2022年10月16日

『うる星やつら』が最初にTVアニメ化されたのは1981年…大混乱する現場でチーフディレクターに抜擢されたのは若き日の押井守だった

勉強になります
406
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

無類の映画好きです!映画に関する話題を中心に色々つぶやいていますが、アニメの話も大好きです(特に好きな監督は宮崎駿、庵野秀明、押井守など)。ブログも絶賛更新中なので、よろしければ見てやって下さい。→ type-r.hatenablog.com

blog.livedoor.jp/thx_2005/

タイプ・あ~る @hitasuraeiga

高橋留美子の人気漫画『うる星やつら』が最初にTVアニメ化され放送が始まったのは1981年10月14日。しかし現場は大混乱だったらしい。なぜなら放送が決定したのがオンエアの1ヵ月前で、時間が全く足りなかったのだ。そんな時にチーフディレクターに抜擢されたのが、当時まだ若手演出家の押井守だった。 pic.twitter.com/Tw6dYqWDqY

2022-10-14 12:10:33
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

当時のスタジオぴえろは『太陽の子エステバン』と『まいっちんぐマチコ先生』に主力スタッフが投入され、デスクすらいない状態で『うる星やつら』の制作が始まった。困った押井守は自分で他の演出家を捜したり、北海道に帰っていた『ニルスのふしぎな旅』の元スタッフを電報で呼び戻すなど大慌て! pic.twitter.com/2Crm4XqGET

2022-10-14 12:18:53
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

押井を含めた3人(早川啓二・小島多美子)で絵コンテを描きまくり、外部のプロダクションにグロスで作画を発注しまくり、ほとんど家にも帰れずスタジオで寝泊まりしていると冬になって寒くなってきたのでプロデューサーに「暖房を入れてくれ」と頼んだら、支給されたのは毛布1枚だけだったという。 pic.twitter.com/7ESLrGIyQs

2022-10-14 12:44:19
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

そんな状況で作った『うる星やつら』だが、放送当初の評判は最悪だった。ファンから「原作と違う!」「作画がひどい!」などの苦情が殺到し、会社にカミソリが入った抗議の手紙や罵詈雑言を録音したカセットテープなどが大量に寄せられ、とうとう押井守の降板話まで浮上する事態になってしまった。 pic.twitter.com/fdn4ldvz5S

2022-10-14 12:56:35
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

そして押井守の方も、会社側から「どうなってるんだ!」「真面目にやれ!」などと怒られる度に「うるさい!」「こっちも必死にやってるんだ!」と言い返し、「毎日がケンカだった。怒鳴り合いに近い(笑)」と当時を振り返っている。 pic.twitter.com/NrjmqtJeyV

2022-10-14 13:58:01
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

しかし社内で「押井守を降板させるかどうか?」を検討していると、師匠の鳥海永行が「絶対に降ろしてはダメだ」「一度決めたんだから最後までやらせるべきだ」「俺たちにできるのは彼をフォローすることしかないじゃないか!」と強く主張し、結局チーフディレクターを続けることになったという。 pic.twitter.com/YIv6HYwBXH

2022-10-14 14:25:15
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

その後、徐々に視聴率が上がり始め、山下将仁や越智一裕などが参加してからは作画レベルも急上昇!山下将仁は金田伊功に影響を受けたアクション系のアニメーターで、当時は『太陽の使者 鉄人28号』や『六神合体ゴッドマーズ』などでメリハリの効いた派手なアクションを披露していた。 pic.twitter.com/bcZYiMKON1

2022-10-14 16:26:41
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

そんな時、「面白そうな作品があるから一緒にやらない?」と越智一裕に誘われた山下将仁は、「当時『鉄人28号』をやってたんだけど、僕はそこまでメカを意識してたわけじゃなく、芝山努さんや小林治さんの作画が好きだったので、そういうのを描きたくて『うる星やつら』に参加したんです」とのこと。 pic.twitter.com/XpPrZN6kJ0

2022-10-14 18:29:37
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

山下将仁が初めて参加した第27話「面堂はトラブルとともに!」では『うる星やつら』に金田系アクションを大胆に持ち込み、奇抜なポーズや独特のタイミングでキャラクターを描き、アニメファンの間で話題となった(以降、山下は”暴走アニメーター”と呼ばれるほどの活躍ぶりを発揮する) pic.twitter.com/5gizU6xYSW

2022-10-14 19:57:06
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

山下将仁の作画の何が画期的だったのか?というと、「金田伊功系アクションのカッコよさを残したままギャグに転用したこと」だろう。つまり金田アクションを『うる星やつら』に持ち込むことで、カッコいいアクションそれ自体を”ギャグ”として表現したのだ(当時、島本和彦も恐れていたらしいw) pic.twitter.com/7URMFah1n5

2022-10-14 20:22:25
拡大
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

その後、「『うる星やつら』は自由に何でもやらせてくれるらしいぞ」との噂がアニメ業界で広まり、森山ゆうじや平野俊弘や西島克彦や板野一郎など凄腕アニメーターたちが続々と集まり始め、急激に作画が充実していった(同時にアニメーターの悪ノリもエスカレートしていったw) pic.twitter.com/MVL0IxBR7L

2022-10-14 21:24:41
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

さらに3クール目からは伊藤和典(それまでは制作進行をやっていた)が脚本家として参加し、押井守の演出もどんどん調子が上がってきた。やがて、原作では単なる脇役だったメガネのセリフが増え始め、第87話「さよならの季節」ではとうとう主役以上に目立つキャラへと成長してしまった。 pic.twitter.com/D73LegiyMm

2022-10-14 22:06:21
拡大
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

押井守は当初、メガネをただのサブキャラ程度にしか考えていなかったが、千葉繁のクセが強い演技とアドリブによって、難解な長ゼリフを饒舌にしゃべり倒すキャラクターが出来上がったという。また千葉繁によると「メガネは押井さんの代弁者」とのことで、ある意味“押井守の分身“とも言えるだろう。 pic.twitter.com/qJUr2Eqmcw

2022-10-14 22:41:43
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

ちなみに当時、押井守監督の中では「アニメーションでも長回しや長ゼリフは可能なはずだ」との考えがあり、それを実証するために敢えてメガネに長ゼリフを喋らせた…という理由もあったらしい(この頃から色々小難しいことを考えてたんだなぁw) pic.twitter.com/OotRwiRbYE

2022-10-15 00:12:19
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

なお、第19話・20話「ときめきの聖夜」を作る際はスケジュールが全然足りず、苦肉の策として作画枚数を減らしたのだがファンの評判は非常に良かった。押井監督曰く「ああいうしっとりした話はウケるんだよね。僕はもっとドライな話をやりたいんだけど、メガネをやると怒られる(笑)」とのこと。 pic.twitter.com/XdK5gF36Nz

2022-10-15 12:20:04
拡大
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

やがて『うる星やつら』は高視聴率を記録するようになり人気番組へと急成長していくのだが、当時の状況を押井守は「結果が全てで勝てば官軍」「視聴率が上がったらTV局もプロデューサーも何も言わなくなって演出のやりたい放題になった」と語っており、次第に原作を逸脱し始めたのである。 pic.twitter.com/SuwerkWCmA

2022-10-15 18:34:11
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

そして漫画・アニメ・映画のパロディや立ち食いソバなど押井守監督の好きなものとかやりたいことを次から次へとブチ込んで様々なエピソードを作り続けた結果、ついに”事件”が起きてしまった。第101話「みじめ!愛とさすらいの母!?」がフジテレビから納品を拒否されたのだ。 pic.twitter.com/fKRUScvVEm

2022-10-15 18:57:00
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

『うる星やつら』第101話「みじめ!愛とさすらいの母!?」は、あたるの母を主役にしたオリジナル・ストーリーで「夢から目覚めるとまた夢だった」という状況を何度も繰り返す母の姿を描き、オチも何が何だかよく分からないまま終わる…という非常に不可思議なエピソードだった。 pic.twitter.com/xNGFDT2Y8p

2022-10-15 19:20:42
拡大
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

この第101話、TV局側も放送に間に合わないと困るため仕方なく納品したものの大問題となり、押井守は局長室に呼び出されて厳重注意を受けた挙句、当時のスタジオぴえろの社長(布川ゆうじ)からも「お前いいかげんにしろ!」「二度とやるな!」とメチャクチャ怒られたらしい(視聴者からも苦情が殺到) pic.twitter.com/y5mK08sBDe

2022-10-15 19:41:07
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

しかし「夢の中の自分が現実なのか?現実のほうが夢なのか?」という中国の説話『胡蝶の夢』を題材にした「みじめ!愛とさすらいの母!?」は、その後の押井作品で繰り返し描かれるテーマの原点となり、『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』を生み出すきっかけにもなったのである。 pic.twitter.com/RdliLvNAr5

2022-10-15 20:11:11
拡大
拡大
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

そして、押井守は「テレビシリーズという枠の中ではあの辺が限界だろうと感じた」「あとは表現それ自体をより緻密にしていく以外にインパクトの持ちようがない」と語り、第129話「死闘! あたるVS面堂軍団!!」を最後に『うる星やつら』を降板し、同時にスタジオぴえろを退社したのである。※以上です pic.twitter.com/CSuXeeXzOl

2022-10-15 20:47:50
拡大
映像快楽主義 @mitawa3a

@hitasuraeiga 確かに「放送決定がオンエア1ヶ月前」と書かれてますが無理だろうと思いアニメージュ81年10月号を調べて見ると記事が!発売は9月10日だと思うので話が大げさになったのでは?(放送決定前に制作が進むこともよくありますが) pic.twitter.com/qPWJLSXefw

2022-10-15 22:33:50
拡大
拡大
タイプ・あ~る @hitasuraeiga

@mitawa3a これ正確には「放送日の決定がオンエア1ヵ月前」だと思うんですよね。つまり「制作自体は前から進んでいたけど何らかの事情で本来の予定よりも前倒しされた」という意味で、ある日スタッフが「来月オンエアで決まったぞ!」と知らされて大慌てに…みたいな状況だったんじゃないかなと(想像ですが) pic.twitter.com/AZzqf4zeiI

2022-10-15 23:51:36
拡大
鮭缶 @sake_can

@hitasuraeiga 松下さんは詳しいと思いますが引退なすっているので聞けそうにないです。 銀河英雄伝説のP、田棒は当時は松下さんの下で働いていたと思うので知っているかもです。 数年前は現役でしたが今はどうか知らないです。 落合氏は鬼籍に入られてしまったので話を聞くことはできません。

2022-10-16 03:41:39

コメント

Kongo @kongo_kirishima 2022年10月16日
登校のためパラシュート降下する面堂の手から鞄が消えたり出たりするのが当時らしいというか。
14
あき @96Af92 2022年10月16日
101話のあたるの母の夢の話は子どもの頃大好きだった!何回見ても不思議で惹きつけられてた、今でも覚えてる こんな物議を醸してた作品だったなんて… あと面堂家の戦闘機とかがちゃんとメカメカしてた理由も分かって良かった
35
ピップ @sPEr54fuQYqCh3A 2022年10月16日
こういう話はちゃんと残ってほしいな 機長な資料だ
3
ヨブ @1Owa10a5CLfeYXa 2022年10月16日
絶対今じゃこんなアニオリは評価されないよね
50
nekosencho @Neko_Sencho 2022年10月16日
とはいえ、スタッフが暴走できる場だったからこそあれだけの爆発力があったのであり、たしかに原作は超がつくレベルでおもしろいけど、それでも原作どおりであれだけのブームになれたかと言うとそれは疑問なんだよな。
15
負け犬 @akiba_loser 2022年10月16日
1Owa10a5CLfeYXa 基本一話完結のギャグ漫画のアニメ化だったら今でも(出来が良ければ)成立するんじゃないかな。銀魂とかは成功例だろうし、ポプテピピックはキャラだけ使ったオリジナルアニメレベルだし
80
瑞樹@ウェーイワクチン接種3回終了 @mizuki_windlow 2022年10月16日
ほぼリアルタイムに近い状態でみてたけど、面白い回と面白くない回の差が激しかったと思う。つまらないというか、理解できないというか……
20
eco bag( L_5yen) @ecobag_free 2022年10月16日
押井氏の趣味は今も昔も全然理解できない…
21
サディア・ラボン @taddy_frog 2022年10月16日
パラシュート降下の動画で、顔に影をつけ過ぎて誰だか分からなくなってる絵があるんですけど、ブライガーのOPとかと同じ頃なのかな。 当時のアニメは妙なタイミングで動いて、アクションをカッコ良く見せようと試行錯誤していたみたいです。
0
サディア・ラボン @taddy_frog 2022年10月16日
面童の軍にマクロスのバルキリーがあるのは、怒られなかったのかな。
11
わた @wtr_gbf 2022年10月16日
結局人材ガチャだし人を育てる天才みたいなのはいないんだよな たまたまやる気のある人を引けたチーフが炎上案件に無理やり押し込んだら結果成功したってだけの生存バイアスごりごりの話だね やっぱり使えないやつをガンガン切っていくしかないし値段もガンガン上げていくしか道がないよね
0
sagatiba siga @siga_sagatiba 2022年10月16日
うる星やつらと全く関係ないがオンエアのあった年代の学校でのこと。授業で、ヘレンケラーの「ウォーター」というシーンをどう感じたか問われたとき、努力みたいな的外れというか脳筋の教訓しか言えなくて恥かいたったの思い出した(心揺さぶられたとか感動についての表現が答えらしい)。
0
まるくん🌓 @box_slime 2022年10月16日
ちょっと前にまとめられていた「アニメポプテピピックに近いのはうる星やつら」というのが良くわかるまとめだった。 でもここまで好き勝手にやられると、自分が原作ファンだったら耐えられないな…
71
gx9900 @GX9900GUMDAMX 2022年10月16日
1Owa10a5CLfeYXa 昔と違って円盤が収入源の中心になったから、原作ファンを無視できないからねぇ。
7
鈴森れい @Wagtailjulyao 2022年10月16日
幼稚園児の時に夢オチ繰り返しのやつを見てすごく好きだったな~原作には全く興味がなくて、テクノポップ感のあるオシャレなテーマソングとむちゃくちゃな内容ってのが好きで見ていた。キャラクターにすら思い入れないから新作には興味湧かない
2
Pola @Pola_terzo 2022年10月16日
押井守は話を盛る癖があるので、話半分に聞いた方が良いよ。ビューティフル・ドリーマーに留美子が怒ったというデマも、出所は押井守らしいし。https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1889879
28
無地 @nagaharumaki 2022年10月16日
Pola_terzo 別にデマという程のことでもないですよ。メールもlineもない黒電話の時代に、そういうすれ違いはままあることです。高橋留美子のコメントと押井守の罪悪感がそういう解釈を導き出しただけで。ネット空間の悪いところです。
38
kartis56 @kartis56 2022年10月16日
最初の方15分x2話なのは作画撒くための工夫だったりするのか
0
kartis56 @kartis56 2022年10月16日
kongo_kirishima 今でもアキバ冥土戦争の1話、戦闘シーン最初の二人撃ち殺すとこはなぜか自動拳銃持ってる(直後に殺した相手から奪うやつ)
1
sagatiba siga @siga_sagatiba 2022年10月16日
また騙された、というか、「メーターの世界つくり話」みたいなものか
4
ユルドゥルム @itu_wan3781 2022年10月16日
昔は権利関係がゆるかったので出来た部分が大きく、単純に現在とは比較できない要素が多いよね。「ジャイアントロボ」は横山光輝作品の権利関係が複雑化したので近年ではスパロボに出られなくなったと聞く。
3
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2022年10月16日
( ´H`)y-~~当時のファンからはリアタイで注目されてた童夢やカリ城の細かいパロ入れまくってファンと若いスタッフとの一体感があったような気がする。まあ、時代と偶然が生んだ夢みたいなモノ。
4
kaind @kaind_ 2022年10月16日
[c11196850] ポプテピピック2期で初見勢が今、そんな感じですわ… 初っ端から実写仮面ライダーパロで、アニメ番組じゃないの?と大混乱w
1
垂直応力 @normal_stress 2022年10月16日
うる星やつらのアニメは原作から逸脱したから人気が出たと思うのですよ。
27
ふじむら藤村 @RvxU5eJUWEIsyP1 2022年10月16日
制作がディーンになった後期は作画演出は安定してたけど全体的に手堅い感じで暴走感が減ってたな。個人的にはそのほうが好きだったけどあの時代のオタクという層が出来上がっていく時代のアニメとしては前半の暴走感は必要だったんじゃないかと今なら思う
5
鈴森れい @Wagtailjulyao 2022年10月16日
itu_wan3781 ジャイアントロボに関しては昔と今の違いじゃなくて、横山先生ご本人が許可するのとご遺族が許可するのは違うってことなんだろうね
8
ハース @halser 2022年10月16日
面白ければオリジナルもいいかもしれないけど、調子に乗らせるとただの自慰行為の産物がお出しされるから好き勝手やらせちゃいけないんだよなぁ
7
アナ @aktaaaatka 2022年10月16日
原作にメガネは居ないと何度でも言い続けるよ我々は
6
メタボ社長 @50risa 2022年10月16日
あの時代だからこそ成立した勢いと面白さだったと思うんだよね。夜7時台放送でお茶の間で家族で見るようなもんだったし。小学生のガキんちょだったけど漫画とアニメ版は別物だと思ってみてた。 あたる母のやつは不気味で怖かった覚えがあるわ。
1
ひろ @FAwedPi3Ownl6yS 2022年10月16日
みんな昭和のやり方を叩くけどなんだかんだで昔の日本社会はやる気のある若者に自由にやらせてみる環境や土壌があったんだよな。だから日本から世界的なクリエイターやアーティストがどんどん育って出てきたけど、今はリベラルやフェミニストのせいでなんでもかんでも規制されて若者が新しいことが何もできない。ほんとうに息苦しい国になってしまった。
18
金山寺味噌弐号機@レイシスト認定されました @kRqFlFDoiVAHZp2 2022年10月16日
面堂家は原作では総資産500億って事になってたけど、アニメ版だととても500億じゃきかんような重装備のプライベートアーミーを所有する国家レベルの超巨大財閥に描かれてて、さすがにぶっ飛んでるなぁって思ったもんだよww
4
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月16日
思えば1981年のアニメ「うる星」に対して開始当時の印象は「人気マンガのアニメ化で原作の絵柄そのままということはないのが当然。それでも比較的、高橋留美子の絵を良い感じで移植というか変換というかされている。第1話の冒頭から原作通りではないけれど、要所で原作に従いつつ、各所はアレンジして既定の分数に収めてるなら、これはこれで良かろう」的なもの。ただし、第1話を見た時は私もあの吸盤銃(?)はどうしたもんかなぁ…だったのは事実。ただしアニメージュに掲載のオレンジ色の宇宙でアニメ版に対し妙に期待。
1
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月16日
Yabe_MiHiRo アニメ本編の背景美術でも宇宙が黒系でなくオレンジ色だったら凄いのに…とも思った。なお、ニルスの時点で千葉繁&演出押井の芸風はほぼ出来上がってたのではないかという気もしている。 https://youtu.be/yyYIy6nFTaE?t=933
1
Ornithomimus🌓似鳥龍スー・ニャオルン @_2weet_sue 2022年10月16日
こたつねこが出崎統監督お得意の止め絵の3連続パンでアッパーカット決める演出とかメチャクチャ好きだったなーwそういう脚本にない部分にも(ぃゃ指示あったかも知れないけども^^;)パロディ満載で楽しかった♪サンデーの連載は連載として別物として観てた気がする…
5
空家の恵比寿様1968 @ebcdic_ascii 2022年10月17日
「原作では単なる脇役だったメガネのセリフが増え始め、第87話「さよならの季節」ではとうとう主役以上に目立つキャラへと成長してしまった」俺はこういうのあまり好きじゃなくて観るのを止めてしまった。キン肉マンにおける「闘将!!拉麺男」みたいな流れが好きじゃないのと同じ感じ。
13
コゲちゃん帰ってきた!(10ヶ月ぶり) @nikukyu_find 2022年10月17日
島本和彦先生の金田動きのシルエットがブライガーのOPのお町とボウイとキッドだってすぐ分かる。
4
下だけ逆さまつげ @bababaaaaaaaa_ 2022年10月17日
ワイが一番好きな話は、あたるがラムに手を出すべきか出さざるべきがを悩みに悩みぬいた結果、手を出した後に浮気しようが手を出さずに他の女にうつつを抜かそうが最終的に電撃食らうんだから一緒やんって事でラムに手を出そうとする話。 アレは原作にもあるん?
1
ラミー @sakura_paranoia 2022年10月17日
原作者が許してて面白いものができてたのならいいのかなとは思うが、それはそれとしてラム・ザ・フォーエバーは唖然としちゃったな……
1
八代泰太 @3914kcorkcolc 2022年10月17日
1Owa10a5CLfeYXa 今どころか当時も、終には原作者に「自分の作品ではない。アニメはアニメ」と言われてるぞ。
1
89siki @89sikin 2022年10月17日
因みに、押井守監督で一番原作に忠実にしたのは攻殻機動隊。マヂで。原作読んでみ。キャラの軽さ以外全部忠実。
1
89siki @89sikin 2022年10月17日
リメイク版も一話くらい妙なのがあって皆が「?????」と思ったら最後に「監督脚本押井守」の文字が流れるくらいのサプライズ欲しいが、無理だろなあ
2
89siki @89sikin 2022年10月17日
旧は後半何と言うか「ビューティフルドリーマーの呪い」にかかってたよなとふと。特に劇場版。インパクトある作品あると大変だなと思ったりも
3
キケリキー @KIKERIKI17 2022年10月17日
単に好き嫌いの話なんだが、スタッフが「好きにやらせてもらえましたww」みたいに笑い話にするの嫌いなんよ。お前失敗した作品でも同じスタンスで笑いながら言えるのかと思うんよね。実際、アニメの評判でイメージが酷いことになってる原作、沢山あるじゃん…多分そういう場合、業界の所為になって有耶無耶になるんだろうにさ…
13
飛鷹隼 @junhiyoh 2022年10月17日
みんなクソアニメを今うる☆と評するけど一連の流れ見るとむしろ旧作に近いテイスト持ってるのは(原作付きじゃないけど)スペース☆ダンディじゃねぇの?て思える。悪ふざけのところもそれ以外のところも。
12
春山春斗 @halt_haru 2022年10月17日
ザ・ウルトラマンとガンダムとの関係にも似ているけど、ぴえろの一軍は「うる星やつら」ではなくNHK向けの「太陽の子エステバン」だったというのは、今となってはピンとこないよね
6
江戸しげズ @sigeponnu 2022年10月17日
少し前、dアニでまいっちんぐマチコ先生見てクオリティ高くて驚いたんだけど、どおりで。
2
Super Jpn @JpnSuper 2022年10月17日
>北海道に帰っていた『ニルスのふしぎな旅』の元スタッフを電報で呼び戻すなど大慌て! 1980年代だったら、まだ電報が有効だったんだw
2
Super Jpn @JpnSuper 2022年10月17日
halt_haru NHKの方がブランド力は半端ないからなぁ 『おしん』等が流れていた1980年代なら、余計に・・・・
2
ならづけ @nara_duke 2022年10月17日
オンエアの1か月前に放送が決定してから完成させられるの?絵を作るだけじゃ無くて音楽やキャスティングとかも必要なのに?
0
鶏皮 @kaijirutabetai 2022年10月17日
押井監督辞めて山崎監督になってから見なくなった
1
GEN @gent9310 2022年10月17日
JpnSuper 相手の住所は知っているが電話番号は知らない、という状況下で早く連絡をしようとして電報という手段になったんだと思いますよ。
0
むぎちゃ @mugicha_gbf 2022年10月17日
これ原作寄りにした新しいうる星やつらが受けなかったら押井氏が絶賛されることになるんだろうな…。昔は自由にやらせくれたお陰で人材が育ったって言うけどそれ人様の作品でやることちゃうやろ。
14
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月17日
nara_duke 実際にはもっと前から放送開始で予定されていたのに盛ったコメントが拡散してるだけなのかもしれませんが、「何曜日の何時」という放送枠が確定するのは実際に1ヶ月前というのもありそうなので。音楽やキャスト、デザイン等も決まった後に放送が決定というのも、あり得ない話ではないのでは? 前番組は「スター千一夜」とクイズなので、その後をどうするかは色々と候補案があっても。
1
きたあかり@実況 @kita_akari1005 2022年10月17日
立場を利用して、原作に沿わない実験アニメを作りまくったって事ですよね あんまり良い話じゃないけどこれが無かったらパトレイバーには繋がらなかったのかなぁ
4
きたあかり@実況 @kita_akari1005 2022年10月17日
まあ、新アニメは今後もしばらくは あの曲を使って欲しかったとかメガネが居ないとか言われ続けるんだろうね 呪いみたいなもん
2
Ragi's Q・装甲竜's A @Ragi_Mari 2022年10月17日
旧アニメ一話と連載初期は結構似てると思うんだが
0
ハドロン @hadoron1203 2022年10月17日
押井守はタツノコプロ時代にヤッターマンの演出手掛けて、2年半仕事した実績があったからね。20代で監督任されるってそうそうないよ。メガネの語りも千葉さんの実力もあるが、ボヤッキーの語りで培ったものもあると思う。
1
コスモピアニスト @NikHarnoncourt 2022年10月17日
盛りすぎ&事実誤認しすぎ。うる星やつらは放映開始から半年近く低迷していた。そして「君去りし後」というエピソードがきっかけで持ち直したというのが広く知られる定説です(このサブタイで検索するとものすごくヒットします)。そしてこれ、金田作画とは無縁の回なのです。
5
コスモピアニスト @NikHarnoncourt 2022年10月17日
NikHarnoncourt 金田作画に喜んだの俺みたいなどうしようもない作画マニアで(アニヲタ知人の半数がこれ)、ラムちゃんLOVEなキモヲタは「君去りし後」みたいなエピソードを何度も反芻して絶頂していたよ(知人の残り半数がこれ)。後者は当然原作ファンでもあるからTVアニメ前半の停滞っぷりに怒り心頭だったのはよく覚えています。
2
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月17日
mugicha_gbf 吟味したわけでなく、以前にザッと見た記憶としては出崎哲監督の完結編とか因幡くんで(押井~山崎監督に比べ)原作に近づけようと作られてはいたような気はするのですが。それが特に高評価されなかったからといって改めて押井絶賛でもないですから、心配するほどでもないのでは。押井うる星リスペクトの声は令和うる星の出来が良くても悪くてもアップされるでしょうから、受けるかどうかは特に関係なしで。 ※まぁ出崎哲版もキティ作品「11人いる!」「扉を開けて」と同系なカラーと言われてるかしれないけど
0
hai @hai_ikazoudesu 2022年10月17日
その反面教師(?)なのか、新作の「うる星やつら」は原作準拠で作られてるよね
5
ワタル @ChSbm 2022年10月17日
押井氏も言ってる通り勝てば官軍で、視聴者が慣れれば見直されることもある。でも今のテレビでは高い視聴率を取ることもワンクール以上の枠を取るのも困難で、結果として変わった演出やるとツイッターで原作虫と炎上し、youtube動画で失敗作の代表みたいに言われるからオーソドックスにやるしかない
2
ohmura sukezo @ohmurasukezzo 2022年10月17日
FAwedPi3Ownl6yS 1,2行目には賛同するけど、3行目以降に話がつながってなくないか?
16
もきち @mokichi 2022年10月17日
今までも押井守が大嫌いで、でもその根拠の多くが散らばった細かい要素からの推測だったけど、こうやって証言などをまとめていただいてどうやら自分が間違ってはいなかったらしいと思えたため、これからは誰に恥じることなく胸を張って押井守を軽蔑する所存でございます。
9
トーリ🌓 @Shigo_Tohri 2022年10月17日
ミス友引コンテストを1話でやる気かと思ったら後半オリジナル過ぎて逆に大好き 「大阪のねーちゃん独り占めー!」とあたるが新幹線で叫んでるのにナレーションのチェリーは「北へ北へ、アホのあたるを乗せて列車はひた走るのであった」と、あたるはどこへ向かっているのやらと(どう見ても東海道新幹線)
3
nekosencho @Neko_Sencho 2022年10月17日
Shigo_Tohri そうそう、知ってる話のはずなんだけどこの先どうなるのかまったく分からないあの感覚
0
nekosencho @Neko_Sencho 2022年10月17日
hai_ikazoudesu どうだろう? 細かいとこではけっこう遊んできてるし、うまくいけば原作から離れた話も出してくれるかもしれんよ
2
nekosencho @Neko_Sencho 2022年10月17日
mugicha_gbf 「漫画家の作品だ」と言うのなら手塚治虫や大友克洋がやったみたいに漫画家がアニメ作っちゃえばいいんですよ。 別の人にアニメ化をまかせたらそれは別の人の作品ですよ
4
kartis56 @kartis56 2022年10月17日
kRqFlFDoiVAHZp2 新1話で鬼ごっこのスポンサーに社名が出てる
0
tarutarusosu @taru3000 2022年10月17日
NikHarnoncourt 何が定説だ。そんなのネット初期に声のデカい奴らが作り上げた「伝説」じゃねえか!。視聴率が低迷してたら即座に打ち切りだよ。あの頃のテレビ局は(巨匠手塚治虫でさえドンドラキュラで伝説の4話打ち切り)
1
tarutarusosu @taru3000 2022年10月17日
NikHarnoncourt 作画マニア・キモオタでアニメファンを分断する二重規範に憤りを感じる。その「作画マニア」と言う輩が当時スタジオのセル画泥を働いた事には怒りを感じるんだが?
0
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月17日
taru3000 その……低視聴率なら即座に打ち切り(例)「ドン・ドラキュラ」……てのこそ都市伝説では?
4
tarutarusosu @taru3000 2022年10月17日
aktaaaatka 全くのアニメオリジナルキャラと言う訳でもない。原作にもあたるの友人で眼鏡キャラが何人か居た(同一人物かは不明)アニメのメガネは正しく千葉繁さんの怪演で成り立ってたとも言えるが
1
tarutarusosu @taru3000 2022年10月17日
Yabe_MiHiRo 放送料が払えない(これだけでも言語道断だが)スポンサーが付かないで即切りはテレビ局側もシビアに判断した結果だろう(地方では8話まで放送した例があるらしいが)。手塚アニメでドン・ドラキュラはある意味で有名なアニメだからなぁ
1
谷部覧博 @Yabe_MiHiRo 2022年10月17日
taru3000 「スポンサーがらみで打ち切り」の一言ならともかく。先の書き込みでは当時を知らない世代は「へぇー、ドンドラキュラって視聴率が悪すぎて4話で打ち切りになったんだ」と受け取り、それが以降の世代に拡散したら都市伝説でしょう。もちろん資料率10%以下のアニメだって多々あったでしょうけど、それでも2クール以上放送が大半で。ドンドラ(1~4話)は20%、30%とるような高視聴率でなかったからといって、他の作品と比べて非常識なまでの低視聴率番組だったわけでもないでしょうから。
5
にょん @kenkennyon 2022年10月18日
当時「そして誰もいなくなっちゃっちゃ」はうる星やつらなのに殺人事件がメインだったのが衝撃的で録画を何回も見直した。 最後は当然ギャグに回収するけど、ギャグに至るまではシリアス展開だったので、今思えばよくあの時間帯のアニメとして放送したなと思うし、101話以前から危険視されてたんじゃないかな(憶測)。 小学生だったから演出やスタジオが変わった事情は知らなかったけど、押井以降は単に面白くなくなったから自然と見なくなってた気がする。
0
だりい @dariidariidarii 2022年10月18日
押井守の『うる星やつら』と言えばオリキャラの「メガネ」。この「メガネ」無くして有名な『ビューティフル・ドリーマー』(悪名か勇名かは各々の判断に任せる)は成立しないのだが…。まとめ内にも有るように、声優にして快(怪)優である千葉繁 氏がアテレコで魂を吹き込まなければあのキャラは成立しなかった。わかりやすく現在でいうと杉田智和+αあたりのポジション。千葉繁さんの功績やアニメに与えた影響もいずれ評価考察されてほしいと思う。
4
いせ@噴進砲 @HTkFVMg9pVG1sRy 2022年10月19日
今あらためて見るとバルキリーやらデストロイドが並んでるシーンの最後、画面左に出てくるオレンジ色の機体はなんでしょうね?マクロスにあんなのは無かったような。アメリカあたりの特撮メカあたりが原典ですかね…?
0
HANATARAY @hanataray 2022年10月19日
放送後はサークルの仲間と毎回反省会で盛り上がっていた遠い記憶。結局気になってみんな観てたw
1
じぇみに @jeminilog 2022年10月19日
bababaaaaaaaa_ あります。色々考えてて「なんだ(手を出しても)一緒じゃないか」と気づいて一緒に寝る事にしたけど(オチ省略)なおアニメの方は見てないですが。
2
つきのふね @hoshinohayashi 2022年10月19日
ちむどんどんの時に思ったが、 今のスタッフから見たら「昭和」は明治や大正と同じ「歴史時代」なんだよ。 せいぜい分類して戦前、戦中、敗戦、戦後、バブル位の感覚 なので数年単位で電話機(や例えば家電)が変化してるのを知らなくても仕方ない。 江戸時代だって260年あるのに時代劇だとせいぜい元禄と幕末のふたつの風俗しか出てこない。 このスタッフは今後さりげなく変えてくる気がする。 なお、ちむは酷すぎたから叩かれた模様。
1
じぇみに @jeminilog 2022年10月19日
旧アニメはあたるとラムとのラブコメ要素をより明白にしたあたりにコレジャナ感があったので割と早い段階で見なくなったのですが、最後までの世間の平均をとると客観的には受けた方じゃないかと思います。だからって自分の好みは自分の好みだし、自分の好きな作品を実験材料に使われて楽しいわけではないですが。
1
じぇみに @jeminilog 2022年10月19日
一度友人の家で見てたら前半15分が原作準拠で後半がその続きをアニメオリジナルでやってたんですが後半露骨につまらんかったからなー(押井監督回かどうかは知らないが違うんじゃないかな
0
ぺんえふ @artego400 2022年10月19日
歴史だし文芸史だよなあ
1
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2022年10月20日
89sikin GHOST IN THE SHELLのラストシーンで絶句した自分としては到底受け容れ難いですね、それは。途中をどこまで忠実にしても、最後にぶち壊すための布石にしか思えないです。あれはない。
1
nonomi @nonomi8 2022年10月20日
押井守は二度とやりたくないと言ってうる星の監督やめたんだから心配しなくても関わることなんてないよ。
0
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 2022年10月20日
89sikin 劇場版3作目観に行ったけど、「夢邪鬼の呪縛」を感じたな。作品そのものは嫌いではないけど。 「ビューティフルドリーマー」って記憶では「ナウシカ」「クラッシャージョウ」と同時期の公開だったような。あの時期は選ぶのに困るほどメジャーなアニメ映画が地方でも公開されてたな~。
0
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 2022年10月20日
dariidariidarii あのキャラが存在する余地があるかないか。問題の四人組は場を保たせたりオリジナルな展開に繋げる「モブ以上脇役以下」。押井版TVシリーズ最終話で覚悟のメガネが円谷幸吉の遺書パロってるのは流石にやり過ぎと思ったけど、最後っ屁だったんだね。
0
もももっちり @MushroomBamboo 2022年10月20日
子供だったけど原作が好きだったからビューティフル・ドリーマーには失望したしだんだんアニメからも離れたな。パトレイバーでも警官に正義を語らせて全然別キャラにしちゃったじゃん。そういうのは二次創作でやってくれ。
5
わふー @deyudeyu666 2022年10月20日
89sikin 構成要素は同じだけど通底するトーンが全然違うと思いますよ。赤ジャケルパンと原作ルパンくらい違う。
3
sagatiba siga @siga_sagatiba 2022年10月20日
うる星やつらとは関係ないが、あの時代のエキセントリックな空気感とか何となく感じる 野人エッセイす 連載東シナ海流
0
当たって砕けテンノ! @GoChestTenno 2022年10月20日
押井守監督作品は、劇パト2とイノセンスでnot for meになったな。原作レイプ常習犯だったとは。
5
じぇみに @jeminilog 2022年10月20日
MushroomBamboo 個人的には押井氏の原作付きアニメはある種の二次創作だと思ってます(その是非とか肯定否定はここではしない
4
寺33 @tera3333 2022年10月21日
映画は知ってたけどテレビアニメも押井守のキモ改変版だったのか。子供心に何がおもしろいのかよくわからん気色悪いアニメだと思っていてよく知らずに原作ごと嫌いになってたわ。リメイクは見てみようかな。
1
くみちす ⋈(3D生主) @ahoaho1313 2022年10月21日
オムニバス形式なのだから、たまにはオリジナル話もいいんじゃないかな うる星やつらはなんでもアリを受け入れやすい作品ではあると思う 嫌う人もいるのはわかるが俺は大好きだ
1
吉祥寺73 @D7V3 2022年10月22日
どの人にも言えることかもしれないが、押井は引き出しの幅が狭くどれも似たりよったりが各作品に現れている。だから彼の作品だけ見ると飽き飽きする。加えて作家の個性は暗く陰湿でスッキリはせず面白みが足りない、偏見だ。
1
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 2022年10月23日
D7V3 個人的には「ああいう世界観」が逆に好みなのです。P・K・ディックの作品が同工異曲だったり、南米を中心にした「魔術的リアリズム」に近かったりみたいな。映画だと「マトリックス」「メメント」「マシニスト」「ジェイコブズ・ラダー」等を個人的に好みますが、自分はそういうのがいい。 因みに宮崎作品には辟易してます。好みは人それぞれ、それで良し。
0
吉祥寺73 @D7V3 2022年10月26日
RU0YyDtJF7yM5Js 世界観と言うか方向性って感覚があります。違った世界観でも同じような事をする感覚。その映画の中ではマトリックスしか存じ上げませんが、マトリックスに押井と共通する物は感じなかったなぁ。
1
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 2022年10月27日
D7V3 端的には「自分の立つ地面は本当に確かなものなのか」な感じですね。「B・D」に「胡蝶の夢」の例えが出て来る、その感じ。「マトリックス」のモティーフは「グノーシス主義」だと思ってますが「この世界は偽りの神が造った偽りの世界」で「本当の世界から侵入して来る者」がいるって思想です。逆に「真実の世界に偽りの存在が」もあり。「B・D」では夢邪鬼が、「マトリックス」では「モーフィアス」が異物の役を演じている。
0
蝦夷王@人類みな兄弟、喧嘩もする @RU0YyDtJF7yM5Js 2022年10月27日
D7V3 ラム自体が「異星からの嫁さんX」でもあり「B・D」の着想の一つは「毎年進級せずに繰り返されるドタバタ」を「毎日学園祭が来ず繰り返される前日」に置き換えてみるってことだったかと。「とどのつまり」(原作押井守・作画もりやまゆうじ)というマンガに「自分はいつの間にかわけも分からずにこの世界に置き去りにされていた」的な表現が出て来る、その空虚感や違和感もあります。という次第。
0
吉祥寺73 @D7V3 2022年10月29日
RU0YyDtJF7yM5Js 私の認識はやはり正しかったのかもしれない。これらを改めて読み、やはり世界観と言うよりはどちらの方向に行くか、という感じがします。あくまで例えて言うならどの物語も結末は同じのような感覚でしょうか、まあ飽きる。
1