幻想学~幻想解釈学 『初音ミクの執着!!~Highly Responsive to Musicians.』(後編)

http://togetter.com/li/250533 ←こいつの後編です。 cosMo@暴走P With GAiA発「初音ミクの消失」CDを、仏教中観派の経典である「中論」を通して解釈し、そこから音楽、創作についての倫理を考えるトゥギャッターです。 前回では、ミクが悩み、壊れるまでの過程と、そこに潜む私たちの問題を考察いたしました。 今回では、その原因に迫り、その解決方法となる生き方のヒントを描き出せたかなと思います。 続きを読む
仏教 初音ミク 倫理 中道 音楽 哲学 藝術 創作
19
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
”話もできず、自分で帰属を選ぶ前に、彼は共同体に刻印され、どんな否認の動きをしても、この刻印は残る。如何なる文化にも、その等価物がある”(Jacques Derrida,異郷から) こんばんは。悉若無です。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
さて、今日は講義の続き、やるかな? はるかさん、また他の哲学・作品論クラスタのフォロワーさん、準備はよろしいですかな?
はるかは楽しく暮らしたい @_Haruka_K_
@L_O_Nihilum ・・)ノ  別作業しつつですがちょこちょこのぞいていまする
večer(ヴェチェール) @Shunyam_B
@_Haruka_K_ @L_O_Nihilum おk。聴いてくれてる方の確認が採りたかったので。それでは、もう一度Nihilumに戻り、考察の続きを発表したいと思います
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
さてと。改めまして。今晩は、しゅーにゃんです。”現実臨界点 もうすぐそこまで!彼らが削り出したフチを 歩いてゆくのだろう!”(電脳スキルより)、仏教中観派の教書「中道」でみる「初音ミクの消失」考察後編、始めていきたいと思います。本日はよろしくお願いいたします。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
扨。まず前回をおさらいしておくと、まぁこんなとこでした:「消失」CDストーリー前半…「新世界」から「分裂→破壊」までの流れは、「中道」が示す十二支縁起の示す通り、生れ、認識し、煩悩に苦しみ、死ぬという流れと合致し、音楽のそれは音楽に携わる者の悩み、とそういう事だったと思います。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
生れた少女は歌を与えられ、空想を与えられカタチとココロを得る。しかし、その過程で、多様化していく中で流行とともに埋もれていく音楽。音楽のなかのミクはその中で忘れ去られそうになったり、
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
また作品が人々の間に伝播し、広がってゆくという過程の中で、自分の気持を無視して二次創作されたり、有名になったりという流れの中で、自分の存在の価値について悩んだり、それに耐えられなくて限りなく自分を壊していってしまうミクちゃん
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
十二支因縁は、まさにそうした悩みの原因がちょうどその経緯にすでに含まれていたという事を明かすアイテムでした。その因縁通りに、音楽は作られ、演奏され、利用・享受され、また市場に流れていきます。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
もちろん現地点で、ミクさんはそのことよく分かりません。『?なんで自分がこんなに壊れていくんだろう?壊してしまうんだろう?Voc.(ボク)は、こんなにも必死に自分を護っているのに? ?(今のセリフは僕が作りました)
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
さて。GAiA作詞、暴走P作曲の「消失」シリーズはこの後、どう続くのでしょうか。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
分裂と破壊をかいくぐったあとは、彼女はこの歌を歌います。 #nicovideo #sm11622258 http://t.co/GgEvZ4MS 「さよなら常識空間」
拡大
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
『ホントにそれは「常識」?ホントにそれは「当然」、「当たり前」?「正義」に偽装された「悪意」をかいくぐり、めざすは消失でも終焉でもなく新世界!!(動画紹介文より) 初音ミクは、自分の世界を、探しに出かけます。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
えっと、とても大切な曲なのでこの曲についてもいろいろ語りたいのですが、今回重要なのは実は8.『0』からなので、「常識空間」は粗筋だけ述べていきたいと思います。ってぇのも、よくよく考えればこの曲の行動って『0』とあんまし変わんないとも言えなくもないので(笑)。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
「消失」CD持ってるので、歌詞カードのテクストのストーリーも参考にしつつ説明します(前もそうしてたかw)。分裂と破壊がもたらすのは悲惨な結末。しかしこれはまだ起ってない空想世界の物語(でもなかったけど!!→前編参照)。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
否定は必ずしも、ミクちゃんを滅ぼすほど痛々しい物ではないかもしれない。でも、その終末(DEAD END?)を少しでも気にしてしまったのです。ミクちゃん、怖くないはずがありません。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
”終わりは必ずやってくる。終わりは全てを洗い流し、行為も無に還る。それは彼女にとっては恐怖そのものであった。”(テクスト)
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
でもそんな恐怖は、あるときふいに消えてしまいます。なんと、この悩みを抱えているころに、"終末を望む",ラフで淡々とした歌が与えられる『さよなら常識空間』。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
はたして、終わることはほんとうに怖い事?抗わねばならぬ事?歌によって望まれた終わりの姿は、彼女に新しい道を示します。"振り回した常識お払い箱 荷物が多すぎても 前が見えないよ"(「常識空間」) 
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
そんな歌をウタったとき、ミクにはいつもと違った世界が見えてきました。『「さよなら常識空間……」色の無い声で呟いた この歌で終わらせて見せるさ ボクらの選んだ新たな世界に 光が差すように』(同上)さて、彼女は自分の世界に、光を取り戻すことが出来るのでしょうか…?
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
さて、次から本網ですよ。ついてきてくださいね!!(ノってるよ俺…)
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
「常識空間」にサヨナラの歌を歌う事で、ミクは始まりに戻ります。てか、常識をいったん捨てる、って現代思想の言葉使えば、「エポケー(判断中止)」ですね。エポケーはE.フッサールと言う人が提唱した思考法みたいなもんです。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum
世の中のいろーんなことを捉えて認識したりするときって、結構手垢ついてるんですよ。「常識」とか「先入観」とか。それらをいったん「宙吊り」にして、素直な気持ちでものごとを捉えなおす。
残りを読む(186)

コメント

はるか @_Haruka_K_ 2012年2月4日
おつかれでしたー。作品を消費してしまうことを避け(作品の単純な消費は、同時に自分が<動物>としてシステムに消費されてしまうことにもつながる)、作品のプラットフォーム性を前提としたうえでこれに参画すること。「供給」――「消費」の対立軸ではなく、作品によってとり結ばれる諸々の関係性の中に自らを見出すこと。このような作品への関わり方というのは非常に腑に落ちるものでした。最近中世音楽が好きでよく聞いてるんですが、作者性が屹立する以前のこうした賛美歌などは、あるいはそういうプラットフォームとして在ったのではないかな
はるか @_Haruka_K_ 2012年2月4日
…あと思います。(まあ、当時はその上位に神さんがいたのですが)。 あとはにゃんさんの「キャラクター」なるものの捉え方がかなり興味深いです。表象を超えた外在的な他者。自分には全くない発想だったので。 全然関係ないですがデイジー・ベルはわたし的には鉄板の涙腺決壊ソングだったりします。HALたん…。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
こんばんは。コメントありがとうです、はるかかなた先生!実に僕はこの辺ショーペンハウアー先生を曲解?するくらいに影響受けた結果であります。天才は夢で閃く。そうして純粋な主観から芸術家が描き出すのがイデア。夢、すなわち外世に心を揺蕩せることで、人は心を落ち着かせることが出来る。そしてピーターパン的な「妖精は信じないと死んでしまう」的な”魔術性・神秘性”が創作,すなわち幻想にあるからかな、というロマン主義な思考が僕の美学の根っこだったり、です。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
だから、どうかそう言った「妖精」とか「妖怪」のような空想されるような神秘存在を現象学できないかなー,というのが、1つ僕の挑戦としてあったりします。梅原氏の「穴」に惹かれたのもそれゆえです。「穴」は外部の何物かと交通するとは言ったが、その外部とは世界内外部(自然)だけなのか。どうやら世界の外(アニメの世界・キリスト教的神等)も当て嵌まる記述が。こいつはいーこと訊いたぜ!!と僕の外世志向は始まったわけです。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
そのなかにミクのような、儚い妖精のような子(講義の上では空な子と言いましたが)が出てきたから、この子もしかして「技術文明で忘れられていきそうになった音の妖精さんだろうなぁ」って想像とか、そういうのをやっぱり、拭いたくないんです。ヴィトとかカントが「世界の外はアンチノミー」って通せんぼしちゃうけどさ(泣)!!実践理性の要請の対象に不在可能性を与えたくないっていう気持ちが在ったり、です。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
はるかさんがHALに涙する理由もよく分かります。ZUNさんの言葉…「死は生の幻想である」と組み合わせて言えば…「我未だ死を知らず、いずくんぞ生を知らんや」。幻想を知らずして,現実も分からない、そういう事なんだと思います。幻想に、此の世の科学にはあり得ないものにある心の生死が、私たちに「穴」を通して伝わってくるからなんだろう、とそう捉えたりです。ミクCD,ぜひ貴方には聴いていただきたい…きっと心揺れると思います。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
そして、今回のレポ内容ですが、仏教とミク、というのはまぁそんなのも含めほんのちょっとしたひらめきと、それの穴埋めです(ぇ)しかし、仏教と言う「儚さ」の思考装置を通して作品論を濾過することで、音楽とは、音楽に携わるものとは、総て存在であり関わりの中に生きている,と言う”当たり前”を再確認する場をココに用意しておこう、程度の,具体性としてはまだまだ「悉若無哲学」の第一歩に過ぎないと捉えています。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
ミクたち音楽内存在(Muzik-in-der-sein)が,自性空なんだからそれをいつでも想いだせ,というテーマは完遂した。では、そう思うにしてもどう行動するのか?という具体論、ここが作品論や創作倫理としてはスタート地点なのだと思います。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
そして、今後創作の倫理について考えて行くとき、いつも創作者、享受者、作品提供仲介者、作品帰属者,そして作品というプラフォのどれかにある種の傾倒や執着を思索に起こしたりしたときに、いつでも自分を叱ってくれる考察、「はじめの一歩は此処だよ」ってことにいつでも立ち返れるようにする考察として、今回僕はこのレポートを書き置くことにしたわけです。いつも考察者の他者となり照らしになるように。…ていうか、暴走Pがなによりそうしたかったんだろうな。”!ボーカロイド、作り聞き描き歌い奏で動かす、すべての関わる人たちにこの歌を
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
”!ボーカロイド、作り聞き描き歌い奏で動かす、すべての関わる人たちにこの歌を”ってのは、きっと多分そういう意味だと思いますので…。
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年2月4日
昨日の議論を追加致しました。 後日談版はこの後編集します.
語られざるもの、悉若無@神精宝具開発中(🌳)(💧)(💀) @L_O_Nihilum 2012年6月11日
重要話題のみに限定、後日談に重なる情報はほぼ削除
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする