2013年6月11日

武術動画/関連サイトリンクまとめ

個人でツイートしていた武術動画や関連サイト、その動画を探す前後の関連したツイートを個人の備忘録としてまとめています。動画や言及については適当につぶやいていますので、訂正やご指摘はコメント欄にお願いいたします。 国籍・ジャンルの見境なし。 謎武術、不思議武術、海外ニンジャの発見は人類の使命。 適宜追加していきます。 続きを読む
6
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

『望月稔写真集』なんて企画をやったのは、かつての合気ニュースだけ! http://t.co/46XslP0Yca

2013-06-23 14:17:35
拡大
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

日本館のコラムは、よく海外でセミナーを行なっていた第2世代の師範たちが亡くなって以降、伝播したものがどのような局面を迎えているかが触れられている。 http://t.co/qutCIHEDw4

2013-06-23 14:00:48
リンク t.co 合気道 日本館 総本部 合気道,日本館,ボランティア,文化交流,人道人権活動,地域交流,アメリカ,デンバー,日本食レストラン,合気道道場,書籍,ビデオ,長期・短期滞在
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”以前は体の転換法や舟こぎ運動はそれぞれの日本人指導者の特徴が充分に現れていたが現在では、宙を舞うごとき動きか、 映画のシーンの様な一本化した単純なものになってしまった。”

2013-06-23 13:54:21
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

日本館合気道・本間学師範の館長コラム。「AIKI EXPO 03 私感と抱負」から。 ”80年代米国、私はどの合気道家の動きを見てもその指導者や所属団体を確実に言い当てる事が出来た。「アナタは何処そこの誰先生系の合気道ですね」と。そ れが今頃では大変困難になっている。”

2013-06-23 13:53:42
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

合気道・小林保雄師範blogの韓国の合気道の話。(ハプキドではなく日本の合気道の話) 「10年ぶりの韓国指導」 http://t.co/zsca0rS7p7 「大韓合気道會講習会、審査会 パート2」 http://t.co/lQlCG1fv4R

2013-06-23 11:25:06
リンク 小林道場 総師範ブログ 10年ぶりの韓国指導 私は8月30~9月2日まで、大韓合気道會の講習会指導と演武会のために韓国の首都ソウルへ行ってきました。韓国へは毎年9月に指導員を派遣していますが、今年は私...
リンク 小林道場 総師範ブログ 大韓合気道會講習会、審査会 パート2 大韓合気道會と合気道小林道場の交流は22年前にさかのぼります。合気道小林道場20周年記念演武会が1988年5月に地元の東京都小平市総合体育館で開催されまし...
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”まず先に書き方の練 習をしないとね。せっかく大先生が残してくれたいい万年筆を持たされてるんだから』ということです。”

2013-06-23 10:54:14
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”技の有効利用、それについて黒岩先生は次のように話されます。『合気道の技って、言ってみれば高級万年筆のようなものなんですよ。手の利く人がこれを使っ て字を書いたら、それは素晴らしい字が書けますよ。でも、字の下手な人はそれを使ったからって、上手な字を書けるわけではないでしょ。”

2013-06-23 10:54:06
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

一方、同じ合気道道場に通って西尾師範ではなく黒岩洋志雄師範につかれる選択をされた方のblog「合気道ひとりごと」は、また別の方面でいろいろ考えさせられる。 http://t.co/VmoEKZftaf

2013-06-23 10:51:45
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

「稽古雑感」を書かれている竹森康彦師範動画。  演武会(1998年頃)での竹森康彦先生(受けは生方さん)と清水さん: http://t.co/s0UGnsSTXJ @youtubeさんから

2013-06-23 10:22:03
拡大
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

西尾昭二師範動画。海外でNISHIO styleといわれている Shoji Nishio Shihan: Yokomenuchi: http://t.co/8FnJM7Gvav @youtubeさんから

2013-06-23 10:20:42
拡大
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

http://t.co/CdyUgrxTBf こういう初期の西尾師範の話は単純に面白いのだが、この稽古雑記が先に進んでいくと、あらゆる意味で無残な話が出てきて、人格と実力ということについて色々と考えさせられる。

2013-06-23 10:06:06
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”結局、その件が契機となり、西尾先生と中村先生は親しくなり、いつも西尾先生は中村先生のことを「タイさん。」と呼んでおられました。合気道がこれから一気に普及していくというその初めの時期の話です。”

2013-06-23 10:04:32
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”双方の距離、つまり空間的間合いは3~4メートルほどで、さほどはなかったそうですから、西尾先生は跳びこんで たやすく相手を制することが出来たとおっしゃっていました。”

2013-06-23 10:04:14
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”「こ の距離でいい。あなた方が勝つか、私が勝つか、一瞬で終わるから、いつでも抜いてください。」と気色ばんでおっしゃったところ、誰も抜くことができず、皆 さんが西尾先生に深く謝罪されたそうです。”

2013-06-23 10:03:59
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”そ の声の主は中村泰三郎先生で、同意して笑ったのは他の高名な先生方でした。その時、若かった西尾先生は思わず「そうおっしゃるのでしたら、ここで決着をつ けましょう。」「合気道がだめなものなら、私を切ればいい。」「だが、あなた方がそこで刀を抜く前に(自分は)あなた方を倒す。」”

2013-06-23 10:03:20
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

”西尾先生がある演武会の会場に行きますと、控え室で既に各武道界の重鎮の先生方が輪を作って話しておられたそうです。ご挨拶をした後、西尾先生が休んでおられると、その輪の中から「合気道はろくでもない。」という声高の声と同意する声と笑い声が聞こえてきたそうです。”

2013-06-23 10:02:51
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

「合気道逗子松楓会/稽古雑感」”ところで、西尾昭二先生と中村泰三郎先生とのつながりについてお話しましょう。かなり昔の話になりますが、西尾先生が若い頃、開祖の代理であちらこちらの演武会や説明会に出かけることが多かったそうです。合気道が一般に普及していく、所謂合気道の勃興期の話です”

2013-06-23 10:02:39
六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou

昔は動きが速いお年よりはこういう体型だったなあ、と思ったり。 2013 All China Traditional Wushu:少林鳳池剣: http://t.co/eBvItXlDJu @youtubeさんから

2013-06-23 09:37:56
拡大
残りを読む(772)

コメント

六葉@人生ローリングサンダー @h_rokuyou 2013年6月24日
まとめを更新しました。新→古の順に並べましたので、最初の方ほど新しいです。
0