10周年のSPコンテンツ!

心機一転・遮蔽なしの椅子型ホールボディカウンターの出る幕はもうない

まとめ「遮蔽なしの椅子型ホールボディカウンターの出る幕はもうない」http://togetter.com/li/221898 の続編第45弾。2013年3月26日以降の経過です。 3/26 日本物理学会第68回年次大会(スライドは公開され次第追加します)
科学 γ線スペクトル 内部被曝 放射性ヨウ素 食品 放射性セシウム ホールボディカウンター
46

3月26日

IAEAのチェルノブイリ事故報告書2006年版が日本学術会議により全文和訳され公開

ryugo hayano @hayano
【日本学術会議 チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復:20年の記録 IAEA報告書の全文の和訳を公開】和訳および原文のPDFへのリンク集→ http://t.co/t9LDyqP5ux

(この報告書が早野先生のツイートに最初に登場したのは2011年3月19日)

ryugo hayano @hayano
【英文長文】真剣に歴史から学びたい方は,スリーマイル島事故報告書(米大統領委員会)http://bit.ly/eeiSQd とIAEAのチェルノブイリ報告書 http://bit.ly/hUwbdy は必読.特に学生諸君は孫引きはダメ.一度は原文を精読してください.
cwt @clear_wt
概要をつかむのに @torii_h さんによる抄訳(2011年5月)もお勧め→ http://t.co/yFraKSq409 RT 早野先生 チェルノブイリ原発事故による環境への影響とその修復 IAEA報告書の全文の和訳を公開→ http://t.co/ABn7KZwfB4
cwt @clear_wt
これを2011年5月という早い段階で,解説付きで訳してくださった @torii_h さんに敬意を表したい(当時,これで勉強させていただき大変ありがたかった).
Hideyuki Torii @torii_h
! RT @clear_wt 概要をつかむのに @torii_h さんによる抄訳(2011年5月)もお勧め→ http://t.co/Mz1KT25gUw RTチェルノブイリ原発事故による環境影響とその修復IAEA報告書の全文和訳→ http://t.co/ao1bT0SIDz
Hideyuki Torii @torii_h
見知らぬどなたかのため、少しでもお役に立てたことを願うのみです。 RT @clear_wt: これを2011年5月という早い段階で,解説付きで訳してくださった @torii_h さんに敬意を表したい(当時,これで勉強させていただき大変ありがたかった).

今日は広島大学で日本物理学会初日

ryugo hayano @hayano
今日は広島の物理学会で2連続講演.「内部被ばくの放射線計測学」は会員向けのチュートリアル.持ち時間50分.続いて,僕が委員長をつとめた若手奨励賞の選考結果報告.持ち時間10分. http://t.co/zdI4QdXIGZ
拡大
ryugo hayano @hayano
物理学会でチュートリアル講演,「内部被ばくの放射線測定学」,これからやります.

(東北大・原子核物理の@kaneta 先生が実況して下さいました)

金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
13:30から@hayano さんの物理学会チュートリアル公演 「内部被ばくの放射線測定学」 http://t.co/7pb3ybHsSt
拡大
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
現在使われているWBCはNaI. 測定したガンマ線のスペクトルの計数率にある係数をかけると Bqに換算できる。換算するには、放医研が開発したモデルを使用。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
キャンベラのFastscan の構造の説明。誰にも存在するカリウム40を測定する。大人なら4,5千Bqある。カリウムのスペクトルの説明。40Kのコンプトン散乱によるバックグランドの上に137Cs, 134Csのピークが出来る説明。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
ポイント1.遮蔽。完全な遮蔽が望ましい。外から飛んでくるセシウムγを遮蔽する場合鉄なら10cmが必要。ただ、40Kのγに対しては10cmは多少足りない。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
一番最初にもってきたWBCカウンターは体重と137Csとの相関が見える。最初に気がついたのは測定をしている放射線測定技師の方々。スペクトルとみていると、外から飛んできたバックグランドのγ線が人体で吸収され残った部分がWBCで見えていた。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
椅子型WBCの憂鬱。バックグランドの「体格補正が必要」。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
よりによって窓際におかれたWBCの話。人間の内部被曝ではなく、窓の外から飛んできたガンマ線を測っていた。  福島市に設置されたベラルーシ型WBCで測ると、平均20Bq/kg の内部被曝していると機械が示す。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
ベラルーシから校正用ファントムを取り寄せて、測定をしてみた。ファントムが内部被曝をしていると機械はいう。これは正しいバックグランドの補正が出来ていなかった。この補正が出来るまではかなりの努力が必要だった。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
南相馬市総合病院にFastscan 導入 2011.0。これ以降事態は好転。しかし、長時間測ってみるとバックグランドが見える。セシウムの近くにビスマス214のガンマ線が見える。雨が降るとビスマス214が増える。これを誤認する事象がある。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
理想は:効率100%の測定器で完全に囲む。現実には検出効率100%にはならない。立体角が足りない。ガンマ線が検出器をすり抜ける。また、人体での事故吸収。コンプトン散乱。これらの検出効率を体格を含めて校正する必要がある。fastscan で検出効率は0.7%。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
Fastscanで使用しているNaIの写真の説明。箱にPMTも含めて収められている。
金田雅司(Masashi KANETA) @Kaneta
WBCのバックグランドスペクトルをの時間変化を見るとゲインが変動している。
残りを読む(522)

コメント

nao @parasite2006 2013年3月31日
まとめを公開しました。
上海II @shanghai_ii 2013年3月31日
最後の方にある今中さんの飯館村公民館での検査への懸念。これにはNSRは反応してほしい。
上海II @shanghai_ii 2013年3月31日
いわきや川俣での検査は生データがこちら(http://www.nsr.go.jp/archive/nsc/info/20120913_2.pdf)に多少なりとも載ってるんですが、飯館のものが見当たらない。
章魚坊(たこぼう) @Takobou88 2013年3月31日
何で与太話しかしてないはずのわたしの発言が、と思ったら新聞記事の題は整理部がつける、という分ですね。了解。
章魚坊(たこぼう) @Takobou88 2013年3月31日
最終的な記事の生殺与奪を握っている整理部の方が編集部より地位が高いです。各部のベテランが集まることもあるし。
nao @parasite2006 2013年3月31日
ツイートの順番が狂っていた所が1カ所ありましたので正しく並べ直しました。@kazooooya さん、ご指摘有難うございます。
Jem @Jem0211 2013年3月31日
あ~。あれが拾われていたのね。(ちょっと赤面)
nao @parasite2006 2013年3月31日
ツイート主のご意向によりツイートを1件削除させていただきました。
nao @parasite2006 2013年3月31日
@fukushima88 さんからイノシシの食べるものについて補足説明をいただきましたので、まとめに追加させていただきました。有難うございました。
nao @parasite2006 2013年3月31日
ツイート主のご意向により御発言を含む3ツイートからなるスレッドを削除させていただきました。
nao @parasite2006 2013年4月1日
shanghai_ii 川俣町の場合は幸い実際に測定に携わっておられた方が状況を説明されたおかげで今中先生のご不審も解け共通認識に至ることができましたが、飯館村の場合も現場で測定され実情をご存知の方がおられないものかと思います。
nao @parasite2006 2013年4月1日
2011年6月10日の日本物理学会のシンポジウム「物理学者から見た原子力利用とエネルギー問題」で行われた物理学者の活動報告のスライドhttp://t.co/1pBiBo1vH2 p.4によれば川俣町(3/24, 3/28-30)といわき市(3/26-27)の甲状腺スクリーニングには物理学者があたっているものの、飯舘村では3/30に2人の物理学者が通常のスクリーニングにあたっただけで、甲状腺スクリーニング(3/30のみ)にあたった物理学者はいなかったことになっています。
nao @parasite2006 2013年4月1日
2011年8月13日の日本小児科学会のシンポジウムで指定発言者として飯舘村の甲状腺スクリーニングの状況を報告した広島大学・田代聡教授の動画http://bit.ly/127kiHM が残っています。飯舘村で検査の場所を探したのは田代教授と広島大の放射線技師、文科省の担当者の3人で、検査の場所として選ばれた村議会の議場の議長席の後ろのバックグラウンドは0.1 μSv/hで安定していたとのことです。
nao @parasite2006 2013年4月1日
このファイルhttp://bit.ly/14yZEUQ のp.51-55に残っている2011年3月28日の川俣町の検査のバックグラウンドを見ると0.07-0.18 μSV/hの範囲なので、飯舘村のバックグラウンドが0.1 μSv/hで安定していたというのが事実なら川俣町と比べて決して悪くない値と言っていいでしょう。
nao @parasite2006 2013年4月2日
parasite2006 広島大学・田代聡教授の動画http://bit.ly/127kiHM の報告が行われたのは2011年4月17日に行われた日本小児科学会の緊急フォーラム「この大災害に小児科医はどう立ち向かうか」http://t.co/c0eaon3hZG でした。@kazooooya さん、ご教示有難うございます。
nao @parasite2006 2013年4月2日
2011年8月13日のNHKニュースhttp://bit.ly/Orfy9Z が報道した広島大学・田代聡教授の発表は第114回日本小児科学会学術集会の緊急セミナー「小児の放射線障害と甲状腺」http://bit.ly/14J1oLN のときのものです。このときの抄録は当然作られているはずですが、オンラインでは見つかりませんでした(公式和文論文誌の日本小児科学会雑誌http://bit.ly/10pGOKO は学術集会の抄録特別号を出していない)。
nao @parasite2006 2013年4月4日
3/26の項、セクション「南相馬市立総合病院・坪倉先生の続報:ペラルーシ訪問記その1」にCs137の1/10量のSr90が共存したチェルノブイリでのSr90による内部被曝の上積み分の推定計算結果を関連議論とともに追加しました。@leaf_parsley さん、@kazooooya さん、どうも有難うございました。
nao @parasite2006 2014年5月9日
2013年3月にイノシシの食べるものについて補足説明をして下さったのは@fukusima88 さんでした。ミスタイプにより@fukushima88 さんにご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする