編集可能
2013年8月18日

短命核種の考慮:初期の甲状腺被曝は何倍程度まで可能性を見積もればよいか?

避難区域での甲状腺等価線量の公式の実測値が最大で30mSv以内に収まる中、短命核種(Te132,I132など)を考慮すべしとの声がありました。 それを理由に、よく分からないから可能性を無限大まで発散させて対応せよ、ではなく有り得てもこれくらいまで、といった振れ幅が現実的対応のため重要ではないかと思い議論をまとめました。
14

二年前・・・

まとめ iPatrioticmomさんの「事故直後にTe132とかI132とかの放出量が多かった。I131とCs134、13.. iPatrioticmomさんが、Te132とI132の放出が健康に問題ないのだろうかと疑問を抱いて・・・・ iPatrioticmomさんの疑問シリーズ(1) http://togetter.com/li/327358 iPatrioticmomさんの疑問シリーズ(2) http://togetter.com/li/328898 iPatrioticmomさんの疑問シリーズ(3)このまとめ http://togetter.com/li/332462 iPatrioticmomさんの疑問シリーズ(4)  http://togetter.com/li/335084 iPatrioticmomさんの疑問シリーズ(その5)  http://togetter.com/li/340045 iPatriot.. 5360 pv 40 27
まとめ 朝日新聞の報道【原発周辺住民は「ヨウ素剤飲むべきだった」 識者が指摘】に対し事項の確認と私見 一つの記事に含まれる内容と背景が膨大だと、表面的に切れ切れにしか見えないことになる。センセーショナルな内容だけが浮き上がるが、それのもとになる情報を解きほぐしてみたい。 20801 pv 386 46 users 15

Sucha_Paraさんの指摘により保安院データの訂正版を教えて頂きました。

dreswl @dre_swl

(再掲) 訂正後の保安院による放射性物質量の放出データ http://t.co/35xDMhuIEg

2013-08-20 12:36:05
dreswl @dre_swl

【訂正再掲】 後の保安院の報告データ修正版: Te132が7.6x10^14Bq→8.8x10^16B。I132が4.7x10^14→1.3x10^13と訂正、I131は1.6x10^17のまま不変。

2013-08-20 07:08:20

はじまり

iPatrioticmom @iPatrioticmom

↓ では続けましょう。Te132由来のI132がICRPでは過小評価になると考えますが如何

2013-08-16 17:43:27
dreswl @dre_swl

炉からの放出や被曝量評価は環境の専門家に従う以上の事はできない。 I132,Teに関してTL上で諸専門の先生達の見解を辿ると・・ http://t.co/Nmkvf6dzHc https://t.co/cXJe5vpXTs

2013-08-16 20:27:15
dreswl @dre_swl

エア)WHOの非現実的な評価をも上回り、チェルノ級なら当然、考えを変えざるを得ない。  いずれにせよ誘発甲状腺癌の確率が+何%なので貴方は生涯スクリーニングを受ける事を推奨しますと個人へフィードバックと選択の提示を行政からしてもらえるのが理想。

2013-08-16 20:32:25
iPatrioticmom @iPatrioticmom

こんだけ?? Te132が甲状腺に集積するという文献も、安全委の細井委員の体内からは一番多く検出されたとい記録もあるよ?チェルノの文献も。100BqのTe132がI132になったら30倍くらいのBq数にならない?

2013-08-16 21:19:41
dreswl @dre_swl

チェルノブイリ事故との比較(核種など) http://t.co/QTWGMuHWdc

2013-08-16 21:24:13
dreswl @dre_swl

そんでも甲状腺被曝量が公式やWHO条件と桁が違う、チェルノに匹敵する、というなら世の物理・環境の専門家達の怠慢という事になりますな。。 初期対応のまずさも桁が違うという事になる。

2013-08-16 21:30:52
iPatrioticmom @iPatrioticmom

キセノンがチェルノの倍で、I132が8万分の1のわけねーだろーよ

2013-08-16 21:47:03
iPatrioticmom @iPatrioticmom

待ちにまったご回答。行政の初期対応のまずさは桁違いですよ。チェルノの高汚染地域ほどじゃないでしょうが、低汚染地域とは比較検討すべきでしょう。

2013-08-16 21:50:09
dreswl @dre_swl

今更だが、つくばでの311後の核種観測。(どうなのかね) http://t.co/3eXm2w5MFF

2013-08-16 22:23:03
dreswl @dre_swl

I131での公式見積もりの3倍まで想定すべしとの意見? http://t.co/QXNcrDwbmA http://t.co/BxWlnzMhGi

2013-08-16 22:31:18
dreswl @dre_swl

・・にしても二年前の記事。専門領域の方々がI132を重視しなくなった理由については外野の勝手な「陰謀論」でなくきちんとした理由とプロセスをまず知りたいとは思う

2013-08-16 22:51:59
dreswl @dre_swl

(例のTe話は公式より3-10倍まで可能性見積もれ、で終了?・・にしてもチェルノでもTe出ていたわけだが。実測もチェルノより相当低くてもトータルで同等になるのかって、そりゃ賛同できないわ)

2013-08-16 23:59:52
iPatrioticmom @iPatrioticmom

へ? 専門領域の方は重視しなくなってないよ。ど専門の細井教授が短命核種を考慮しなきゃと言われてるじゃない。逃げようとしても無理だよ。D君。

2013-08-17 00:01:39
iPatrioticmom @iPatrioticmom

チェルノ直後にベラルーシから帰国した日本人からもI132がI131と同程度検出 http://t.co/wo52dNumP0

2013-08-17 00:10:49
iPatrioticmom @iPatrioticmom

今中先生の飯舘村の実測でも、空間線量への寄与はI132が最大。http://t.co/mr4xWXlssR エネルギーが大きいですからね。

2013-08-17 00:15:17
iPatrioticmom @iPatrioticmom

もちろん、体内でのTe132の動態は、きちんと調査しなければわからないでしょう。ただICRPの換算率は、I132に変わった後のことは考慮してないはず。

2013-08-17 00:17:27
iPatrioticmom @iPatrioticmom

だから保安院の放出量推定値は、あんなにI132が少ないんですよ。おまけに2号機からの放出量を下方修正している。わかります?@dre_swl君。

2013-08-17 00:19:28
dreswl @dre_swl

ほらI132チェルノでも出ている。 チェルノの実測データと比較することに大きな問題なし。 経口が極小だった事を忘れてる。

2013-08-17 00:20:26
残りを読む(95)

コメント

dreswl @dre_swl 2013年8月18日
まとめを更新しました。
0
二十人のろの夢 @drsteppenwolf 2013年8月18日
まあ、この話が一段落すると白内障の話を持ち出してくると思う。信仰は科学的事実を必要としない。
2
dreswl @dre_swl 2013年8月18日
まとめを更新しました。(重複内容など削除および諸先生方の意見まとめ)
0
らいあ @Sucha_Para 2013年8月19日
このまとめの、https://twitter.com/buvery/status/107637990179876864←このツイートの保安院のデータは、後に訂正されていますが、なぜ訂正後のものを載せないのですか?http://www.meti.go.jp/press/2011/10/20111020001/20111020001.pdf
0
dreswl @dre_swl 2013年8月19日
Sucha_Para これは大変失礼しました。大変重要な指摘であるので入れさせていただきます。Te131が9.7x10^13→8.8x10^16、I132が4.7x10^14→1.3x10^13と訂正、I131は1.6x10^17のまま不変ですね。
0
dreswl @dre_swl 2013年8月19日
まとめを更新しました。(保安院データ訂正版を冒頭に入れました)
0
天明 @yoshite 2013年8月19日
素人考えで恐縮ですが「キセノンがチェルノの倍で、I132が8万分の1のわけねーだろーよ。」との件、もっとも大量に放射性物質を出した二号機で放出が起きたのが、地震後(=核反応停止後)、3日目以上(I32の半減期36回以上?)経ってからなので、地震の時に炉内にあったI132の大半はすでに崩壊していて、Te132から放射平衡状態になっているI132+αくらいしか炉内から出て行かなかったのではないでしょうか?
2
天明 @yoshite 2013年8月19日
半減期約2時間の物質と半減期約5日の物質を、核反応状態が継続したまま原子炉が爆発したチェルノブイリと、核反応停止後に放射能漏れを起こした福島で単純に比べるのはどうかと思いますが……。
2
dreswl @dre_swl 2013年8月20日
冒頭のTe132の訂正前後、数字を取り違えたため差し替えました。
0
dreswl @dre_swl 2013年8月21日
まとめを更新しました。(とんきょさんの考察を追加させて頂きました)
0
dreswl @dre_swl 2013年8月31日
sushikuboさんの見解を追加しました。まとめを更新。
0