限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

電力は足りるかの続き

なんだかブログのアクセスが多いと思っていたらTogetterでまとめられていた。 これがなかなかスゴイまとめ(http://togetter.com/li/252739)なのだけれど、そこから派生したgtkさんとの話は残しておいた方が良いだろうと、まとめ
経済 原発
6791view 27コメント
28
@gtk
@harada_hirofumi 資源エネ庁の資料(電力調査統計(22年版))によると、水力+火力の自家発は22年上期の段階で稼働率53%だそうで、一般電気事業者の汽力稼動率のそれも大きくは変わりません。汽力の稼働率はそんなもんですよ。そこらへん計算されてあの数字ですか?
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk 汽力の稼働率が53%というのは設備が余っているという証拠になるのか、それ以上稼働率が上げられないという証拠なのか。 電力会社と話し合いしたところではもっと上げられますね。
@gtk
@harada_hirofumi @realwavebaba あと、東電扱い分の緊急設置電源の総容量(発電端:認可出力合計)は合計309機・約170万kwです。 http://t.co/H2eXeqOV 330万kwというのはどこからの算出でしょうか?
@gtk
@harada_hirofumi @realwavebaba あと、大型の設備は東京・東北で全力で掻き集めてしまいましたので、今から10万kw単位のGTやディーゼル持ってこようとしても当面現物がありません。東北電力に至ってはNaS電池にまで手をだして(しかもうまくいかない)始末。
@gtk
@harada_hirofumi @powerpc970 @realwavebaba http://t.co/XvKtdtgx まさかと思うのですが、ほかに心当たりがないのですが… ここから330万という数字を出したんじゃないですか? だとするとえらい間違いですよ。
原田裕史 @harada_hirofumi
東電のプレスリリースから一覧を作って合計したのですが、見直してみます。 RT @gtk: @harada_hirofumi @realwavebaba あと、東電扱い分の緊急設置電源の総容量(発電端:認可出力合計)は合計309機・約170万kwです。
@gtk
@harada_hirofumi そもそもの話、火力にはベース供給力として使うものとピーク対応用に使うものがあって、後者は当然長時間運転には耐えません。そういうものが混ざっていることは最初に認識しておく必要があります。(中間のミドル対応用もありますがここでは割愛)
@gtk
@harada_hirofumi @noir_rouge 火力は簡単には増設できません。緊急設置電源も、その緊急性から必要な手続を盛大に省略することでこの勢いで置けているだけです。また、燃料供給や既設送電網へ接続する必要性から、設置可能場所もおのずと限られます。
@gtk
@harada_hirofumi http://t.co/dnncLlYd ブログで「2003年は東電の原発が不祥事で全部止まった年」と触れられておりますが、03年も高需要期には柏崎の3機、福島第一の1機が運転しています。
@gtk
@harada_hirofumi そして、東電の全原発が止まったのは、03年4月15日から5月7日の(低需要期の)20日間しかなかった、ということです。高需要期に全機止まった現在の状況と同列に並べること自体、あまり適切ではないのではと存じます。諸事ご再考いただければ幸いです。
原田裕史 @harada_hirofumi
比較ではなくて、あの年「弱者が死ぬ」という宣伝が行われた。と、いうのと、多くの人の記憶に残っているだろう、という点が私の指摘点です。 RT @gtk: 高需要期に全機止まった現在の状況と同列に並べること自体、あまり適切ではないのではと存じます。諸事ご再考いただければ幸いです。
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk 緊急火力の数量は見直しますね。ありがとうございます。
原田裕史 @harada_hirofumi
ピーク時には全て使用すのでは? RT @gtk: @harada_hirofumi そもそもの話、火力にはベース供給力として使うものとピーク対応用に使うものがあって...
@gtk
@harada_hirofumi まず、点検時期も含めて一斉に足並み揃えて全機投入出来ればよいのですが、例えばこないだの新大分のようにどこで故障機が出るのか分かりません。なので予備力はどこかに残しておかねばなりませんが、それは数字の上では稼働率の低下として現れます。
@gtk
@harada_hirofumi もう一つ。電力需給は「同時同量」という原則があります。ピークとボトムがある限り、稼働率はそもそも100に絶対になり得ないのです。(そこを含めての稼働率です) ピーク対応力が多ければ多いほど、表面上の稼働率はどんどん落ちていきます
@gtk
@harada_hirofumi 一般に言われる火発の稼働率とは、単位時間あたりの実際の発電量を単位時間×認可出力で割ったものです。通常、統計上では年単位の数字です。つまり、ピーク時に全力出してボトム時に休んでる発電機が多ければ、統計上の稼働率はどうやっても上がらないのです。
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk さんの話を見ても分かるように、稼働率はあまり関係無いのですが、なんだか、稼働率にこだわる方は多いですね。
@gtk
@harada_hirofumi 「電力は足りているか」を語る際に、そこはどうやっても避けられない話題何だろうなと思っています。なにせ目立つ統計値ですので… ただ、統計の読み方を知らないと、数字に踊らされてしまうのです。実は、藤田氏も(残念ながら)その一人でした。
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk まあ「原発動かさないとヒドイ事になると言う人も多いけど、リーマンショックよりは影響なさそうね。」くらいの感想が出て欲しいとか思うのですがね。
@gtk
@harada_hirofumi いや、リーマンショックとは違うベクトルで致命的な影響が出そうですよ。先週末は冗談抜きでやばかったです。新大分の異常停止があと一時間遅かったら、朝方の需要急増に追い付けず全系崩壊に至っていたんじゃないかと睨んでいます。
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk 事故による発電所の停止とそれに伴う危機は原発の有り無しに関わらずあるんじゃ無いですか?再稼働の話とは全く次元の違う話だと思いますよ。
@gtk
@harada_hirofumi 北海道の事情はよく知りませんが、東北は女川の3機に加え、仙台、新仙台、新地の共同火力、原町、勿来の共同火力と太平洋側の大型火発が1機残らず被災していて、特に手酷くやられた原町の全機が稼働出来ずにいます。新地と新仙台もまだ完調ではないです。
@gtk
@harada_hirofumi ベース供給力を担っていた原発がごっそり抜けた穴を誰が埋めるのか、という問いからは誰も現実から逃げられないということです。ないものはないのですから。だのに今頃「穴の有無」「足りる足りない」を論じるのは間抜けのすることだと申し上げたいのです。
@gtk
@harada_hirofumi 要は「止めた後どうするべきか」という共通の問題点に対し、原田さんのあの回答はいくらなんでも不誠実なんじゃないかと申し上げたいのです。現実に開いた穴を見ない振りをするのは、かつて原発を盲目的に信仰した人と同じくらい不誠実だと思うのです。
原田裕史 @harada_hirofumi
@gtk すみません。どの回答でしょうか。というか、回答ですか?
残りを読む(26)

コメント

Sim @tamashirosama 2012年2月7日
エネルギーは有り余っている状態が足りてるといえるんだと思うけどね。カツカツで足りてるってのは全然足りないってこと。今の状態を足りてるっていう人は馬鹿だよ。
粒あん・生活感が無い @keroa18 2012年2月7日
で、たんぽぽの人は、「今、原発なしでも電気が足りる理由。」 は間違いだったと認めたん?
招き猫又三郎 @manekinekomata 2012年2月7日
まずもって稼働率が時間稼働率なのを理解しないと.夜間電力需要が低い時は機械止める分は稼働率は絶対に下がる.強引に夜間稼働して揚水で昼間使うのは限界あるし,ロスが多くなるから馬鹿高くつく.
しまやとかきゅるぺぽ☆とかいうひと @t_shimaya 2012年2月7日
読みながらフォロアーさんに向けて「間違ったことを言ってましたこれが正しい認識です」と反省を込めたまとめなのか、真摯な人だなと思ったら…orz 「点検減らせ」「あんまし電気使わない時間帯の出力上げろ」っていう主張なん?>稼働率アップ
nekosencho @Neko_Sencho 2012年2月7日
事実より主張を優先して判断ってのはみんなやりがち。みんな気をつけようぜ
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2012年2月7日
結局「頑張って8割稼働ならなんとかなるんじゃね?じゃあがんばれよ」っていう精神論じゃないかw
ア★☆コベヰ(大人の階段転落中) @abekohfuketsuSC 2012年2月7日
一部の人間除けば、再稼働すりゃ一番楽ってのが簡単な結論なんだけどなー。30,40年でキッチリ廃炉にすることは確約した上で、順次代替にシフトする事と省エネの二大イノベーションを進めていくってのが現実的と思うんだけど。不安定な世界情勢の中で国内のエネルギー問題で足引っ張られるのは損だしょ。
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月8日
簡単でおすすめなのは「長期夏休み」なんですがね。
間中瑠玖 @ManakaELK 2012年2月8日
そして簡単に不景気になりますね。もうちょっと経済効果というものを考えてください。原発に代わる発電施設を充実させるのもタダではないのです
dobu @dobu11 2012年2月8日
給与遅配やリストラの心配がない公務員目線でのんきに物事を語るから、いつまで経っても支持が広がらないんじゃないでしょうか?
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月8日
現場に無理言ってカツカツ足らせるよりは、現代日本、需要を減らす方が合理的だと思ってますよ。 とりあえず私は公務員ではありません。
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月8日
「足りる」という概念は本質的に主観的なのです。 人によっては最低限でも「足りる」と言いますし、別の人は湯水のごとく使いながら「足らない」と言います。
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月8日
「客観信仰」を持っている人は怒るでしょうが、客観的には「XGwまで供給可能」という表現を取るべきで、「足りる」「足りない」は主観的にならざるを得ないのです。
tei @tei21 2012年2月9日
応答性に関する部分の話のレベルがひどいな。短周期、長周期、予測可能か否か含めてごちゃまぜで語ってる・・・
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月9日
ひどいという程細かい話はしてませんが。 原発ほど負荷追従できない火力発電所は無いですから、そこネグってます。 予測可能か否かは原発の有り無し関係ないですね。
tei @tei21 2012年2月10日
突っ込みどころは多いですが、特に気になったのは石炭火力に対する理解不足です。一般的にボイラは出力を上下させる能力は数分で1%程度変更可能でこれは燃料に依存しません。例えば朝夕の予測できる負荷変動に対してはガスや石油と同様にフィードフォワード制御により石炭火力でも対応可能です。 @gtk @harada_hirofumi
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月10日
いえ、まぁ、それはあんまり本筋では無いような。。。 現状石炭火力はガスや石油よりもボイラーが大きいものが多いですから、負荷追従しづらいのはしづらいのではないかとも思いますし。@tei21 @gtk
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月10日
選好の問題と物理的問題ですね。選択肢があるか否か、という話題です。 選択肢がある、その上で需要をシフトするなりしてピークを抑えるのが良いと思います。
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月11日
いえ、ブログのネタとこのまとめでの「足りる」は「現場が頑張れば」の話です。 かなり無理をさせることになるので、それよりは需要の方を調整した方がマシ。というのは次のネタです。
kartis56 @kartis56 2012年2月15日
現場に無理させるよりも今まで通りに原発動かしたほうが、安全で安心なんじゃないですかね
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年2月17日
今の政府・電力会社に原発を任せて「安心」できるという心情が私には不可解です。
特車第二艦隊第一戦隊 @hiko_ssasa 2012年5月16日
あなたや橋下弁護士の意見を採用するくらいなら関電や東電に任せる方が安心できます。少なくとも私は。
原田裕史 @harada_hirofumi 2012年8月10日
八月初旬を終えて、原発なしでも電気は大丈夫、というのが実証されつつありますね。 東電管内は節電目標も無い。東電から関電への融通の予定も無い。一番厳しいハズの関電ですら電力使用制限令が出ない。
s_matashiro @glasscatfish 2013年6月9日
2012年夏、関西電力は中部電力から電力融通を受けました
原田裕史 @harada_hirofumi 2013年6月14日
glasscatfish 融通「できる」のは「前提」でしょう。関電単独では厳しくても融通出来る範囲で大丈夫なら大丈夫なんじゃないですかね。
s_matashiro @glasscatfish 2013年6月14日
お話から抜けている事実関係をコメントしただけですので。大丈夫かどうかは現場を分からない者どうしで話していても仕方ないですし。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする