役に立たない趣味の研究がものすごく役に立つ一大技術体系を生む事例

かわいいミミイカはなぜ光るのだろう?どう考えても趣味としか思えない、何の役にも立たない研究が、腸内細菌をはじめとする一大技術体系を育むことになった経緯を紹介。
558
shinshinohara @ShinShinohara

世の中に全然役に立たない、趣味としか思えない研究が、とてつもなく人類に貢献する技術体系を育てることになった事例を紹介。 それは、ミミイカという光るイカの研究。これがやがて、アレルギーや心の病にも深く関係する、腸内細菌などの研究にも波及していった。

2020-11-24 21:47:50
shinshinohara @ShinShinohara

ミミイカは手のひらに乗るような、まん丸でかわいいイカ。ダイバーに人気で知られるが、取り立てて役に立たないイカ。そのイカがなぜ光るのか、という、これまた趣味としか思えない研究を始めた人がいた。 研究の結果、イカが光っているのではなく、共生するバクテリアが光ることを突き止めた。

2020-11-24 21:50:02
shinshinohara @ShinShinohara

ところがこのバクテリア、数が少ないと光らない。数が増える(密度が高くなる)と光る。どうやってこのバクテリアは仲間がいることを感じ取ってるのだろう?と不思議に思った研究者は、さらに調べたところ、クオルモンという、ホルモンとかフェロモンのようなものを出してることを発見。

2020-11-24 21:52:14
shinshinohara @ShinShinohara

仲間が少ないと、細胞の外に分泌したクオルモンの濃度も薄い。仲間が増え、それにあわせてクオルモンの濃度が上昇すると、バクテリアは仲間が増えたことを感じ取り、光る遺伝子を動かす、という仕組みだと分かった。 話がここで終わったら、「イカはそうなのね、終わり」の話。ところが。

2020-11-24 21:54:23
shinshinohara @ShinShinohara

そのバクテリアが出すクオルモンは、病原菌も分泌していることが分かった。実は病原性バクテリアは、仲間が少ない間は毒素を出さない。クオルモンの濃度が低い間は仲間が少ないことを察知し、ヘタなことはしないよう、大人しくしてる。しかし増殖を重ね、クオルモンの濃度が高まると。

2020-11-24 21:56:23
shinshinohara @ShinShinohara

仲間が十分増えたと分かり、毒素をドバッと作るようになる。仲間の数が十分だから、人間の防御システムに負けず、大量の毒素で打ち負かす。クオルモンは、病原性バクテリアが「大人しい菌」から「病原菌」に変身するためのカギになっていた。

2020-11-24 21:58:41
shinshinohara @ShinShinohara

よくよく研究を進めると、病原菌どころか、ほぼあらゆるバクテリアが、何らかのクオルモンを出し、情報のやりとりをしていることが分かってきた。クオルモンでバクテリアは対話し、バイオフィルムという巨大構造を形成し、あたかも多細胞生物のように活動するという姿が見えてきた。

2020-11-24 22:01:02
shinshinohara @ShinShinohara

いわゆる善玉菌も、クオルモンを介して様々なバクテリアとコミュニケーションを取っていることが明らかとなった。たとえば乳酸菌はナイシンという抗菌物質を分泌するのだけど、これはクオルモンとして情報伝達物質であることも分かってきた。

2020-11-24 22:03:52
shinshinohara @ShinShinohara

しかも、クオルモンを使った情報伝達システムは、バクテリア同士だねではなかった。植物はmimicという、クオルモンに似た物質を分泌してバクテリアの活動を制御していた。また、病原性大腸菌O157は、人間のホルモンであるアドレナリンをクオルモンのように感じ取る仕組みを持っていた。

2020-11-24 22:06:09
shinshinohara @ShinShinohara

こうして、バクテリアのコミュニケーションの道具であるクオルモンは、腸内細菌などの微生物群集が、比較的秩序だった活動ができるのを支える重要な情報伝達物質であり、人間や植物などの宿主との間でも情報をやりとりする重要な役割を果たしていることが分かった。

2020-11-24 22:08:48
shinshinohara @ShinShinohara

いまや、食物アレルギーやアトピーなどのアレルギー症状ばかりでなく、うつ病や自閉症などとも、腸内細菌は深く関わることが明らかになりつつある。 糞便移植という、一種乱暴で原始的と批判されても不思議ではない治療法が支持を集めているのは、クオルモンの研究で微生物を群集として捉えるから。

2020-11-24 22:11:53
shinshinohara @ShinShinohara

腸内細菌の研究は、いわばミミイカの光るバクテリアの研究に支えられている。もし「何でこのイカは光るんだろう?」という趣味みたいな研究が行われていなければ、クオルモンの発見はもっと時間がかかったかもしれない。そうなれば、腸内細菌の理解も進まなかったかもしれない。

2020-11-24 22:13:45
shinshinohara @ShinShinohara

科学は、「何でだろう?」という趣味みたいなものを原動力で進めた方が、結果的に学問の体系を根底から問い直すような新たな発見につながることが早くなる。ミミイカの研究がクオルモンの存在を明らかにしなければ、腸内細菌の研究と理解はずいぶん違ったものになり、見当違いも多く起きただろう。

2020-11-24 22:17:01
shinshinohara @ShinShinohara

なぜか。病原菌みたいな、気になるバクテリアの研究をしていると、ついつい毒素みたいな目立つものばかり研究してしまう。善玉菌みたいな研究をしていると、ついつい抗生物質みたいなすぐ役に立つ物質に目を奪われてしまう。

2020-11-24 22:19:12
shinshinohara @ShinShinohara

しかもクオルモンは、25メートルプールに涙一滴みたいな超低濃度で働く物質。病原菌や善玉菌の研究だけしていたら、もっと目立つ物質に目を奪われて、クオルモンには気づきにくい。 ミミイカの光るバクテリアという、役に立たない研究だったから、クオルモンに気づけた。

2020-11-24 22:21:10
shinshinohara @ShinShinohara

いったんクオルモンに気づけば、他のバクテリアにも同じ仕組みがあるのだろうか?まさか病原菌にね?と思って調べたら、あった!しかもドンピシャで、毒素を作る信号として働いてる!善玉菌は抗生物質そのものがクオルモンだった!発見の連続。

2020-11-24 22:23:00
shinshinohara @ShinShinohara

いまや微生物の研究者は、バクテリアのことを単純な「単細胞」生物だと考えていない。様々な微生物や、我々動物や植物など、多彩な生物と情報をやりとりしてる、複雑な仕組みを備えた生き物なのだと理解している。

2020-11-24 22:24:57
shinshinohara @ShinShinohara

ミミイカの光るバクテリアの研究という、趣味としか思えない研究がこれほどのすそ野の広い研究を生み出し、様々な新しいコンセプトの治療法まで生み出している。 研究は、趣味みたいなものも大切にした方が、結果的にとんでもない面白いものを生み出す力になる。

2020-11-24 22:26:42

コメント

パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年11月25日
面白い話だったので、クオルモン関連のまとまったblog記事:続・生物学茶話111: クオラムセンシング http://morph.way-nifty.com/grey/2020/09/post-ecec65.html
55
mikunitmr @mikunitmr 2020年11月25日
そのクオルモンを流し込めば細菌叢の分布を制御できるんだろうか。
0
ながいずみ(個人用) @nameriizumi 2020年11月25日
ツナ缶のために獲ってたマグロやカツオだが、そ内臓はツナ缶にならない。その内臓からインスリンを作る研究がおこなわれ、製薬化されたこともあってな…戦中アメリカかからのインスリン輸入が途絶えた時、ツナ缶が間接的に糖尿病患者の命を支えておったんや… https://dm-net.co.jp/gotoh/03/
118
はげはげちゃびん @hagehagechabin 2020年11月25日
えらいヒト&一般大衆「素晴らしい、クオルモンの研究者をテレビに呼べ!表彰しろ!他の地味な研究をしている奴らへの無駄金をそちらに回せ!」 >RT
58
kagiami @Armchairtheory1 2020年11月25日
すごい面白いお話だった!まとめ感謝です。
41
腰痛マン @y2man2 2020年11月25日
こういうまとめがもっと欲しい
50
おり @ori_san 2020年11月25日
小さな疑問から治療法が確立されていく過程が読み応えあった
10
吉田D @Yoshida2014 2020年11月25日
大腸菌を培養してる時もある程度濃度が高くならないと増殖スピードが上がらないってのはそれこそ教科書レベルの話なんだけど、それを突き詰められたらこうなってたんだんぁ。
15
Hacchi @2mocccck 2020年11月25日
発端も大事だけど、「Aでこういう現象が起きるなら仲間のBでも同じ現象が確認できるかもしれない」という、枠にとらわれない発想でアイデアを発展させていくのも大事だよね。全然関係ない事柄が意外な共通点を持っていて、アイデアを活かせることがある。
40
I-zy @digitaleazy 2020年11月25日
なんかぁ むかしぃ バイクにぃ電飾とかつけてあそんでてぇ そんでみんなやってるからぁ 車とかもあるしぃ 船でやってみたらぁ イカあつまってきたんすよねぇ
35
kusano @t_kusano 2020年11月25日
そもそも役に立つかどうかで学問やるもんじゃねーし
37
唯野 @tadano29 2020年11月25日
まあ科学ってもの自体がかつては「役に立たない趣味のもの」だったよなー
7
はいぱ@玉ねぎ畑の小作人 @haipa2000 2020年11月25日
t_kusano 経団連のジジイどもが嫌いそうですなあw
0
TaiDa @idarf777 2020年11月25日
学問に興味のない人には、大概の研究は役に立つか立たぬかわからず趣味道楽にしか見えないものですけどね。
5
さしみじょうゆ @sashimi_shoyu7 2020年11月25日
役に立つとか立たないとかは結果論であって、基礎研究においてそんな概念ないだろと思うので、趣味の研究という表記に物凄く抵抗感がある。 何の役に立つか分からないけど、役に立つかもしれないので研究する価値があるとかではなくない?そんなこと言い始めたら特に文系の学問とかどうなるんや。
6
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月25日
胃痛患者のアニサキスを取っていたら、虫が早期胃がんに食いついてるのを偶然見つけ、がん組織が何らかの線虫誘引物質を出して居ることがわかった研究で、人の尿を使った線虫がん検査(アニーではなく寄生せず土壌生息する線虫を使い、精度95.8%)が実用化されたね。全く関連のなさそうな事が別の研究に大いに役に立つのは科学研究には良くあることで。
81
シオシオ神殿 @WsaltTemple 2020年11月25日
すばらしい。研究の目的を成果出せるもんに絞ろうって最近のお国の方向性がクソだってよくわかる。
24
どんちゃん @Donbe 2020年11月25日
今役に立つものだけ残せ!成果出てないのは無駄!内容説明できないのは無駄!私達がわからないのは全て無駄! で、あらゆる公共事業、公的資金を減らしまくった結果、公民問わず日本中が困窮したという事例がありまして。
3
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2020年11月25日
面白いまとめだったよ。ありがとう。ある程度の答えで満足せず、そこから更に突き詰めようとする姿勢が正に研究者だ。尊敬と感謝を。
1
櫻子。@BOOTHでもちマス帽子頒布中 @sakurago_cc 2020年11月25日
質のいいセルフまとめは珍しいね。面白かった。
28
ろんどん @lawtomol 2020年11月25日
「電磁波」を発見したヘルツ博士も「僕はマックスウェルの予想が正しい事を証明してみたかっただけ。電磁波が役に立つかって?たぶん、何の役にも立たないよ」と言ってたらしいし
16
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月25日
Mokko_Chin 尿1滴で、線虫が早期がんを嗅ぎ分ける! ――95.8%という驚きの高感度 | Mugendai(無限大) https://www.mugendai-web.jp/archives/5131  線虫がん検査N-NOSEサイトだと感度は86.3%となっている。
0
ろんどん @lawtomol 2020年11月25日
「相対性理論」も、「確かにスゴイ発見だけど、誤差はほんのわずかなんだから、天文観測以外に実益はないんじゃない?」などと言われたらしいし(GPSは、相対性理論で調整しないと使い物にならない)
12
CAW=ZOO@ふたけ不参加無念 @CAWZOO 2020年11月25日
役に立つかどうかを聞く人は、それだけの知恵、知識がないだけだし、役に「立たせれるかどうか」は完全に個人差だし、必要となった時にもう一度研究しないためにも色々と調べておくのが大事なんですよ。
1
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月25日
Mokko_Chin 動画 → 線虫使ったがん検査、実用化へ 早期発見が可能に(19/10/01) https://youtu.be/vnwo1Z6Ctqo  こちらは実用化に向けて立証実験中(精度99%との事) → 東芝 がん検査の新技術 13種のがんを1滴の血液で検出 https://youtu.be/LLohs9Md-OM
0
moxid @moxidoxide 2020年11月25日
当たる馬券だけ買えたら楽でいいんですけどね。
6
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年11月25日
https://togetter.com/li/1574824 「役に立つのか立たないのかわからない研究について(アルマジロとハンセン病)」こういうのね。
3
mokyuxtu @mokyuxtu 2020年11月25日
どこに新発見の種が転がっているか分からないものだね。
0
イチロー @sbzkichi 2020年11月25日
イカの研究から脳型コンピュータの開発ってやってる人いたよね?
0
ウラリー㌠ @urary777 2020年11月25日
小学校の時分、「校長先生のおはなし」で「Aくんはお腹が空いていて、まんじゅうを一つ食べました。これっぽっちじゃ全然足りない。2つ、3つ、4つめでようやくお腹がいっぱいになった。Aくんは思いました、『なあんだ、最初から4つめのまんじゅうを食べればよかった』と。」というのがありまして。なんとなくこの話を思い出しました。積み上げていく下地となったものは無駄なわけではない、という意味で。
19
Plate @Plate13579 2020年11月25日
じゃあ次はタコの研究に100億突っ込むのが正しいかというとそうでもないわけで、こういうのは広く浅くの分散投資が一番ですわな。あと、「ハズレ」を許容する精神。 ムーンショットwとかとは真逆の方向性だが。
9
Simon_Sin @Simon_Sin 2020年11月25日
ベンジャミン・フランクリンが「それでこの電磁誘導ってのは社会にどんな風に役に立つんですか?」と問われたとき「赤ん坊が社会の何の役に立ちますか?」と答えたという伝説
3
OOEDO @OOEDO4 2020年11月25日
Simon_Sin フランクリンが電磁誘導を?
9
和菓子 @nkltsl2 2020年11月25日
腸内細菌と心の病(うつ病や自閉症)の因果関係はまだよくわからんから話半分にしといて… すでに「乳酸菌をとれば自閉症が治る」と勘違いして子供に怪しい乳酸菌サプリ飲ませまくってる親とかいるから…
5
SAKURA87@多摩丁督🌸 @Sakura87_net 2020年11月25日
趣味じゃなくてお金かけて真面目にやってる人が生み出した物も、この手の「なんかやったら出来た」とか「別のことやってる時に出来た副産物が大ヒット」みたいなの結構あるよね。
0
もっこㄘん @Mokko_Chin 2020年11月25日
現在生活に絶対欠かせない電気の研究も、人類史から見れば実用化されたのは昨日のことで巷から見れば長らく趣味の産物だったろうしな。
1
NONCHEmical @NONCHE_mical 2020年11月25日
どんだけ頭悪かったらマイケルファラデーとベンジャミンフランクリンを間違えるんだろう
14
ねがてぶ @negatebu_chu 2020年11月25日
この世のシステムは上手く出来すぎている
0
Kishiba @Kishiba3 2020年11月25日
セルフまとめって内容のクオリティで(同じ投稿者でも)コメ欄が極端に真逆になるから見る度笑ってしまう
10
Kishiba @Kishiba3 2020年11月25日
重要なのは、「出す側の資金だって無限にあるわけではないので、あらゆる研究に無限の予算を割け」と言われてもそれはそれで無茶だということ。そして「学問は純粋な知的好奇心で行われるべきだ」という時代は核開発の反省として終わり、今は科学と学問は結果に責任を持つ時代であるということも、かと思います。
12
Kishiba @Kishiba3 2020年11月25日
結局hagehagechabin なんですよね。「○○が素晴らしい!」というケースを話した時に、「それに反するものはすべて悪!」というのはあんまり。結局バランスが一番大事だったり。
1
ぽじとろん @positron_lepton 2020年11月25日
クラゲに続いて、イカが光る理由でノーベル賞か?
0
ろんどん @lawtomol 2020年11月25日
「重力波の検出に成功」のニュースで、記者が「この発見は、何の役に立つのですか?」と尋ねて、研究者が「何の役に立つか、想像もつかないくらい素晴らしい発見です」とか答えてたなあ
3
ろんどん @lawtomol 2020年11月25日
個人的には、議員「貴方の粒子加速装置は、国防になんの意義もない(から予算はつけられない)」ウィルソン「おっしゃるとおり、この装置は国防になんの貢献もしません。しかし、アメリカを、守るに値する国にすることには大いに貢献します」が好き(予算はついた)
16
半猫人(はんにょじん) @hannyozin 2020年11月25日
nkltsl2 精神的な影響で便秘や下痢になりやすいから腸内細菌が狂って……はありそう。お腹いたいと更にストレス溜まるし。高機能自閉症(アスペルガー症候群)の人は急な低血糖に陥りやすいらしいから、糖分足りなくて菌が繁殖しにくいのかもしれないし。理由が色々考えられて難しいですね。体調を整えていくの自体は良いんですけど、因果関係まではどうなんでしょう。
0
あさり @RLpqcVOvrEf5RXb 2020年11月25日
WsaltTemple 選択と集中がクソ政策であることは文科省も重々承知してて、それでもなけなしの予算しかない中で日本の科学技術を振興しようとするとそれしか方法がないんですよね 結局はお金が無いことが全ての問題なわけで
7
流れるまま @1habataki 2020年11月25日
でも「おそらく役に立たないであろう研究を支援していくために所得税や消費税上げます」って言われたら賛成できる?多くの人は賛成しないと思う
1
種葉 @2n_saw 2020年11月25日
お金も無限にあるわけではないので、趣味のような研究に国家予算を与えろというのは無理がある。であれば、趣味で研究を続けられるように国自体が豊かになる、という方向に向かっていければいいなぁなど。
3
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2020年11月25日
lawtomol  「gps 相対性理論 嘘」で検索すると「そんなことはない」ってのがあちこちにあるけど、どうなん?
0
prad_bitt @pradbitt42 2020年11月25日
NONCHE_mical 誰だっけ……なんか電気の研究した人で、18世紀生まれで、ほら、額の広いあの人……
2
パンダは肉食獣 @j_inbar 2020年11月25日
ontheroadx 横からだけど、GPSが相対性理論で補正していることは本当でしょう。論拠として、査読あり科学ジャーナルから ”Relativity in the Global Positioning System” https://link.springer.com/article/10.12942/lrr-2003-1
0
ウメ(モッコス) @ume_86 2020年11月25日
自然とは、研究とは奥深いなぁ…
0
すまいそん @migitenitokei 2020年11月25日
誰に向かって言ってるのかわからんが、科研費とかの審査やってるのは無知な一般市民とかじゃなく大学教授とかでは?大学の研究費割り振るのは各大学の上層部だし。もっと自由に使える研究費増やせよって意味ならわかるけど
0
tgttr @tgttr4 2020年11月25日
自由度は必要だけど、その目的はやっぱり結局のところ「役に立つこと」なんだな
1
lili @tsukin4hour 2020年11月25日
文部科学省の科学技術白書「第1章 新たな知を発見する基礎研究」とか大事よね。客観的に必要かとか、求められてるかとかの事情と、研究者が知りたいと純粋に思う気持ちとか好奇心とかが、うまく折り合えば良いよねー。
1
Licorice @Licorice_90 2020年11月26日
生物や化学関係はどんなしょうもない研究でもいつかなにかの役に立ちそうな感じがするのでいい。数学なんて……
0
他人 @Messiah_Justo 2020年11月26日
騙されてはいけない!「こんな世の中」に役に立つことなんてきっと役に立たないろくでもないことだぞ!
0
唯野 @tadano29 2020年11月26日
あと「当たる馬券だけを買う」よりは「将来大成する赤ん坊だけを育てる」の方が近いと思った
0
クリスセドン @sedooooooon 2020年11月26日
毎日刺にいてなんの役に立つのですか?
0
anineko @ANINEKObySYSTER 2020年11月27日
私みたいな技術者は目標に向かってしか調査しないからねえ。それが技術者と研究者の違いの一つ。
0
コンあっとにーと @konno0401 2020年11月29日
〇〇は腸からみたいな話は全部ここに集約されるんだね!
0