2021年8月13日

宝石の単位「カラット」の語源になった「珈琲ともココアとも違う」不思議な味の豆が地中海世界の歴史を変えた

キャロブ・カカオ・コーヒーなどの「豆」の歴史!(お菓子の歴史の解説も記事の末尾に付けました)
162

写真 カカオ豆

巫俊(ふしゅん) @fushunia

こいつ…アッカド語由来だったのか…キャロブ(Carob)は、古代メソポタミア文明のアッカド語でハルーブ(ḫarūbu)と呼ばれた地中海地方原産の豆で、コーヒーともチョコレートとも言えない渋い風味がある菓子でした。 pic.twitter.com/BVTToOjslA

2021-04-26 23:36:20
拡大

鉄分、食物繊維などを豊富に含むキャロブは、日本では粉末化されたノンカフェインの健康食品として知られますが、その正体は地中海世界の歴史を代表する豆「イナゴマメ」でした。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

ダイエット食品のキャロブって、地中海原産のイナゴマメのことだけど、たぶんイナゴマメって名前だと、ダイエット食品になってないよね…ヨーロッパではよく知られた豆で、宝石の単位のカラットは同じ重さのイナゴマメの数で宝石の重量を計量したことに由来します。

2021-04-26 22:59:30
巫俊(ふしゅん) @fushunia

キリスト教の新約聖書に収録されてる『ルカによる福音書』15章には、家出をした放蕩息子が、飢餓の末に豚の番人になった末に、「せめて豚の食う「いなご豆」で腹をふくらしたいと思った」が、「それさえくれる人はいなかった」という話が掲載されてるとのことです。

2021-04-26 23:55:41
巫俊(ふしゅん) @fushunia

グーグルで画像検索すると、イナゴマメの写真が出てくるけど、細長い豆果がイナゴのような形をしてることから西洋でイナゴの豆と呼ばれた植物で、その果肉を指す英語「キャロブ」は、中期フランス語を経て、アラビア語、アラム語、アッカド語まで遡る言葉だとありました。 images.app.goo.gl/gvQ9QejLGAN6a1…

2021-04-26 23:08:36
小林由紀子 @lupus211

@ant_onion @dandonban @mio_sng @_Osahiro @dietmokuhyou @dh_number90 @mapacom @JRRTrollkin @albusovis @ToruMiyano @balsamicoseZ @tsubataroh @safefield @ku_999 @sunday_take キャロブはチョコレートの代用品にもなっています。イナゴ豆の豆の重さが宝石のカラット、ギリシャ語のκεράτιωνの語源になったと言います。放蕩息子が食べて飢えを満たそうとしたのはそのさやバプテスマのヨハネの常食にしていたのはイナゴと野蜜と書かれていますがこのイナゴはイナゴ豆のことらしい

2018-12-01 19:56:15
Kanorin_EX @ant_onion

@lupus211 @dandonban @mio_sng @_Osahiro @dietmokuhyou @dh_number90 @mapacom @JRRTrollkin @albusovis @ToruMiyano @balsamicoseZ @tsubataroh @safefield @ku_999 @sunday_take チョコレートにアレルギーがある人のための代用品に使われているそうですね>キャロブ

2018-12-01 20:12:23
巫俊(ふしゅん) @fushunia

キャロブの果実から抽出された<キャロブシロップ>も健康食品として知られるそうですが、キャロブはサトウキビが利用される以前に地中海世界で甘味料として使われたとのことで、「砂糖」にあたる存在がキャロブだったとありました。

2021-08-13 19:26:36
巫俊(ふしゅん) @fushunia

「砂糖の原料」ともありますが、日本語で検索してるだけでは裏付けは取れませんでした。糖分を含んでいて、キャロブの粉末もほんのり甘いそうです。

2021-08-13 19:27:41
巫俊(ふしゅん) @fushunia

「イナゴマメの鞘の果肉は、砂糖が約48〜56%、セルロースとヘミセルロースが18%です。野生と栽培のイナゴマメの木の間で糖(ショ糖)含有量にいくつかの違いが見られます 」- ja.wikitechpro.com/154350-ceraton…

2021-08-13 19:33:05

「ブタのエサ」とされたり、エジプトでは甘味料として使われたり、キャロブ(イナゴマメ)は歴史が古いので、評価も色々のようでした。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

最近の時代に普及した珈琲・チョコレートも含め、地中海世界には長い歴史がありますからそれだけ競合する新食品・新植物も登場しやすく、アッカド語に由来する豆キャロブは聖書が書かれた段階で、ブタのエサになっていたということですね。

2021-08-13 19:32:44
巫俊(ふしゅん) @fushunia

キャロブ(イナゴマメ)の歴史のツイートをしてましたら、英語の世界でキャロブの研究をしてる方にRTされて驚きました。その方にとっては、日本で発売されてるキャロブを使った菓子のパッケージが見れてよかったのかもしれないです。

2021-04-30 01:16:49
巫俊(ふしゅん) @fushunia

ブログはやしのなか」 「半分ぐらい飲んだときに思い出した。これ、モカジャバだ。コーヒーとココアを混ぜたモカジャバ(ただしココアの率がかなり多いやつ)。もう何年も飲んでないからアレだが、それに近いと思う、たぶん。もちろんコーヒーの香りとかはしないけど(香りはココアに近い)。

2021-08-13 18:33:50
巫俊(ふしゅん) @fushunia

キャロブはノンカフェインのココア代用になり得るのだろうかblog.livedoor.jp/fore_fore/arch…

2021-08-13 18:35:04
巫俊(ふしゅん) @fushunia

逆の体験なのですが、コーヒーとチョコレートの中間的な味(ただし、土くさくて地味な味)のイナゴマメのお菓子を食べた結果、それまでコーヒーもチョコレートも「豆」から独立した未来を生きてると思ったけど、「豆味がする」と感じるように味覚が(本来の姿を想像して)「戻った」ことがあります。 twitter.com/osaka_seventee…

2021-08-09 19:42:45
巫俊(ふしゅん) @fushunia

豆の歴史も面白い。珈琲・チョコレートもあるし、先日話したキャロブ(イナゴマメ)のような日本ではマイナーな感じの地中海世界の豆もある。大豆・小豆になると東アジアの歴史が語れるし、小麦などと比較すると、独自の立ち位置の話ができる。

2021-08-13 14:42:25

イナゴマメは、大豆・小豆などと同じ「マメ科」の植物ですが、コーヒー豆はアカネ科、カカオ豆はアオイ科で、植物の系統としては違うのですが、それでも「豆っぽい味がするかな?」と意識すると、「豆っぽい味がする」気がしてくるから不思議です。

巫俊(ふしゅん) @fushunia

ええっ、初耳でした。 メキシコトビマメ「種子が跳ね回るのは、種子を乾燥させる熱気から幼虫が身を守るための生存手段によるものである。太陽の紫外線は低い気温の中でも種子を跳ね回らせるが、種子が長時間直射日光に晒されれば低い気温であっても種子は乾燥し、内部の幼虫は死ぬ」 twitter.com/volantverba/st…

2021-08-13 15:31:47
巫俊(ふしゅん) @fushunia

スペイン語でブリンカドール(「這い回るもの」あるいは「跳ねるもの」)と呼ばれる種子で、内部に幼虫が入り込んで食い荒らし、空洞化した種子で蛾に成長するそうですが、外部の熱気が伝わって中が暑くなってくると、必死で飛び跳ねて冷却するってことらしいです。

2021-08-13 15:37:03
アミュクライ Ἀμύκλαι @nautaetcantio

@fushunia Whats inside a Mexican Jumping Bean? youtu.be/CJRw18MtRPg @YouTubeより 僕もついこの間知りました。 極小の幼虫に豆を跳ねさせるほど筋力があるのが不思議です。

2021-08-13 15:37:52
拡大
巫俊(ふしゅん) @fushunia

@nautaetcantio @YouTube 動画を初めて見ました。豆が…豆が…❗️スペイン語で「這(は)い回るもの」「跳ねるもの」と呼ばれてるとのことですが、まさにそんな感じですね。

2021-08-13 15:43:42
残りを読む(53)

コメント

マシン語P @mashingoP 2021年8月13日
コーヒーノキもカカオもマメ科の植物ではないのに豆としてまとめられるのか。
0
しあわせ🎶 @shiawase9643 2021年8月13日
伊達巻ってスポンジケーキみたいだなと思ってたけど本当にスポンジが元ネタだったとは 『お菓子の由来物語』、このまとめを見てkindleで読んでますがすごく面白いし出てくるケーキがどれも美味しそう こんなにケーキの断面をしげしげと見たので初めてかも…
10
alan smithee @alansmithy2010 2021年8月13日
食レポのトータルを要約すると「食べられる虚無:デントコーン」的な事か?(雑)
0
alan smithee @alansmithy2010 2021年8月13日
まさかここで墓場鬼太郎に登場したブリガドーンの語源を知るとは>スペイン語でブリンカドール(「這い回るもの」あるいは「跳ねるもの」)
1
霧島 祥 @nzsk_syo 2021年8月13日
コーヒーゼリーやロイヤルミルクティーって日本独特なものだったのか
1
alan smithee @alansmithy2010 2021年8月13日
カカオ90%以上のチョコは沖縄名産の豆腐ヨウ並に豆の味がするので、意外と焼酎や泡盛のアテになる
0
cocoon @cocoonP 2021年8月13日
ぴょんぴょん豆の動画すごいなー
0
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2021年8月13日
ゴーフルは単純にワッフルがフランスに入った後に変化して生まれた語だと思います。フランスではw→gの変化が結構多くて、warrantyがguaranteeになったり、rewardがregardになったりしています。北方の方言に多いw音を中央の人が嫌ってgに変えていったんだとか。
3
筐ヶ瀬 巻飴 @KATAMIGASE_Mai 2021年8月13日
あ、思いますって書きましたけど、フランス語のゴーフルのページにまさしくそう書いてありますね。
0
伍長 @gotyou_H 2021年8月13日
「豚の餌」って書くと、今の解釈では人の食うものではないとか下等なものみたいな感じだけど、古来の家畜はそれはもう大事なものだったので、人が食うようなものを与えられていた。 日本でも、戦国時代までの馬の餌に大豆を用いていたので、馬が(戦場で)使われなくなって大豆が余ってようやく日本人の食事に大豆味噌や醤油が普通に使えるようになった。
1
技北皆 (わざきた かい) @Kai_Wazakita 2021年8月14日
それに引き換えお前の砂糖は……ハイ、ブタの餌アアアアアアッ!!
0
ななし @AsdfNanasi 2021年8月14日
宝石もグラム表記にしてほしい。ヤードポンド法ほど嫌われて無いのは実害を受ける人が少ないからかな
1
まあちゃん02(ワクチン2回目) @eK0SV72lWxlYb8L 2021年8月14日
タグに「食文化史」が欲しいまとめ。「砂糖登場以前の甘味料」「家畜の餌」という事は日本での甘葛(あまづら・葛)に近い感じか? チョコレートにアレルギー有るなんて事も初めて知ったよ!
1
たぁちょん @okirakgokurak 2021年8月14日
こういう話大好き。いくつかは知ってたけど伊達巻の話なんかは初耳。まとめに出てきた本、気になりつつどの程度信頼できるのか様子見だったんだけど買おうかな。
0
じゃこうねこ @Jakoneko2 2021年8月14日
「ビスケットは、パンを二度焼きして日持ちさせたものが起源」同じく二度焼きした磁器の人形ビスクドールも同じ語源。
0
創作文芸サークル時の輪@通販受付中 @Kamimura_Maki 2021年8月14日
KATAMIGASE_Mai 人名でも英語のウィリアム、ドイツ語のヴィルヘルムがフランス語だとギヨームだったりするよね。というかイタリア語でグリエルモだし、ラテン系言語方面だとw→gの変化が結構起きてる感じ。
0
カクヘニソムス @Kakhenisoms 2021年8月14日
ローカストビーンガムってアイスとかによく使われてる増粘多糖類だよね https://www.taiyokagaku.com/lab/taste/13/
0
クロモリフレーム @crmoframe 2021年8月14日
なんか凄い。今コーヒー飲んでないのに目が覚めた。
0