠がある程度残るように精米して食べてたみたいね
2
Hornet @one_hornet 2020年7月3日
一汁一菜か、せいぜい二菜だろうから、最初の画像は贅沢だな
0
戦闘AIロリババァ @KZNK0 2020年7月3日
コメの栄養価の高さかな?あと、コメくらいしか採れない・採らない農法。水が多いので普通の畑は無理なので水田=米か小麦で、「それだけ食っていたら補える不足からタンパク質もビタミン・ミネラルもある玄米が採用された模様で。実際、戦国時代の兵糧の9割以上が米(玄米)だったし、量も一人あたり一日、平時は2.5合、行軍中などは4合だしww
1
Tadashi @tadashifx 2020年7月3日
昭和中期に木こりとか山で働く人は弁当に詰める米が「一升」だったと本で読んだことがある。普通の弁当箱には当然収まらないので曲げわっぱの本体と蓋にそれぞれ5合詰め込み、重ねた後に嫁さんが弁当箱をグイグイ踏んで圧縮すると。(ただし1食分ではなく2食分だったとのことではある。)おかずは現地調達が基本で弁当以外には味噌だけは持って行ったとのこと。
17
戦闘AIロリババァ @KZNK0 2020年7月3日
宮沢賢治の「雨にも負けず」で「一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ」とあって、実はこれ、GHQの支配下にあった時に教科書に掲載する話があって「これは食いすぎだ、三合にしておけ」と一時期改変されていたというww
9
あなぐま @badger2635 2020年7月3日
おかずは現地調達というと乙嫁語りのアミルさんを連想する。あっちは馬乗ってるけど。
0
ろんどん @lawtomol 2020年7月3日
井上馨、100石取りの武士の家だからそこそこのクラスなんだけど、魚なんか滅多に食べられず、骨は捨てずに油紙か何かに包んで埋めておいて、しばらくして柔らかくなったのをオカズにしてたとか読んだ記憶がある
8
達入玉 @tatsuiritama 2020年7月3日
こういうご飯を強飯(こわいい)っていうんだっけ 昔教科書で見た
0
あ か こ @akakored 2020年7月3日
tatsuiritama 強飯は蒸したお米なので、玄米を普通に炊いたこれは弱飯、姫飯になると思います。よわいいなんか響かわいいよねw
9
TaiDa @idarf777 2020年7月3日
昔の人は老けるのが早かったのも端的にこのせいで、カロリーと蛋白質のほとんどを米飯から得ていたから、年取ってどんぶり飯2杯も3杯も食えなくなると、途端にどんどん痩せ縮んでいっちゃったんですよね。
28
神無月 @sanpai2929sii 2020年7月3日
まぁでも玄米でも米がくえるだけまだ豪華な方の飯だよな。これ。
2
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2020年7月3日
江戸時代とは言っても、享保の改革で米の生産量がアップすると普通に庶民も白米食えてるんだよな。玄米に比べて傷みづらいので、朝に一日分炊いて、夜に茶漬けにして食べたりしてる
4
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月3日
白米に慣れてしまうと玄米だけの飯って皮がシャリシャリして美味くないんだよな。
1
catspeeder @catspeeder 2020年7月3日
まとめと関係なくて申し訳ないけど、知人に教わった玄米カレーが驚くほど美味くて感動した。ぜんぜん合わないように思えるコンビネーションのに不思議。
2
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 2020年7月3日
思いっきり蛇足になりますが、坂口安吾がエッセイで触れてまして。。江戸時代、隠れキリシタンをとっ捕まえたもののどんなに責めても転ばないので苦労していたと。ところが代官所の財政がひっ迫したもんで毎食五合与えていた飯を半分に減らしたらあっさり転んだと。
11
トークンボロ @projectjswing 2020年7月3日
昔の梅干しや漬物が酸っぱい・塩辛いのは保存の他にも、少しの量で飯を沢山食べる為という理由があったと思ってる。
2
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月3日
こりゃ脚気にもなるわ…
0
ユーコン @yukon_px200 2020年7月3日
飛脚が肉食ってバテた話、カーボロードの証な感じ。運動前はタンパクじゃなくて炭水化物!
10
おうこうはん @SUSHIwanghaofan 2020年7月3日
おうですけど、これでもっと恐怖なのは、毎日同じようなものしか食べれないことなんですよね。どんなに好きな食べものでも、10日連続はさすがにきついっすよね。
16
さしみじょうゆ @sashimi_shoyu7 2020年7月3日
日本昔話とかのイメージだと農民は米とか食えなくてひえとかあわを混ぜたおもゆのようなお粥を食べていた…みたいなイメージなんだけども。 食うや食わずやみたいなのは、流石に少数の最下層とか飢饉の時だけであって平均的にはこんな感じって事? それにしてもタンパク質なさすぎて、そら日本人身体大きくならんわってかんじやな。
7
ろんどん @lawtomol 2020年7月3日
森鴎外、学生時代は毎日毎日サバの味噌煮ばかりで、すっかり嫌いに。自作「雁」では、主人公がサバの味噌煮を食いたくなくて外出したことがストーリーに大きく影響します。なお軍医になってからは毎日毎日福神漬ばかりで、こちらも大嫌いに
8
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2020年7月3日
隣の中国や韓国では仏教と肉食を両立させてたのに日本があんなだったの、やっぱりおかしかったんだよ
9
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月3日
昭和初期の岡山市付近の農家だと1日4食(夜にも仕事してた地域は5〜6食)、米麦が7:3で四国から出稼ぎに来た人たちは四国では3:7だったそう。魚もそこまで食わず(正月、春祭、田植時期、秋祭が基本だったとか)、沢庵が1人4斗樽程度あったんだとか。
9
Oddball @0ddbaII 2020年7月3日
炭水化物食ってりゃ生きていけるってのを体現した様な。よほどよく噛まないとこの量の玄米は消化不良起こしそうだが
7
CAW=ZOO @CAWZOO 2020年7月3日
まあ白米と玄米じゃ安易な比較できんからね。しかしこれ、きついな・・・wまー仕事内容も違うけどさw
7
愛媛人と大阪人のハーフ @TmtRj 2020年7月3日
教科書で源氏と平氏の食事見たことあったな。源氏は玄米で平氏は白米だった。
8
inu @inu1122 2020年7月3日
日本人って、昔からタンパク質不足だったのかな。 筋肉が少ないからタンパク質少なくていいのか、タンパク質が少ないから筋肉の付きにくい体になったのか、どっちなんだろ。 ラーメンとチャーハン、餃子とご飯みたいに、昔から日本人は糖質大好きなんだな。
10
ポテチ @h4UoKS4uiga53r4 2020年7月3日
sashimi_shoyu7 江戸時代にこんなに「米」を食えてたのは江戸の人くらいだろう 農村部は「かて飯」っていう少量の米を雑穀だったり大根なりで嵩増ししたものが主食。 米は食うためってより年貢のために作ってるようなもんで、食うのは正月とか祭りの時くらいだったようね
12
いちり @ichirish 2020年7月3日
気になって雨ニモマケズのWikipedia見たら、玄米四合の項のところで、徴兵令では当初白米六合とか、陸軍では麦飯二合x3食とか書いてあってびっくりした。昔の日本人の胃の大きさどうなってるの
13
伍長 @gotyou_H 2020年7月3日
sashimi_shoyu7 江戸時代の悲惨な農民生活、みたいなのはどうにも戦後GHQの自虐教育臭いんですよね。 まんが日本の歴史とかでもそういう扱いされてるけど、いろいろ逆算してみると、文献から飯は食えていたし国からのあれするな系もそうする奴が後を絶たなかったということだし、コメの品種改良も頻繁に行われていて、と「本当にやばい生活」してたら出てこないような話がいっぱいあるんですよね。
8
mmm1969mmm @mmm1969mmm 2020年7月3日
卵かけごはんが気軽にできる現代に生まれてよかったと思う
8
naruto,tousen @narutousen 2020年7月3日
玄米を白米と同じように炊いたら、米粒がプチプチして奥歯ですりつぶしてから呑み込まないと胃が悲鳴を上げて下痢をします。炊飯器に玄米モードがある人は必ず使って、水も玄米の1.5倍以上は入れた方がよいです。慣れてから白米を食べるとあら不思議、まるで砂糖を食っているような心持ちに。こりゃ白米人気出るはずだ!
13
KOO @KOOlanevo 2020年7月3日
この手の食事の質素かつ偏りっぷりを見ると、食事に対して「味を楽しむ」とか「栄養に気を遣う」とかは近代になってようやく立ち現れてきた概念なのかなと思う。ましてやそれが全国民に広まったのはおそらく戦後とかになってから。
18
いつき @ituki_s 2020年7月3日
お米は必須アミノ酸を沢山含んでいて優秀なたんぱく源でもあり、そこに足りないアミノ酸は豆類からとれる。つまり味噌や豆腐とご飯の組み合わせは植物性たんぱく源としてはめっちゃ優秀とのこと。
10
フ一口 @fu_hitokuchi 2020年7月3日
昔も三食ちゃんと食べていたかは知らないですが、毎日2合を3回で6合食べていたら年間2190合も食べることになるんですがどんだけ田圃を耕せばいいんでしょうかね
4
蠢犇 @ugomekihisimeki 2020年7月3日
むしろ江戸時代は世界的に見ても裕福な生活だったんじゃなかったっけ?(飢饉はどの国でも起こりうるし)国として一番貧しかったのは開国後から日露戦争前あたり?
2
ゆきやけ @yukiyake_ 2020年7月3日
そもそもなんでお米が多いかっておかず少ないからよ昔は
2
犬だよ @yaju5123 2020年7月3日
ichirish  これ当時の献立表にも陸軍の食事は一食玄米二合を基本とするみたいな事書かれててガチなんだよね。  自衛隊でも二合食う人は多分そんなにいないと思うので、当時の人は本当に沢山食ってた可能性がある
3
nekosencho @Neko_Sencho 2020年7月3日
まあ、栄養が足りてなかったのは事実で、江戸時代の平均身長は今より10センチ以上低いしね。
3
終了 @makitani32 2020年7月3日
現代食は脂っこいおかずをセットにして食べるからご飯少なくても満足できるてのもあるだろ。1日玄米5合も食べるというと凄く多く感じるが、カロリーでいえばせいぜい2500kcal足らずくらい。これにおかずがごく少量とすれば肉体労働者の摂取カロリーとしては物足りないくらい。
7
ろんどん @lawtomol 2020年7月3日
最近読んだ「ある海軍中佐一家の家計簿」主人公は茨城のかなり裕福な農家の出身なんだけど、2年浪人してやっと難関の海軍兵学校合格のお祝いが「白米を炊く」(年に1〜2回しか炊かない)
3
齊藤明紀 @a_saitoh 2020年7月3日
玄米一合で500kCalチョイなので、玄米二合に漬物とみそは、ファミレスでハンバーグチキン南蛮セットを食べるより低カロリーだったりするんですね。
2
musu @FaVya7 2020年7月3日
炊飯器なんてないから薪を用意して火起こしからと思うと大変。江戸時代には毎食ごとに炊飯したんだろうか?一度にたくさん炊いて冷や飯や雑炊?
1
fusafusa @fusafus45860840 2020年7月3日
野菜も無農薬で作ってみればわかるけど、虫食いが多いわ、収穫量もばらつくはで思ったほど収穫できないんよ。 現代は肥料と農薬が潤沢なのでちゃんと育つけど、当時は市民に行き渡るほどには育たなかったんだろうなと
4
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年7月3日
それはそうと知り合いの医者から玄米を勧められて以来毎日玄米を食べている。他の人から「先生玄米は健康には確かにいいんですけどあのボソボソ何とかなりませんかね」と聞かれた医者が「えっあのボソボソがいいんじゃないですか」と答えた瞬間微妙な空気が流れたものだ。今なら分かるよ。何というか、慣れる。
10
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年7月3日
この手の話のたびに、今じゃすっかり聞くこともなくなった「居候三杯目にはそっと出し」ということわざを披露しておきたい。居候の肩身の狭さを表した言葉なんだけど、それでも三杯は食うわけだ。
8
ぴんくすライム @PINKs_Lime 2020年7月3日
sh3jf そして豊かさの象徴だった米国は、所得格差が開いて貧困層は炭水化物と脂質ばかり摂取するため、肥満が国民的疾病に……
5
ざの人(棘用垢) @zairo2016 2020年7月3日
玄米は 2合は流石にくえぬ 玄米食べる場合は一口最低20回は咀嚼しないと、1合でもきついんじゃ?、で、その咀嚼の御蔭で満腹感が出るから、御飯の量も抑えられるというメリットがありまして。
1
犬だよ @yaju5123 2020年7月3日
FaVya7  場合によって違うらしいですが、炊飯の回数は絞ってたみたいですね。冷えてカチカチになった飯を食べるのに湯漬けや水漬けにしてたとか何とか。  
5
犬だよ @yaju5123 2020年7月3日
a_saitoh  食物繊維の兼ね合いで低GIなので、むしろカロリー不足になりがちというオマケ付きである。  
2
マユ太 @rasensora 2020年7月3日
脚気の原因はビタミンB1不足だけど、肉類食べない上に炭水化物を大量にとって糖質代謝のためにビタミンB1を大量に消費してたら、そりゃ脚気にもなりますわ。
2
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月3日
更に日本では人糞肥料が広く使用されていた事もあり、皆して腹の中に寄生虫を飼っていたというね(終戦時まで回虫の感染率6割くらい)炊いた米なら死滅するだろうが、おかずの漬物や薬味など普通に生食するので
2
agegomoku @nekofurio 2020年7月3日
前の日の晩から一晩うるかして次の日の朝に炊くから、昔の人は自動的に毎日発芽玄米を食べてた、とどっかで読んだ
1
mikunitmr @mikunitmr 2020年7月3日
玄米より麦ごはんのほうが入手しやすいんじゃないかな。押麦とかもち麦とかご飯に混ぜて炊く用に売ってるし。
1
しわ(師走くらげ)@寝貯めしたい @shiwasu_hrpy 2020年7月3日
tibigame それも事実なんだけど、コメ摂取量減少と貯蔵技術発達したのにおかず塩分量文化が置いてきぼり食ったまま現代になった結果、昨今の不健康勢続出という事態を招いてる訳でもある。
3
唯唯@肝臓と腎臓のためにお酒休みます @Poco_Yui 2020年7月3日
軍隊は一食2合の定量って浅田次郎先生の小説で読んだけど、江戸時代から続いていたんだな
1
KOO @KOOlanevo 2020年7月3日
本当の意味で「カロリーを摂ることしか考えていない食事」ってこういうのだよね、という感じがする。現代の「早くて安いコンビニ弁当、ファストフード。これぞ労働者の味方」みたいな食事でもそれなりに美味しく作られてるけど、この時代のこういう食事は「味なんて考えたこともない。とにかくカロリーを摂れれば何だっていい」だろうし、毎食これと考えると美味しい食事がささいな楽しみな現代人的にはちょっとご遠慮願いたい。
1
みゆう @MinamidaYminami 2020年7月3日
昔は貧しい農民・庶民が食べていた雑穀が、今では健康食に ( =^人^=)づ🍚🌾
3
みゆう @MinamidaYminami 2020年7月3日
弥生時代にはみんなお米が食べられていたのに、江戸時代の農民は何故、粟や稗ばかりになってしまったのか? ( =Φ人Φ=)づ🍚🌾
2
しろうと @sirouto 2020年7月3日
江戸時代には自動車も鉄道もなく、日常生活の運動量が多いから、糖尿病は現代より少なかった。米ばかり食べてたから、脚気の流行はあったけど。だから、糖質自体は毒ではない。一方現代では、食品に砂糖や油を使いまくるので、米の量は減ってても、カロリーは同じくらい摂っている。と、圧倒的に運動量が少ないから、日本の糖尿病患者が、300万人以上にも増えてしまった。その対策は、野菜を食べること。健康に良いのは、「ファーストフードよりスローフード」。ただし、ドレッシングにも砂糖や油が入っているので、掛けすぎないこと。
1
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年7月3日
( ×H×)y-~~明治期の西洋人が描く日本人の体格がアレなのも、こういう食事のせいと言いますか…田舎では昭和30年代くらいまで余裕でこんな感じだったらしいですよ?
1
alan smithy @alansmithy2010 2020年7月3日
umi_eoxyl9RE 関東と関西では米を炊くタイミングが違い、関東は夜炊いていたので朝に茶漬けを食べていた。「朝飯前(の茶漬け)」の語源。
3
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月3日
万単位で年間死者を出していた脚気の原因が判明したのは1900年に入って暫くしてから、それでも死者が年1000人を切ったのが1950年代だから、どれだけ日本人は食を米に頼っていたか判るね。後年に医食同源なんて言葉も出来たけど、今じゃ当たり前の栄養バランスなんて当時巷では殆ど考えてもいなかったのでは と思う。
2
tkhrond @tkhrond 2020年7月3日
tadashifx ゴールデンカムイで杉本が味噌を持って歩いてた理由がなんとなくわかった。ありがとう。
7
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月3日
MinamidaYminami 平安時代にしても米食えてたのは貴族層くらい。武士・庶民層はほぼ雑穀類だったそうですが。 alansmithy2010 大坂の町人も朝は冷や飯に茶漬けとかで食ってた。なのである小説で主人公が体力付けるために「朝からきちんと炊いた飯と魚を食わせてくれ」という話に世話してる婆さんが嫌そうな返事をする記述が出てくる(主人公は世話してる婆さんにきちんと金払ってるのに)。
4
うおどむ @walkingdome 2020年7月3日
Mokko_Chin 調べてみたら2014年にも白米しか食わない高齢者が脚気を発症したとか、今の即席めんにはビタミンB1が添加されているとかいろいろ面白い発見があった。食の歴史は創意工夫と試行錯誤の歴史であることだなあ。
4
殻付牡蠣 @rareboiled 2020年7月3日
移動のカロリーを、例えば車で移動したときのガソリンの消費量などを人が移動したときのカロリー換算した場合はそれぐらい消費するだろうなとなるんだろうな。
1
かつま大佐(永遠の10歳📛) @kamiomutsu 2020年7月3日
MinamidaYminami うちの母は今でも麦飯と聞くと眉をひそめる。健康に良いも何もあんな不味いものを…となるらしい。昔の麦飯はたぶん本当に不味かったのだろう。
2
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2020年7月3日
kamiomutsu ( ×H×)y-~~米も精米加工の技術が昔は低かったからね。今のほうが何でも美味い。
0
愚者@7/12勇者部満開13:No.20 @fool_0 2020年7月3日
去年NHKでやってた『食の起源』でも、明治の頃の日本人が現代人より2倍以上の米を食していたのを取り上げてたなあ。今同じ量食わせたら大抵の人間はしぬw
1
ネット・アイドル界の重鎮だんごむしさん☔ @sengodebu 2020年7月3日
戦国時代江戸時代は魚が月に1回程度ぐらいしか食べられなかったということを聞いて驚くわ。日本ならそこらへんにありそうなもんだけども
0
聖夜 @say_ya 2020年7月3日
江戸前の海に魚がいるからといって素人が勝手に採ったら漁師に文字通り魚の餌にされますよ。田畑の作物と同じです
2
とりこ @TRI869 2020年7月3日
MinamidaYminami 江戸時代の農民もカロリーベースで言うと7割程度米で取っていたぐらい米偏重の食事でした。ただし江戸では庶民まで白米を食べていたのに対し、それ以外では玄米や雑穀混じりの米でした。また米と言っても赤米や大唐米(タイ米のような長粒種)のような炊いて食べると味が悪く商品価値は低いが主力商品としての米が取れない時にも取れる米が混じっているのも普通でした。
1
とりこ @TRI869 2020年7月3日
MinamidaYminami そして肝心なことですが雑穀混じり米が健康食としてもてはやされるほど美味しいものになったのは昭和も40年代過ぎてからなのです。その前は軍隊で脚気対策に白米飯を取りやめようとしたら反乱起こした軍艦があったぐらい不味かった。日中戦争が始まった頃東京者は白米を食っているというだけで農村誌に「何で米を作ってる俺らが白米食えないのに奴らが白米なんだ」って恨みつらみが並ぶくらい
1
Requirer @Requirer8 2020年7月3日
玄米二合は余裕だけど、おかずが少ないな…
0
あまもく⋈ @amamoku 2020年7月3日
idarf777 今でも60越えの方のタンパク質不足はたまに話題になりますね。
2
あまもく⋈ @amamoku 2020年7月3日
ちなみに「金のいぶき」おすすめです。玄米で食べることを目的に開発されたお米です。普通の玄米とは比べ物にならないほど美味しいですよ。
3
はくまに・アーチボルト @haku_mania_P 2020年7月4日
別のまとめにも最近書いた気がするけど、昔読んだ本には戦国時代の食事ってのは、人間が行きていくのに必要なエネルギーの大半を米(玄米)に頼っていたので、「一日五合の米と少しの味噌だけ」が普通だっったって書いてあったな。肉や魚どころか野菜もめったに食えず、漬物や芋がらがあれば御の字だった、ってレベルだったとか。
2
🌞AMERI JAPAN💰@TOKYO @AMERI_JAPAN 2020年7月4日
kamiomutsu 玄米にすごくいい品種があるんですよ。秋田出身なので秋田県産推しですみません。淡雪こまち若しくはミルキークイーンを玄米食でお楽しみください。たぶん夢心地。あと冷めても美味しいからダイエットにもなるよ!
2
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年7月4日
枝豆味噌醤油納豆豆腐…と、日本人のソウルフードのもう片方である大豆は米食で不足しがちなタンパク質とビタミンB群を豊富に含んでいるので、大豆料理は日本の食生活に対して理に適っていることが判る。
1
グレイス@とーほぐファーマー一年生 @Grace_ssw 2020年7月4日
実は時代によって米よりも変わったものが味噌と漬物。どちらも昔はコメカミに来るレベルの塩が入ってた。今は衛生用品の高度化と簡単に滅菌、密閉できる容器が増えたので、塩かとても少なくなってる。
2
マガミ@「南洋通商」 @ryuya_magami 2020年7月4日
昭和では既に、国民全般に白米の美味しさは伝わった。が、太平洋戦争で色々乏しくなった。戦後直後は食い物も偏ってる状態で、それでも白米を食いたい層が沢山でヤミ米が出回った。そんな頃、うちの爺様は権利を得た土地と野山を切り開いて、蕎麦をブン撒いて育てては、蕎麦がきにして味噌とお茶と一緒に食ってたそうな
1
ashen@一週間のご無沙汰でした。 @Dol_Paula 2020年7月4日
このおかずで白飯ばっかりドカ食いしてりゃ、そら脚気にもなるよ。
1
昆布出汁 @kobu_dasi 2020年7月4日
日の丸弁当がスタンダードだったんだな。
0
プラタ🍃 @prata_0123 2020年7月4日
そりゃあ米が代用貨幣になったり、土地の経済的価値の指標になったりするわけだ・・・
1
かにかま @kanikama_surimi 2020年7月4日
米だけだったとしても一人で一日2合とか無理…。しかし、貧しいと思っていた昔の農民とかが、今の私のご飯とかを"ぱっと見"したなら、"あれっぽっちしかくえねえなんて、未来には夢も希望もねえ"って思ったりしちゃうのかしら。
1
かにかま @kanikama_surimi 2020年7月4日
"昔の日本人の食に対するチャレンジャーっぷりと執着すげえ"って思ってたけど、このまとめみたらね。そら食うよ。ウニだのなまこだの得体の知れない見た目のやつから、はてはこんにゃくの鬼加工だのして食うよ。毒があろうとふぐ食うよ。ありがとうご先祖さまたち。
3
ゆうき @F001Yuki 2020年7月4日
米を計る単位に石ってのがあるけど1石が大人一人の年間消費量だっていうんすよ。で1石ってどんくらいなの何合なのって1000合だって言うんすよ。そしたらね1日あたり3合くらいじゃんあれおかしくない?ってなるじゃないすか。1日5合ってのは肉体労働者の食べる量だって話ですよ。でも江戸中期までは1日2食で、3食になってからも夜は寝る前なんで大して食べなかった言うんすよ。そしたら1日3合でも朝飯2合近く食ってたんだろねって感じで。それはそうとさすがに身体の大きさ違いますよね現代人と。
1
カツヲ @RX78_01 2020年7月4日
現代と違って米から栄養補給がメイン
1
フルグラ美味しい @frugura 2020年7月4日
昔の人の「ハレの時にくらいしか米の飯を食えなかった」というのは、米だけの飯という意味で、米自体を食ってなかったという話ではないらしい。普段は雑穀や野菜と一緒に炊き込んだりしてかさ増ししたものを食べてたんだと。だから今の米以外の穀物と一緒に炊き込んだご飯を高齢者に食べさせると、貧乏くさいということで嫌がる場合が多いと聞いた。
1
散散満/阿部市英夫 @til_til_mitil 2020年7月4日
昔は調味料も贅沢品で一般庶民の食事は非常に薄味だったという。明治以降強い兵を育てねばと食事の改革に乗り出したら「こんなに使うものだったのか&こんなにうまかったのか」と驚いたという。
1
こと @touko0714 2020年7月4日
飛脚って下半身の筋肉ムキムキですもんね。明治の写真見ると。毎日どれだけ走ってたのだろう。
1
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2020年7月4日
Grace_ssw 「おばあちゃんの手作り味噌」が土産物屋なんかで売られるレベルになったのは、戦後、大豆を日本に輸入させたいGHQ(戦前の大豆輸入先は中国や朝鮮)が主導したレベルアップ運動(指導)のおかげという話がありますもんね(今はアメリカ・ブラジル・カナダ・中国。なおブラジルは輸入国多角化を目指した田中角栄が目を付けて「俺が育てた(日本が資金の半分弱拠出)」結果、生産量世界第2位に躍り出た)。
1
あなぐま @badger2635 2020年7月4日
frugura 今の高齢者の場合はどちらかというと戦後の食糧難の経験の方が大きいと思う。芋粥とかは基本NG。
1
LQZ9Kubttf @Lqz9K 2020年7月4日
見た目で米の量がヤバイのは伝わるが、見た目では分からないけど漬物の塩分もヤバイ。
1
筋トレナースマン@避けろ集近閉 @m2_tanaka 2020年7月4日
今初めて疑問に思ったんだが、昔白米が贅沢で玄米食べてたのは、精米するのが大変だったからなのか?
1
ろんどん @lawtomol 2020年7月4日
m2_tanaka 私も今まで特に疑問に思ってませんでしたが、搗米屋(精米業)なんて商売が成あったくらいですから、かなり大変だったのではないでしょうか。「…杵を担ぎ、臼を転がしながら市中を歩き、客をさがします…食事は、たいがい客が出したようです。仕事がきつかったので普通の人の2倍以上も食べ、おかずには魚などがそえられたといいます」 https://www.kakashi-rice.com/history/
1
飛鳥明日香 @Asuka__M 2020年7月4日
玄米玄米言うてるが当時の脱穀と精米技術水準からすると精米歩合で言えば七分付き(←この漢字で合ってるのか?)たっだはず、とどこかでまとめてあった気がするな
3
みま@由仁区議員 @mimarisu 2020年7月7日
川多かったのに水車はあまり聞かないなぁ。あと畜産関係も
1