少年サンデー編集者・石橋さんの『最近思うこと』

サンデーで『マギ』などを担当なさっている石橋和章さんが作家と編集と出版社について語っておられたのでまとめてみました。 https://twitter.com/#!/mikunikko つぶやきは個人的なもので、所属する出版社や編集部の総意ではないとの事です。
出版 マンガ 漫画家 サンデー 総記 編集
340
@mikunikko
著作隣接権。出版社は駄目でTVや音楽に認められる理由。要するに一つの作品を作る際に配信者に求められる労力や役割の重要性によって決まるんだよね? TVや音楽に比べて出版社は創作において大きな役割を果たしていないという国の判断なんだよね。
@mikunikko
で、反対する作家さん達も自分達が作品を作る際に、創造性の部分で編 集者の役割なんか大した事ないからあげちゃ駄目だ。と考えているわけだ。 とりあえずこういう認識でOKかな?まあ大抵、そう言うのは大御所さんだから実際そうなんだろうけど。
@mikunikko
でも世の中には原作者みたいな編集者もいて、そう言う意見に腹立たしく思う人もいる。僕も一時期そんな感じのスタイルで仕事してたこともあるし。気持ちは分かる。売れた作品で作者から「全部私が考えました」って自分の存在すら消されて気分が沈んだこともある。恥ずかしいけど本音。
@mikunikko
創造性が足りない作家を無理矢理当てさせるために、自分の創造性をプラスする事でなんとかしようとする編集者がいる。理由はそれぞれだと思うけど、単に自分が結果を残して会社に評価されたいだけの人もいるかもだけ ど、多くの編集者はそうじゃないと思う。殆どは作家への愛情からのはず。
@mikunikko
でも、たぶん、そういう愛情は殆ど実らない。そんな作品の多くは売れない。売れないと恨まれる。例え売れても7割疎まれる。20年後ぐらいに感謝されるかもしれないけど。成功した時の多くは作家さんは舞い上がるから、口うるさく創作に関わる編集者を避けだす。ロッキー5みたいに。
@mikunikko
例え作家さんが凄くいい人でも、7割くらい編集は成功の階段を昇る作家さんを見ると、嫉妬の感情が湧き出る。編集者の多くは会社員。大ヒット作を作っても数万円の寸志が貰えるだけ。創作に対する貢献度が大きければ大きいほど見返りが欲しくなる。
@mikunikko
つまり95%ぐらい上手くいかない。勿論例外はあるだろうけど。前も書いたけど、僕の結論としては編集者は創作に関わりすぎちゃいけないという事。本当に関わりたいなら独立して原作者になるべきだと思う。それで成功した元編集者の原作者は多い。その人は凄い編集者というよりは凄い作家ということ。
@mikunikko
本来、編集者の仕事は作家の持っている才能を育て、延ばし、自分で作れるようにすること。もしくは最初から出来る人だけを相手にする事。 才能が足りない人を、無理矢理なんとかするの作家さんのためにも、自分のためにもならない。非情さも時には必要。
@mikunikko
っていうかそれが本来の編集と作家の関係だったはず。才能ある人を見つけて、書いてもらう。アイデアも編集が出すんじゃなく、作家さんのアイデアが出るようなアイデアを出す。面白い作品が書けなければさよなら。大昔の編集者はみんなそうだったんじゃないかな。
@mikunikko
昔は今より漫画雑誌は多くないし、連載枠に限りがあるから、一部の天才しか連載出来なかったはず。手塚先生なんか何本もやるし、ますます枠は少ない。今みたいに星の数ほど漫画掲載枠があると、才能足りない無い人にも無理矢理書かせなきゃならない。
@mikunikko
そう考えると今回の著作隣接権の問題は滑稽だ。編集が本来の編集の仕事なら隣接権など認められる訳が無い。そしてその日は来る。出版界は、今の連載掲載枠を絶対に維持出来ない。雑誌の部数は落ちているし、単行本も落ち始めている。売れる作品は売れるけど、中途半端な作品は全く売れなくなる。。
@mikunikko
昔100万部売れるような作品は今でも100万部売れるけど昔10万部だった作品はせいぜい3万部。昔5万部だった作品は1万部も売れなくなって来ている。この傾向はさらに加速する残念ながら天才じゃない作家さんは もう漫画家を続ける事は出来なくなるだろう。電子書籍の波がこようが、関係ない。
@mikunikko
そして編集部も生き残るのは天才が集まる所だけだろう。 天才相手の編集の仕事は創造性の付加では無い。 天才を集めること、天才を育てる事、天才を外に逃がさない事だ。
@mikunikko
もちろん電子書籍やグローバル化に対して対応するために、何らかの権利は必要だけどアメリカのエージェント会社みたいな機能を出版社に付加すれば良いはず。ジャンプの専属契約ってそれに近いんじゃ?すごいよジャンプ。 契約の詳細見てみたいな。
@mikunikko
超長文すみませんでした。最近滾っていた事の一つです。ごめんなさい。 もう一つ、滾っている事あるのですがまた今度。チラシ。 あ、近々天才が集まる企画始めます。多分天才、みんな天才。
@mikunikko
一つだけ、基本作家の味方。最近の作家と出版社の対立を作ろうとする流れはホントむかつくわ。楽しくやっているこっちにまで被害が来るわ。

コメント

鐘の音@夏バテ中 @kanenooto7248 2012年3月27日
“天才じゃない作家さんは もう漫画家を続ける事は出来なくなるだろう。”むしろその逆の現象を見ているような気がするけれど?
ささ @sasa_xp 2012年3月27日
すごく同意。編集としての評価に満足できないなら作家になればいいだけのことだよね。
Rick=TKN @RickTKN 2012年3月27日
「漫画原稿における編集者の貢献度」を主張するなら、「単行本の利益における作者の貢献度」も主張出来るはずだよね。10%どころじゃないと思うけど。
kghdt @kghdt 2012年3月27日
編集者に「ああいうの描け、こういうのは駄目」と強制的に作品に介入させられた挙げ句、「分け前寄越せ」と言われたら漫画家はカチンとくるだろ
ワス @wsplus 2012年3月27日
作家に渡るのが単行本売上中1割、出版社取り分が2割なのもお忘れなく。
Rick=TKN @RickTKN 2012年3月27日
佐藤秀峰先生によると、発行部数が増えると一冊の単価が下がる為、出版社の取り分が増えると言ってましたが。(漫画家の印税は売り上げに掛かる為、変わらない)
Rick=TKN @RickTKN 2012年3月27日
成功者だけ見てるからそう思う。失敗の責任は編集には無いとでも? 失敗しても首にならないんでしょ? リスクも取らずにリターンだけを欲するの? @mikunikko 編集者の多くは会社員。大ヒット作を作っても数万円の寸志が貰えるだけ。創作に対する貢献度が大きければ大きいほど見返りが欲しくなる。
sokkan @sokkan 2012年3月27日
漫画雑誌は単体でペイできないから単行本で穴埋めしているわけで。
CzTcs. Y. @CzT919 2012年3月27日
弱音を吐いてみたい夜、そんな日もあります罠。
図星 @zuboc 2012年3月27日
>nisoku2 追加しておきました。
甲賀志 @hiroujin 2012年3月27日
連載が失敗しても漫画家は首を切られ路頭に迷うが、社員である編集はそうはならない。一発当たれば大きいが、失敗すれば全てを失う漫画家に対し、安全と安定を選んだのが社員たる編集だろう。漫画家と編集の払うリスクが格段に違う以上、それを無視して、利益だけ寄越せといわれても納得はできないし、賛同も得られないと思う。
inazakira @inazakira 2012年3月27日
そういうのをはっきりさせるために契約書ってあると思うんだけど、現状どんな契約が取り交わされているんだろう。発注側が不利な契約ってあまりないと思うんだが。
武田具朗 @grobda 2012年3月27日
編集者の貢献とかそういうのはどうでもよくて、なぜ「著作隣接権」が欲しいんですか?ってことなんだがなあ。編集の貢献度とかなら出版社内で決めてくださいよ。電子化への布石(出版形態の変更)なら個々の契約書を書き換えればいいだけ。
武田具朗 @grobda 2012年3月27日
編集者の貢献度がないとか少ないとか、だから出版社に隣接権与えたくないとか、そんな事思ってる人いないと思うんだけどなあ。
Rick=TKN @RickTKN 2012年3月27日
そんなに漫画に貢献できる自信があるなら樹林氏のように独立すればいいのに。まぁ、愚痴をこぼしたいなら場所は選んだ方がいいね。
アサイ・1人でキネマよろしくね @asumithi 2012年3月27日
編集さんも言いたい事があったらガンガン言っちゃえばいい。
猯が更地にした街 @mEGGrim 2012年3月27日
サンデー編集部といえば雷句誠氏との訴訟が記憶に新しい所ですが。何かこう、あの話と同じ種類の違和感をこのまとめには感じるなぁ。
はるうみ @_haruumi 2012年3月27日
最近のこの話の編集サイドの意見見てると、著作権に関してヤバイくらい無知なんだなと思うよ…。「アイデア」出してるんだから隣接権くらいよこせって感覚があるのかもだけど、そもそも「アイデア」は著作権の対象にならないのだ。 それがなければ形にならない作業=実演してるわけでもなく、全く新しい原盤を制作してるわけでもない。強いて何かしら可能性を求めるなら写植の作業?無理じゃね? つまり出版社に隣接権が設定されてないのは認められるような具体的な実作業を出版社がしてないからにすぎないのよ。
Piichan @piichan 2012年3月27日
まだテレビ局のほうが著作権についてはドライなイメージがある。
ワス @wsplus 2012年3月27日
ちゃんと原作書いてる編集さんは、原作者としてクレジットされてるし原作料も出てるし、作家さんの原稿料が減らないよう原稿料調整もしてる人いますけどねぇ。
minakita @samisima 2012年3月27日
言わんとする事はわかるけどサンデー編集が言うとこんなに説得力がないのかw
○○もへじ @marumarumoheji 2012年3月27日
隣接権って持つとしても編集者じゃなくて出版社じゃないの? というか、隣接権が著作物を公衆に伝達する者に与えられるものなら、別に創造性を発揮してなくても持っていいものなんじゃないの?
minakita @samisima 2012年3月27日
ジャンプ並の専属契約を結ばず、ジャンプ並かそれ以上の無言の契約を求める所だし。比率で言えば、一番漫画家にコストを掛けていない会社だと思うんだが。
Rick=TKN @RickTKN 2012年3月27日
自分の3つ目のコメント「成功者だけ見てるから~」にリプライ貰ってちょっとやりとりしたんだけど、やっぱり愚痴の域を越えないっぽいな。
西村誠一@実験垢 @khb023232 2012年3月27日
関連まとめ 少年サンデー編集者・石橋さんの『最近思うこと』に対する作家クラスタの反応 http://togetter.com/li/279222
Shun Fukuzawa @yukichi 2012年3月27日
著作権は強化されても、たぶん編集者個人の給与は増えないと思う。
小稲荷一照 @kynlkztr 2012年3月27日
編集が嫌なら原作をすればいいじゃない。
安保 仁(皇 昇) @anpo_sumeragi 2012年3月27日
サンデーの売り上げがダントツに落ち込んだ理由が解る気がした。
T @FUNDOSHIMASK 2012年3月27日
実際この人はYGですももやWORKING!!、サンデーじゃ神知るやマギ等を立ち上げたほどのやり手なので、雷句先生の件とごっちゃにするのは少し違うと思う。あの事件で名前挙がった編集が言ったのなら問題だろうけど。
凹駱駝 @camelus_ferus 2012年3月28日
前から思っていたけど何で原作なり原作協力なりクレジットしないんだよ 口は出すけど当たった時だけ話しますみたいなスタンス取るから信用を無くすんだろうに
Komazawamonitor @Komazawamonitor 2012年3月28日
出版形態は多様になってるし、出版社からの創作への口出しを避ける作家もいるんだし、個々の作家ごとに印税配分等を決める契約を数年ごとに結びなおしていけばいいだけなんじゃないかなあ。全員一律で法律を変えるっていう作業をしなくても。
ツナごはん@1kaki(課金)しようぜ @tuna_bungle 2012年3月28日
連載枠云々言う前にサンデーの休載枠を減らしてから言おうね。(真顔)
カム @comekurisu 2012年3月28日
個人の編集者の貢献の問題と組織である出版社の著作隣接権を意図してかどうかはわからないけど混同しているように見える。100万部クラスの天才しか立ち行かないならコストがかかりすぎる出版社というシステム事態が限界に来ているだけでは。
icecube2323 @IceCube2323 2012年3月28日
一部の編集者と作家との対立ばかり持ちだして、 あたかも編集者が悪かのように騒ぐのは誰も得しないよなぁとは思う
甲賀志 @hiroujin 2012年3月28日
契約書すらなく、原稿なくしても知らんふりという業界の体質の改善が先じゃないか?権利を主張するのはそれからだよ。→ 『マンガ・イラストの原稿を無くされたとき、出版社は』http://togetter.com/li/75657 「無くされちゃうのが痛いんですよね~しかも認めないのがお約束…」「契約書自体存在してませんからね…買取り意識が高いのも事実ですが」「( 原稿は)あくまで所有権は作家にある。編集部が買い取ってるわけじゃない。」
ミィム@糖質制限中 @happylab 2012年3月29日
そのうち、出版契約書に共同著作契約書が含まれる時代が来るのかな。 ※現代の流れに対してのコメントで、悪意はありません。
はいん・まいやー @reisacker 2012年3月29日
この意見、見解としては正しいと思うな。「編集者が実質の原作者をやっている(ことがある)ことで、問題が発生してる」「編集は編集の仕事に徹するべき」「海外のエージェント型への遷移が必要」ということをいっているわけで。でも、今の編集の立場はローリスクローリターン(会社員として身分保障/ヒットがでても見返りは少ない)という意味では整合性はとれてるっていえるよねw
clearbooka4 @mikanzuki 2012年3月30日
編集者も契約制にして、著作権と印税の数パーセントを受け取る権利を得る代わりに 漫画家がある程度編集者を変更できる代理人制的なものにしては。この方ならうまみがあるんじゃないでしょうか
clearbooka4 @mikanzuki 2012年3月30日
ちなみにこの方ガンガンからすももの作者とともにサンデーに移籍してきた方で、ガンガン時代の担当は『WORKING!!』『セキレイ』『荒川アンダーブリッジ』『すもももももも ~地上最強のヨメ~』とのこと
森野熊蔵 @kumakumakuma201 2012年3月30日
隣接権の話、また誤解されてる。作品の内容に関する話じゃないってば。こうしてまた誤解が広まっていく…。
リオ @rio4649 2012年3月30日
赤松センセも言っていたけど、そんなに対立煽られてるかなぁ? わかりやすくまとめるためにそういう図をかいてる所もあったけど、部外者の認識が円満な人たちに干渉することはないだろ。むしろそれすら否定されてしまうと、弱い立場の作家が声を上げることすらできなくなるんじゃないの。
藤堂考山 @ko_zan 2012年3月30日
どーでもいいけど、なんか昔の業界の人って「天才」って言葉好きね。作家と違ってノーリスクでいくら給料もらってんだよ?って話なんだけどな。まあ、出版業界がダメなのは、こういう奴が現場に居ちゃう不幸が理由なんだろうな。
clearbooka4 @mikanzuki 2012年3月31日
この人は結果だしているし移籍して出世した人だからノーリスクってわけでもない。妬みだけの素人よりは マシだろうが、エリート社員のグチに同情してくれる庶民は少ないだろうな
えむ子 @e_m_k0 2012年3月31日
このまとめが、さっそく作家編集間対立煽りの材料にされてしまっているような……。酷い編集者がいるのは事実だけれど、全ての編集がが皆そうではないので、単に「作家と編集」で一緒くたにするのはどうかと思う。
月猫郵便結社 @TenderIsTheMoon 2012年4月1日
勝手に(でもそれは漫画家の自由だけど)続編書かれて明らかに失敗作だった場合の、連載立ち上げた編集の気持ちを聞いてみたい気がする。
Rick=TKN @RickTKN 2012年4月1日
それ以上に、漫画家に引き伸ばしや路線変更を提案(orごり押し)して失敗した編集者の気持ちが聞いてみたい。あと、単行本最終巻発行と引き換えに(作風の異なる)コミカライズをさせて、ファンに黒歴史扱いされたような作品にしてしまった編集(ry
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年4月1日
ペナルティ(失敗作に誘導したときに作家に保障を払う)とかの完全飼いならしならわかる。くらいか?普通に契約つくっとけとしかいいようがないな。
あーるえっくす。 @3or7935 2012年4月1日
漫画家にリスクがあろうが、編集にリスクがなかろうが、このまとめの内容は否定されない気がするんだけど、批判的にコメント書かれすぎてないか?まぁ別に批判でもないのかな、そう思う編集がいるって話で、思うだけなら別にいいんじゃないかと思うけど、リスクがあろうがなかろうが、貢献してたら評価して貰いたくなってもいいと思うけどなぁ
戸田幸子 @yukiyukit 2012年4月3日
漫画を掲載する雑誌に対して、漫画家より編集者に責任がある。漫画家の生活について編集者には責任ないけど漫画家には死活問題。一緒に作品作る編集者と漫画家だけど、立場が違っていることをちゃんと理解してないとすれ違うんじゃないかなと思っています
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2012年4月8日
原作者になる状態なら原作者として原稿とりたてられる立場になるべきじゃ?したらその分の報酬あってもいいんじゃ?とは思ったが本筋ではないな。
秋島 @akisima 2012年11月19日
えーと『編集者は創作に関わりすぎちゃいけないという事』っていうのがこのツイート者の主張だと思うんだけど。なんでリスク背負ってない編集者が云々って批判になってるの????
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2012年11月22日
人の権利は認めないが俺の権利は主張する!ってだけじゃんwどれだけ漫画家が不合理な契約関係にいるのか理解してないのかね?w編集のくせにwwwそれを改善しないでさらに権利をよこせと?ww日本の出版界も先がくらいなwww誰のおかげで飯食えてると思ってんだ?www
atumisi @atumishi 2013年3月25日
漫画の仕事の為に借金背負ったり家を担保にした事ないだろうな
きなこダイバー@PokeGO/7169 4557 8008 @ironleager 2013年4月20日
トラブル続きの小学館社員が契約云々を口にしたらアカンてw 外部の評価がほしいて新入社員か。 何より権利関係は、作家と会社の話だろ。明らかに某元編集の人気原作者を意識してるだろコレ。
muramasa @muramasa931 2013年4月29日
ちゃんと原作書いてる編集者ってちゃんと原作者としてクレジットされてるよなぁ。古くはアストロ球団の遠崎史朗さんとか。金田一の原作のヤツとか。遠崎史朗さんは編集止めてから原作だったのか、編集しながらだったのか、もめて編集者辞めて原作になったのか正確なところは忘れたけどさ。
青猫 @AonekoSS 2013年7月25日
編集者の作品への寄与がいかほどであれ、会社に属しての業務である以上、それは職務著作にあたると思います。つまり、本来問われるべきは作者と出版社の間における権利問題だけであり、編集者の不満については、ヒット作の担当者に対して「数万円の寸志」しか見返りを与えようとしない、出版社内の人事評価基準に起因するのでは? と。
集中線 @syuutyuusenn 2013年8月14日
作画協力だけでなく、主人公宅や学校の見取り図作ったり服のデザイン考えたりもろもろのネタ出しをしたりしてる、保障も何もない低収入のアシスタントさん達にも隣接権あげちゃおう・・・って話にはならないんですかね!(目ぇキラキラさせながら)
集中線 @syuutyuusenn 2013年8月15日
ちなみにカラーページや単行本のオマケとかの写植はアシスタントがやってるときがあります。
大枝瑛一(布団帝國幕張領事館 1等寝言官)🔴 @AUE_OEDA 2013年8月25日
ギスギスしてるなぁ……。言いたい事を言える立場の人が特定される環境下で言う、ってのはエラいと思う、けど、ね……。(とはいえ今時大手の『正社員編集者』が何割残ってるのかとか、そのへんはおいとく)
柳凪 @hereslash 2013年8月29日
変なこと言ってないのに違和感あるのは上から物言ってる風だからかな?物作るのは作家。実力のない作家を増やしたのは編集部が儲けるため。
ゆ〜たん @Iutach 2013年10月12日
いいんだけど、いやよくないけど、編集者ならば「even if」の意味で「例え」を使ってしまうようなお粗末な日本語感覚では困る。それは「for example」だよ。
ぎゃばん@か02C 間借り 技術書典7 @ledsun 2013年11月7日
編集者の社会的な地位の問題は作品に担当編集:○○って記載すれば解決しそう。なんでやらないのだろう?
gamaega @matanaraya 2013年11月26日
雷句先生の件と酒井先生の件と橋口先生の件は絶対に忘れないよ許さないよ 特に酒井先生の件はリアルタイムで読んでたから迷走が目に見えてた 橋口先生の件に関してはもはや言葉にできないよ
Rick=TKN @RickTKN 2014年1月22日
編集が口出しした作品がヒットしたとしても、口出し部分がなければさらにヒットした可能性もある。検証出来ない以上悪魔の証明でしかないけどね。
愚者@ C97申込済 @fool_0 2014年1月24日
ぶっちゃけサラリー貰いながらそんな編集の功績も認めろなんていう主張、あまりに虫が良過ぎとしか思えんなあ……百歩譲ってそれを肯定できるとしても、同時にこういう輩にも然るべき報いを与えないと不公平極まりないんだが> http://togetter.com/li/620147
akita_komachi @antiMulti 2014年3月4日
赤松健の連絡帳 ★なぜ出版社は「著作隣接権」が欲しいのか http://kenakamatsu.tumblr.com/post/19395239269/rinsetsu
akita_komachi @antiMulti 2014年3月4日
漫画を基準に考えるから、編集者がアイデア出して云々とかいう話になっちゃう。これを、短歌や小説のような文学を前提に著作隣接権を考えてみてはいかがだろうか。さらに宮沢賢治さんみたいに死後に人気が出て、生前に書き溜めた作品を出版するようねケースとか。
がちゃ @GacHaPR1Us 2014年5月21日
隣接権与えたら与えたでテルマエロマエになるわけだが
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする