読解力の種類について。

特定の文を読む際に必要と思われる読解力を大まかに分類してみました~。
読解力
ytakioka 5628view 5コメント
32
ログインして広告を非表示にする
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:14:55
    TLでしばしば見かける読解力がない(と思われる人)というのはおそらく、(1)どの文章に対しても同じような方法で読むことができると信じている(2)または、ある特定の読み方しか知らないのではないかと思う。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:18:57
    私が思うに文章の読み方は大きく分けて3つあると思われる。(1)文章内の根拠だけを手掛かりにその文章を読む方法(2)文章内の根拠に+して自分の主観的経験や偏見を加えながら読む方法。(3)文章内で提示されている根拠を補足する為にその文章内の議論と関連するソースを参照しながら読む方法。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:21:52
    (1)の読みが必要なのは主に論説文であり「事実」に関する言及がなされている文について。(2)の読み方が必要なのは小説や詩、随筆、あるいは個人の経験などが書かれた文章。(3)の読みが必要なのは主に論説文や小説の中でも、もし(1)や(2)の読み方をしてみて適切な解釈が見つからない時。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:24:01
    例えば、「AはBでありCはDである」という文があったとする。この文章に対して適切な解釈は、もしこの文が事実に関する記述でらることが文脈から明らかであれば(1)の読みをするべきである。しかし、読解力が低いと思われる人は先ほどの理由から、(2)のような読みをしたりしていると思われる。
  • 加藤@ガトリングチューン @rinneyggdrasill 2012-03-10 11:29:04
    @yutakioka それまでの人生で物事を順序立てて考えるってことを全くやってこなかった人ってのは、根拠と結論の間にあるプロセスを認識することができないのかもしれませんね。だから関連の無いことが根拠として成立すると思ったり、論理的に語られている事柄を見当外れの理由で否定できる。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-10 11:33:28
    @rinneyggdrasill そして、その根拠と結論との関係性を吟味しないので、自分が思う結論を示唆するような根拠が文中に内にも関わらずそれがあると思い込むパターンが多いですね。私が「それどこに書いてあるんですか?」と聞かなければいけない事態に陥るのもそういう事だと思います。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-10 11:35:31
    読解力がない人もこのタイプの人とかぶっていて。例えば私はよく、文中に全く書かれていないことを持ち出されて藁人形論法されるんだけど、それがなぜなのかと考えたら、そういうタイプの人は人の話を聞こうとするよりもまず自分の結論があるから、結論ありきで相手の考えや文章を読む。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:26:00
    (1)の読みをすると当然ここではAとCが主語でそれぞれの特徴B,Dを記述していると考えられる。ここで(2)の読み方をすると無理やりだがこんな読み方もできる。AはBより優れているとこの文の作成者は言いたいのだなと。つまり読み手側がこの文中からは演繹できない前提を勝手に想定する場合。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:28:51
    この誤読により、この読解力のない人は、この文の作成者の”差別意識”を攻撃したりする。こういう例はほんとによくある(笑)。なぜそういえるかというと、文中のどこに書いてありました?と質問すると「書いていないけどそう思いました」とかそういう印象を(勝手に)受けましたとか言われる。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:30:04
    この様な誤読をなぜするのかというと初めに書いたように、どの文章でも(2)の読み方ができると信じているか単に(1)の読み方をすべきであるという事に気が付かず(2)の読み方をしているからと思われる。前者の場合はどうしようもないが、後者の場合は訓練でどうにかなる。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:31:28
    センター試験などの問題における読解というのは一応論説であってもあるいは小説でも(1)の読み方をした解釈を”正解”としている。であるから、センター試験の場合は常に正解は決定できるし、間違えの選択肢には(2)や(3)の読みをした場合の解釈が含まれている。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:34:46
    ここでの論説文・小説という区別は厳密である必要はないが、とりあえず実在する「事実」に関する言及をしている文章なのか実在しないその環境内での「事実」に関する言及をしているのかという観点から区別をしておく。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:38:36
    (3)の読みは主に何らかの資料の文脈を調べるときや、”相互参照型”の小説や詩などを読む場合に有効的な読み方といえる。”相互参照型”というのはある小説が他の小説に対して開かれているような小説の組み合わせを言う。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:39:39
    開かれているとは、ある小説がある小説のパロデイであったりモチーフを利用している場合を指す。この用語は単に便宜的につけてみた。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-06 05:41:19
    ある特定の種類の文章には一応それにより適した読み方があるといえるだろう。私が示したいくつかの組み合わせはその一例に過ぎないという事を強調しておく。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-10 11:41:45
    これが読解力がある人とないと思われる人との大きな差。帰納と演繹の違いといってもいい。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-10 11:40:02
    読解力がある人は、まず自分の意見はおいておいて、文章中の根拠から演繹して、その内容を理解する読み方をする。そして、相手の考えを理解した後に自分の考えと比較してみる。
  • 瀧岡 優 (Yu Takioka) @ytakioka 2012-03-10 11:38:51
    そして、自分の思い込みの結論を導くための根拠が相手の文中にないかを探し出す。これが彼らが書かれていないにも拘わらず、そう書かれているような気がしました、そういう印象です、それに近い表現がありましたと言い出す理由。つまり文章を自分の考えに合わせようとする、だからあり得ない解釈をする

コメント

  • f。 @_ffff 2012-03-07 14:40:09
    つまり2の読み方をすると「このまとめからあなたの読解力の無い人に対する差別意識を感じます!」ですねw は置いておいて、最初のツイートの数字(読解力が無い人の分類2項)と次のツイートの数字(読み方の分類3項)の表記が同じなのでちょっと混乱しそうかなと。どちらかをabc等に変えるかしたほうがわかり易いかと。読解力のほうはほぼ最初しか使っていないっぽいのでそちらをab表記に変えたものか数字の表記自体を無くしたものを解説文として最初のツイートのかわりに入れるとか?
  • f。 @_ffff 2012-03-07 14:46:30
    読み方2は誰のいつの言葉かなどの「言外」の情報等に基づく予断を持っつことによって読めなくなってしまっている人もいそうですね。本来持っているはずの読解力がその予断によって読む前に既にスポイルされてしまっているタイプ。そう考えるとどっちかというと読解力無いほうの分類の話になるのかも? とはいえ知識等を何も持たずまた前提にせずに読むことはできないというのが難しいところ。どうしても自分の知識には引っ張られてしまう。
  • アンドゥトロワ之助 @_udt 2013-05-24 00:24:06
    このまとめで言われているのは、感情が論理的思考を邪魔してるタイプですね。それ以外のパターンだと、単純に情報と情報を結びつけて全体を把握する能力が低い人がいるみたいです。洞察力が無いとも言い換える事ができます。これが行きすぎると、相手の発言や文章の意図を読み取れなくなるみたいです。
  • アンドゥトロワ之助 @_udt 2013-05-24 00:24:47
    例えば、難しい現代文の問題などは普通の人でも「この答えが正しい、いやこっちが正しいのかも?」と迷う事がありますが、先生に説明されれば理解できます。対してこの類の人は、その感覚が日常生活レベルのやり取りでも湧き起こり、後から詳しく説明されても何が正しいのか、自分の解釈のどこが間違っているか理解できないらしいですよ。
アプリならコメントをいいね順で見られます。

カテゴリーからまとめを探す

「ログ」に関連するカテゴリー