そばから興味深い話が聞こえてくるので拾ってみた

拾ってから読んだ。2011年3月、ヨウ素剤を配布しなかったことの反省と、山下俊一らによる説明会に住民がいつ何人北かの基礎データ。
HayakawaYukio 12880view 15コメント
46
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-12 10:30:25
    ふむ。そういうことか。20キロ同心円警戒区域だとかまだやってるなら、ヨウ素剤配布してないとつじつま合わないよね。1年たっても放射線量でなくて、原発からの距離で決めてるということは、次を警戒してるということでしょから。
  • study2007 @study2007 2012-05-12 10:32:03
    あ、@pririn_ さんの「4号機?プール」の件はI129の御懸念ですかね?以前ちょっと考えて結局燃料の使用履歴みたいのが判らなかったのでそのままなんだけど、多分オーダー的に無視できるかな?と思ったうろ覚えがあります。まあもしも4号プールが倒壊したらヨウ素剤どうこうというレベルで無く私は九州に退避しますけど。
  • study2007 @study2007 2012-05-12 10:35:05
    そういえばちょっと前に泊原発が停止したけど、最近まで動いていたわけで、その周辺ではちゃんと配備してたんでしょうかね?
  • 渡辺博之(魯) @litulon 2012-05-12 10:51:23
    役人にとっては、飲ませて直ちに起こるかもしれない問題と、飲ませないでそのうち(自分が退職したあと)起こるかも知れない問題では前者の方が圧倒的に怖いでしょうから、当然の選択なのかも。事前に明確な配布規定を決めておかないと機能しない。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-12 11:55:40
    飛行機?新幹線?自動車?それとも徒歩?いずれもむずかしそうだ。「まあもしも4号プールが倒壊したらヨウ素剤どうこうというレベルで無く私は九州に退避しますけど。」
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-12 11:56:56
    逃げるつもりなら、倒壊する前に逃げとかないと間に合わなそう。火砕流とか山体崩壊とかと同じ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-12 11:58:59
    地震のリスクも同じだろう。原則的にはしばらくその場に閉じこもって籠城だろう。そのあと、頃合いを見計らって自動車で脱出。そのためには食料・水・ガソリンの確保が重要そうだ。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-12 12:01:14
    昨年3月の東京脱出がうまくいったのは、リスク評価が意図的に過小評価されて(はっきりいえばウソでたらめの流布で)、脱出行動に走った人がクリティカルな数を超えなかったから。
  • study2007 @study2007 2012-05-12 12:37:17
    成る程。了解です。まあ倒壊か水漏れか?により「兆候」とかも違いそうですし退避の仕方についても2〜3オプションがあるとは思いますが「具体的に私がどうするか?」については差し控えさせて下さい。申し訳ございませんw
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-13 07:10:15
    しばらくその場に閉じこもって籠城するつもりなら、ヨウ素剤を用意しておくのは理にかなっている。用意しておくべきひとがだれかは、原発からの距離と年齢で決まるだろう。
  • 早川由紀夫 @HayakawaYukio 2012-05-13 11:13:37
    先日、南相馬市や川内村など緊急時避難準備区域に人が戻ったが、安定ヨウ素剤は配布されてるのだろうか。緊急時避難準備区域の緊急時て何だったんだろかね【毒】
  • バイクくん 寄り添いません @Micheletto_D 2012-05-13 14:35:09
    @Todaidon あれは期限切れたから。いわきでは再配布したはず。
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-14 01:48:52
    ↑いえ、私が書いたのは昨年事故が起こった3月に福島県が保安院からのヨウ素剤配布の助言を無視して、逆に回収命令を出したというニュースです。いわきの再配布というのは、最近の話では?⇒http://alcyone-sapporo.blogspot.com/2012/01/blog-post_1225.html
  • 森本卓哉 Takuya MORIMOTO @Todaidon 2012-05-14 02:05:44
    『県、安定ヨウ素剤の回収指示 三春町ではすでに服用』(2011/03/18 福島民放)福島県は17日までに、放射能の健康被害を防ぐ内服薬「安定ヨウ素剤」を住民に配った三春町に対して回収を指示した。安定ヨウ素剤は原子力災害対策特別措置法に基づき、国の指示が出てから住民に配布する。町は「住民はすでに服用しており、回収できない」としている。

カテゴリーからまとめを探す

「社会問題」に関連するカテゴリー