「承認欲求」という言葉の歴史的起源をさぐる

よく耳にする「承認欲求」という言葉の歴史的起源について。ありそうな説としては (1)A・マズローの欲求のピラミッド起源 (2)チャールズ・テイラーの承認をめぐる政治の議論が起源 (3)宮台真司と愉快な仲間たちが起源  の三つですが、はっきりした起源は未だに不明です。
語源 承認欲求 政治 倫理 心理学
Cristoforou 25033view 16コメント
100

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする

コメント

  • ナょωレよ″丶)ょぅすレナ @rna 2013-02-23 19:52:51
    @yamtom ちゃんと調べたわけではないので勘違いかもしれませんが、援助交際問題のあたりでは承認欲求の話はまだなかったと思います。たぶん少年犯罪問題(酒鬼薔薇事件以降)かなーと。
  • 本多 @jyoyukome 2013-02-23 22:07:07
    アクセル・ホーネットも思い出してあげましょう。
  • saebou @Cristoforou 2013-02-23 23:24:46
    アマゾンで訳書を探して関連文献として登録しようとしたところ、グリーン・ホーネットとかが出て来てしまって若干やる気がなくなってしまったので、適宜関連文献を自由に登録してもらえると嬉しいです。
  • next49 @next49 2013-02-24 00:02:38
    「承認欲求」というキーワードをCiNii Articleで調べたとところ「森永 康子, 原因帰属の表明に及ぼす承認欲求の効果, 実験社会心理学研究 24(1), 47-54, 1984」が一番古いみたいです。承認欲求に対応する語は"need for social approval"
  • イチ(イクチ生) @a334 2013-02-24 00:19:08
    これ読んでて、"「認められたい」の正体 "が積読のまま放置されていたのに気づいた。・・・今度読も(;´д`)
  • next49 @next49 2013-02-24 00:33:45
    「マズロー 承認」で調べると、この論文が一番古い様子。 「縫部 義憲, 外国語教育と自己実現 : A.マズローの欲求階層説を中心にして, 日本教科教育学会誌 7(3), 129-137, 1982 http://ci.nii.ac.jp/naid/110008093938
  • makejobsafe @makejobsafe 2013-02-24 05:14:37
    2007年のTBSラのエヴァ特番 http://www.tbsradio.jp/life/spinoff/ で宮台氏の用法は承認=approvalでした。
  • hhasegawa @hhasegawa 2013-02-24 06:02:44
    整理すると、意識相互の「承認」を概念化したのがヘーゲル、それを「欲求」と関係づけたのがコジェーヴとなるはず。ここに出てくる社会学者も心理学者も『精神現象学』が提出した主題を各自の分野で追求したのでは。
  • 松代守弘:仕事募集中 @m_m1941 2013-02-24 08:51:15
    宮台以外のサブカル文脈が抜けてるので、そちらからのアプローチも必要かと…具体的にはコリン・ウィルソンのアウトサイダーと殺人百科で、特に殺人百科はマズローピラミッドと承認欲求に基づく殺人への言及があります。日本では続編の現代殺人百科からブレイクしたように思います。また、承認欲求に対する否定的イメージの醸成、定着についても、コリン・ウィルソンの果たした役割は無視できないでしょう。
  • たりちぱ@・x・@ノ @tari_tipa 2013-02-25 00:34:12
    承認欲求の初出より、それを満たすことがなんで相手を否定したり罵倒したりするための用語として使われるようになったのかの方が気になる。
  • 🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2013-02-25 02:35:37
    tari_tipa 御意≫ 承認欲求の初出より、それを満たすことがなんで相手を否定したり罵倒したりするための用語として使われるようになったのかの方が気になる。
  • 🌸🍀眞葛原雪🍀🌸 @pririn_ 2013-02-25 02:37:44
    精神科医の斉藤環氏の造語かと思ってた。大学でマズローを習った際の概念とは別物。自己実現に至っては全く別の意味で使われてる、マズロー的にも、ユング的にも
  • NiKe @fnord_jp 2013-02-25 12:19:47
    悪口として使う時は『結局、お前は自分がキモチヨクなりたいだけだ』の婉曲な表現なのでしょう。大抵、そういう時は陰に『デタラメなことを言うな』という批判・非難がセットになってる気がします。
  • かとう だいき @DaikiKatoh 2013-02-25 12:20:05
    ホネットが初期ヘーゲルの承認概念を基軸に本格的な議論をしたものとして、Kampf um Anerkenuung、邦語だと『承認をめぐる闘争』が著名です。抽象度や訳の問題もあるので、Das Andere der Gerechtigkeit『正義の他者』の方が導入にはよいかもしれません。
  • かとう だいき @DaikiKatoh 2013-02-25 12:21:09
    微妙に綴りが違っていました。Kampf um Anerkenuung→Kampf um Anerkennung でしたね。失礼いたしましたm(_ _)m
  • かとう だいき @DaikiKatoh 2013-02-25 12:25:13
    あとホネットの議論は基本的に「承認されたい」という受動的欲求を述べているというより、「承認する」という能動的行為が相互に行われることによる(現代的な)人倫の成立、というモチーフが『承認をめぐる闘争』の時点では大きな背景にあると解釈できますので、少し今回の議論との強調点がずれてしまうのは致し方ないかと思いますね。

カテゴリーからまとめを探す

「人文」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする