#大嘗祭 #新嘗祭 について~天皇と言う存在の本質~大嘗祭は天照大神が皇御孫命に斎庭の稲を授けられたという神話の実修 #女性宮家

大嘗祭(おおにえのまつり)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。一代一度限りの大祭であり、実質的に践祚の儀式。践祚大嘗祭ともいい、「おおなめのまつり」「だいじょうさい」「おおむべのまつり」とも呼ぶ。毎年11月に、天皇が行う収穫祭を新嘗祭という。その年の新穀を天皇が神に捧げ、天皇自らも食す新嘗祭のことを、古くは「毎年の大嘗」と称した。当初は通常の新嘗祭と区別されなかったものの、後に即位後初めて一続きを読む大嘗祭(おおにえのまつり)は、天皇が即位の礼の後、初めて行う新嘗祭。一代一度限りの大祭であり、実質的に践祚の儀式。践祚大嘗祭ともいい、「おおなめのまつり」「だいじょうさい」「おおむべのまつり」とも呼ぶ。毎年11月に、天皇が行う収穫祭を新嘗祭という。その年の新穀を天皇が神に捧げ、天皇自らも食す新嘗祭のことを、古くは「毎年の大嘗」と称した。当初は通常の新嘗祭と区別されなかったものの、後に即位後初めて一世一度行われる祭として、「毎世の大嘗」「大嘗祭」として重視された。大嘗祭と新嘗祭が区別されたのは、天武天皇の大嘗祭のときとされる。Wikipedia『大嘗祭』 新嘗祭は宮中の大祭でこの日天皇は新穀を天神・地神にお供えして神恩に感謝し、また新しく御自らも召し上がるという古来の重要な祭儀とされている。(田中卓皇學館大学教授) 『天孫降臨神話と大嘗祭の関係について、稲の収穫儀礼であるという前提の下で天孫降臨神話に大嘗祭の反映を認め、大嘗祭は天照大神が皇御孫命に斎庭の稲を授けられたという神話の実修であると広く考えられてきている。』日田義信(皇室文化研究会会員) ※斎庭(ゆには)の稲  ※皇孫命(すめみまのみこと)
nomorepropagand 20034view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「雑談」に関連するカテゴリー