2013年12月10日

AI能力のレベル付けと収穫加速の法則の進展と技術的失業

AIの能力を人間の脳を基準に10倍ごとにレベル付けすると見えてくる今後の詳細な未来予測。公開後の頂いたコメントや議論なども収録させていただきました。
13
難波修羅 @nanbashura

NSAの監視は他国や合衆国の的が強いAIを開発・運用しないかという警戒の側面を持っているのだろうか?そろそろ、強いAIがどのくらい強いと、どのくらい脅威かを量る指標が必要だが・・・。

2013-12-01 20:43:38
難波修羅 @nanbashura

その指標はやはり計算能力を乗数的に記述するのがいいと思う。マグニチュードのように。暫定的に古い人間の脳の予想値の20PFLOPSを1レベルとして十倍ごとに1レベル上がる形にするといくらか考えやすい。1レベル以上が強いAI。ちなみに去年1位のスパコン「Sequoia」がこれくらい。

2013-12-01 20:53:21
難波修羅 @nanbashura

強いAIがレベル2(人間の10倍)くらいなら、天才軍師ぐらいの脅威。しかし、レベル3(人間の100倍)だと、テッド・チャンの『理解』のトランスヒューマンクラス。レベル4は想像不能。にも関わらず、あと10数年で普通のパソコンがレベル1、レベル3が世界に数台、レベル2が多量となる。

2013-12-01 21:15:02
難波修羅 @nanbashura

十数年後の未来の一つ目の危機は世界にレベル3の強いAIが出現すること。もう現人類にはほとんど取り返しがつかない。2つ目は大企業に一体ぐらい普及度でレベル2の強いAIが使われること。覆らぬ企業優位。3つ目は一人に一つ、レベル1の強いAIが所持されること。3層に分けて考えるとリアル。

2013-12-01 21:26:44
難波修羅 @nanbashura

二十年もしないうちにレベル4の強いAIが数体地球に出現する。それこそ、ナノマシンを駆使したレッドボックスをたくさん生産するだろう。人類の予想の半歩先のアルゴリズムや数学法則、デザインを用いて。レベル3が数百体になる。レベル2を個人所有。2045年どころではない2035年でこれ。

2013-12-01 21:36:45
難波修羅 @nanbashura

コンピュータの性能向上予想を雇用減少の進行の予想を参照できる。レベル1がすべての人に購入可能になる頃には雇用が壊滅的になる。つまりロボットが人間にできるすべての仕事が代替可能になるということだから。これが、今後2020年台中盤の状態で、世界経済はどんな衝撃を受けるのか?

2013-12-01 21:52:08
難波修羅 @nanbashura

現在の最先端のスパコンが人間同等のレベル1として、普通のパソコンはレベル-3。だいたい5年で1レベル上がり、20年で4レベル上がる(1万倍)。10万のPCと200億スパコンで、1レベルごとにだいたい二倍のコストがかかる関係。レベル1アンドロイドが200万円になるのは2030年。

2013-12-09 23:42:46
難波修羅 @nanbashura

従って、立法と趣味的なもの以外の雇用が完全消滅するのは2030年。

2013-12-09 23:46:43
難波修羅 @nanbashura

アンドロイドが200万円くらいということは、10年使えるとして、すべての仕事の年収はだいたい20万以下ってことになる。月収ではない。その5年前2025年アンドロイドは4千万円以上なので、年収400万のコスパ。この時点でも充分雇用が絶滅していてもおかしくない。

2013-12-09 23:59:35
難波修羅 @nanbashura

2020年レベル1アンドロイドの価格は8億以上だが体内にコンピューターは入らない。おそらくセンサー価格などで年収8000万どころか1億よりコスパが悪い。能力は人間以上だが。ということは、雇用消滅は2020年から視界に入り、25年に先進国の雇用を滅ぼし、30年人類から雇用を消す。

2013-12-10 00:08:45
難波修羅 @nanbashura

2023年ぐらいにレベル1アンドロイドが1億に近づくので年収1千万相当。廉価な専用機も並走。これは労働者の年収の上限が圧迫されることを意味する。先進国の雇用もこれ以下の給料なら、存在し続ける。25年400万。28年100万。30年20万。

2013-12-10 00:28:26
難波修羅 @nanbashura

よって、2025年の平均年収が400万付近の国では、国民の半数以上が失業するので、確実にBIは導入されている。リストラかブラック化しか手段はないので、この段階でブラック企業だらけで潜在的に誰もが仕事を辞めたい。社会保障費は察し。

2013-12-10 00:38:01
難波修羅 @nanbashura

この話は、ざっくりかつソフトウェア性能向上を計算に入れてないので実際4年くらい前倒しになる可能性があります。

2013-12-10 00:46:49
難波修羅 @nanbashura

とアンドロイド・ロボットの性能向上を概算したら予想以上に雇用消滅の速度が速いので、少額給付でも、今すぐ始めないと非常に危険ということが判明。10年も時間がない。

2013-12-10 00:50:44
難波修羅 @nanbashura

BIの他に新しいニューディールは存在しない。

2013-12-10 01:29:45
難波修羅 @nanbashura

スイスでBIが可決されないと速度的に非常にまずい。

2013-12-10 01:31:02
難波修羅 @nanbashura

強いAIを10倍性能ごとにレベル分けするアイディアで、各レベルの五年ごとの価格性能、普及度見たら,一気に現実見えてきた。怖い。

2013-12-10 01:39:07
難波修羅 @nanbashura

@aircon28 収穫加速の法則と失業について少し考えてみたので、恥ずかしながら読んでいただけますでしょうか?宜しくお願いします。 http://t.co/L1peBKPccs

2013-12-10 02:06:05
ゆきひこ @aircon28

・レッドボックスってなんだろう? http://t.co/WCqlOE1m0k

2013-12-10 08:20:47
ゆきひこ @aircon28

10万のPCと200億スパコンの価格比は200000。レベル差が4ならば、レベル1上げるのに必要なコストは58.4倍程度では?(58.4)^4≒20万。 http://t.co/ZXlaSuTl2n

2013-12-10 08:27:32
ゆきひこ @aircon28

レベル1の計算能力をもっているアンドロイドは人間と同等に働けるのでしょうか?人間と同等の汎化能力、言語理解力をもった「使える」機械の出現はもう少し先のような気がします。 http://t.co/HNWxKuk5Io

2013-12-10 08:31:08
ゆきひこ @aircon28

ホワイトカラーの仕事が瞬時に終わるのであれば、8億のコストがあったとしてもホワイトカラーの仕事は駆逐し得ると考えます。人間の仕事は機械に比べたら非常にゆっくりですし・・・。人間のランニングコストを1.. http://t.co/tRTa7gbhkw

2013-12-10 08:36:45
ゆきひこ @aircon28

ホワイトカラーが駆逐され、企業が人へお金を払わなくなった場合、誰もお金を持たなくなります。当然税収もないので、BIも破綻します。そのころは資本主義経済という仕組みから脱却しなければならなくなるかと。 http://t.co/ClV6lObG6Z

2013-12-10 08:40:20
ゆきひこ @aircon28

以上、コメントでした。面白い話でした。 http://t.co/MF3tVqIYVe

2013-12-10 08:40:44
ゆきひこ @aircon28

@nanbashura コメント書きました。どうぞよろしくお願いします。

2013-12-10 08:42:48
残りを読む(129)

コメント

ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
・レッドボックスってなんだろう?
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
10万のPCと200億スパコンの価格比は200000。レベル差が4ならば、レベル1上げるのに必要なコストは58.4倍程度では?(58.4)^4≒20万。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
レベル1の計算能力をもっているアンドロイドは人間と同等に働けるのでしょうか?人間と同等の汎化能力、言語理解力をもった「使える」機械の出現はもう少し先のような気がします。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
ホワイトカラーの仕事が瞬時に終わるのであれば、8億のコストがあったとしてもホワイトカラーの仕事は駆逐し得ると考えます。人間の仕事は機械に比べたら非常にゆっくりですし・・・。人間のランニングコストを1000万とすると、80人分にしかなりませんからね。それを買える企業は少なくともクラウド化すれば安価に運用できますし。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
ホワイトカラーが駆逐され、企業が人へお金を払わなくなった場合、誰もお金を持たなくなります。当然税収もないので、BIも破綻します。そのころは資本主義経済という仕組みから脱却しなければならなくなるかと。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月10日
以上、コメントでした。面白い話でした。
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月10日
コメント本当に有難うございます。まず、レッドボックスですがこれは長谷敏司『BEATLESS』の用語で、超高度AIにより作成された人類には原理も製作法も分からない機械のことで、ブラックボックスではなく高速で遠ざかる光の赤方偏移から命名されているそうです。
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月10日
次に価格比ですが、1レベル上昇ごとに大体2倍というのは、単純計算では普通に10倍のはずなのに、1万倍の時価格も1万倍ではないことから10倍ごとに制作設計に関わる複雑性がべき乗で増大すると見做し、20倍の誤差を適当にべき乗で起こるように20、10、5、2.5、くらいの重み付けをしました。ネイピア数とかわかりません。
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月10日
脳以外の身体の価格は自動車くらいなら誤差の範囲としています。ロボティクスに限らず各個技術の予測は困難なので純粋に一番安定したCP能力に限定して考えてみました。こういう予測もあるようです。 http://staff.aist.go.jp/h.arai/robotics/rsj08.html
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月10日
8億のコストでもホワイトカラーが駆逐できるというのはたしかにそのとおりだと思います。ここが肉体労働者との分岐点になりそうですね。
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月10日
世界同時的政府紙幣発行のインフレ率で実質的回避不能の徴税という手があると考えているのですが、これもある意味資本主義経済からの脱却かも知れません。コメント本当に有難うございました。なんというか、非常に差し出がましいのですがお手伝いがしたかったのです。
0
Yu Yamaguchi@新シリーズ1巻8/17発売 @Yu_Yamaguchi_ 2013年12月11日
aircon28 人間一人あたりの生産性が飛躍的に上がる、というだけのような気がするんですけどね。資本家と労働者、という区別は労働集約型工場を前提とした便宜的な区分にすぎません。全人類が現在の用語における「資本家」のように振る舞うかもしれませんが、その「資本家」たちの莫大な財・サービスの需要と、彼等への財・サービスの供給はやはりイーブンであろうと予想しています。或いは、個々人が膨大なロボットの支援を得て自身の需要を自身の供給で満たせるなら、「市場」はもはや必要なくなるでしょう。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
俺も今後10年20年のスパンで雇用や仕事の概念はほぼ崩壊すると思っていたが、こうしてムーアの法則から数値で定量的に評価するとは、実に非常に興味深い。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
以前、雇用や貧困を巡って議論になって、俺は「もう後10年20年で機械化自動化で雇用が枯渇する」と主張したのに対して、「そんな人間に代替する完全自動化はせいぜい100年後だ」と反論され議論が紛糾したことがあったな。この上記本論に誤差があるとしても、俺の予想はだいたい合ってそうだ。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 それでも、ロボットやコンピューターの開発者研究者や修理工は無くなりませんし、そういった機械を大規模に配備して生産活動にまわせるだけの投資ができる金持ちは必要なわけで、たぶん機械化による利益は彼らが独占することになるでしょう。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 QT「誰もお金を持たなくなります」<= ということにはならないかと。むしろ中途半端に大量のお金を独占する人達が出てくるだけに、逆にBIは必須かと。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 もしそこでBIを廃止したら金の流れがとどこおり、研究開発職や金持ち自身もロボットによる生産物が売れず損をするので、活かさず殺さずくらいのBIの維持には彼らも賛成するし、大多数の貧困層もBIが無くなることでの餓死や社会システムの移行への不安から賛成で、資本主義もBIも生き残りそうだと思いますね。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 それこそ付加価値を提供した者に、対価として貨幣を多く支払うことをインセンティブとするのを資本主義と定義するなら、機械に代替できない、極少数の高度専門職への対価を支払うには貨幣をおいて他は無いでしょうし。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 というより貨幣に替わる評価基準の代替案が無い以上、事実上、資本主義の崩壊は俺も賛同するけど、それでも崩壊した中途半端なゾンビ状態で資本主義もBIも存続しそう。やっぱ貨幣という仕組みは優秀すぎる。
0
orihime @star_orihime 2013年12月14日
aircon28 何か自律的自動的に格差の拡大を阻止しつつかつ、適度な競争を促す貨幣経済や資本主義の代替案はないかなあ...
0
難波修羅 @nanbashura 2013年12月14日
技術的失業の数字上の別意見など(例えばデフレ率を考慮する)や、このプロセスと政治の連動の予測などの何かご意見がありましたらお寄せ下さい
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月16日
みなさま、コメントありがとうございます。前提として、私が考えている状況は人には下僕である人工知能がいて、基本的にはそれらから全ての財、サービスを受けると考えています。その為他人、ひいては市場を必要としません。厳密に言うと、原料とエネルギーだけは人工知能では作り出せないので、それをどういう形で手に入れるかという点で、計画経済か市場経済かという話はあるかと思います。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月16日
Yu_Yamaguchi_ さんへの回答になったかな・・・。
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月16日
star_orihime どの時点でのということが論点になりそうです。いずれはそれらも全て人工知能にとって代替可能になるかとは思います。 QT「ロボットやコンピューターの開発者研究者や修理工は無くなりませんし」
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月16日
star_orihime 機械化が促進されると、貧富の差が拡大することについて同意します。ただ、市場から購入する必要がなくなれば、お金を持っている意義が薄くなるかと思います。その重要性も。 QT「中途半端に大量のお金を独占する人達が出てくる」
0
ゆきひこ @aircon28 2013年12月16日
star_orihime この辺りは、高度専門職は機械に代替されるのか否か(ひいては、人間のすべての活動は機械によって代替されるのか否か)というところが論点だと思います。
0
でんまる @denmaru_p 2013年12月16日
極端に企業の淘汰が進んで、政府の税収は所得税はなくなって、ほとんどが法人税になっちゃいそうですね。一人の高額所得の経営者と数万人のBI生活者ですか。ある意味理想郷なのかも知れませんね。
0
Yu Yamaguchi@新シリーズ1巻8/17発売 @Yu_Yamaguchi_ 2013年12月16日
aircon28 市場を必要としない、という点は全く同意です。市場を前提とした現在の経済学で未来予想をすることは、ある時点から無意味になっていくでしょう。資源・エネルギーに関して言えば、究極の資源は質量(=エネルギー)そのものであり、これを無限に取得するには光速度という制限がありますので、この宇宙法則を破れるか否かで計画的取得か、自由な取得か、いずれかの形態が選択されるでしょう。破れるなら自由な取得、破れないなら計画的取得が優位になると思われます。
0