2021年4月1日

掌小説語り~自作つぃのべる集~73

自作つぃのべるのまとめです。 2019年5月分。
0
リュカ @ryuka511

今この国では時代が変わるとお祭り騒ぎだ。昔を振り返ったり新時代に思いを馳せたり忙しい。私も昔を振り返って、思い出の品を取り出してみた。若い頃の写真、愛用していた品々。自分はこんなに小さかったかなと苦笑いする。大人の階段を上ったと胸躍らせたあの頃。まだまだ道は続いている #twnovel

2019-05-01 00:10:42
リュカ @ryuka511

過酷な運命を背負う君の為、がむしゃらに戦った。無茶して怪我して怒られて、結局君に治癒魔法の世話になっている。長い旅の中で、君を守れるようになると誓った。だが、立ち塞がる敵の強大さに震える。震える僕をよそに平然と戦う君は楽しげにすら見えて。敵も君さえも、恐ろしくて動けない #twnovel

2019-05-01 23:50:05
リュカ @ryuka511

魔女が出してくれたドレスや硝子の靴に心踊ったのは始めだけだった。身体を締め上げるドレスは動きづらく、硝子の靴は痛くて歩く事もままならない。王子様が私を見初めたようだけど、それ所じゃない。12時の鐘。硝子の靴の傷跡が夢ではないと教えてくれるけど、私に華やかな世界は似合わない #twnovel

2019-05-02 23:06:10
リュカ @ryuka511

コーヒーカップと本を手にお気に入りの椅子に座る。本の中は無敵の世界。主人公に同化して悪人と戦ったり、ヒロインに感情移入し劇的な恋をしたり。煩わしい現実を忘れ、危険な旅の中落ちた恋。行く末を知りたいけど終わらたくもなくて。本を閉じ現実に引き戻され、溜息ついてまた本の世界へ #twnovel

2019-05-04 00:49:59
リュカ @ryuka511

これは私の個人的な復讐、これ以上君を巻き込むわけにはいかない。「よし、帰還しよう」君を元の生活に帰して、私は復讐の旅を続ける。「本当にいいの?」「欲しい物は手に入れたから、もういいんだ。」君の手をぎゅっと握る。「ありがとう、助かったよ」復讐者の末路は、破滅。私だけで行く #twnovel

2019-05-04 22:27:08
リュカ @ryuka511

この雪原を越えれば魔王城まであと僅か。待ち構えていた魔王軍幹部の部隊と戦闘になった。熾烈な戦いの中、雪原は紅に染まる。傷を負っているのは僕達だけなのか。それとも魔族の血も赤いのか。寒さと痛みと疲れに襲われ、皆がどこにいるのかわからなくなる。僕達が戦っているのは何なのだ? #twnovel

2019-05-06 00:13:52
リュカ @ryuka511

恋してはならない人だった。住む世界の違う高嶺の花。遠くから密かに見つめるだけで幸せだった。だが、あの人が遠くの街へ行ってしまうと聞いた。せめて、あの人の姿を焼き付けたい。だがそれすらも許されないのか。あの人の姿はこの時間ここからしか見えないのに、逆光で撮れないではないか #twnovel

2019-05-07 00:23:50
リュカ @ryuka511

私が告げた事は全て現実となる。災害を予知し対策を講じたにも関わらず、人々は私が災害を呼んだとして、呪いの預言者と呼び迫害した。この力を役立てるのは止めだ。世界は業火に焼かれる。そう告げて、指先に灯した炎を街に放つ。燃え上がる炎は私の希望。この力で、世界を私のものにする #twnovel

2019-05-07 22:58:02
リュカ @ryuka511

愛とは温かいものだという。この家で育って、そんな風に感じた事はなかった。愛とは痛みと冷たさではないのだろうか。この家で愛だと教えられたものは、偽りなのだろうか。痛みと冷たさの先、言葉もスキンシップも不要だった。温かい血飛沫に愛を感じる。僕は、確かに愛されているんだ。 #twnovel

2019-05-08 23:34:21
リュカ @ryuka511

魔王が勇者に討たれ、世界は救われたなどと、本当に信じているのか。魔王の脅威は潰えたと信じ、勇者の生還に歓声を上げる人間共。闇が晴れ光に満ちた世界は、私が作り上げた幻影だと知った人間達の、絶望を見る日が楽しみだ。愚かな人間共、幻の平和を謳歌しながら、私の檻の中で踊れ。 #twnovel

2019-05-09 23:54:51
リュカ @ryuka511

やっと静かになった。これでボクは救われるんだ。血まみれの包丁を放り投げる。あの女はまだ息があるけどすぐ止まるだろう。男の子なら泣くな騒ぐなと罵られてきた。実力行使で自由を勝ち取れって事なんだろう?ボクが逆らうとは夢にも思ってなかっただろうね?これでボクはひとつ強くなれた。 #twnovel

2019-05-10 23:43:11
リュカ @ryuka511

今の自分では勝てるはずがない。ここまで来られたのは仲間がいたから、旅先の人々が助けてくれたからだ。解っていたのに 筈なのに。彼らに報いたい、というのは建前だ。僕は一人前だと驕って皆を危険に晒した。何とかしなきゃ。傷と焦りが思考を乱す。皆の背が遠い。待って、僕を見限らないで #twnovel

2019-05-12 00:25:02
リュカ @ryuka511

それは最後の切り札だと君は言った。できれば使いたくないが仕方がないとも。君が呪文を練る暇をつくる為僕らは戦う。早くしてくれ。なぜそんなに長い詠唱が必要なのだ。僕らは君の駒じゃない。思わずそう思った時、君の呪文が炸裂した #twnovel 切り札を使わせず魔王を倒す手は、本当に無かったのか?

2019-05-13 01:37:03
リュカ @ryuka511

賢帝と謳われる君が、王国史上最も慕われる王が、本当は王国を憎んでいるなどと誰が信じるでしょう。君の言葉一つで王国の平和は覆る、その機会を君は待っているのです。私は臣下ではなく君の友として君を守ります。だから私は今日も君の隣で笑うだけなのです。君が憎む王国の終焉を願って。 #twnovel

2019-05-14 00:13:31
リュカ @ryuka511

万屋の看板を下ろすと決めた。ここは本来、冒険者向けの店だ。 簡素な武具に応急処置の傷薬、携帯可能な保存食なら問題なく揃えている。だが最近、冒険とは縁のない者が来て「万屋のくせに何も無い」と文句を言う。魔王の侵攻が進む中、奴らは世界の為に何かしている気になりたいだけなのだ #twnvday

2019-05-15 00:08:24
リュカ @ryuka511

君を私のものにするために、ありとあらゆる手を尽くした。噂を利用して密かに君を孤立させ、孤独な君に寄り添った。君は私を信じて頼りにし、それはいずれ愛に変わる、はずだった。私のした事を君は知っている。一体誰が君に近づいているのか、調べなくては。 #twnovel 貴方のそういう所が嫌われるのよ

2019-05-15 23:37:52
リュカ @ryuka511

今日は僕らが結ばれた記念すべき日。人生最良の日に乾杯しよう。グラスを合わせ微笑み合う。君が幸せそうで本当に嬉しい。僕らの幸せの裏にあるものを、君は知らなくていい。幸せな人生に犠牲はつきものなのだから。今日は恋敵粛清記念日でもある。 #twnovel

2019-05-17 00:19:20
リュカ @ryuka511

これで最期だ。愛しい君。私を愛してくれてありがとう、傍に居てくれてありがとう。それは君の本心ではないと知っていたけど、君は精一杯私を愛そうと努めてくれた。それで私には充分だ。最後に幸せな夢を見させてくれてありがとう。私の財産は全て君に譲る。君の目的は果たせたかい? #twnovel

2019-05-18 00:22:14
リュカ @ryuka511

崇高な理想を掲げる君。君への愛が増すほどに世界が憎くてたまらない。世界は君の理想を邪悪だとし排斥しようとする。全ての生命を等しく愛する事の何が邪悪なのか。だが奴らを排除する事は君の理想と矛盾する。もどかしい。魔族が愛を説く事を邪悪だと言う人間共の方が、余程邪悪ではないか #twnovel

2019-05-19 01:02:59
リュカ @ryuka511

「私はこの為に来たのだから」 #twnovel 魔界から脱出する途中、魔王の最期の罠が発動した。崩壊する魔界、断たれた退路。その時、魔法使いは立ち上がる。魔界の空へ光の扉を作り、勇者が扉を抜けるのを見届けた。「早く!」消えゆく光の扉。叫び手を差し伸べる勇者に微笑んで、そして彼女は扉を閉じた

2019-05-20 00:54:48
リュカ @ryuka511

誰もが私を手に入れようとした。醜い人間達の争いに笑う。この時、私は気づいていなかった。私自身に高い価値がある、それは大きな誤り。私にあるのは、希少であるというだけの価値。なら私でなくてもいいのだと気づいてしまった。もっと早く気づいていたら、少しは違う未来があっただろうか #twnovel

2019-05-21 00:19:46
リュカ @ryuka511

僕らは歌う。あの日を境に消えてしまったあの子の為に。いくら探しても見つからなかったあの子。僕らがいけないんだ。春を喜んでしまった、暖かくなる事を望んでしまったから。雪が溶けたら、あの子はここにいられないのに。また冬が来たら、あの子に会えるように歌う。冬を、雪を讃える歌を #twnovel

2019-05-21 23:42:59
リュカ @ryuka511

災害を鎮める為の生け贄に選ばれ真っ暗な夜の山に取り残された。現れたのはこの化物。夜更けに人間の子供がこんな山奥で何をしていると驚かれた。事情を話せば哀しそうな声を上げ、食べ物を分けてくれた。村には戻れないけど、哀しくななんてない。私の為に哀しんでくれる化物が、心の拠り所 #twnovel

2019-05-23 01:18:06
リュカ @ryuka511

行かないでと泣くあなたを宥める。ずっとこんな事は続けられない、終わらせなきゃいけないから。「もう会えないの?」「あなたもいずれこっちに来たら、また会えるから」俯いたあなたの温かい手が震えてる。合言葉はそっとあなたの胸に隠したから、その時が何年先でも、きっとあなたを見つける #twnovel

2019-05-24 01:05:10
リュカ @ryuka511

幸せの青い鳥を見つけたと思った。美しいその鳥を、大切に籠へ入れて眺めていた。僕を幸せな気持ちにしてくれる、麗しの青い鳥。大事に慈しんできたのに、青い鳥はやがて苦しげに籠の中で羽ばたき朽ちる。どうして。籠に入れていても潰えてしまうなら、どうやって幸せを留めたらいいのだろう #twnovel

2019-05-25 01:10:17
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?