2020年10月6日

【ともしび】福間健二 #k2fact271

9月26日から10月5日まで。タイトルはロシアの歌「ともしび」から。自分で歌ってみて「夜霧の彼方へ別れを告げ」のあとの「雄々しきますらお」に早くもつまづいた。自分の感覚では使わない言葉だから。つづいて「トロイカ」も思い出した。ともかくそんな歌をうたう男が、亡くなった父のイメージと重なって現れた。そこからの詩。 父から貰ったもの、いろいろある。マージャンと碁が強かったが、彼が社会党の支持者だったことも大きい。そして私が社会主義の「遺物」に哀愁を感じてしまうことは、すでに何度か吐露してきたことだ。7を書いた日から、鹿児島に三泊四日。最後のメロディは「トロイカ」から。 音楽は、その「トロイカ」。歌はリュドミラ・ズィキナ(Людмила Зыкина)。1990年のコンサート。「金持ちに恋人を奪われたトロイカ馭者の哀しい物語」の原詞の日本語訳が付いています。 https://www.youtube.com/watch?v=-GJBw1Ch4jk
0
福間健二 @acasaazul

たまたま父。この世紀に入ってまもなく死んだ。氷が水になり、水が蒸気になり、奇抜な建物のある港から追いかけていた男。それは父自身だった。夜霧の彼方へ。走れトロイカ。そんな歌をうたい、立ちどまった。また奇抜な建物。言わない色、何に使われていたのかわからない。(ともしび1)#k2fact271

2020-09-26 14:41:00
福間健二 @acasaazul

記憶を更新して、その逃げ足、その風の圏内。建築が必死に遊び、怠けがちでも勝負事には真剣な人も、そうじゃない人も、収穫の季節。だれも負けない。だれも泣かない。そういうことになってその不調の膝は何を思ったか。穀物になかなか場所を譲らなかった雑草のことを思った。(ともしび2)#k2fact271

2020-09-27 11:17:59
福間健二 @acasaazul

壊れていても残るもの。いつもじゃないけど、中に入ると出られなくなる。距離があるほど光を感じさせた「主義」の遺物だったらなおさらだ。彼はその故郷の島の西側、裏航路の港にいて、ぼくはマケドニアの草原にいて、たどりつけなかった。見えている建物となにか運ぶ人に。(ともしび3)#k2fact271

2020-09-28 12:07:23
福間健二 @acasaazul

でも、おいしいビールとタバコのある圏内。時間の南北、人の新旧、すれちがいもいまは懐かしい首都スコピエ。だれかの親と育ち方を悪く言って夕暮れを退屈にする教師たちはいて、高くて味のないアメリカ製の方がよく売れて、マザー・テレサ、食堂の名前にまで使われている。(ともしび4)#k2fact271

2020-09-29 09:45:39
福間健二 @acasaazul

「飢えた人、裸の人、家のない人。体の不自由な人、病気の人。必要とされることのない人、愛されていない人」。そういう人のために彼女のしたようなことをしてはいないが、破滅しそうなひとりを救う夢を見て何足も靴を履きつぶした。見知らぬ男の話。火曜日の手紙で知った。(ともしび5)#k2fact271

2020-09-30 09:14:44
福間健二 @acasaazul

たまたまぼくの遠い親戚だった小説家。四十そこそこで亡くなるが、十三歳から苦難の旅をしたと書いている。十三歳、夜霧のなかをさまよう小さな怪物。面倒見のいいお母さんと二人の子に会うまでの、集中要求。ぼくも、方向はそっち。やがて火星が見える。うろこ雲のあいだに。(ともしび6)#k2fact271

2020-10-01 08:42:37
福間健二 @acasaazul

【訂正】 集中要求 → 集注要求 (ともしび6)#k2fact271

2020-10-01 21:40:52
福間健二 @acasaazul

近所の人がいっせいに洗濯する日。お姉ちゃんは歌いながら洗った服をパンパンして弟のきみは彼のタイプライターを楽器にする。いつか彼はこの日の音と光を小説に書く。まだ寝ているね、ロシアから来たきれいな人。ちがうよ、ウクライナの人だ。マヨネーズが大好きなんだよ。(ともしび7)#k2fact271

2020-10-02 07:01:02
福間健二 @acasaazul

足を踏み鳴らす。弟という立場。運命に抗議するときも新しい時間を求めてのことも。火曜日の知らせにはなかったこと。追いかけた。追いかけて自分が消息を断つ。フリージャズ。どうぞご自由にお使いくださいと階段や廊下に落としている。白夜から迷い込んだ人形町の銀色の泥。(ともしび8)#k2fact271

2020-10-03 11:08:46
福間健二 @acasaazul

マージャンや碁でもけっして負けたがらず、胃が弱かった。でも、どんな家に行っても食事を出されたら感謝して食べること、大事だぞ。「雄々しい」とか「聖なる」はおことわりの谷間の家々に明かりが灯っていくを見ながら、そう教えてくれた。感謝の飛行機、もうすぐ着陸だ。(ともしび9)#k2fact271

2020-10-04 11:53:21
福間健二 @acasaazul

火星が出ている。ハルカ先生からの報告。陽気な未亡人。花と虫、自然を相手に演じているうちに本当にそんな感じの人になった。ピアノを弾く。たいていの人がそうかもしれないが、だれからも歌ってもらえない人の眠れない夜のために。ミラーシ、ドシラファミ、ホーガラカニ。(ともしび10)#k2fact271

2020-10-05 08:59:19

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?