小出先生の京大原子炉は大丈夫なの?

今中先生、小出先生のホーム、大阪府熊取の京都大学原子炉実験所。 外見には長閑な住宅地の中の公園の様な風情ですが、いくらチビでも立派な原子炉。本当に大丈夫なのか、実はかなり疑っておりました。 buvery先生との会話が切っ掛けで、f_zebraさんに詳しく教えていただくことが出来ました。
135
buvery @buvery

バカボンが小出さんを敵認定しています。在日認定みたいなものだな。

2013-05-13 13:19:52
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@buvery これだけは、東海アマの言っていることに一理あると思いました。私も、小出さんがなぜ熊取の京大原子炉を批判しないのか糾弾したことがあります。200メートル足らずのところに一般住宅や商店があるんですから。

2013-05-13 16:13:09
buvery @buvery

熊取原子炉の出力は5MW、発電用の原子炉は1GWだから、規模が0.5%程度なんです。RT @aizujin_k: 小出さんがなぜ熊取の京大原子炉を批判しないのか糾弾したことがあります。200メートル足らずのところに一般住宅や商店があるんですから。

2013-05-13 16:53:36
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

はい、その時にも、そういう説明を戴きました。しかし、グーグルストリートで見ても、誰でも直近まで出入り可能な穴だらけのセキュリティに見えます。放射能漏れがあったとき、知らずに子供が近くで遊んでいてもわからない。@buvery 熊取原子炉の出力は5MW、

2013-05-13 17:11:01
buvery @buvery

炉心を溶融させないためには、発生する熱を除去すれば良いのですが、熱が小さいと、色々手段がとれます。空冷でもよければ、溶融することはないから。でもこういうのは、@f_zebra さんに聞いた方がよいですね。RT @aizujin_k: 放射能漏れがあったとき

2013-05-13 17:13:39
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@buvery そうですね。私には解らないことですが、実際に大事故が起きる可能性は低いのだろうと思っています。だけど、小出さんの理屈ならまず自己批判だろうと・・・@f_zebra

2013-05-13 17:19:35
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@buvery でも、@f_zebra さんに、一度詳しくお聞きしたいです。小さな実験原子炉の実情もある程度理解しておきたいなあと思います。

2013-05-13 17:51:33
Flying Zebra @f_zebra

@aizujin_k 話の流れが読めてませんが、私に分かることでしたらお答えしますので何でも聞いて下さい。京大炉は正直よく知りませんが。 @buvery

2013-05-13 23:50:48
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@f_zebra 有難うございます。京大のは、発電炉に比して極めて小出力とのことですが、一般住宅商店の密集地にあり、敷地内に子供でも入り込めそうな警備状況に見受けられます。危機対策の観点からどう評価すべきなのか疑問でした。@buvery

2013-05-14 05:16:11
Flying Zebra @f_zebra

@aizujin_k 外からしか見たことがありませんが、確かに厳重な警備ではなさそうですね。規制の枠組みの違いを含め、時間がある時に少し調べてみます。しばらくして回答がなければ忘れている可能性が高いので、催促して頂ければ。 @buvery

2013-05-14 08:12:37
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k

@f_zebra 素人の思いつき質問でお手数をお掛けして申し訳ありません。@buvery

2013-05-14 09:12:36
Flying Zebra @f_zebra

T.K. ‏@aizujin_k さんの質問をきっかけに、研究炉の安全性について調べてみました。知らなかったことも色々あって、自分でも勉強になりました。せっかくなのでご紹介します。以下字数節約のためメンションは省略します。 @buvery

2013-05-14 19:40:27
Flying Zebra @f_zebra

まず「研究炉」の定義ですが、原子炉等規制法では、試験研究の用に供する原子炉(試験研究用原子炉)および研究開発段階にある原子炉(研究開発段階原子炉)を「研究炉」として規制しています。臨界実験装置も研究炉に分類されます。

2013-05-14 19:41:17
Flying Zebra @f_zebra

常陽、ふげん、もんじゅもこの分類では研究炉ですが、IAEAの分類ではこれらは発電炉と同じ動力炉に分類されています。また、臨界実験装置についても別の分類です。熱出力はJAEAの研究炉でも数10MW、大学の研究炉はほとんどが数MW以下です。臨界実験装置は200Wくらいです。

2013-05-14 19:42:00
Flying Zebra @f_zebra

発電炉と異なり炉型や燃料、冷却系統はバリエーションが豊富ですが、いずれも発電炉に比べると施設規模が小さく、低出力、低温、低圧です。冷却系が全く不要な施設もありますが、強制循環水の冷却系を備えた施設でも最終ヒートシンクは大気放熱です。

2013-05-14 19:42:25
Flying Zebra @f_zebra

例えば熊取のKUR(京大炉)は熱出力5MW、冷却材(軽水)の温度は炉心出口の最高温度で55℃です。当然加圧もされておらず、大気圧です。大型PWRだと熱出力は3,400MW、出口温度で300℃以上、圧力は15MPa(約150気圧)になります。

2013-05-14 19:43:17
Flying Zebra @f_zebra

KURを含め、大学研究炉の多くはスイミング・プール型の原子炉です。その名の通りプール状の四角い水槽に水を張り、中央に上部から燃料や制御装置を吊す形になっています。水で十分に遮蔽されているため、窓から運転中の炉心を見ることもできます。

2013-05-14 19:44:23
Flying Zebra @f_zebra

出力が小さいことに加え、冷却材が加圧されていないというのは安全上非常に大きなメリットです。加圧された系統は配管に小さな穴が開けば内部流体が噴出して穴を拡げますが、大気圧であれば滴る程度で済みます。ボイラーの取り扱いに国家資格が必要な理由はここにあります。

2013-05-14 19:45:18
Flying Zebra @f_zebra

ちなみに、もんじゅのような液体ナトリウム冷却炉も過酷事故が極めて起きにくいのですが、冷却材が加圧されていないのが大きな理由です。ただ、ナトリウムの場合は空気に触れると容易に発火するため、火災リスクは大きくなりがちです。(過酷事故には繋がりにくいです)

2013-05-14 19:46:00
Flying Zebra @f_zebra

福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、研究炉でも電源機能等が喪失した場合の炉心および使用済燃料の健全性を評価しています。その結果、大学の研究炉については全て炉心等の損傷に至ることはないことが確認されています。

2013-05-14 19:46:23
Flying Zebra @f_zebra

なお、評価では常陽については3.5ヶ月後に使用済燃料の冠水が損なわれ、HTTRでは28日後に使用済燃料収納ラックが損傷、JRR-3では43日後に使用済燃料の冠水喪失、という結果が出ています。これらは全てJAEA(日本原子力研究機構)が所有する高出力の研究炉です。

2013-05-14 19:46:47
Flying Zebra @f_zebra

もう少し補足すると、冷却材が大気圧のため冷却材喪失が起きにいことに加え、元々最終的に空冷なので、最終ヒートシンク喪失もあり得ません。そして原子炉のある建屋は気密性の構造で、常時負圧に保たれています。(電源を喪失すれば換気系は止まりますが)

2013-05-14 19:48:05
Flying Zebra @f_zebra

このように、研究炉では過酷事故のリスクは極めて小さいのですが、核物質を扱うため、IAEAの保障措置の対象となっています。つまり、厳密な核物質計量管理やその補助手段として封じ込め・監視が行われ、頻度は少ないものの査察も行われています。

2013-05-14 19:48:48
Flying Zebra @f_zebra

研究炉でも発電炉と同様に、管理区域への入出域は厳密に管理されます。出域時はハンドフットクロスモニタという機械で全身の汚染をチェックされます。主な目的は被曝の検知・防止ですが、意図しない汚染の持出しや核物質の意図的な持出しを防ぐことも重要な目的です。

2013-05-14 19:49:58
Flying Zebra @f_zebra

なお、保障措置(SG:Safeguards)とは、原子力の平和利用を担保するため、核物質並びに設備、資材および情報が、核兵器その他の核爆発装置の製造等に転用されないことを確認する為の措置のことです。

2013-05-14 19:50:30
残りを読む(18)

コメント

ささた さひこ スイフトスポーツは気持ちいい車 @kuro_kuroyon 2013年5月14日
大変勉強になりました。一方、小出氏の二枚舌ぶりには感心させられますw
5
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k 2013年5月14日
済みません、未だ抜けていたものがありましたので、追加してまとめを更新しました。
0
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k 2013年5月14日
これで多分抜け無しです。今度は本当に完成ということでまとめを更新しました。
0
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2013年5月14日
むう、勉強になるのと、ちゃんと結論になっているのがすばらしい。
1
neologcutter @neologcuter 2013年5月14日
小出が二枚舌なのは昔からだよ、北朝鮮の核は容認しちゃってんだから。
8
BBFukushima21 @BBFukushima21 2013年5月14日
熊取は福島原発を作るための実験炉だったと聞いたことがあります。瓦礫拡散反対の大阪の #放射脳 がここを問題視するのは見たことがないですね(笑)
3
akita_komachi @antiMulti 2013年5月15日
東大阪の近畿大学原子炉はあまりにも出力が低すぎて過激な反原発さんたちの話題にも登らないか・・・。でも、自民の世耕さん一族の大学なのでもっと話題にしてあげてください。(と煽ってみる)
0
きょん @Rosa_centifolia 2013年5月15日
春の一般公開で建物内部を見学してきましたが、50年ものの実験路は、中性子で悪性腫瘍の治験をしているだけだそうです。内部は雑然とし過ぎていて、漏れたらその処理がたいへんそうですね。
0
きょん @Rosa_centifolia 2013年5月15日
一方、FFAG) 加速器の方は防犯上、外観を写真撮影NGで警備員に注意され、停止中ということでしたが、コンクリートの建物の中に入るとシンチで0.3〜0.6μSv/hあり、装置近くの線量はもっと高いようでした。陽子を磁気で増殖させてなんちゃらだそうですが、放射性廃棄物ができないということでした。
0
T.K. fukushimaタグ付けよう @aizujin_k 2013年5月15日
リアルで突込みが入ったので、補足しました。まとめを更新しました。
0
T.U.Yang @tadatsome3 2013年5月15日
原子炉にもいろいろあるんですね。勉強になりました。ありがとうございます。
0
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
今回の爆発は高温になった所で水が分解されて水素が発生し、それが爆発。もうひとつ心配されていた水蒸気爆発は、高温になっている所に水がかかると、一気に沸騰し、その時の体積膨張で起きる。圧力だけじゃなく、どこまで温度が上がるかも重要
2
ぴんぽん @pinpon_2011 2013年5月15日
http://bit.ly/10XnAtT 1千万分の1ベクレルまで測定を、という人達は騒がないのかな?
1
粒㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳あ㌳㌳㌳㌳㌳㌳㌳ん @keroa18 2013年5月15日
ある意味、内部に工作員みたいなのがいる訳じゃないですかー。とか怖くて言えないな。
0
憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2013年5月15日
企業が持ってる小型実験用原子炉とかだと放射脳が押し寄せて反対運動とかやってたけど、まあ京大にとっては小出助教というのは虫除けみたいなものなのかもね
0
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
加速器って、核分裂をさせる場所じゃないです。
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
二枚の金属の板を置いて、その間に電圧をかけます。そこに電荷を持ったものを置くと、力が加わってひっぱられていきます。そういう場所に、陽子とか電子とか原子核を置いて、それらに速度を与えて、他のものにぶつけてどうなるかを見るのが高エネルギー実験です
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
電圧が高い事と、加速する為の間隔が広く欲しいです。そうすると、よりすごい速さにする事が出来て、より色んなことが解るようになります。
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
なので、加速器がどんどん長くなっていきます。でも、あんまり長いのは作れない。
1
asty @ybsmtrg 2013年5月15日
ありがとうございます。とりあえず小出さんのことはおいておいてw、このようなレクチュアをネットで簡単に得られることに感動しております。
0
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
じゃあどうするか?加速する部分はそこそこの長さのを一個だけで、出口から出たのを、ぐるっと回して、もう一回入り口から入れる。ってのを何度も繰り返せばそこそこ速くなる。
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
形としては C の形ですね。切れてる部分が二枚の金属で電圧をかけてる部分。Cの線のある部分に沿って曲げる事が出来ればいい。
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
じゃあ、どうやって曲げるか?フレミングの法則って聞いた事あると思いますが、磁場のある中を電荷を持ったものが走ると、その走ってる向きと直角の方向に力が働きます。カーブみたいに曲がるわけです。
1
kato takeaki @katot1970 2013年5月15日
そんな感じで、進行方向を曲げる部分と、加速する部分があって、そこをぐるぐる回りながら、どんどん速くなっていく。そんなのが、つくばにあったり、スイスとフランスの間にあるCERNという研究所にあるわけです。
1
Mstn @ ドコモロ座の座長 @SatoshiMasutani 2013年9月18日
私が今読んでいる本では、小出さんは自分の職場の設置経緯について批判しています。だから本人に質問する機会があれば、疑問を投げかけてみてはどうでしょうか。このまとめは単なる言いがかりだと思う。
1