間違うことの恐怖

日本からアメリカに移住した日本人として感じることのひとつに、「間違うことの恐怖」が、日本を出たらかなり減ったなぁ、という話。 最初は英語には英語としての表現方法があるよね~という話から始まって、だんだん、どうして日本人て人前で質問したり発言するのをためらうんだろう、という話に流れてゆく一連の会話のまとめ。
教育 英語、海外生活、 英語
238

テスト

某週刊誌に掲載された某記事に、海外経験長いクラスタから、「それ、ちがうやろ」という反応沸騰。
TrinityNYC @TrinityNYC
これ、昨日も紹介したけど、ほんとイイカゲンな記事。“@eastofthesunJP: 英語の社内公用語化で会社の空気が悪化する http://t.co/9Yb2AByVp0 「英語がストレートすぎる」「英語の遠慮のなさ」「敬語がない」→全部ウソです 英語力が無いのがバレる発言
Yuko Kato @yukokato1701
目上の人への敬意を表現したければ「would you」「could you」とかの丁寧表現に加えて、「sir」や「ma'am」をつければいい。その上で相手に「それはいらないよ」と言われたら、やめればいい。→
Yuko Kato @yukokato1701
→ 呼び名だって最初はMrやMrs, Msをつけて呼んでから、「いや、私は○○と呼んでちょうだい」といわれて始めて呼び方を変えればいい。というか目上相手にはそうするものだよ。英語圏だって。
Yuko Kato @yukokato1701
最近のイギリスに行ってない人の「イギリス飯まず」説と、英語があまりできない人の「英語には敬語・丁寧語がない」説は、ほんっっっっと、信用しない方がいい。
Yuko Kato @yukokato1701
英語での会話に日本語と同じような敬語・丁寧表現を求めても期待はずれになるだけだというならうなずけるのに、「英語には日本語のような丁重さがない」とか言うから、あ~あ。英語を使って日本語と同内容がそっくり表現できるわけないというところから始めないと。→
Yuko Kato @yukokato1701
→ル・カレがよく言う「To possess another language, Charlemagne tells us, is to possess another soul(カール大帝いわく、別の言葉を会得するということは別の魂を会得することだ)」という言葉が私は大好き。
Yuko Kato @yukokato1701
「英語の文化圏では“長幼の序”という考えがほとんどありません」などと断定的に書く人がいるけど、英語には"respect your elders(目上の人を尊敬しなさい)"という慣用表現もある。日本とは表現の形が違うだけ。
Yuko Kato @yukokato1701
この話題本日はこれぎりにしますが、こちらの記事、http://t.co/J2tKDp6UJ8 主旨が、社内公用語が英語になってしまって日本人の耳には丁寧さが足りないストレートすぎる物言いに聞こえる発言にカチンときたり動揺したりするかもしれないけれども、そうならないようアドバイス→
Yuko Kato @yukokato1701
→しているのでしょうから、それは賛成です。けれども「英語には日本語のような丁重さが足りない」とか「英語圏には“長幼の序”という考えがほとんどありません」とかの決め付けには、まったく賛成しかねるし、英語に対する誤解を広めるだけだと思います。
Yuko Kato @yukokato1701
@Hideo_Ogura 私は筆者に対して言っているのであって、おっしゃるような苦労をしている方に敬語や丁寧語を使えと言っているのではありません。けれどもそのような苦労をされている方でも、英語にも敬語や丁寧語はあるのだという認識は、ないよりはあった方がいいと思いませんか?
Yuko Kato @yukokato1701
誤解は困るので修正→「相手が国王でも、社長でも、youと呼んで問題ありません」って…(嘆息)。youと呼んだ後に国王ならyour majestyをつけるのが大人な英語。社長は姓にMrやMsを。大統領はMr. President、Madam Presidentと呼ぶのが大人な英語→
Yuko Kato @yukokato1701
→ 女性が大統領だったら「Madam President」。用例:Would you like some coffee, Madam President?(コーヒーはいかがですか、大統領?) のように、いったんyouと呼んだ後に敬称をつける。
TrinityNYC @TrinityNYC
↓RT @mizukawaseiwa さんの言う通り。表現方法が異なるんよね。
「敬意は失わずとも疑うところは疑う」という社会性
Yoko Furukawa @yoko71
@TrinityNYC @mizukawaseiwa 日本は、「敬意を表す」イコール「頭ごなしに全てを受け入れる」となるから、米国(そしてたぶん英国も)の、敬意は持ちつつも疑うところは疑う、という社会性は、日本語では「直訳」出来ないと思う。
渡辺由佳里 YukariWatanabe @YukariWatanabe
ですね。RT @yoko71: @TrinityNYC @mizukawaseiwa 日本は、「敬意を表す」イコール「頭ごなしに全てを受け入れる」となるから、米国(そしてたぶん英国も)の、敬意は持ちつつも疑うところは疑う、という社会性は、日本語では「直訳」出来ないと思う。
TrinityNYC @TrinityNYC
御意。RT @yoko71: @TrinityNYC @mizukawaseiwa 日本は、「敬意を表す」イコール「頭ごなしに全てを受け入れる」となるから、米国(そしてたぶん英国も)の、敬意は持ちつつも疑うところは疑う、という社会性は、日本語では「直訳」出来ないと思う。
TrinityNYC @TrinityNYC
この「疑うところは疑う」(疑ったことを相手に伝えて説明してもらう)というのと、相手に疑問を突きつけることが無礼にはならない社会性は、「何かひとつ否定すると相手の人格まで全部否定してると思われたらどうしよう」という思考回路になりがちな日本人には苦手なコミュ形式かもしれない。
_franc_papa @_franc_papa
確かめるための「疑う」をネガティブに感じるのはありそう@yoko71 @TrinityNYC @mizukawaseiwa 日本は、「敬意を表す」イコール「頭ごなしに全てを受け入れる」となるから、米国(そしてたぶん英国も)の、敬意は持ちつつも疑うところは疑う、という社会性
ここらへんから、日本人は大勢の前で質問しないよね、という話。
Yoko Furukawa @yoko71
@TrinityNYC 身近な例だと、日本で国際学会とかに行くと、偉い先生がプレゼンすると、その後の質疑応答はの本の学生は黙ってるか、質問しても無難なことしか聞かない。。米国の学生はどんどん質問する。
TrinityNYC @TrinityNYC
あとで一人で聞きに行くのはアリ?多くの人の前で発言するのに慣れてないせいも?RT @yoko71: 身近な例だと、日本で国際学会とかに行くと、偉い先生がプレゼンすると、その後の質疑応答はの本の学生は黙ってるか、質問しても無難なことしか聞かない。。米国の学生はどんどん質問する。
Yoko Furukawa @yoko71
@TrinityNYC ああ、確かに人前で質疑応答する、という機会が子供の頃からたくさんある米国の学生とは、その点も違いますね。
残りを読む(151)

コメント

Matthews @MatthewsYKHM 2013年10月7日
「オレが背負ってるんだからお前も背負え」か。うわーすげえよく分かる。TLでもオダジマさんとかに脊髄反射してる人とかほとんどそうだもんなあ。
yuri @syoyuri 2013年10月7日
"日本人とアメリカ人のやり方のどちらかがより優れているというわけではなくて、日本の社会では嫌われるのを避けるデフォルト戦略がうまくいくし、アメリカの社会では自分の意見や権利を主張するデフォルト戦略がうまくいくんだと思う。" ご紹介した山岸俊男先生の「リスクに背を向ける日本人」にはこのようにも書かれています。http://www.amazon.co.jp/dp/4062880733/ref=cm_sw_r_tw_dp_pSEusb05XJ45D異なる文化背景があることを知るのは面白いことですね。
とげとげ @togetoge10 2013年10月7日
なんか納得できなかったのは、自分が特殊な環境にいるからなんだろうな、って思いました。
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2013年10月7日
Participation ←日本語で話せっ!(倉本聰)
統一教会の星 @cpw73XfxIvDa3X 2013年10月7日
昔の一般日本人は普通にタメ語だった。1970年代以降、社会が落ち着いて社会階級(階層)が確立すると、テレビの街頭コメントでもバカ丁寧な敬語でしゃべる人が徐々に増えてきた。チェーン店によるマニュアル化の推進もあって、今時の日本人は異常に敬語にこだわる。「お客様は神様」的な言葉遣いに慣れた日本人は異文化になじめないということだろう。大昔はバカ上司、バカ上級生は殴るのが当たり前だったのに今は耐えるのがデフォになったみたいなもの。偏屈で窮屈な日本人。
JBOYSOFT JunjiSuzuki @jboysoft 2013年10月7日
よいまとめだと思いました。
龍一/えんまんが@D61a @enmanga 2013年10月7日
僕は結構質問する方ですが、確かに質問すると流れる「独特のイヤンな空気」はありますよね。ただ戦前、戦中の人はそうではなかったっぽいので、おそらくここ50年くらいの空気と思われます。
なみへい @namihei_twit 2013年10月7日
異文化って括ってはいるけど、要するに、他人(自分以外の存在)について、どれだけ行動パターンや思考パターンのバリエーションをどれだけ把握しているか、ってことと、それに対応するアクションを身に着けているか、っていう。
なみへい @namihei_twit 2013年10月7日
失敗を怖がって失敗を避けてばかりいる人は、失敗をしたことのないことがどれだけ怖ろしいことかを知らないから・・・(´・ω・`)
なみへい @namihei_twit 2013年10月7日
ミスをしても、それを失態とカウントせずに経験を得たとカウントすれば、いつまでも失敗したことにはならいし、どこまでも成功に近づくのに。それをしようとしない、それをさせてもらえない、ってのは社会的な損益だと思う。(`・ω・´)
Ekshr @Ekshr1 2013年10月7日
この「謙遜」ってめんどくさいんだよなあ。本気で「これは自分には向いていないので申し訳ないが別の人に任せて欲しい」と伝えたい時にどうしたらいいのか、未だにわからない。「またまたご謙遜をw」から「俺の判断に逆らうのか!」へのデジタルな移行…
Akimbo @Akimbo 2013年10月7日
最初は半端な言語知識から文化を論じるることの浅はかさを説いてて「この人にしては珍しく面白いまとめじゃん」と思って読んでたけど、後のほうはいつもの出羽の守に戻って「日本文化(でもオレは違うぜ!)」をけなし始めるのがすごいと思いました。
TrinityNYC @TrinityNYC 2013年10月8日
まとめを更新しました。
なみへい @namihei_twit 2013年10月8日
「余計な質問するな」という圧力・・・。RT @TrinityNYC 「この件のコミュニケーションはつまらない」という同意がそこにあれば、それは日本に限らずそうなるでしょう。万事がそうなら、それも問題ですね。。RT @BungoH: @saigouhiro @TrinityNYC @guldeen 皆「とっとと話を終わらせたい」と思っているのですよ
Mercato Nuovo @bukrd405 2013年10月8日
他の人も言及してるけど、日本社会の同調圧力は戦時中の経済統制・国民総動員政策によって格段に強くなった。そして経済統制・総動員政策・全体主義といったものはもともと西洋で生まれたものなわけで… 「アジア・中東・アフリカの伝統文化」と思われているものが、実は過去に西洋文化の影響のもとで成り立ったものだった、という例は世界各地に驚くほどたくさんある。
マルンボーリ @tandaji 2013年10月8日
enmanga 上と下の距離が昔はかなり近かったみたいですね。松下幸之助クラスの大物がホイホイ工場にほぼ毎日顔だしたり、大将級の幹部が食堂で兵士と並んでご飯食ってたり、今ではまず見ない光景でしょう。
R・こばやし/dion軍 @R_Kobayashi 2013年10月8日
個人の資質として謙遜と空気読め的なものと「間違ったら恥&攻撃される」って意識が大きいのもあるんだけど、こっちが間違ったと確信した瞬間、自分の立場が上になったと思い込んで理不尽な要求仕掛けてくるプチお山の大将が多い環境なのもあるんだろうなあ。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年10月9日
何かこれ思い出しちゃいました。 http://www.youtube.com/watch?v=Yc81Un8ltS4 自分の信念のために、規則にすら異を唱える話。(いや、これが良いとか言う話ではなくて。) STAR TREK 3 LAST.
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年10月9日
敬称つけて呼んでたら、ジムと呼んでくれ、というセリフもあるし。あなたの名前はジムだ、という処に、そのセリフの意味がかかってるし。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年10月9日
最初の命題(多数の利益は少数の利益より優先する)を、最後に反論(でも、多数の利益よりも、少数の利益が優先したから)している、し。
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年10月9日
日本人も、もう少し同調圧力に抗した方が良いよね。 と、思いました。
రాం చరణ్ @sepiairo 2013年10月9日
人口密度の高い島国だから同調圧力がすごいと思ってたんだけど、コメント欄がさらに勉強になるなあ。真偽はともかく歴史的なものも関係してくるなら、これからの歴史次第ではノーと言える日本人が増えることもありえるのかな。楽しみ。
Youmy Shinji Mori forever ! @Youmyweb 2013年10月9日
とっても興味深いまとめ。どんな文化圏も長い年月を経て成立している訳で、それ考えたら、あの国はこれだからダメだの日本はこうだからダメだの平気で言うのは、あまりお行儀の良くない行為なんだな、やっぱり。
siriカエル:脱原発に一票 @cibo17 2013年10月10日
小さくまとまった小利口より、バカでいい。
Yoshi_せんしゃぶ!連載中 @Yoshikun21c 2013年10月10日
本居宣長が江戸時代に「師匠の間違いは指摘しろ」とすでに言ってるわけで、伝統ではなくて粟粒的な日本人論が流布した高度経済成長期に何かあったと考えるのが妥当。
ネガ @negangan 2013年10月10日
文化でもあり教育の差異でもある気がするな。きちんと議論をする授業って基本的にしてこないから皆の前で意見・質問することが日本じゃいまいち一般的じゃない。テストの答えの正解間違いで人生が決まっちゃう。そりゃ黙って正解をひたすら覚えてミスを恐れるようになるさ。
the_spoiler @don_jardine 2013年10月10日
私が接している学習者の人たち(社会人)も只管「間違えてしまった」「低い点がついてしまった」と気に病む人が多いですね。それで内申書の類が書かれるわけでもないのに。その間違いで何かを学んだはずなのに自分が得たものを大切にしようとしない。間違えながら進んだ方が確実に大きく成長するはずなのに「間違えるメリット」を重視していない。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2013年10月10日
結局、面子とかそういうのを大事にしてると「誰にも知られないうちに回復できない自分のミスはひとつも許せない」という心理になるんだとおもう 結局、「ミスのない自分」を守るためミスを認められなくなるんだねぇ…… 
cinefuk 🌀 @cinefuk 2013年10月10日
興味深いまとめ。QT @mizukawaseiwa: 最近のイギリスに行ってない人の「イギリス飯まず」説と、英語があまりできない人の「英語には敬語・丁寧語がない」説は、ほんっっっっと、信用しない方がいい。
エス/ぶなしんじ @bunashinji 2013年10月11日
自分は欧米じゃないけど、やっぱりそういう日本のフォーマットにまだ慣れてない感はある。先日も「みんながやってるんだからお前もそうしろ」に対して「みんながやってるということと自分がやることの関連性はないのでは?」って意見出したらめちゃめちゃ怒られてしまった…
luckdragon2009(rt多) @rt_luckdragon 2013年10月12日
ちなみに、都会と田舎や、色々な層で違いはあると思います。私は、多様な見方を大切に、かつ、意見は互いに主張しあう中で育ったので、日本人ですが、結構意見は言います。
羽倉田 @wakurata 2013年10月13日
イギリス飯マズとのお話に対してよくする説明、日本はグルタミン酸の食文化。米国は肉類アミノ酸の食文化。イギリスは野菜類アミノ酸の食文化。食べなれない人がフグなどの高級白身魚を食べてもおいしいと感じないのは脳神経回路ができていないから。同様に初めて食べたイギリスの野菜アミノ酸たっぷりのスープを感じることはできない。
富 ユタカ @lkj777 2013年10月13日
異なる文化背景があることを知るのは面白いことですね。<どっちが国際社会の主流なのかがわからないとこれで終わっていつまでも成長しない。その結果がこれ。タイポ(打ち間違い)に燃える燃える。>「「艦これ」な人すべてへ捧ぐ」問題→ツッコミどころが多くて大炎上 - Togetter http://bit.ly/1ehP9aM
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする