編集可能 アプリで作成
2020年11月26日

日本の焼餃子のルーツを求めて

0
JBpress(ジェイビープレス) @JBpress

実は日本だけ?「餃子と言えば“焼き餃子”」 今はなき渋谷の名店が確立した餃子の食スタイルとは goo.gl/nIo2S

2012-09-14 00:10:12
リンク JBpress(日本ビジネスプレス) 実は日本だけ?「餃子と言えば“焼き餃子”」 世界を見渡してみると、焼き餃子というのはどうやら餃子の中では多数派ではないらしい。餃子には「蒸し餃子」「水餃子」「焼き餃子」の3種類があるが、蒸し餃子と水餃子の方が焼き餃子よりも広く食されている。 14 users 1
かもめの本棚 @kamomenohondana

インタビュー「旅の食卓から世界が見える」を更新しました。旅で出会った“感動の味”を再現し続けている久保さん夫婦のお話も、いよいよ最終回。ぜひお読みください! ☆最終回「ギョウザをめぐる旅」... fb.me/4NAuVCgsi

2015-08-14 10:00:03
リンク www.facebook.com かもめの本棚(kamomenohondana) インタビュー「旅の食卓から世界が見える」を更新しました。旅で出会った“感動の味”を再現し続けている久保さん夫婦のお話も、いよいよ最終回。ぜひお読みください! ☆最終回「ギョウザをめぐる旅」 http://www.tokaiedu.co.jp/kamome/contents_i235.html...
En Mshr @sin_tek_bi_hun

『主婦之友(第二十四巻第五號)附録(1940年、主婦之友社) この時期、餃子はギョーザではなくチャオツであった。 pic.twitter.com/2vg5nS7FMS

2020-09-11 22:01:40
拡大
拡大
拡大
拡大
石部統久 @mototchen

【世界の餃子】世界の餃子の呼び方を23種類紹介!レシピもあり! | 日本一の餃子情報専門サイト gyoza.love/news/739/

2020-11-26 17:55:48
リンク 日本一の餃子情報専門サイト 【世界の餃子】世界の餃子の呼び方を23種類紹介!レシピもあり! 目次 餃子の定義 世界の餃子 作り方
石部統久 @mototchen

焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋 nihon-gyouza.org/2016/05/02/%e7…

2020-11-26 18:09:33
リンク 餃子協会はご当地餃子会へ!美味しい餃子は日本を元気にする! 焼餃子の発祥はどこだろう?煎餃と貼鍋 | 日本餃子協会はご当地餃子会へ名前を変更しようと思いましたがやっぱり餃子協会にします。 刺身の缶詰ってなんだ? https://www.youtube.com/watch?v=2olkfLSbc5k 焼餃子の発祥は? まず中国の話。 中国で焼餃子に似た料理は北部と南部で違った形で存在します。 ひとつが「煎餃(ツェンチャオ)」。これは満州族の料理で戦後日本に広まった餃子のルーツです。 中国には水餃子が主流で、残った餃子を焼き餃子に…という話もよく聞きますが、これは漢民族の話かもしれませ
石部統久 @mototchen

日本の中国料理はどこから来たのか - 慶應義塾大学出版会 keio-up.co.jp/kup/tachiyomi/…

2020-11-26 18:37:07
石部統久 @mototchen

中国美味紀行その41(上海編12)「日本の焼き餃子とはちょっと違う──上海鍋貼」 - SecurityInsight | セキュリティインサイト securityinsight.jp/others/31-life… @sec_insightより

2020-11-26 18:27:05
リンク securityinsight.jp 中国美味紀行その41(上海編12)「日本の焼き餃子とはちょっと違う──上海鍋貼」 - SecurityInsight | セキュリティインサイト SecurityInsight(セキュリティインサイト)は情報セキュリティを中心としたエンタープライズITの情報サイトです。 1 user 10
リンク お国事情で食文化は変わる。餃子ひとつでも日中に隔たりがあるのを知っているだろうか? « 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい お国事情で食文化は変わる。餃子ひとつでも日中に隔たりがあるのを知っているだろうか? « 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい 湯浅醤油有限会社|世界一の醤油をつくりたい 今月の「食の現場から…」は、日中の餃子考。今や日本人のスタンダード食ともいうべき餃子は、当然ながら中国から伝わったもの。そのルーツを辿ってみると、日本と中国のお国事情が絡んでいることがわかる。我々日本人が当たり前に食している焼き餃子も、実は煎餃子と書かれたり、鍋貼と書かれたりする。その文字の違いで、形や地域も変わってくるから面白い。今日はいつもの酢醤油で“餃子”を味わいながら日中の餃子考を論じてみる。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?