2021年12月31日

第二次世界大戦のときに日本軍が作った「竹製の増槽」が色々考えさせられる「これはこれで高い技術力なんだけど…」

これは初めて知りました
174
たかはし @uraha2001b

竹製の増槽。竹で編んであるよほんとに(汗 pic.twitter.com/gph2tILTCc

2021-12-29 17:14:33
拡大
拡大
拡大
拡大
たかはし @uraha2001b

軍艦、軍用機、アニメが好きな人です。また旧軍関連の遺構巡りもたまにしてます。 「艦これ」では呉鯖に常駐中、プリコネも最近始めました。 フォローはご自由に、こちらからもフォロバいたします。 #提督さんと繋がりたい #艦これ #プリコネR

リンク 近代史跡・戦跡紀行~慰霊巡拝 竹製落下タンク(小金井市文化財センター) 東京都小金井市。小金井市文化財センター。ここに、落下増槽(落下タンク)が展示してあるというので、足を運んでみた…
こんなものがあったのか
ふじみのる @fujiminoru

ガソリンの液密性はどうやって確保したのかしら・・ こんなんなるまで戦争しちゃイカンよねぇ・・呆然。 twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-30 17:31:08
磯風とユキカゼ @isokaze89

ほぉー……竹の増槽、聞いたことはあったが実物残ってるんだ…… twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-30 13:36:31
丹燈美夜(英語由来の名前です) @mayatimimo

増槽(ぞうそう-燃料の、廃棄を前提の外付け追加タンク)! twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-31 07:21:02
ゆうき@才谷屋☆ぷりぬーさんにアツいエールを✨ @Yuuki_Saitaniya

ドロップタンクと言うぐらいで使い捨てなんだからある意味合理的だねこれは。 twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-31 07:57:58
どこにあるの?
たかはし @uraha2001b

@cqb849071ied 万世特攻平和祈念館ってとこです

2021-12-30 17:54:56
リンク 南さつま市観光協会 万世特攻平和祈念館【2021年4月リニューアルオープン】 | 南さつま市観光協会 南さつま市の祈念館「万世(ばんせい)特攻平和祈念館」をご紹介します。特攻基地「万世飛行場」の跡地に、恒久の平和を祈念するよう建てられました。館内には、死を間近に控えた隊員たちの最後のメッセージや遺品、遺影などが展示されています。 1 user 139
雲斎(アトリエ八雲) @hirounsai

当館にも2点収蔵してますが(市内で生産していたらしい)、注意書きのラベルがまたたまらんのです。曰く「ガソリンを充満せるまま長時間放置せざる事」。その他には直射日光禁止とか引き摺るなとか。ガソリンを長時間入れておけない補助燃料タンク…。特攻用とも聞きますが、そんな増槽使ってたの?! twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-31 08:04:47
雲斎(アトリエ八雲) @hirounsai

北陸在住、怪獣を造る学芸員。「怪獣考古学」も今は昔、現在は「アトリエ八雲」の屋号で活動中。月曜休館。専門は考古学と民具学。船と農具が好き。

一方アメリカは紙を使った
チントン亭・鎌倉幕府 @Tintonkamakura

@uraha2001b 一方、アメリカ軍は紙製のドロップタンクを開発・実戦配備してた。

2021-12-30 09:12:08
たかはし @uraha2001b

@Tintonkamakura さすが合理的だと思いますわ米帝(;´Д`)

2021-12-30 18:15:16
川本浩平 @T1m22FqF9GcMDMI

@uraha2001b アメリカ海軍でも対油紙製の増槽を使用していたりしましたね🤔

2021-12-30 15:17:39
たかはし @uraha2001b

@T1m22FqF9GcMDMI 紙で作る方が凄いと思います、その開発力

2021-12-30 18:17:07
音叉300hz @tuningfork300hz

@uraha2001b 海外では紙製の物も有ったと記憶しておりますから、使い捨てならコレは合理的。

2021-12-30 15:39:30
たかはし @uraha2001b

@tuningfork300hz 米軍が使ってたようですね、紙製

2021-12-30 18:18:21
ケイ素 @rahair_

列強の紙製増槽は「敵に資源回収されないため」 我が国の竹製/ベニヤ増槽は「資源がないから」 世知辛い…… twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-30 16:37:28
スピネル(常温保存) @Flame_Spinel

落下型増槽、資源消費が激しいから紙や竹で作った日米以外も回収に躍起になってたりしてたのはあんまり一般的に知られてないのよね 合理的っちゃ合理的だったりする twitter.com/uraha2001b/sta…

2021-12-30 15:28:25
残りを読む(16)

コメント

ディアリーン@アークス @amatuki314 2021年12月31日
竹なら軽くてすぐに準備できるから合理的
9
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2021年12月31日
もともとドロップタンクは木製だって聞いてた記憶があるが
6
Fox(E) @foxe2205 2021年12月31日
日本の増槽は主材は竹の枠組みだが、外側は紙で覆っているので、実は紙を主材にして作ったアメリカと材料にそれほどの違いはない。あと、増槽に通常使われるアルミニウム合金が戦略物資として貴重だったのは当時の参戦国にとって共通する認識であり、英独では地上に落下した増槽を可能な限り回収していた。なので「敵に資源を回収されないため」という米軍の目的の方が、当時としては異例の発想ともいえる。
99
夢乃 @iamdreamers 2021年12月31日
その頃イギリスでは、木製の爆撃機を開発していた。
18
nekosencho @Neko_Sencho 2021年12月31日
一方イギリスは木で飛行機を作った(他国でもやってるが名機と呼べるものというとイギリスのモスキートくらいだろう)
8
mocilol @mocilol 2021年12月31日
産業革命が起きなければ日本が世界を支配する家内制手工業パンクな世界になった なんて冗談を聞いた覚えがある
6
SCP財団職員 @jsdf5475 2021年12月31日
竹製増槽って金属製のに比べるとどれくらい作るのにコストかかったんだろ?安くて早くて簡単に作れるもんならかなり合理的だろうが実際はそんなことないだろうな…
2
yuki🌾㊗️7さい🎉⚔ @yuki_obana 2021年12月31日
今もベースメタル市場はそのリサイクル貿易を含めたエコシステムなのでどこかで大規模に生産止めたり国内資源でリサイクルされたり代替品のプラなどに移行すると途端に云億円動いちゃうめんどくさい世界(´・ω・`)
1
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2021年12月31日
TLを追っかけてたら、木製増槽を動員女学生がこさえてる光景のニュースフィルムが出てきた https://www2.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/jpnews/movie.cgi?das_id=D0001300356_00000&seg_number=004
16
伍長 @gotyou_H 2021年12月31日
アメリカの紙は合理的などとポジティブにとらえ、日本の竹は資源不足などとネガティブにとらえるの、日本sage(って程じゃないかもしれんが)ありきの色眼鏡じゃない?
67
SCP財団職員 @jsdf5475 2021年12月31日
gotyou_H 資源不足で竹製を『作らざるを得なかった』日本と、敵の資源になるのを防ぐために『敢えて紙製にした』アメリカの違いでしょ 色眼鏡でもなんでもない
83
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年12月31日
アメリカの紙製のP-51の増槽、燃料漏れしやすかったらしいと聞いたことがある。なんでも空戦の時だけ持てばいいやって割り切っていたからとも
3
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年12月31日
Neko_Sencho ただ木製機って寿命年数が全金属製機に比べて短いんだよな。またモスキートは太平洋戦線では高温多湿の環境で性能低下したりしてる。 iamdreamers アメリカも日本も試作機レベルなら作ってるけどね。アメリカは作ったけど、アルミニウム合金そこまでひっ迫しないよな、って贅沢な理由で不採用
8
C_CLPS @C_CLPS 2021年12月31日
手編みなのかな。籠職人の技で兵器を作っていたと思うと感慨深いやら悲しいやら。
2
ヘリオドール @heliodor_ruby 2021年12月31日
軽くてそこそこの強度、材料は金属不用でその辺で手に入る。消耗品としては合理的! なんだけど、竹を加工して綺麗にタンク状に編むって結構大変なような…。でも材料が豊富で人手さえあれば用意できるってのは情勢的に理に叶ってる。
14
黄色いかまぼこ @yellow_chikuwa 2021年12月31日
本土まで攻め込んでる方が、落ちた機材を鹵獲されるリスクが高くなるからね
3
みなせ ★C100は米軍機の放射性物質の本 @Ton_beri 2021年12月31日
一方ソ連は、木で作った。 戦闘機の主構造材を木材で。
22
巴投 @pooh3_oyasumi 2021年12月31日
jsdf5475 いや、まとめの方でさすがアメリカ合理的とか、竹より紙の方がうんちゃらとか手のひらクルーなリプライへのコメントじゃないかな?資源不足からでも敵に資源を渡さないからでもどちらにしても合理的だと思うけどね。
42
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2021年12月31日
jsdf5475 これで日本軍下げに狂乱してる人たち、増槽が離陸から空戦開始までの数時間ぐらいしか使わない使い捨てのものだって知らない可能性高いのでは
48
かつまた📛あいね📛 @kamiomutsu 2021年12月31日
「なぜこういうものが作られたのか」に目を向けたらそりゃ日本には悲壮感がありアメリカにはないというだけなんだけどな。その結論を避けたいがためにあえて人口に膾炙したサイドストーリーを無視して語るのもそりゃありだけど、その方がよほど裏の意図を感じるよ。
26
成瀬京太郎 @yuugekisen 2021年12月31日
探偵ナイトスクープで木工所の床から戦闘機のプロペラが出てきていろいろ調べたら鉄がないから木で作るために渡されたサンプル品だったという・・・
4
しゃおず @cDfvtkS6H9NixOf 2021年12月31日
これ使い捨てる前提の装備品…装備品というかは微妙すぎるけど、軍用品だからね。竹で強度やそれなりのものがまかなえるなら十分では
5
たけし🐕 @takeshi17922255 2021年12月31日
途中にある、燃料入れたまま放置するなとか直射日光禁止とか引きずるなって注意、むしろ通常のもの(アルミ?)にはないの?十分危険だと思うんだけど
1
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2021年12月31日
Lkpi8dEIKmF7bi1 モスキートはアジアに持ってきたらキノコ生えてたらしいぞ
20
はやし・しのぶ @Hirarinmac 2021年12月31日
なお建築用の足場を中国、特に地震のほぼないところでは竹で組むことに日本では「耐久性がないよね(プギャー)」と特にある思想の方々は叫んでいたことを私は知っている。
13
バーふバリ兵 Бахубали-хэ @Kannchen00 2021年12月31日
ドイツ軍の砲弾運搬ケースもラタンで編んだのあるし、当時、軽くて使い捨て出来る素材と言えば、世界的にそういうのがスタンダードじゃないかなあ?
10
Metallis(へたれ) @c7R1S0tU 2021年12月31日
ベトナムんときは米軍の落とした増槽を現地住民が上半分切ってボートにしてたんだっけ?
0
あいしー★ @aicm2 2021年12月31日
飛行機にガソリンを使ってたって方が驚きだ。
1
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年12月31日
Halo_nyanko 国共内戦の時中国の国民党政府に送られたことあったけど、中古品+輸送が糞雑だったんで、かなりの数が腐敗や破損で使用不能になってたこともあるとか<モスキート
1
Metallis(へたれ) @c7R1S0tU 2021年12月31日
aicm2 そりゃジェットエンジン実用化前は自動車と同じガソリンエンジンやディーゼルエンジンで飛んでましたから・・・
16
やつ @kubitsukkomi 2021年12月31日
kamiomutsu よくわからないんですがなぜ「日本は物資不足だから竹でつくるしかなかった」ということが※『竹で作られた増槽(廃棄目的の一時貯蔵槽であり通常軽量化とコストの為に紙などで作られるのが普通)』という事実のみからわかるんですか?それともあなたは「日本において増槽は本来金属で作る構想があったが物資不足のため竹で作るしかなかった」という別のソースをお持ちなんですか?ソースがあるなら知りたいです。このまとめでは※しか示されていません。
3
たけし🐕 @takeshi17922255 2021年12月31日
足場に適した素材とタンクに適した素材ってなんか関係あるの
6
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年12月31日
c7R1S0tU ちなみに木製の部品を使ったジェット機はHe162というドイツ軍の戦闘機があったりします。代用可能な部分は全部合板(ベニヤ板)製。 ただこれは操縦性が酷くて末期に訓練中の事故で多数死者が出てます
0
やつ @kubitsukkomi 2021年12月31日
日本の安全基準で考えると地震の少ない中国ということを考慮しても危ないと日本人は思ってしまう竹の足場(個人的にはその国の基準をクリアしてれば構わないと思う)。当時のアメリカでも日本でも同じ基準でもって似たような技術で作られていた竹の増槽。この二つって竹って共通点があるだけで関係なくない?どうも『竹の増槽は問題ないという人間=中国の竹の足場は劣った技術と嘲笑う人間=日本第一次ー主義者』的な思い込みフィルタを掛けてないだろうか。
28
ma08s@フォロー外からごめんなさい @bygzam_ma08s 2021年12月31日
『世界の傑作機』のソ連機編(ヤコヴレフだったか、ちょっとうろ覚え)で、鳥飼センセが「元々飛行機は木製から始まった。日本は全金属化に成功して、木製のポリカリコフなどを半ばプロパガンダ気味に『遅れてる』と揶揄したが、後の戦争の展開を考えれば、木製機の技術を断絶してしまったのは残念だった」っていってたっけ。この増槽の技術はすごいけど、「間に合わせ」で作らざるを得なかったのは、やっぱり「失敗例」以上にはならないよなぁ。戦前から製造に着手していればともかく……
3
watashi @angyoujirin 2021年12月31日
なんでも鑑定団で竹の増槽が出てたな。いくらだったかおぼえてないが
1
SAKURA87🌸多摩停督 @Sakura87_net 2021年12月31日
使い捨ての増層だから軽くてある程度強度があってコストが安くてそのうち自然に返る竹を使うってのは材料が適していれば確かに理に叶ってるんだよな。別に飛んでからなくなるまで持てばいいんだし。
2
課長こわれる @RRpyVWG4ryIEgdX 2021年12月31日
DamMidorikawa00 日本の増槽は女性が持てるほど軽かったのか
0
なんもさん @nanmosan 2021年12月31日
木製飛行機は重量さえ気にしなければ燃えにくい=被弾に強い利点もあったのですけど、ぶっちゃけ戦前の日本は接着剤の性能の問題で実用化したくてもできなかったのが現実。そんな日本の木製増槽タンクに合理性を期待してもしょうがないと思いますよ。
0
やつ @kubitsukkomi 2021年12月31日
nanmosan すみません前半と後半の理論の連続性がわからないので解説してください。ちなみにこのまとめで紹介されているのは竹の増槽ですが木の増槽はどこで出てきた話でしょうか?木の増槽は重いのではないですか?それが使われていたのですか?
2
なんもさん @nanmosan 2021年12月31日
kubitsukkomi 竹だって木製ですよ?強度や密閉性を同じにしようとすると当然金属より重くなります。
1
chi464 @chi2021z 2021年12月31日
c7R1S0tU ジェット実用化から80年ぐらいたった今でも普通にありますよ航空用ガソリンも航空用ディーゼルも
3
chi464 @chi2021z 2021年12月31日
竹の増槽の開発が1:資源不足、2:敵に資源を与えないため、3:資源不足でないとしても勿体ないので節約のため、4:私が思いつかない別の理由、のいずれなのかを示すソースあるの?無いのに資源不足と決めつけて日本SAGEしてるならアホらしいんだが
1
nekosencho @Neko_Sencho 2021年12月31日
航空機といっても戦闘機や大型旅客機だけじゃなく、普通に軽飛行機やもうちょっと大きい程度のもあるんで、ガソリン使ったレシプロエンジンで飛んでるのもありますよ。 ジェットやガスタービンにくらべて整備が楽でコストが安いです。 何千馬力も出すには向かないけど
1
chi464 @chi2021z 2021年12月31日
nanmosan 竹は木じゃなくて草に分類されることが多いんで草だと主張してるんでしょ。竹林て言葉もあるし木に分類する学者も居なくはないんで間違いではないんで、あなたの言い分も分かりますが、あまり一般的ではない。
0
Alpha Leo @alpha_leo 2021年12月31日
竹製増槽を「日本は資源不足で作らざるを得なかった」とかドヤ顔で書いてる人がいるけど本当なのかそれ?使い捨てなんだから軽量かつ安価なのが良いということで積極的に採用したんじゃないの?こういう人って戦艦大和の甲板が木製なのも資源ガーとか言い出しそうですね。
17
なんもさん @nanmosan 2021年12月31日
そもそも本土決戦用装備に火縄銃や竹槍をガチで用意してた日本軍ですので、いまさらこの程度でsageになると思ってる事自体が頭おかしいと思います。
8
chi464 @chi2021z 2021年12月31日
竹はイネ科だから俵みたいなもんか。人間のエネルギーの米を包むか機械のエネルギーのガソリンを入れるか違うだけでどっちもエネルギータンク。
2
chi464 @chi2021z 2021年12月31日
nanmosan 使い捨てだから金属製だとオーバースペックで勿体ないから同じじゃなく弱い強度・密閉性で十分、って合理性があるケースもありますよ。定量的にそれに該当するか検討するほど詳しくないんで、このケースではハズレかもしれませんが。
1
mikunitmr @mikunitmr 2021年12月31日
木製プロペラwとか言ってる人、ドイツでは木製プロペラ結構使われてたこと知らないんだろうな。
3
mikunitmr @mikunitmr 2021年12月31日
どうせ数時間使うだけの使い捨てなんだから、貴重なアルミ使うくらいならいくらでも手に入る竹を使う方が合理的だってだけだろう。航空機本体は全金属製なんだし。
14
みゆう @MinamidaYminami 2021年12月31日
泥沼状態になっても戦争を止めない愚かさ…… (;=´人`=)
2
シロクロ @BlancNoir_nanto 2021年12月31日
kubitsukkomi >紙などで作られるのが普通 マジで!?Σ(゚Д゚)国際的にはむしろ金属製が異端だったの!?
0
いけだ @nantekoTTai_777 2021年12月31日
それはそれとして竹はほぼ無限に取れる上に加工しやすいので扱い極めといて損はない
15
蒼橘慎悟 Powered By BIONTECHx3 @cingoP 2021年12月31日
世界でも唯一(テロを除いて)アメリカ本土を爆撃した、日本軍の気球爆弾は和紙にコンニャクを塗り込んだものだって、どれだけ知られてるだろうか。意外と、紙製とか木製でも十分使えるんだなと。
7
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2021年12月31日
そういや軍用にできる質のいい木材って大戦参加国のほとんどが枯渇しかかってたみたいなんだよねー。日本が木製機にさして興味が無いのはそのせいもある。
0
刑事長/理事長 @DekatyouNy 2021年12月31日
木とか竹で、ってのは日本において大型木造建築が多数建てられたり、木細工や竹細工を作る人が沢山いたから、というのも忘れてはいけないと思う。
1
masano_yutaka @masano_yutaka 2021年12月31日
まず「特攻用」って時点で間違いに気付こうよ…。 増槽って「敵の基地まで攻め込む時に、行きの燃料を入れておくためのタンク」で、行きはここに入れた燃料を使う。 現地に着いたら捨てて身軽になって戦う>帰る。 そのための燃料タンクは機内にある。 帰りの燃料を温存するためなんだから、特攻機には必要ないでしょ。
16
dag @digital_dag 2021年12月31日
リンク先の小金井市文化財センターの紹介文では「資源不足を反映し」とある。小金井市文化財センターはちゃんと学芸員が配置されているっぽいからネットで根拠なく思弁垂れてる人間の発言よりよほど信頼出来ると思うが。プロの仕事を尊重しろ。
4
kokomaro @kokomaro11 2021年12月31日
紙製に比べて組立工数かかりそうだなあ…
1
垂直応力 @normal_stress 2021年12月31日
アルミ製より重そうなんだけど、戦闘するときには捨てるから気にしなくていいのかな。
0
RAIYA@提督 @RAIYASB 2021年12月31日
紙より竹のほうが確保しやすいかったのもあるんじゃないのかな、資源の削減については例え潤沢だとしても重要だし
0
kartis56 @kartis56 2021年12月31日
Halo_nyanko そのキノコ美味しいだろうか…
1
茗荷昇紘 @masilite 2021年12月31日
植物由来より金属・コンクリ・樹脂・炭素繊維などのほうが高性能で優れているというバイアスありきの話題でもある。中国の竹の足場もそうだが、貧相だとバカにせず、性能面・コスト面などを純粋に見て判断すればいい
4
筋トレナースマン@○製造機メンテ業 @m2_tanaka 2021年12月31日
まさに古のコピペ通りで草 日本の兵器「こうするしかなかったのはわかるが、まさか本当にやるとは思わなかった」
0
nekosencho @Neko_Sencho 2021年12月31日
木製の利点でデカいのは金属製航空機の生産力をほとんど圧迫しないってとこだな、エンジン無しの機体がごろごろ転がってたような国は別として、エンジン作れるけど機体が足りないってとこは木製飛行機ならどんどん増産できる
0
nekosencho @Neko_Sencho 2021年12月31日
masano_yutaka 特攻でも、より遠くの敵に突っ込むために使えますから「帰りの燃料を温存するためなんだから、特攻機には必要ない」ってことはないです。
4
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2022年1月1日
Neko_Sencho 爆弾と増槽の両方を下げられる機体って特攻に使ってたかな
0
みどりかわだむ @DamMidorikawa00 2022年1月1日
そういやここまで「増槽を最初に装備したのは日本海軍の96艦戦」の話なし
6
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2022年1月1日
DamMidorikawa00 ウルシー暗礁の米艦隊を狙った銀河による丹作戦は?WIKIの銀河からの引用になるけど、「両主翼下に容量600Lの大型落下式増槽を各1本懸吊が可能」らしいです
0
mikunitmr @mikunitmr 2022年1月1日
Neko_Sencho 特攻に「も」使えるってだけで、特攻専用ではないですね。
4
ドラゴンチキン びっくり野蛮劇 @dragonchicken19 2022年1月1日
木製戦闘機は割とどこでも研究開発はしてたけど、意外にハイテクなんでモノにならなかったのが多い。
0
ヘイローキャット @Halo_nyanko 2022年1月1日
どーもこれ200リットル燃料入れられる陸海軍統一増槽っぽいなぁ。
3
愚者@勇者部満開19欠席 @fool_0 2022年1月1日
確かフィンランドでも増槽があまりに貴重で、第二次大戦中には報奨金を出してまで回収を奨励していたという話があったなあ。
6
長 高弘 (獣脚類ティラノサウルス科ズケンティラヌス) @ChouIsamu 2022年1月1日
あの戦争の日本側から見たオチは「ジリ貧を避けんとしてドガ貧になりました」だな……。
3
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 2022年1月1日
確かに時代的に悲惨な側面もデケぇが 今ある素材やりくりしてできることをやるってのが科学の基本だ 竹がチート素材ってのは散々知ってるな? 唆るぜこれは!
3
浅川@戦車兵 @militarybbo 2022年1月1日
資材不足ってか明らかに使い捨ての用具に貴重なアルミなんて使ってらんない。特に洋上出撃だと尚更そう。竹で作ったと言ってもこの編み方の方が絶対手間かかってる。確かに頑丈で軽くて資材は安いは満たしてるけどさあ。現代だと寧ろ竹で作った方が高くつきそう
1
トミー @fumiotomita 2022年1月1日
nanmosan イギリスだって本土決戦で槍や棍棒を配布していましたよ、そんなことを比較対象に出す方がおかしい。https://trafficnews.jp/post/105552/2
8
Rogue Monk @Rogue_Monk 2022年1月1日
建築物でも竹筋コンクリートてのがあったんで、使えるものは使えだな。特に現在の日本だと野良の竹が繁殖しまくりなんで、もっと使い道があるかもしれない。
1
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
alpha_leo アルミで作れるならアルミの方がいいのよ。製造工数的にもプレス機ででかいパーツをガチャンってできるし。非金属材料は耐油処理とか樹脂で固めたりして金属より重くなるし、製造にかかる人的資源の消費が凄い
4
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
増槽単体で見るならまあ…って感じだけど、歩兵用のヘルメットや水筒まで竹になって戊辰戦争の頃の銃器まで再配備しようとしてるのと並行で起こってるんだから感想としては日本軍下げにしかならないよ
1
clockgene @clockgene 2022年1月1日
金属製増槽の他に木製増槽があるのは知ってたけど竹は意外。増槽の性質上均一な大きさと強度にするために高度な編み技術が必要になりゴム引き加工も要るので手間がかかっていると思う。
0
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
militarybbo 逆です。洋上が多いと敵に回収されない場合が多いので製造が容易で軽量で強度もあり持ち帰れば何度も使える金属増槽を使いました。米海軍なんかは陸軍と違って紙製は使いませんでした。
1
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
kubitsukkomi ガソリンは危険物なんで、接合部が少ない金属のほうが漏れや圧力で有利です。あと、竹や紙増槽は非金属かつ固めるのに樹脂を使ってるのでめちゃくちゃに静電気貯めやすい特性を持つと思われるので普通に危なくて正直よほどの理由がなければ使いたくないのが現場の正直な意見でしょうね。アメリカ海軍が紙増槽使わなかったのは爆発火災予防の方を重視したんじゃないですかね
4
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
DamMidorikawa00 陸軍戦闘機なんかは片方増槽片方爆弾で特攻出撃してます。知覧にいた頃の唯一現存してる3式戦闘機もこの武装で展示されてました
0
フローズンぺんぎん@とりゅー @ki45_nisiki 2022年1月1日
mikunitmr どっから漏れるかわからん非金属タンクに庶民が手に入る中では超絶1級危険物のガソリンさん入れたくないっす…下手すると静電気1パチで飛行機と弾薬ごとドカンっすよ…
3
masano_yutaka @masano_yutaka 2022年1月1日
Neko_Sencho  「より遠くに」って、動かない敵基地や、大戦末期の「沖縄にいる敵艦隊に向けて鹿児島から飛ぶ」とかを相手にするから「これだけの燃料が必要で、その燃料を積むために」って考えで計算してるんだから、「とりあえず遠くまで飛べりゃ良いんでしょ」みたいな考え方は浅はか過ぎるっす。 1人乗りの戦闘機で増槽まで満タンにしたら6時間くらいは飛べるけど、6時間敵を探してあてもなく飛んで、対空砲火をかいくぐって敵艦に突っ込めって無理だから。
3
タルタル天国 @tarutaruzigoku 2022年1月1日
masano_yutaka 特攻機の場合は敵を見つけられなくて帰還することも多かったんで、帰りの燃料も必要だったんだよ
0
面倒くさい @mendoukusaizzz 2022年1月1日
燃料を入れたまま放置できないってことは出撃直前に機体に取り付けて燃料注入してたってこと? 資源節約のためとはいえ使い勝手はかなり悪いな。
0
殻付牡蠣 @rareboiled 2022年1月1日
ki45_nisiki 金属も漏れるっちゃ漏れるんで、金属信じ切るのもどうかと思うけどな?
0
RAIYA@提督 @RAIYASB 2022年1月1日
tarutaruzigoku 特攻だろうと通常攻撃だろうと、敵艦隊を見つけられないのは普通にあったけどね
3
M内🇺🇦 @regonobitch 2022年1月1日
一方、英国は木で爆撃機を作った。
0
ワンド12 @wand_1_2 2022年1月1日
日本は資源もな~~んにも無い。紛争とか何かあれば「兵糧攻め」になることをお忘れなく
0
タルタル天国 @tarutaruzigoku 2022年1月1日
RAIYASB うん、だから特攻機だからといって帰りの燃料は不要って事はないよって話
0
masano_yutaka @masano_yutaka 2022年1月1日
tarutaruzigoku 遠くまで探しに行って、それで燃料を使い果たしたら帰ってこれない訳で。  Neko_Sencho  「より遠くの敵へ」って言う目的が間違ってるって話ですよ。 そもそも特攻機って増槽付ける機体下部に爆弾を積んでるし、機体内部の燃料だって敵艦に突っ込んだ時には燃焼エネルギーに変わる訳だし。 
0