2013年11月10日

【まだ終わりじゃない】福間健二 2factory49

スロヴェニアの詩人たちとの相互翻訳ワークショップで、ミラン・テクレヴァさんという、ぼくよりも少し年上の、深い共感をおぼえる詩人の言葉に向かいながら、これを書き出しました。人間は、絶頂をすぎた。でも、終わっていない。そういうことをミランさんの詩から受け取りました。とはいえ、「南からの深い青」がどこから生まれたのかはよくわかりませんし、そのあとも出どころ不明のものが続きます。最後の「ハチミツとショウガのお風呂」は、そういう入浴剤をにもらったのですが、とても気持ちよかったので、それをゴールにと思いました。三角みづ紀さんの、ぼくじゃなくてぼくの妻への、神戸からのおみやげです。黒豆入りのマドレーヌ「ええもんちい」というのも貰いましたが、これはおいしく食べただけで、この作品には登場しません。 続きを読む
0
福間健二 @acasaazul

まず、南からの深い青の八十パーセント以上が女性化して、孤独な作業だ。残りの青、何と無関係だと証明すれば薄まらないか。地下鉄の駅で約束した「革命」とでは当たり前すぎる。だれの涙を食いとめるためでも、そんな円を描くな。まだ終わりじゃない。(まだ終わりじゃない1)#2factory49

2013-11-01 18:37:46
福間健二 @acasaazul

そのゴムはどこにあったのか。言いたくないだけ。終わりから二番目の、弾む「形式」。でも、次が出てこない。何が起こったのかを理解しない可愛い目がぼくを見ていて、正直なのはいいことかもしれないが、十一月になって波を奪う波は絶頂をすぎている。(まだ終わりじゃない2)#2factory49

2013-11-02 07:42:16
福間健二 @acasaazul

わかってくれない機械。無責任な口紅をつけて戦争したがっている。茶色い空の、設備のわるい夢の国。好きだという気持ちの蕾は影に隠して脱出した。そうするしかなくて、どうしてここで小さな花と対立するのだろう。ばかだなあ、電源コードおいてきた。(まだ終わりじゃない3)#2factory49

2013-11-03 08:36:08
福間健二 @acasaazul

中にあるものと外にあるもの。青ざめているのは、そのあいだの皮膚。ざらざらと光の粒が動いて何重もの輪をつくるその変化がセクシーなのだ。砂漠の思い出なんか放りだして全速力で、ここに。よし、それでいいと言ってくれ。おいしいお茶をいれるから。(まだ終わりじゃない4)#2factory49

2013-11-04 09:05:54
福間健二 @acasaazul

ラプサンスーチョン。百グラム千円の、陽性。お茶だから、茶色い返信を受けとり、気分を落ち着かせて状況を考える。欲望のうめき声をもらす二人の「形式」の片方を思い出せない。草の感触だけが残り、使うために出していたものを片付けてしまったのだ。(まだ終わりじゃない5)#2factory49

2013-11-05 08:15:34
福間健二 @acasaazul

そういう構造。体でも魂でも接触できないが、そこにいるとわかる新来者に何を奪われるのか。何と何が交差するのか。何が投げ出されてまだ試されていない「形式」が隠れるのか。夜の通路。一瞬、つんとくる香りがして、ぼくは、未遂の、青を抱きしめる。(まだ終わりじゃない6)#2factory49

2013-11-06 09:40:31
福間健二 @acasaazul

読み、書き、歩く。からっぽになる快感にも飽き、だれかの瞼を撫でるように手の力を抜いて、しゃがみこみ、枯れる寸前の草たちと話す。この眠たそうな蓋、どうあけるのか。つよく押す。あかない。もっとつよく、だよ。腕をつかまれ、見つめられている。(まだ終わりじゃない7)#2factory49

2013-11-07 09:23:55
福間健二 @acasaazul

おそろしい。まだ鎖につながれた魔物がいるのだ。その足から血と一緒に「革命」の夢がにじみ出て、草たちが生きかえり、野を走ってやってくる青年はボブ・ディランに化けた少女だ。有刺鉄線の柵によじのぼる。わっ、シャツが破れて青い乳房が見えた!(まだ終わりじゃない8)#2factory49

2013-11-08 08:36:00
福間健二 @acasaazul

そして揺れる大きな木の下、出どころ不明の視線も突き刺されて悲鳴をあげるこの薄着の「未開」に本気の恋をするのはだれだろう。本気だから、声をかけられない。だれもいない教室に戻っていきなり飛びはねる演説をする。それから彼は長い旅に出るのだ。(まだ終わりじゃない9)#2factory49

2013-11-09 09:26:36
福間健二 @acasaazul

運命。青いシーツにくるまって、滝のように落ちてくる雲の手にしてもらうこと、それを思いつづける。性別のはっきりしない見知らぬ二人との、質素だがおいしい食事。そして強い酒を入れたコーヒー。大丈夫、ハチミツとショウガのお風呂が待ってるよ。(まだ終わりじゃない10)#2factory49

2013-11-10 08:49:38

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?